2007年05月16日

武豊が降ろされる時代

日本ダービー、タスカータソルテに武豊騎手
京都新聞杯を制したタスカータソルテ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)の鞍上が、武豊騎手に決定し、前走でタスカータソルテの手綱を取った岩田康誠騎手が、オーナーサイドの意向により、皐月賞4着のアドマイヤオーラ(牡3、栗東・松田博資厩舎)に騎乗することとなりました。ソースはこちら。また、武豊騎手の公式HPの日記においても、このことに触れられています。

○ンスポやギャ○ップの適当な想定と違って、信頼度の高い競馬ブックの想定騎手において、アドマイヤオーラの騎乗予定が空欄になっていたこともあり、乗り替わりの可能性は聞いていましたが、本当に決まったようですね。しかも、既に騎乗馬の決まっていた岩田騎手になるとは…タスカータソルテの陣営が、よくOKを出したなと思います。

しかし、武豊騎手でも降ろされる時代になってしまいましたか…ただ、今回の乗り替わりは、前から伏線があったように感じます。近藤オーナーは、勝ったにも関わらず、アドマイヤムーンのドバイデューティフリーの乗り方にケチを付けていましたし、昨年のリプレイのような皐月賞でのオーラの負け方に、先日のクイーンエリザベス2世Cのムーンや、ヴィクトリアマイルのキッスと、凡走続きで頭に来たのかもしれません。それに加えて、今年の武豊騎手自身の不振となれば、乗り替わりとなっても仕方ないでしょう。以下、武豊騎手について、ちょっとした雑文を書いてみようと思いますので、興味のある方だけ“続きを読む”でご覧下さい。結構辛辣な文章になっていますので、そういう点にご理解の無い方はご遠慮ください。

今年の武豊は、見ていておかしい感じがする。以前までの小憎らしいほどの上手さが影を潜め、溜め殺しをしてしまうレースも増えた。これに関しては、ディープインパクトの存在が大き過ぎたが故であると思う。数々の名馬に跨った武豊をあれだけ心酔させた馬である。その影響が、他の馬の騎乗にも現れたと考えられないこともないだろう。

以前の武豊なら、本番であるG気嚢澆蹐垢茲Δ平惘弔鰐気った。逆のケースは多数あったが、“日本一の騎手”である武豊の存在は、それだけ大きかったということだ。だが、今の武豊は違う。ディープインパクトという馬が引退し、その幻影を追いかけてしまって、後方からの競馬に拘り、本来の上手さを出せていない。もちろん、いつもいつも後方からのレースをやっているわけではないが、人気馬で後方待機すると、人気を裏切る傾向が強く、その印象が強くなっているように思う。

また、サンデーサイレンス産駒が少なくなったことも、武豊に微妙な狂いを生じさせてしまった一因であると思う。ディープインパクトを筆頭とするサンデー産駒は、武豊を背に数々のG気鮠,舛泙った。武豊とサンデー産駒は、鬼と金棒の関係に近い。それは、武豊の当たりの柔らかい騎乗が、気性の激しいサンデー産駒にフィットしたからだと思う。ま、サンデーの有力どころの鞍上を多く任されたから、という可能性もあるだろうけどね。また、サンデー産駒は総じて強烈な末脚を秘めていることから、武豊が追い込み思考にシフトチェンジして行き、サンデー産駒が減少することによって、他の種牡馬の産駒でも同じような乗り方をした結果、力を出し切れずに終わってしまうのではないだろうか。

はっきり言って、今の武豊には怖さを感じない。以前なら、どんな馬でも持ってきてしまいそうなくらいの存在感を誇った武豊でも、現状では地方や海外からどんどん上手い騎手が入ってきて、その辺の上位騎手に比べて、大きな差があるように思えなくなった。事実、今年の武豊は、1ヶ月のブランクがあったとはいえ、現在全国リーディング8位。3月に荒稼ぎしたが、その後はやや低迷気味だ。数年前までなら、調子の波が小さく、常に安定して勝っていたのだが、今年は勝ち数が安定してこない。ついに、武豊が1年を通してほぼ順調に乗り続けながら、リーディングから陥落する時代が来たのかもしれない。

だが、武豊ほどの騎手が、このまま終わってしまうようなことは無いはずだ。そうでなければ、これだけ長い間トップを守り続けるのは不可能。むしろ、この屈辱をバネにして、復活のきっかけを掴む可能性だってある。競馬サークルにおける武豊の絶対的な存在感からすれば、全く乗り馬がいなくなるなんてことはあり得ないから、必ずどこかで復調の兆しを掴むだろう。

