減量

2009年08月27日

ゆうこりん、庄司も挑戦 「プチ断食」がブーム5

数日間だけ断食する「プチ断食」を始める人がけっこう増えています。




タレントの小倉優子さんことゆうこりんが、
2日間の断食で1.5キロ減量したことを明かしているほか、


お笑い芸人の庄司智春さんも3日間にわたって実行。


やせるだけでなく、便秘が改善する、
肌の状態がよくなるという効果も期待できるそうです。






ゆうこりん体重1.5キロ減った

小倉優子さんは2日間のプチ断食で、
体重が1.5キロ減ったと
2009年8月19日のブログで報告しています。


さらに「悪い物が身体の中から出て行く」といっていて、
デトックス効果もあった様子。



食事は栄養素が入ったジュースだけだったが、
空腹でつらいということはなかったそうだ。




個人のブログにも
「プチ断食をしている」と書き込まれていて、
なかには「体重が減った」
「翌朝に爽快感があった」といっている人もいる。



やり方にはばらつきがあって、
週末や連休時に本格的にやるという人や、
1日だけ、夕食を抜くという人もいる。



また断食の間は水しか飲まないという人もいれば、
ジュースを飲む、ヨーグルトを食べるという意見もありました。





お笑い芸人の庄司智春さんも
3日間の断食をしたことを4月4日のブログで明かしています。



ところが途中からつらくなり、
効果も期待していたほどは出ず、
「わたくしは合いませんでした」と書いていた。



個人差はあるが、体重が減る、
便秘が改善する、
肌の状態がよくなるなどの効果が期待できるようだ。





ホテルで2泊3日の「週末断食」

ここ数年の健康ブームもあって、
集団で断食する「断食道場」が話題になり、
最近はホテルの宿泊プランも登場した。 





プリンスホテルは2泊3日の
「週末断食」という宿泊プランを7月18日から販売しています。



ザ・プリンス パークタワー東京と
グランドプリンスホテル新高輪で月に1回、行っている。




広報担当者は、


「9月まで定員の半数が予約で埋まっています。
利用者は20〜30歳代の女性や、
会社を経営している40、50歳代の男性もいます。

都内で手軽に体験できるということと、
クリニックが監修して食事を摂りながら行うので、
無理なく安全にできるという点が好評です」

と話している。




食事は1日目の夕食が
茶碗蒸しと野菜スープの2層仕立て(約220kcal)、

2日目朝食は抹茶ミルク(約145kcal)、
2日目昼食は野菜果物ジュース(約225kcal)、
2日目夕食はガスパッチョスープ(約280kcal)
と食べる量を減らしていく。


3日目の朝食は
野菜やきのこが入ったおかゆで通常の食事に備える。



また、宿泊者はトレーニングマシン、
室内プール、天然温泉、ジャグジー、
サウナを無料で使えるというホテルならではの特典もあるようです。


1人あたりの料金は1室1人で4万5000円、
1室2人で3万円、1室3人で2万5000円。





神戸西神オリエンタルホテルにも、
ファスティング(断食)プログラムがあります。



5泊6日が基本のコースで、
食習慣の改善によりダイエットや
美容などの効果が期待できるそうだ。




ホテル内に病院が入っていて、
オプションで検査を受けることもできる。


食事はジュースが中心。



03年に開始してから利用者は
延べ4000〜5000人になる。



ファスティング事業部によると、
女性が多く、8割がダイエット目的。



08年4月にメタボ検診が導入されてから、
男性の参加者も増えている。


5泊6日の料金はシングル利用で14万2500円、
ツイン利用で13万2500円。

2泊から受け付けている。

 



h_click at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月30日

夏本番!短期集中ダイエットで最速スリムボディーを手に入れよう!5

慎重派タイプダイエットは低GI食品ダイエット




危ない橋は渡らない、
そんな慎重派タイプなあなたにオススメなのは、
お医者さんもオススメをする低GI食品ダイエット。



低GI食品ダイエットとは、
普段の食事内容を見直し、
血糖値をコントロールすることでインシュリンの分泌を抑制し、
減量を目指すダイエット法です。






GI値って何?

GI値(グリセミックインデックス値)とは、
炭水化物に含まれる糖質が血糖値を上げるスピードを測定し、
それを数値化したものGI値です。





どうして低GI食品ダイエットでやせられるの?

食事で摂取した糖類や炭水化物(糖質)は小腸で分解され、
ブドウ糖として血液中に取り込まれます。



するとすい臓から、血糖値を抑えるインシュリンが分泌されます。


インシュリンによって必要なブドウ糖は臓器に届けられ、
余分なブドウ糖は脂肪細胞に運ばれ貯蔵されます。

インシュリンは脂肪細胞がブドウ糖の消費活動を妨げる働きをします。

インシュリンの過剰分泌は、脂肪の蓄積=体重の増量を意味します。



そこで、普段の食事で血糖値の急激な上昇を防ぐ、
低GI食品を積極的に摂取して、インシュリンの分泌を減らし、
脂肪の蓄積を防ぐのが低GI食品ダイエットです。

 




まずは食品のGI値をマスターしましょう

GI値が60以下の低GI食品を摂るように心がけます。

積極的に摂りたい食品と避けるべき食品を、
普段持ち歩いている手帳や携帯電話のメモ帳に記録します。


買い物をするときや、外食時にメニューを選ぶときには
かならずメモをチェックするように心がけましょう。




◆低GI食品◆

玄米

大豆食品(納豆・豆腐など)

乳製品(ヨーグルト・チーズ)

そば

きのこ

さつまいも

海藻類

肉・魚

 

 



◆高GI食品◆

精白米

中華麺

食パン

砂糖

うどん

バナナ

ジャガイモ

にんじん

もち

 




高GI食品から低GI食品へ置き換える

例えば、白米を玄米に変えます。

じゃがいもをさつまいもに変えるなど、
記録したメモをチェックしながら、
高GI食品から低GI食品へと
置き換えるようにしましょう。

 

 


併せ食べ技をマスターする

上司との会食時など、
やむを得ず高GI食品を摂らなければならないときには、
すっぱいもの・繊維質のもの・乳製品を一緒に摂るようにしましょう。


そうすることでGI値を下げることができます。

 


食べ方・食事の時間に気をつける

食事の間隔は最低でも3時間以上空けるようにしましょう。

食べるときも水分は控えめにして、
よく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。

規則正しい1日3食の食事が低GI食品ダイエットの基本です。

 

適量を心がける

低GI食品といっても食べすぎは厳禁。
お腹が一杯だと感じたら、
それ以上は食べないように心がけましょう。

 



h_click at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)