2007年01月18日

ディープインパクトが芝部門世界ランクトップに

ディープインパクト、世界最高の評価
IFHA(国際競馬統括機関連盟)は16日、2006年度のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキング(以下WTRR)を発表し、ディープインパクトが芝部門のトップタイにランクされました。ソースはこちら

JRAの発表によると、このWTRRは、昨年度の北半球所属馬及び北半球の競走に出走した南半球所属馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されました。115ポンド以上の評価を受けた180頭が順位付けされ、日本は63頭の米国、47頭の英国に次ぐ第3位の23頭がランクされました。その中で、ディープインパクトは127ポンドで、ジョージワシントン(George Washington 牡3、愛国)やレイルリンク(Rail Linke 牡3、仏国)と並んで、芝部門のトップタイ(総合4位)にランクされました。なお、総合1位は129ポンドで、ブリーダーズCクラシックなどを制したインヴァソール(Invasor 牡4、米国)で、2位には128ポンドのバーナーディニ(Bernardini 牡3、米国)とディスクリートキャット(Discreet Cat 牡3、米国)でした。※年齢は全て昨年時

その他の日本馬では、ハーツクライが124ポンドで芝部門8位(総合13位)で、アドマイヤムーンダイワメジャードリームパスポートが121ポンドで総合20位にランク。以下、デルタブルースが120ポンドで28位、ポップロックスウィフトカレントが119ポンドで44位と続いています。また、ダートではカネヒキリが118ポンドで56位、アジュディミツオーが117ポンドで72位にランクされています。

ディープインパクトが、また新たな勲章を受章です。世界一というのは、確かに素晴らしいことだとは思いますが…日本でしか勝利経験のない馬が、世界一というのも、何となくしっくり来ません。実際、凱旋門賞では3着と敗れていますからねぇ…ジャパンCでハーツクライ、有馬記念でデルタブルースやポップロックを破ったとはいえ、そこまでの評価を与えられるものかと言われれば、ちょっと違う気も…まぁ、パート宜馥りして、日本競馬が少しずつ世界に認められていることの証明と言えるかもしれませんね。それにしても、スウィフトカレントの評価が高すぎるような…?天皇賞でダイワメジャーに迫ったことが評価されたのでしょうけど…菊花賞を勝って香港ヴァーズでも4着と好走したソングオブウインドの方が、もっと高い評価をされてもいいと思うんですけどね。

フサイチホウオー、ぶっつけ皐月賞も
重賞2連勝中のフサイチホウオー(牡3、栗東・松田国英厩舎)が、このままぶっつけで皐月賞に出走するプランがあることが判明しました。ソースはこちら

すでに、スペシャルウィークさんも記事にされていますが、昨日、坂路で追い切られたフサイチホウオーは、4ハロン54.6−40.0−13.2を馬なりでマーク。手綱を取った安藤勝己騎手は、「この中間は少し緩めたから、けさの併せでは少し遅れたが、これからひと追いごとに良くなってくるでしょう」とコメント。松田国英調教師は、万全の状態での出走を希望していることから、場合によっては復帰戦として有力視されている共同通信杯やきさらぎ賞を使わず、ぶっつけで皐月賞に出走させる可能性を示唆しており、今後の動向が注目されます。

有力馬のぶっつけでクラシック出走というと、私の中では1999年・桜花賞のスティンガーが思い浮かびます。阪神3歳牝馬S(当時)以来ながらも1番人気に推されたスティンガーは、スタートで思いっきり出遅れて、直線でも何も出来ずに12着と惨敗。そのイメージが大きく、どうしてもぶっつけとなるといいイメージが沸きません。マツクニお得意の皐月→マイルC→ダービーのG毅穫∪錣鮓越してのものかもしれませんが、万が一ぶっつけになるようなら、ただでさえ中山コースが不安視されているだけに、取りこぼす可能性は大。果たして、松田調教師はどのような判断を下すのか、注目です。

