2010年06月21日

テレビや健康誌で大ブームとなっている『背伸びするだけダイエット』で痩せる理由!5

テレビや健康誌で大ブームとなっている
『背伸びするだけダイエット』。


ダイエット外来の専門医佐藤万成氏が編み出した
「伸びれば痩せる!」という理論は、
基礎代謝量をアップさせ脂肪を燃やし、
世界一ラクに痩せられる方法として注目されています。


そこで今回は、この『背伸びするだけダイエット』が、
どうして痩せられるのかをチェック!
痩せる理由とポイントなどを詳しく解説したいと思います。




『背伸びするだけダイエット』の7大効果

まず始めに、
『背伸びするだけダイエット』で得られる
ダイエット効果および美容効果を7つご紹介します。


1. 体脂肪を減らし、特にウエストのサイズダウンに効果的

2. アンチエイジング効果

3. 免疫力、自律神経を正常化させる

4. 骨盤を閉じて体の歪みをとる

5. 腰痛、肩こりの改善

6. 冷え性、便秘、鬱病の改善

7. ストレス解消ができる


以下では7つの効果を、さらに詳しくみていきましょう!




体脂肪を減らし、特にウエストのサイズダウンに効果的

背中には上体の姿勢を保つ脊柱起立筋という筋群があり、
その中には基礎代謝量を上げて、
脂肪の燃焼を促す褐色脂肪細胞が数多く存在します。


背伸びをすることで、
脊柱起立筋が伸びてこの細胞が刺激されるので、
ダイエット効果が得られるのです。


また、背伸びにより、
深い腹式呼吸と胸式呼吸ができることで、
臓器が活発に働き基礎代謝量をアップさせたり、
さらには、背伸びで全身の筋肉を使うことで
脂肪燃焼効果をもたらすといわれています。
 




アンチエイジング効果

背伸びにより筋肉がゆっくり力を出し続けることで、
成長ホルモンの分泌を促すことがわかっています。

この成長ホルモンは体脂肪を分解するだけでなく、
皮下組織の水分含有量も高める作用があるので、
肌を若々しく保つアンチエイジング効果も期待できます。
免疫力、自律神経を正常化させる


過度のストレスや悪い姿勢を続けると、
自律神経のバランスが崩れてしまうもの。


その自律神経のうち、
心身をリラックスさせる副交感神経が優位になりすぎると、
肥満や鬱病にもなりやすくなるといわれています。

背伸びは交感神経と副交感神経のバランスを整える運動なので、
自立神経の働きを正常な状態に近づけるとしています。
 



骨盤を閉じて体の歪みをとる

1日数回、立ち上がって背伸びをすることで、
姿勢を正し内臓を支える筋肉の衰えを防ぎ、
内臓下垂を矯正することで、過食防止に効果的です。


また、骨盤も締まることで、骨格全体が引き締まるといわれています。
 



腰痛、肩こりの改善

背伸びをすることで、
固くなった筋肉が自然とほぐされ、血行がよくなる。

また、背伸びにより痛みを和らげるホルモンが分泌され、
辛さが緩和されることが、
腰痛や肩こりの改善に効果をもたらします。


また、筋肉量自体が増えることで、
腰痛や肩こりの予防効果も発揮します。
 



冷え性、便秘、鬱病の改善

背伸び+腹式呼吸+胸式呼吸で、
自律神経のバランスが調整され、
血行がよくなり身体が温まることが、
冷え性改善に効果をもたらします。



背伸び+腹式呼吸で横隔膜の働きが活発になり、
内臓へのマッサージ効果を発揮。


これにより、胃腸や肝臓が刺激され、便秘解消が期待できます。


背伸びにより、
ハッピーホルモン=セロトニンが
多く分泌されることがわかっています。


このホルモンは身体の痛みを解消し、
気分を抑止、精神を安定させるので、
鬱状態が緩和されるといわれています。
 




ストレス解消ができる

背伸びをすることで気分がリフレッシュされ、
ストレス解消に効果があるといわれています。

また、お金もかからず、時間も手間もなく、
特別な器具も要らない、
という手軽さもストレスのないダイエット法の理由です。


以上、痩せる理由と効果が分かったところで、
いよいよ『背伸びするだけダイエット』を実践。


基礎代謝量を高め、美しく健康的にスリムダウンしちゃいましょう!

h_click at 12:40│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字