俺はアンチ武豊だが、このまま終わる武豊は見たくない。俺の知っている武豊は、ムカつくくらい上手くて、ムカつくくらい勝って、ムカつくくらい俺の武豊を外した馬券を紙くずにする騎手だ。そうじゃなきゃ、張り合いが無さ過ぎる。いかにして人気の武豊を嫌うかが、競馬を面白くさせてくれるんだから。

アンチの私だけど、今だけは武豊騎手の復活を応援します。そして、また腹ただしいくらいに上手い武豊騎手が戻ってきたら、武豊を外した馬券をたんまり買う、アンチ武豊に戻ろうと思う。あ〜、締まりの無い文章だな…勢いだけで書くもんじゃねーや。

h_k7102241078 at 18:34│Comments(19)TrackBack(2)競馬 ニュース | 競馬 コラム|

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 第74回東京優駿【日本ダービー】の1着馬は?  [ しげぽーね@eBet ]   2007年05月16日 18:40
昨年の日本ダービーはメイショウサムソンが皐月賞に続き2冠を奪取。今年の天皇賞・春も制した。2005年はディープインパクトが無敗でしかも圧勝で制し、後にジャパンカップなども制し世界の馬となった。 今年は皐月賞も3連単で100万超えや牝馬のウオッカも参戦と話題性も多い...
2. 日本ダービー2007!競馬予想するならこれだ!!  [ 日本ダービー2007!競馬予想するならこれだ!! ]   2007年05月22日 09:09
2007年日本ダービーを予想するための予想方法を紹介しています。

この記事へのコメント

1. Posted by ろざり   2007年05月16日 19:50
3 いや〜そのとおりですね。
サンデー産駒の切れに合わせた騎乗スタイルが今年不振の最も有力な原因でしょうね〜
ただしかし武の日記の書き方にはものすごく寂しさを感じて、いらないと言われるでしょうけど同情してしまいそうですw
タスカータソルテ。狙えますね。
2. Posted by たっちん   2007年05月16日 20:04
こんばんは。

ユタカの騎乗に関してはおっしゃる通りだと思います。いわゆる神の手も影を潜め2着が多いですから…。
ただ騎乗馬を集める際に近藤氏との関係でユタカに依頼しにくい先生やオーナーさんがいたのではないですかね?(本番では乗ってもらえないので)
これからは近藤氏と決別してユタカらしさを取り戻し競馬を盛り上げてほしいなと思います。
3. Posted by 虎屋   2007年05月16日 20:07
これも時代の流れなんでしょうね。でも、このままで終わるとは思えませんし、どこかでキッカケを掴んだら一気に勝ちだすかもしれません。
アドマイヤ陣営の今後の対応に注目ですね。宝塚記念の時にアドマイヤムーンの鞍上が違う人間に変わっていれば、それが縁切りの合図でしょう。
4. Posted by スペシャルウィーク@放牧中www   2007年05月16日 20:47
こんばんは。

皆さんが、おっしゃるようにこれも時代なんでしょうね…個人的には何か淋しさを感じますが…。
ただ、今年の騎乗を見てますとこの決断も致し方ないでしょうね…。ホントにディープ後遺症でしょうね。あまりに?が付くような騎乗が目につきますからね。
しかし、個人的にはオーラを岩田にチェンジしてもダービーは厳しいと思いますよw少なくとも私は軸にはしませんねwww
府中とG気妊ぅ泪ぅ舛癖ですから(^-^;

話を豊さんに戻しますと今回の屈辱をバネに再びファンもアンチも唸らせる騎乗を見せて貰いたいと思います。
5. Posted by トップロード   2007年05月16日 21:30
>ろざりさん
サンデー系種牡馬はいますが、サンデーの直仔が持つ特有の切れ味を持つ馬は、なかなか出ませんからねぇ…サンデー産駒が競馬場で走らなくなるのも時間の問題ですし、以前のスタイルを取り戻してもらいたいです。

日記は、淡々と書かれているようで、かなり内心は穏やかじゃなさそうにも見えます。前回の日記も、何となく近藤オーナーへの当て付けのような気がwww

岩田なら消す予定だったタスカータソルテですが、ダービー最多勝騎手を迎えることで、ちょっと怖い存在になってきましたね。
6. Posted by トップロード   2007年05月16日 21:34
>たっちんさん
ディープが出始めた辺りから、溜め殺しの回数が増えたような気がするんですよね。2着というか、私には派手に馬券圏内からも飛んでいるイメージしかないんですけど…

