aamall

2008年05月

2008年05月07日

なんだかな〜1

 またもや約1ヵ月のご無沙汰でした。みなさん連休はいかがでしたか?

 当編集部は今年は奇跡的に進行が順調で、ほとんどのメンバーが3〜6日の4連休を休めました! いや〜頑張れば結果が出るもんですね。おかげでみんな頭スッキリ、残りの校正も順調にいきそうです。

 そうやって仕上げているHiVi6月号では、DTS-HD対応が話題のPS3を素早くチェック。バージョン2.30で実現されたHDオーディオのクォリティに迫っています。もちろん本格的システムで聴くHDオーディオも大特集。さらにはこの夏のビッグイベントに向けて大画面テレビを導入予定の方には必見となる特集も掲載しています。ぜひぜひ17日をお楽しみに。

 なんて気分よく仕事をしていたんですが、夕方に朝日新聞のニュースをチェックして、ちょっと(いや、かなり)がっかり。

http://www.asahi.com/culture/update/0505/TKY200805050202.html 


 既にこのニュースをご存知の方も多いでしょうが、iPodやHDDレコーダーにも「著作権料」を課金する方向で文化庁から発表があった模様です。

 この提案はかなり以前からされていましたが、反対の声が大きかったし、個人的にもとてもユーザーの理解を得られるとは思えなかったので、すっかり消え去ったものと思っていました。よもや今頃再登場しようとは……。いや〜「著作権団体」のしつこさ恐るべし。

 しかも今回はHDDレコーダーまで含めると明記されているようで、これはHiVi読者にとってもおおいに関係あり。でも、放送を一時的に記録するのがほとんどのはずのHDDレコーダーに何故著作権料がかかるのか、やっぱ理解できませんね。加えてパソコンは対象外というのだから、何がなにやら……。レコーダーを買わずに、地デジパソコンを活用しなさいということでしょうか。

 まぁ今の流通体制からいくと、店頭価格に著作権料を上乗せできないでしょうから、実際はメーカーの負担になるのでしょう。朝日新聞によると著作権団体はそれを見越して、メーカーがいやがった場合には6月から開始予定の「ダビング10」を拒否する構えとか。おいおい、それってマジですか?

 あくまで個人的な意見ですが、そうなったらダビング10なんか止めてしまっていいと思います。そもそもダビング10自体が本当のエアチェックファンには役に立たない代物だし(コピーできないディスクが10枚になるだけという意味で)、大多数の観たら消す派には関係ないものでしょう。それを交換条件に持ち出すなんて、なんだかなぁ。

 そもそもテレビ放送は、コピーワンスが10回なんてややこしいことを言わずに、コピーフリーにするべきです。それが実現されて初めて著作権料を課金すべきかどうかを検討する、というのが筋ではないでしょうか。巷に蔓延する違法コピーを容認しろとは言いませんが、それを意識して過剰防衛に陥ると、正規ユーザーにばかり負担を強いてしまい、結果的にユーザー離れを起こしてしまいます。

 ……これって負のスパイラル以外の何者でもないと思いますよ。

h_i_v_i at 23:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ハイビジョン