CIMG1939CIMG1937

 写真は、フィラデルフィアのホームセンター。冷蔵庫が並んでいますが、ドアの上の方に、緑色のステッカーが貼ってあります。よく見ると、ステッカーには、「PECOが75ドルのリベート(謝礼・割戻金)を払うよ」と書かれています。PECOは、フィラデルフィア地域に電気とガスを供給している会社です。古い冷蔵庫は、「energy-guzzling monster(エネルギー喰いの怪物)」だということで、それをEnergy Star(省エネルギー型電気製品を示す環境ラベル)付きの冷蔵庫に買い替えると割戻金が得られるというものです。

 札幌市でも、統一省エネラベル4つ星以上、かつ5万円以上の省エネ型冷蔵庫に買い替えると、5,000円分の地域商品券がもらえるという「省エネ型冷蔵庫買替キャンペーン」が、9月30日迄実施されています。(→11月30日迄に、延長されました。)そろそろ買い替えを!と思っている方は、この機会を活用してはいかがでしょう。
 札幌市のホームページには、「冷蔵庫の買い替えって、効果的なの?」や、「古い冷蔵庫を使い続けた方が資源の節約になるのでは?」などの疑問に答える部分が見つからなかったので、表にまとめてみました。
 また、まだまだ買い替えの予定がなくても、冷蔵庫は突然壊れることが多いもの。その時には、さて、どれがいいかしら?と考える余裕はないものなので、時々、家電販売店で、最新の冷蔵庫事情をリサーチしておくことをオススメします。
fridge-info