• ピーマン ニューエース

  • ナス科トウガラシ属

  • 中南米原産

  • 定植後40日前後〜

  • ぷっくりとして肉厚の実がつきます。収穫初期からたくさん収穫でき、なり疲れなく後期まで実の付きが落ちません。
    茎が太く分枝が多いのが特徴です。株のふところに入ってしまう枝や、ひょろ〜っと伸びる枝は切り取ってしまい、株全体に日光が当たるように、また風通しが良くなるようにしてあげます。水は多めにあげましょう。
    さらに詳しく(外部リンク)
    http://www.takii.co.jp/CGI/tsk/shohin/shohin.cgi?breed_seq=00000426&hinmoku_cd=APE&area_cd=5&daigi_flg=0

  • 肉厚ピーマンはどんな料理にも合いますが、特に、肉詰め、素焼きなどにすると香りが引き立ちニューエースの良さを一層活かせます。甘辛く煮ても最高に美味しいです!
    メキシコ人は、ピーマンやとうがらしを調理する時、まず軽く素焼きして表皮をむいてからフリッターなどに用いるそうです。表皮と一緒に衣がはがれてしまうのを防ぐためだそうです。ピーマンへの強いこだわりを感じますね。