2011年9月20日CPCに参加しました。

最重症の破傷風の症例でした。
口が開かないで発症し,人工呼吸器管理1カ月余。
痙攣のコントロールにdexmedetomidineを使用した1例・・・でした。

Dexmedetomidineは非常に選択性の高いα_2アドレナリン受容体作動薬で,
ユニークな鎮静作用(寝ているようにみえるが,容易に覚醒する)と
交感神経抑制作用を有する薬剤である
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006366905