h_nekomata

月明かりの信号所

ブログの説明はPC版ページのブログパーツ部分に記載しています。

10 Dec

意外に減っていると知り驚きました。

EF64 1000番台 1002号機 JR貨物新高崎更新色 1094レ
↑EF64 1000番台 1002号機 JR貨物新高崎更新色 1094レ
東京下町らしく沿線に建物が多いため建物の影が伸びて列車に掛かってしまっていますが、逆にそれが自分の生まれ育った東京の下町のドブ板街の夕方らしくて良かったかなと思います。

 今日は久しぶりに鹿島方面からの貨物列車を撮影しに新金線沿線に出かけて来ました。最近 貨物列車を撮影していなかったのですが、出掛ける前に軽く調べ事をしていて、現在 JR貨物所有のEF64 1000番台も国鉄標準色機(原色機)の稼働数が激減していて、軒並み休車状態になっていると知り、ちょっと驚きました。まあ確かによく考えると国鉄型の電気機関車ですし、国鉄民営化から かれこれ20年以上経ちもうすぐ30年となる中で、むしろよく今までコレだけの数が現役で残ってくれていたいう方が意外なのかもしれません。
 個人的にEF64 1000番台のJR貨物更新色の中でも このタイプの塗装は結構好きで、私としては現在希少価値が高くなったためファン人気の高い 元 岡山機関区所属機の広島更新色よりもこのタイプが来てくれた方が嬉しいのですが、ただこの機関車を新金線で撮っていると、正直 色々な意味で「場違いな機関車が走っているよな」と未だに見ていて感じます。
 そもそもEF64 1000番台自体が元々 水上〜石打の峠越え区間を含み豪雪地帯を走る上越線の列車牽引用に製造・投入された機関車ですし、また首都圏へ足を延ばす運用でもかつては、武蔵野線の西側や神奈川県の根岸、川崎周辺でしか見かけないような機関車だったので、東京の東側で見かける事自体に私は何となく違和感がありますし、またこのタイプの更新色は国鉄型の車両らしからぬスタイリッシュな塗り分けなので、新金線や総武本線で見ていると、より一層 不思議な感覚を覚えます。確かに好きな車両ですし、近場で気軽に見たり撮影出来るようになった時は非常に嬉しかったのですが、やっぱりこの辺りの線区で走っているのを見ると不思議だなと思います。
 それにしても、このEF64 1000番台の運用は、よく鹿島方面への列車の牽引機に入り続けてくれているなと思います。今年の3月にJR貨物時刻表の所属別・機関車別の運用表を見ていて、愛知機関区のEF64 1000番台の首都圏運用が激減している中、ポツンとこの運用が残っていたので、正直なところ毎年秋口辺りにある小規模ダイヤ改正・牽引機変更の時に新鶴見機関区のEF65やEF210あたりに牽引機変更されていて とても1年間継続はしないだろうと勝手に憶測を立てていったので、正直 今の今まで総武本線・鹿島線の貨物牽引機として残ってくれたのは単純に嬉しい反面、かなり意外に感じています。
9 Dec

先日に引き続いて

京成3700形 3708F
↑京成3700形 3708F
またも撮れてしまった京成3700形 パンタグラフ交換車。また今回もあまりパンタグラフが目立たないような感じで撮影していて遭遇してしまいました。

 数日前にこの場所で撮影をしましたが、その時は全く来ることを想像していなかった京成3500形 更新車の京成本線 特急が撮れるなど収穫はあったものの、本来の狙いだった京成3700形や京成3400形が撮れていなかったので、今日もまた出掛けて来ました。
 今日も事前に運用の下調べ等は行わずに出掛けたのですが、今回は現地に到着してから1本目が京成3400形、2本目が京成3700形と、ポンポンと撮影出来てしまいました。京成3700形は、現在の京成車の中でも単純に所属する車両数が多いうえに、所属している車両の大多数が8両固定編成なので投入される運用もある程度絞られているため、京成車の中でも特に遭遇率も高い車両なのですが、いざ何となく撮りたいなと思って行き当たりばったり出掛けると意外に遭遇しないのがちょっともどかしいです。ちなみに今回撮影したのは前回 京成3700形を撮影した時に遭遇したパンタグラフをシングルアームタイプに交換した3708F。また前回に続きパンタグラフがあまり目立たないような場所で撮る時に限ってこういう編成に遭遇するんですよね・・・

京成3400形 3408F
↑京成3400形 3408F
8 Dec

気分転換がてら

京急 新1000形 1153F
↑京急 新1000形 1153F

 今日は友人にちょっと気分転換に何処か軽く出掛けないかと誘われ、軽く撮影に出かけて来ました。とりえず駅から近くで1ヵ所撮影出来そうだなと思いながら言ったことが無い場所があったので、今日はそこで試してみる事にしました。
 私は正直冬が嫌いで、寒くなると早く春が来て暖かくならないかなと言う事ばかり考えるのですが、関東地方の秋〜冬は空気が乾燥し、影がクッキリと出るので、単純に編成の写真を撮ろうと思うと障害になる事ばかりな反面、半逆光や逆光でやや広角気味に撮影してみると案外面白かったりするのは良い所ですね。ただ冬場は日が傾くスピードも速いので狙った列車が通過するタイミングで思い通りの角度に太陽が来なかったり、また単純に寒いので、まあ春夏の方が好きなのには変わりませんが・・・

