1月5日に、新さっぽろのサンピアザ光の広場で開催された「新春初科学体験2014」(主催:札幌市青少年科学館)に出展させていただきました。テーマは、あかりくらべ。
上から見ると、こんな↓感じです。いろいろな体験グッズを用意しました。

P1120569NCM_1000

まずは、うちわで風を起こして、プロペラを回し、LED電球をつけたり、ブザーを鳴らして、電気に変えるエネルギーと、音にするエネルギーの強さの違いを体験。

 P1120571P1120566

次は、豆電球とLED電球をつけるために必要なエネルギーの違いを、手回し発電で、体験。

P1120572P1120568

続いて、豆電球と同じ構造の白熱電球と大きなLED電球の中を観察。

P1120573

白熱電球とLED電球の光る仕組みを説明して・・・

P1120574P1120575

明るい光を直接見るのは、良くないので、日食メガネを使って観察。

P1120576P1120578



白熱電球とLED電球の消費電力も測定しました。(写真は、あとで撮った物なので、数字は違います。)温度の違いも放射温度計でチェック。(残念(^^;)ピンぼけです。>

P1120579P1120580

3つを体験した人には、認定証を進呈しました。□の中には、好きなスタンプを押してもらいました。
認定証

参加した感想を、シールで教えてもらいました。へえ!という発見があって、しかも、楽しかったようで、良かったです。

P1120581P1120582