馬主や調教師同士の兼ね合い、という意味では、おっしゃるような部分があったと思います。近藤オーナーと手を切ることが、必ずしもプラスばかりではないとは思いますが、何かのきっかけにはなると思います。これを糧に、以前の上手さを取り戻してもらいたいと思います。
7. Posted by トップロード   2007年05月16日 21:37
>虎屋さん
海外や地方からも良い騎手がどんどん来ていますし、武豊という絶対的な存在が揺らぎ出しているのは事実でしょう。ただ、それであっさり潰れるような騎手ではありませんし、おっしゃるようにきっかけ一つでしょう。

アドマイヤムーンに関しても、微妙な状況になりそうですねぇ…プライドを傷つけられた豊さんが自分から降りるか、オーナーが全部の馬を乗せないようにするか…ダービー以降の動向にも注目です。
8. Posted by トップロード   2007年05月16日 21:42
>スペシャルウィークさん
放牧中にありがとうございますm(__)m

いくら武豊であっても、不振の時には風当たりが強くなるのは、実力世界では仕方のないことでしょうね…ディープの後遺症は、なかなか克服するのは難しいかもしれませんが、あれだけの騎手ですし、いずれ何とかするでしょう。

オーラですが、私は岩田でも武豊でも無印ですwwwシンザン記念の内容を見ても、ダービーではあって掲示板がいいところだろうと…むしろ、豊さんの方が人気被ってくれて嬉しかったんですがねwww

とにかく、腹立つくらい上手いからこそ、アンチも戦い甲斐があるんで、あの素晴らしい技術を持った武豊の復活に期待したいです。
9. Posted by 某blog編集長   2007年05月17日 01:34
こんばんは☆

やっぱり乗り変わりですね。
まっ、どっちみち切りの方向なんで…
オィラには関係ありません(爆)

しかし、武豊の溜め殺しは目立ちますね。
ディープの凱旋門以来
もっとも…
件のアドマイヤ両頭は人気でも力不足なだけでは…

それ以上に…
近藤のオッサンはやり過ぎ?
馬を買う事は出来ても乗ることはできないんやから…

アドマイヤの束縛から逃れれば、再び武豊…
怖さ…復活かも…
10. Posted by 虎屋   2007年05月17日 12:46
〈オークス〉
ダイワスカーレットが感冒のため出走回避となりました。まさか、こんな形で姿を消そうとは…。最有力候補の直前リタイアで主役不在の難解なレースになってしまいました。
3週連続大万馬券の可能性も出てきましたね。今年のG気浪燭起こるか本当に分かりません。
僕はまた予想の練り直しですw
11. Posted by トップロード   2007年05月17日 14:40
>某blog編集長さん
オーラは東京2400のイメージ沸きませんもんね。タスカータの方が、まだ適性はありそうですし、ある意味では降ろされて良かったかもしれないですねwww

溜め殺しに関しては、力の足りない馬ならともかく、力上位の馬でやられたら気分悪いでしょうね。特に、他の馬主の馬で勝っているのに、自分の馬に乗った大レースで失敗が多いように感じたのではと。

ま、リーチに関しては批判も擁護もするつもりは無いですね。乗り替わりに関しては日常茶飯事ですけど、既に騎乗馬の決まっているような岩田にするのは、道義的にどうかなと思うので…

この一件が、武豊復活のきっかけになるか…注目ですね。
12. Posted by トップロード   2007年05月17日 14:43
>虎屋さん
ビックリしましたね…絶好調という報道が出ていた直後だけに、中には仮病と勘繰る方も多い(主に某巨大掲示板群www)みたいです。

距離は微妙ですが、出走すれば間違いなく上位争いできる実力馬でしたからね…これでまたわからなくなりました。おっしゃるように、3週連続の100万馬券…あり得るでしょうね。これでガチガチ決着なら、笑っちゃいそうですがw
13. Posted by キンカメ   2007年05月17日 15:28
連投ですm(__)m

豊ねぇ…実は私も最初はアンカツ行け行けと思ってましたが、あまりに哀れなので最近は応援していますよw本当に1倍台でしか勝てないですね。

どうなんでしょう。田○成○のblogによりますとw自分から断ったとか書いてありますけどね。まぁこれで近藤‐松田博‐豊のラインは崩れたと見て間違いないでしょうね。断言はしませんがw

まぁいつかはアンカツのように復縁するのではと思っています。
14. Posted by トップロード   2007年05月17日 18:46
>キンカメさん
ここまで事態が深刻になるとは思いませんでしたね。とりあえず、私も応援したいです。馬券は別ですがwww

