hyena said

hyena(A.K.A cal3)のボヤキ。日常のあれこれ。

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

有料放送で1話と2話だけ観てそのままだったのですが、1stシーズンが4話分まとめて作品になってたんですね。アクトビラを使って観ました。途中遅延で映像が乱れる事が数回あったのが残念。

1年戦争末期のサイドストーリー。サイド4周辺でジオン軍と連邦軍が戦っています。大きなスナイパーライフルを構えるザクとシールドを複数装備したジムやフルアーマーのガンダム。オリジナルよりもよりリアリティのあるディティールにグッときます。そして重要なBGMはフリージャズ。劇画タッチのガンダムはオリジナルガンダム世代で最近のアニメキャラデザインに馴染めない私のような層には嬉しいですね。

私のガンダム視聴歴は最初のオリジナルガンダムとνガンダム(ニューガンダム)のみでしたが、ここ10年くらいでZ、ユニコーンとDVDで観ました。最近放送していたオルフェンズはリアルタイムで観ています。

オルフェンズについては、ドラマは大変興味深いものでしたが、キャラデザイン(特に人物)はいわゆるアニメマニアのアニメチックで馴染めず、MSも嫌いではありませんは、なかなか見分けがつかないし、劇中でどうやって戦っているのかよくわからないものでした。同じ理由でSEEDだとかその辺も観ていません。

しかし、サンダーボルトはなじみ深い1年戦争が下敷きにあるのでMSへの感情移入もスムーズになり、登場人物も整理されていて非常にわかりやすかったです。

オルフェンズでは阿頼耶識がありましたが、それに近いMSへの接続方法が実験されています。そこで生まれたサイコザクは、あのサイコガンダムとどうストーリーが絡み合っていくのか楽しみですね。後半に触れはしませんがジオングが出てくるのも気になるな。



すでに2ndシーズンが配信されていますが、まとまった作品になるのを楽しみに待ちたいと思います。プラモデル作りたくなっちゃうな。

バンダイ MG 1/100 機動戦士ガンダム サンダーボルト フルアーマー・ガンダム Ver.Ka(GUNDAM THUNDERBOLT版)プラモデル(ZP11705)
by カエレバ

Moonlight

雨で自転車に乗れない土曜日にアカデミー作品賞を受賞した「ムーンライト」観てきました。年齢層高めの観客でそれなりに一杯になってましたよ。公開2日目で映画の日だった事もあるのかな。

いわゆるLBGT性的マイノリティの話。ひとりの男性の成長を追っかけながら物語が展開していきます。少年期(リトル)、青年期(シャロン)、成人期(ブラック)の3部構成。驚くような脚本ではないけど、映像の素晴らしさや演技などにグイグイと引き込まれる。この時自分ならどうすることができたであろうと自問自答しながら。

私は他人の言う「普通は」が大嫌いで、自分のルールの中で思うように振舞ってきた事もあり、他人にも寛容であるように努めている。それらを理解する何てことはおこがましいが、自分と違う考え方や生き方、趣味がある事、その存在を認められるように。それだけで随分と楽になるんですよね。40を超えて不惑とは程遠いのかもしれませんが、ある部分でその感じがわかります。自分の存在や趣味嗜好を証明するのに他者を咎める必要なんてないのにね。

いろんな人に観てもらいたいな。特に政府の偉い人たちに。



デニム育成から1年

右も左もわからないまま、お店で勧めてくれたシュガーケーンのジーンズを購入してから1年経ちました。

sugarcane41414
購入時の記事「育てがいのあるデニム

流石に夏の最盛期は履いていませんでしたが、それ以外は毎日のように履いていました。オートバイ通勤、ガレージ作業などのワークもこなしてますよ。

starj1
ピントが甘くて申し訳ない

最初はお湯のみで洗って糊を落とし、それからは汚れが気になった時に蛍光剤の入っていない洗剤を使って洗濯。まだデニムの濃い色が残っててヒゲの部分とのコントラストもなかなかです。

starj2

1年でこれくらいまで育てば満足です。参考になれば。

SUGAR CANE シュガーケーン ジーンズ Made in U.S.A. 12.5oz. セルビッジデニム スタージーンズ ジッパーフライ スリムモデル SC41414 【土曜もあす楽対応】【10P03Sep16】
by カエレバ

