2005年02月26日

TODAY'S DESTINY

今日のDESTINYは友人とみんなで見てましたが、みのもんたじゃないですけど露骨過ぎやしませんかね?ルナといい、メイリンといい、レイといい、シンといい、タリアといい、ミーアといい、ギルといい・・・ああもう挙げたらキリがないほどだったと思います。まあ、これが今日の話の目的ならそれでもいいんですけどね(笑

その中でも気になったのはレイじゃないかと。ギルに対して顔を赤らめたり抱きついたりって・・・これヤヴァイでしょう。いいんですかね、この番組でそれをやって。実際同人誌とかでは、ギル×レイはよくネタにされますが、だからといってこれでは狙いすぎがバレバレです。さらにそれを見ているタリアの表情がまた・・・

それから、アスランをめぐる関係がメイリンも入ってきてさらに複雑化に。もてる男はいいですな、アスラン。  続きを読む

Posted by h_dash at 23:08Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月25日

シンと志貴

久しぶりの更新です。べ、別にさぼってたわけじゃないですよ〜なんとなく忙しかったのと、ネタ集めに奔走していました。

今日のネタは、声優「鈴村健一」さんについてです。ちょうど、DESTINYでシン役をやって一躍有名になりましたが、彼の声って激昂するにはちょっと不向きかなと思ったりもしてます。それに比べて、真月譚月姫の遠野志貴役は、個人的にかなり適役だったと思っています。

久しぶりに月姫を全話見直して、ゲームの方もやりたくなってきた今日この頃ですが、アニメ月姫は本編に比べてやっぱり物足りなさ感が多いですね。まずシナリオに問題有かと。まあ、月姫はゲームも各ヒロインごとに話が違い、全体として一つの謎に迫っているとはいえ、全体をつなげるということはとても難しいと思います。それを考えると、アニメ版の出来もいたしかたないかとは思いますが。  続きを読む
Posted by h_dash at 16:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月21日

テイルズ オブ レジェンディア

まだリバースやってないのにもう新シリーズ発表かよ〜ということで、レジェンディアが発表されました。何でも、今までのテイルズシリーズの製作チームとは違うチームが作った作品だとか。テイルズシリーズといえば、個人的に傑作だと思っているファンタジアをはじめ、すでに10作以上も出している大作シリーズです。いつも期待を裏切らない出来ばえなので、今回のも期待しちゃっていいんでしょうかね?

レジェンディアは、「MelFes(メルフェス)」という新規プロジェクトチームが数年の歳月を費やして作りあげた作品で、キャラクターデザインに中澤一登先生を起用しています。中澤一登といえば、明日のナージャのキャラクターデザインなどでおなじみの方ですね。今までのいのまたむつみ先生や藤島康介先生とはまた違った感じのデザインですが、キャラクターの味が全面に出されているようなデザインになってますね。  続きを読む
Posted by h_dash at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月19日

今日頑駄無種運命壱拾八話

なんかいつも唐突に始まってしまうこのブログですが・・・それはさておき、今日のDESTINYも戦闘でしたね。ローエングリンを撃てですか。なんか昔、宇宙戦艦ヤマトに、あの火星を撃てなんてタイトルの回があったのを思い出しました。
今日の話で面白かったのが、ブリーフィング後のルナとアスランの会話ですかね。今までその行動からルナがアスランにモーションかけてるなってのは推し量れたのですが、今日の話でアスランが「人付き合いとかうまくない」って言ったのを聞いてルナが、「アタシ予防線はられた?」って言ったとこです。アスラン相変わらずカガリ一筋ですね〜カガリがうらやましいです。でも、個人的には、アスランをめぐってルナ、ミーア、カガリが取り合いをするシーンがみたいですね。  続きを読む
Posted by h_dash at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月18日

種はどこまで飛ぶのやら

最近見たニュースにこんなのが。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0502/14/news095.html

詳しくは見てもらえば分かるんですが、東芝が発表したDVDレコーダーRDシリーズの開発コードが、「ハイペリオン」「フリーダム」「ストライク」という名前だということです。これだけだとなんのこっちゃなのですが、知っている人ならすぐに分かる、つまり、ガンダムSEEDに登場するモビルスーツの名前から取っているのでは?というのです。これについての明確な解答はないのですが、まあ明らかにそうでしょう(笑 でもこれって、問題にはならないんですかね?  続きを読む
Posted by h_dash at 22:30Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月17日

コスチュームに萌えきゅん?