タ○ラのblogにはそうありましたか。何か、いろいろな憶測が飛び交っているので、実際にはどうなのかイマイチ掴めない部分もありますね。ですが、ご指摘のようにラインは崩れた可能性は高いですね。マツパクの馬じゃないですが、メインの鞍上も先生になりましたし…

いずれは復縁の可能性もあるでしょうけど、しばらくは騎乗を断るかもしれないですね。これで宝塚のムーンに乗ったら、プロとしての自覚は素晴らしいですが、プライドは疑いますよw
15. Posted by Smart Boy   2007年05月18日 03:23
お久しぶりでございます。トップロードさん。
武豊に関しての記事読ませていただきました!!
私Smart Boy兇皀肇奪廛蹇璽匹気鵑慮世辰討い襪海箸帆瓦同じことを思っていました!ディープインパクトの末脚を基準にしている今日このごろの武豊がいるような気がしてなりません。あの感触を忘れられないのはわかりますがみんながみんな直線で『飛ぶ』わけじゃないですからね。そこんとこをわかってもらいたいものです。ってゆーかあの武豊をも狂わせるディープインパクトってやっぱ凄い存在だったんだなぁと改めて気付かせられますね。
16. Posted by Smart Boy   2007年05月18日 03:34
連投ですいません。
武豊も自分自身でよくわかっているでしょうが身体の感覚で乗っているジョッキーですから余計に思い通りに行かないのではないでしょうか?と思っちゃいます!しかし、武豊にはもうひとつ大きな武器を持っているじゃないですか!!!
そう、抜群のペース感覚ですよ。2400mをすべて12.0近くで走らせる時計の正確さの持ち主ですからね。後ろからダメなら先行と切り替えてくるのではないでしょうかね?後ろに脚を使わせないようにレースを運び愛馬のスタミナをキチッと測ったかのように使いきる逃げのセンスは群を抜いていると思っているし、私自身馬券でかなり痛い目に遭わされましたから。
復活するなら逃げでとかんがえております。
17. Posted by Smart Boy   2007年05月18日 03:44
3連投ですが、やはり武豊は憎い存在であってほしいですね!私もそう思います。こんなんで終わる方ではないはずなんで…ちなみにオークスは先行馬の武豊鞍上ザレマを◎と考えております。武豊の逃げマジックにかかればベッラレイアとて力を発揮させてくれないと思います。何よりもA→Cコースに変わってますます内ラチ有利の馬場になるでしょうからね♪
長々と書きましたが、皆さんも武豊という人は『レースに居れば困るし、居なければもっと困る』存在と考えてらっしゃるのですね〜。
また遊びに来ます!
18. Posted by トップロード   2007年05月18日 18:00
>Smart Boy兇気
どうもご無沙汰ですm(__)m

武豊ほどの名手ですから、ディープと同じ乗り方をして勝てる馬は、そうそういないということはわかっていると思いますが、どうしても負け方がそういう風に見えてしまうことが少なくないんですよね。改めて、ディープインパクトという馬がもたらした影響の大きさを感じます。

豊さんのペース判断は天下一品ですよね。去年の菊花賞の大逃げなんか、まさにその良い例だと思います。調べてみたら、今年は結構積極的にハナを叩くレースもしているんですよ。もしかしたら、Smart Boy兇気鵑汎韻犬茲Δ聞佑方なのかもしれないですねw
19. Posted by トップロード   2007年05月18日 18:17
続きです。

憎いくらい上手い騎手でなければ、トップに君臨し続けるのは難しいですよね。今の岩田も、上手いことは上手いんですが、憎らしいほどではありません。武豊のような憎らしい上手さを持った騎手は、なかなか日本では見つかりませんよ。

ザレマですか…個人的には軽視予定ですwただ、逃げるなら面白い存在ですね。大逃げ宣言でもすれば、狙いやすいんですけど。

お忙しいようですが、お時間ありましたら、またお越し下さい。お待ちしておりますm(__)m

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
馬券代の足しに
【オススメお小遣いサイト】
お小遣いサイトで馬券代を稼ぎましょう!よろしければ、下記バナーからご登録下さい!

.櫂ぅ鵐肇織Ε
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
↑↑↑このバナーから登録で500ポイントプレゼント!

△欧鷆

↑↑↑このバナーから登録で250ポイントプレゼント!
QRコード
QRコード
Categories
Archives
Profile
Mail

管理人へメールを送り付ける


上記アイコンからどうぞ。
※新しいウィンドウで開きます。
Blog Links
Access Counter



500000HIT突破!
ご訪問ありがとうございます!