2004年10月06日

初体験(その2)

ラブホに入ってからはディープキス、おっぱい、お○こを舌で攻めた。
特におっぱいは100cmを超え、ちょっと垂れ気味ではあったが
乳首、乳輪、おっぱい全体を舐める。

どうやら感じてくれているようで、お○こを数分舐めたところで
いったみたいだ。これも初体験!腰をびくっびくっとさせている。

そしてとうとう念願のフェラ!
しかしその巨乳の彼女はフェラは嫌だという。
『お○こ舐めたやんか!』と抗議するが、どうしても嫌らしい。

ムッときたので、そのまま初体験に突入。
もちろん生。
『初めてエッチするんだ』とは口が裂けても言い出せず
強引に挿入。

でもどこに入れるのかよく分からない。
適当にお○こにめがけてち○ぽを数度、近づけるが
入らない。これではチェリーボーイということがばれてしまう。。。
しかし巨乳の彼女が手でフォローして、導いてくれた。
恥ずかしかったが、初めてなんだからしょうがない。

挿入した後は、無心に腰を振った。
『女の人の中』を味合う暇もなく腰を振った。
お○このぐちゅぐちゅという音とベッドのぎしぎしという音と
彼女の喘ぎ声が響く部屋で僕は男になった。

そして最後はおっぱいに精液をぶっかけようとしたが、間に合わず、
中に出してしまった。。。
完全に童貞だとばれていたかもしれないが、優しい巨乳の彼女は
自分のお○この後始末だけではなく、僕のち○ぽまでティッシュで
優しく拭いてくれて、『こういうのは男の子の仕事よ・・』って
耳元でささやいた。

それ以来、後片付けは絶対にするようにしている。
それがマナーですよね。

以上が僕の恥ずかしい初体験でした。
ちなみにその日はラブホでステイし、夜と朝で合わせて3回えっちしました。
でもやっぱフェラしてほしかったなー。

h_kuma_chan at 16:49|PermalinkComments(7)TrackBack(2) 思い出 

2004年10月05日

初体験(その1)

初めてのえっちは20歳の時。
(ちょっと遅かったが仕方がない・・・)

相手は出会い系であった女性だった。
9歳も年上の女性で、しかも体重は私よりもきっと重かったはず。
相手の年齢、容姿などどうでもよかった。

出会ったときから目的は一つなので、車の中で
ディープキス⇒生巨乳揉みまくり⇒お○こ指入れとAVもどきの
流れで何とか自分のペースを作った。

ムードも何もあったものではないが、したくて仕方がない
私はそのままラブホテルへ。
ホテルに入ったところで、手続きがわからず、逆にリードして
もらってからは相手のペースに・・・


h_kuma_chan at 17:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 思い出 

2004年10月04日

今日から書きます

えっちくまちゃんです。
今までのえっちなことや風俗について書き綴って
いきたいと思います。
よろしく。

h_kuma_chan at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