ディープサマーが登録抹消
2005年のクリスタルCを勝ったディープサマー(牡5、栗東・山内研二厩舎)が、昨日付けで競走馬登録を抹消されることになりました。今後については、未定となっています。ソースはこちら

ディープサマーは、2004年の7月に函館でデビュー。新馬戦では、後の重賞勝ち馬となるストーミーカフェを問題にせず、前評判通りの強さで圧勝。函館2歳S2着の後、やや精彩を欠きますが、翌年のクリスタルCで重賞初勝利。短距離での活躍が期待されましたが、これが最後の勝利となってしまいました。通算成績は23戦2勝。

POGで狙っていた関係で、デビュー前から期待していた馬でした。この成績を見ると、早熟のレッテルを貼られても仕方のないものに映りますが、昨年夏の成績を見れば、まだやれる可能性は残されていると思うんですけど、何か理由があったのかもしれません。ダートは下手のようですし、地方競馬で再出発は難しそうな気もしますが、まだ若いですからね。それもありかと思いますが、どんな進路になるのか…どちらにせよ、第二の馬生が幸せなものであることを願うばかりです。

バルジュー騎手が帰国
1月6日から短期免許で来日中だったD.バルジュー騎手が、本人の都合で帰国することになり、免許が取り消されました。ソースはこちら

バルジュー騎手の短期免許期間は、2月25日までの予定でしたが、急遽帰国となってしまいました。本人の都合ゆえ、仕方のないことですが…PO馬のコマンドールクロスを2着まで(幸の時は二桁着順だった)持ってきてくれた騎手で、もう1回乗ってもらいたかっただけに、残念です。

h_k7102241078 at 12:02│Comments(8)TrackBack(0)競馬 ニュース |

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スペシャルウィーク   2007年01月18日 12:23
こんにちは(^_^)/

ディープインパクトの芝部門での世界トップタイは本当に喜ばしい事ですが…やはりほぼ日本国内での結果だけに複雑なものもありますねf^_^;
海外で良績を挙げたハーツ・デルタ・ポップを破った事とパート菊りした事で日本競馬が少し認められたのでしょうね。
おっしゃるようにスウィフトの評価はちょっと高いですよねw何でポップと同評価なのか?w

フサイチホウオーは…ぶっつけで皐月賞の可能性は残されてはいますが、私はやはり予定通りに最終的にはなると睨んでいますが…(^^;)
おっしゃるようにスティンガーの件もありますし、気性的に課題の多い馬だけにレースを使って万全に挑んでもらいたいですよ(-_-;)

バルジューは仕方ないですが残念な帰国ですね。
2. Posted by つぅ   2007年01月18日 14:23
こんにちは(^^)

ディープインパクトに関しては海外未勝利ではありますが、改めて世界に誇れる日本最強馬…ということで…

ホウオーはマツクニ先生がまた何かやらかすのではないか?なんて思ってしまいますが、皐月賞直行ならば評価は下げざるを得ませんね。それで勝てるほど力が突出してるとも思えませんし。

ディープサマーはデビュー時は強かったですね。今後が気になります。
3. Posted by S木   2007年01月18日 18:33
こんにちは。

またもトップ記事を押しのけてのコメントご容赦願います。
フサイチホウオーはぶっつけですか…勘弁して欲しいですよ。こう、なんていうか…もう少しオーソドックスなローテを組めないんでしょうかね、この人は(笑)なにも、常識が正しいとか言いたいんじゃないですが、過去には前科がありますし、過去の統計って物が厳然としてあるんですよね。まずは結果が出れば何でもいいですが、結果を出すために最高の調教をお願いしたいですよ。
ディープサマーは昨年の淀短距離S以来好きな馬でした。◎で2着に残ってくれましたから。その前に余計なMIYUKIってのがいて頭にきましたけどね(笑)函館や重馬場など、重い芝が断然得意で、狙い撃ちも十分可能。わかりやすくて相性も良かったです。夏・小倉に言った時はダメだよ…と思ったものです。余生がどうなるにせよ、幸福なものであって欲しいですね。
4. Posted by S木   2007年01月18日 18:34
続きです

