Ε襦 (3)あまりなじみのないルー。変な名前ですよね。でも結構かわいいんです。私のイチオシ。




Ruta graveolens
半耐寒性多年草
原産地 南ヨーロッパ
開花期 夏
草丈 10〜90僉

<楽しみかた>
花壇に 株が大きくなると、初夏に、黄色い花を咲かせます。ブルーグリーンの葉っぱとのコントラストがきれいなんです!

切り花に けっこう素敵です。中世ヨーロッパでは虫よけや魔除けに利用されていたそうです。香りもあります。好みはあるけれども・・・。

寄せ植えに さわやかな脇役です。ラウンドブーケのように丈の同じようなお花と一緒にふわっと合わせてはいかがでしょうか。伸びすぎたらいい高さでピンチします。脇から芽が出ます。

<冬の管理>
冬はマイナス5度程度まで耐えます。強い霜や寒風にあてると葉が落ちますが、再度春に葉を出すことでしょう。

<きれいに楽しむコツ>
日当たりを好みます。花を楽しみたいなら寒すぎない場所で。小さく仕立てたいなら刈り込む!ミカン科なのでそのような香りがします。さわやかな中にも苦みがあるような香り・・・好きですか?ちなみにミカン科なので、あれがつくことがあります。そう、縞々のあれ。アゲハの幼虫♡結構かわいいと思うんですが・・・。