以前のコスプレの話の続きで。
コスプレで重要なもの。もちろん中身が重要なのは最もなのですが、やはり一番コスプレで多くの人が気にするのはコスチュームでしょう。コスチュームと言ってもたくさんあります。学校の制服、ブルマなどの体操服、水着、会社の制服(マクドナルドなど)、仕事用制服(ナース・警察官など)は、一般的に風俗でよく見られるコスチュームです。それに対して、アニメやゲームのキャラクターのコスチュームは、コミケなどのコスプレ広場みたいな場所でよく見られます。

これは以前も話しましたが、求められるものの違いが原因で起こっている現象です。そもそも風俗に行く人は、現実の女性を相手に行き、コミケに行く人はアニメやゲームのキャラクターに扮した女性を見に行くのであるため、このような区分けが出来てしまうのでしょう。  続きを読む
Posted by h_dash at 12:21Comments(0)TrackBack(1)

2005年02月15日

限定版を大切にしましょう

昨日ついに「フルメタル・パニック ふもっふ」のDVD(限定版)をコンプしました。なかなか1巻が安く手に入らず苦労しました。1巻は限定版にしか入っていない未放送分があるので、どうしても限定版じゃなきゃいけなかったのですよ。
そして、いざ全巻をもう一度見直してみましたが、やっぱりオモシロイ!!ギャグのセンスいいですよね、この作品。やはり原作がいいのと、キャラクターの個性がバリバリ出てるのが、拍車をかけてますね。以前の本編とは違う外伝ということもあって、ホントに容赦ないです(笑

限定版のアニメDVDって多いですよね。ありきたりだと、全巻収納BOXとか特製ケース入りとかで、変わったものになるとフィギュアつきとかテレカなどの描き下ろしグッツつきとかでしょうか。最近ようやく我慢できるようになってきたのですが、それでも限定版という言葉に弱い自分がいますね。  続きを読む
Posted by h_dash at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月14日

コスプレの意義を再確認したいお年頃

先日、友人Aとこんなやりとりがありました。

友人A「神田のコスプレ系のお店で琥珀さんのコスプレがめちゃくちゃ似てる人がい   るんだよ。久しぶりにコスプレで萌えたね。」
私  「ふ〜ん、でもコスプレでしょ。実際の琥珀さんじゃないんだし。」
友人A「顔が琥珀さんなんだよ!!分かる?」
私  「いや・・・それは琥珀さん本人しかいないんじゃないのか・・・」

こんな他愛もないやりとりではあったのですが、コスプレを使って集客率を上げるという手は、コスプレが認知され始めてから爆発的に広がりましたね。コスプレ喫茶、風俗などなど多くの業種で見られます。
ただ、本職の(こういう言い方も変かもしれませんが)コスプレイヤーにとっては、そのキャラクターや職業をしっかり勉強して完全になりきらなければコスプレではないのであって、こっちを正道とするなら、集客用のコスプレは邪道となるのかもしれません。
  続きを読む
Posted by h_dash at 15:23Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月12日

今日のですてにぃ〜 17話

さて、今週のガンダムSEED DESTINY「戦士の条件」は、ゲームでいうところのインターミッションに近い話でしたね。最後のアスランとシンの会話は、これはまたフラグがたったか!?なんて思いながら見てました。

今日の話で印象に残ったシーンは2つあります。
1つ目は、ミーアのライブシーン。ラクスと偽ってザフト兵の士気を上げるためにライブをやってましたね。本物のラクスとは曲風が全く違っていて、これはこれでイイと思いました。まさにアイドルを演じてるといったところでしょうか。ミーアとラクス、どっちがいい?と聞かれたら、悩みどこですね。ところで、ミーアがラクスの偽者と気付かれてないのは、服装・髪・声など色々と似せているからですが、スタイルも似てましたね。胸おっきかったです(笑  続きを読む
Posted by h_dash at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月11日

勇者シリーズ。一番面白いのは・・・?

最近はあまり見られなくなった勇者シリーズ。子供の頃は、この純粋なストーリーにドキワクしたものです。もちろん今でも、スパロボで燃えてますけどね。
勇者シリーズで、一番オススメなのが、「絶対無ライジンオー」です。なんというか、一番心に残ってるのがこのアニメだ、ってだけなのかもしれませんが、でも、学校が動いてライジンオーが出てくるシーンや、教室が司令室になったりするシーンは、いつ見ても鳥肌がたっちゃいますね。

この頃からなのかもしれませんが、アニメにラブコメって要素が少しずつ入ってきていたと思います(私の勘違いで、もっと前からなのかもしれませんが)。この作品でも、ところどころに小学生のほのかな恋を演出していましたね。それから、パイロット同士のけんかなんかも、今でこそありきたりって思えてしまうのですが、当時はハラハラしながら見ていました。  続きを読む
Posted by h_dash at 17:12Comments(1)TrackBack(0)