2011年05月

2011年05月24日

夏に向けてグレープフルーツで簡単脂肪燃焼 !!

グレープフルーツで痩せる理由



グレープフルーツを食べることでダイエットに役立つのは、

グレープフルーツが持つ独特の「苦み成分」と「香り成分」に理由があります。


苦み成分であるフラボノイドの一種「ナリンギン」には、

食欲を抑えて少量の食事でも満腹感が得られる効果があるため、

ダイエット中にありがちな空腹によるストレスの緩和に役立ちます 


また、香り成分である「ヌートカトン」には、

交感神経を活性化することで脂肪燃焼を促進させる効果があります

交感神経が強く働くと、

脂肪燃焼を促すUCPというタンパク質が生み出されると言われています。


つまり、「交感神経の働きが高まる」=「痩せやすい」ということになります。 


さらに、もうひとつの香り成分である「リモネン」には

精神をリラックスさせて血行を促進させる効果があるため、

ヌートカトン」で交感神経が活発になることにより起こりがちな末梢の血行不良を解消してくれます。 
 
 
 
 

グレープフルーツのダイエと効果と成分 


新陳代謝アップ

グレープフルーツには新陳代謝を促進する「クエン酸」や、

利尿作用のある「カリウム」が含まれます。

これによって代謝向上による脂肪燃焼効果、

体内の余計な水分を排出することによるむくみ解消にもつながります。 


整腸効果

グレープフルーツには食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維の整腸効果によって便秘が改善され、下腹ポッコリの解消にも役立ちます。 


低カロリー&低糖

グレープフルーツ丸ごと1個を食べてもカロリーは約100kcal前後。

されに、他の果物と比べて果糖の量も低めなのが特徴です。 


デトックス効果

グレープフルーツに豊富に含まれる食物繊維やカリウムの効果によって、

老廃物が排出されデトックス効果が期待できます。

なお、食物繊維はグレープフルーツの身の部分よりも、

身の周りの薄皮部分に多く含まれるため、

ダイエットのことを考えるなら、薄皮ごと食べるのがオススメ。 


美肌&抗酸化効果

グレープフルーツに豊富に含まれるビタミンBには肌荒れを防ぎ、

肌の新陳代謝を促進する効果があります。

また、ビタミンCも豊富に含まれ、

シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える働きと抗酸化効果があります。 


高ストレス作用

グレープフルーツを含むミカン科の香りには、集中力を高めたり、

気分をリフレシュさせるなどの作用があるので、

ダイエット中のイライラ等、気分転換にも効果的です。 
 
 

オススメな食べ方

1日にグレープフルーツ1個を3食の食前に分けて食べる!! 

食事の前にグレープフルーツを食べることで感服感が得られ、

食事の量はもちろん、食欲も自然にコントロールすることができます。 

この際、薄皮ごとよくかんで食べればさらに満足感が得られて◎

さらに、グレープフルーツを食べる前には、

香りをゆっくり楽しんで香りに含まれるダイエット効果を得ることもポイントです。



h_click at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)