2017 東京モーターサイクルショー

今年もモーターサイクルショーへ行ってきました。特にこれが見たい!なんてのはなく空気を感じるために。

33623596845_ff2b909cb7_z


行ってから、スポーツスターのR18インチモデル見たことないなぁと探しました。正直あまりピンと来なかったです。

2017 Triumph Street Scrambler

逆に思ったより印象良かったのがスクランブラータイプのトラね。新車買うことなんて全く予定ありませんが、エッジーなスポーツバイクよりもこの辺の方が気軽でいいなってね。その他にもヤマハならXSRやBMWならR9Tなんかに目がいきますね。

DSC_0257

どうやら異形ヘッドライトは演出過多過ぎて愛せない病のようです。

DSC_0136

なんか派手なお面が付いてるみたい。「泣く子はいねがぁー」って。ミニバンのイカツイグリルとかヘッドライトと同列に見えちゃうんだよな。なんか不安なんです。

DSC_0088

クシタニは歴代のレーシングスーツが壁にずらっと掛けてあったりして壮観でした。できれば解説が欲しかったけど資料としてあったのかな?

DSC_0057

DSC_0071

DSC_0184

DSC_0199

HONDA NS125R

金曜日の午後に行ったのですが、駐車場もパンパンでかなりの来場者だったと感じました。売れてないなんて聞きますが、市場はまだまだ大きいんだな。自転車に比べるとね。








LA LA LAND

LA LA LAND
いろんな意味で話題な本作。ミュージカルねぇー・・・苦手なんだよねって日本人は結構多くいると思う。タモリさんもそう公言してたもんね。シャイな日本人には急に踊って歌い出されてもどうしていいかわからんのです。ただ、ライアン・ゴズリングが出てるしさ、監督はあの「セッション」(原題: Whiplash)のデミアン・チャゼルって言うんだから観に行かないわけにはいかんでしょ。

普段から映画の情報サイトや雑誌など全く観ないので今回も予備知識0で映画館へ。デミアン・チャゼルなんだから、あのポスターとタイトルの能天気さには騙されないぞ!って思ってましたが、ラストの展開には号泣するしかありませんでした。

女優を夢見るミア(エマ・ストーン)とジャズピアニストでいつか自分の店を開く事を夢見るセブ(ライアン・ゴズリング)の物語。まぁ、映画では使う古されたような出会いとそこから幸せな二人、葛藤などを経てラストですよ。二人の成長や成功に至る必然性などが見当たらずに不満を感じるって意見もあるようですが、あのラストがやりたかったんだもん。そのアンバランスがいいんじゃないのかな。これだけ評価されてるんだから私が擁護するまでもないのですが。JAZZにも詳しくないし(※)、古い映画からのオマージュなんかもよく知らないので、それが逆に良かったのかもしれませんね。

あの時、違う選択をしていたら、今頃どうなったかな・・・

そんなのって誰にでもひとつやふたつありませんか?セブのいろんな意味でダメなんだけど、ボンクラ的優しさと、ラストシーンのそれでもこれでいいんだって肯定。それにセブはずっと気にかけていたけど、きっとミアは通過点として忘れてたんだろうな。そこがまた男の悲哀を感じたりしてね。

buickrv

セブのクルマはビュイックのコンバーチブル。まだ何も成し遂げていな男はオイルショック以降のできれば70年代後半のクーペやコンバーチブルに乗るのが定番ですが、このクルマも初年度はギリギリ70年代なので合格です。立派で押し出しの強い顔と優雅な尻下がりのテール。いいね。





※ JAZZミュージシャンの方がヤイノヤイノ言うのはサイクリストが弱虫ペダルにモヤモヤするのと出発点は同じって事で意見がまとまりました。
プロフィール
記事検索
Archives
楽 天
Amazon
Wiggle
オリジナルTシャツ
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

hyena said