さて、最後にディープインパクトですが(笑)
世界一といわれることは本当に嬉しいんですけど、なんとなくしっくり来ないですよね。あの馬でもダメだったか…という失望があったので、そのあとで「世界一」と言われてもピンときませんよ。しかし、まぁこうやって日本の馬・競馬が評価してもらえることは嬉しいことですね。
5. Posted by トップロード   2007年01月18日 19:49
>スペシャルウィークさん
凱旋門賞で勝ったいたら、文句なしだったんでしょうけどね…まぁ、それだけ日本競馬を世界が認めてくれ始めているのだと思います。

スウィフトカレントは…何ででしょうね?まさか、サマー2000シリーズ1位だから、なんてことはないでしょうねwう〜ん、ポップロックと同評価というのは、ちょっと首をかしげてしまいます。

フサイチホウオーは、あくまでもプランの一つということでしょう。まずはレースを使って、少しずつ課題を改善していった方がいいでしょうね。もちろん、使い過ぎは勘弁ですけど…

バルジューの帰国は、本人の都合ですから、残念ですけど、仕方がありません。出来れば、今週のコマンドールクロスに乗ってもらいたかったんですけどねぇ…
6. Posted by トップロード   2007年01月18日 19:52
>つぅさん
ディープインパクトは、そういう見方をするのが一番でしょうね。ただ、やはり今年も現役を続けて、その評価が正しかったのを証明してもらいたかったですよ…

フサイチホウオーは、能力は間違いなく最上位でしょうけど、ぶっつけで勝てるほど抜けているとは思いづらいですよね。しかし、普段は使いまくりで叩かれるマツクニが、今度は使わなくて叩かれる可能性があるのは、何となく滑稽な気がしますw

ディープサマーですが、まだ今後の進路はわかりませんが…どのような進路であっても、幸せな余生を送ってもらいたいものです。
7. Posted by トップロード   2007年01月18日 19:59
>S木さん
いえいえ、お気になさらなくても大丈夫ですよ☆

あくまでプランの一つでしょうけど、しかしこの人も常識的なローテを嫌いますよねwまぁ、独自の理論があるからなんでしょうけど、見ている側からは異質なものに映りますからね。おっしゃるように、結果さえ出してしまえば文句は言われないでしょうから、それだけの覚悟を持って最高の状態で送り出してもらいたいものです。

淀短距離というと、ギャラントアローが残ったレースですねwおっしゃるように、ディープサマーは狙い時がわかりやすかったので、買い手としては評価を決めやすい馬でした。小倉行きは…あまり結果を出せませんでしたもんね。本当に、幸せに余生を過ごしてもらいたいものです。
8. Posted by トップロード   2007年01月18日 19:59
続きです。

ディープインパクトの世界一は、どうしても『凱旋門賞で3着入線』という事実がありますから、それで1位と言われても…という思いになるのは、仕方のないことかもしれませんね。

ただ、それだけ日本の馬が世界のハンディキャッパーから高い評価をもらえるようになったことは、喜ばしいことですからね。この先、日本馬が世界ランク上位の常連になれるよう、さらなる発展に期待したいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
馬券代の足しに
【オススメお小遣いサイト】
お小遣いサイトで馬券代を稼ぎましょう!よろしければ、下記バナーからご登録下さい!

.櫂ぅ鵐肇織Ε
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
↑↑↑このバナーから登録で500ポイントプレゼント!

△欧鷆

↑↑↑このバナーから登録で250ポイントプレゼント!
QRコード
QRコード
Categories
Archives
Profile
Mail

管理人へメールを送り付ける


上記アイコンからどうぞ。
※新しいウィンドウで開きます。
Blog Links
Access Counter



500000HIT突破!
ご訪問ありがとうございます!