京成3000形(二代目) 3016F
↑京成3000形(二代目) 3016F
6 Dec

結果オーライでした。

京成3600形 3618F
↑京成3600形 3618F
京成本社移転に伴う京成八幡駅・本八幡駅付近の再開発で建設された高層ビルをバックに成田空港へ向かって京成本線を行く京成3600形。高層ビルがバックに写っているのが何となく京成っぽく無く、何となくギャップが面白く感じたので撮影してみました。ただ撮っていて それが面白く思う反面、それが良い事なのか悪い事なのかわかりませんが、元々あった京成らしさと言うか、沿線 独特の居心地の良さが失われているようにも思えて、何となく寂しくも感じました。

 今日はキレイに晴れ、午後からは特段予定も無かったので、また京成方面へと撮影をしに出掛けました。
 最近 京成方面には頻繁に撮影しに出掛けていて、京成車の写真も結構な枚数撮影しているので、今日は撮影地開拓も兼ねて、特段撮影地を決めず、何となく列車に乗りながら車窓を眺めて、そこで撮影出来そうな場所を見つけたらそこで撮ろうと思い、かなり行き当たりばったりで出掛けました。
 とりあえず昼食を済ませたあと、京成本線の下り列車に乗っていると、上り列車を撮影するのに良さそうな場所を見つけたので最寄り駅で下車してそこへ向かってみることにしました。ただ実際に出向いてみたところ、沿線の家や盛土の背が高く、想像していたように上り列車を撮影しようとすると、それらの沿線の建物などが太陽光を遮ってしまっていて何となくイマイチでした。ただその場所で振り返って下り列車を狙うと高層ビルがバックに写りなかなか良いなと思い、今回は現地で予定を変更して下り列車を撮影する事にしました。元々こんな風に撮影するつもりではなかったなか 思わぬ撮り方を見つけられて嬉しかったです。
 とりあえず何本か撮影していると京急車の来る時間帯が近くなったので、時間的にも丁度切りが良かったので、今日は京急車の運用まで撮影して引き上げました。
 ちなみに今日は午後から撮影したため、列車の側面には光が良く当たる反面、前面にはあまり光が当たらない半逆光状態で撮影しましたが、この場所は線路の向き的には、下り列車を撮影する場合 太陽の位置的には午前中に順光方向になるとは思います。ただ沿線の盛土や家の背が高い上 樹木も背が高く葉も結構茂っていたので、実際 順光となる時間帯にはそれらのものが障害物になって日照を遮ってしまい、列車がその影に入ってしまうのではないかなと思います。特に今のような冬場は、関東地方は空気が乾燥している日が多く、影がかなりクッキリと出易いですし、また太陽の黄道が低いため影も長くなり易いので、今回のようにあえて半逆光・逆光で撮るのではなく、完全順光で撮影を狙うのは厳しそうだなと思います。

京成3000形(二代目) 3029F
↑京成3000形(二代目) 3029F

京成3700形 3758F
↑京成3700形 3758F

京成3400形 3418F
↑京成3400形 3418F

京成3700形 3858F
↑京成3700形 3858F

京成3500形 更新車 3512F+3548-3547
↑京成3500形 更新車 3512F+3548-3547

京成3050形(二代目) 3052F
↑京成3050形(二代目) 3052F
原則 成田スカイアクセス線経由のアクセス特急用の車両ですが、日によっては京成本線の運用に入る事もあります。そのため特段物凄く珍しいと言う訳でもないのですが、ただ京成3050形(二代目)が京成本線経由の運用に入る場合、傾向的には京成上野〜成田空港の特急運用よりも、都営地下鉄浅草線〜京成佐倉の運用が多いような感じがするので、何となく見ていて少し不思議な感じがしました。

京成3700形 3708F
↑京成3700形 3708F
しばらく前にパンタグラフがシングルアームに交換された3708F。パンタグラグ交換後は初の撮影になるのですが、上から見下ろす感じで狙って撮影しているため、ただでさえ見え辛い上にパンタグラフの一部が架線支持物のビームにかかってしまって見えなくなっています。また今度 パンタグラフがわかりや易い状態で写真を撮りたいですね。

京急 新1000形 1161F
↑京急 新1000形 1161F
3 Dec

京成本線 新川橋梁にて都営5300形を撮影

都営5300形 5301F
↑都営5300形 5301F

 先月 京成本線の新川橋梁にて京成車を撮影していて、バックのマンションの屋上にデカデカと「勝田台」と書かれている事に気付き、ちょっと乗り入れ先の他社車両を絡めて撮影してみたいなと思い立ち、今日は都営車を撮影してみました。天候は午後からかなり空が曇ってしまい、どんな風に撮れるか少し心配でしたが、列車の通過する頃には晴れ間が見えたので助かりました。
 今回撮影出来たのは都営5300形 第1編成の5301F。個人的に都営5300形は前面排障器(スカート)の長い後期形の方が好きなのでちょっと残念にも思えましたが、実際 橋梁の転落防止用の手すりで隠れてしまい、実際その辺りはあまり気にならなかったのでまあ良かったかなと思います。
2 Dec

久しぶりに京成車をガッツリと撮影

京成3500形 更新車 3528F
↑京成3500形 更新車 3528F

 今日は空がキレイに晴れたので撮影に出掛けたいなと思っていました。京成の運用情報を調べていると、また今日も京成3500形 更新車が8両編成で京成本線 特急運用に入っているとの事だったので、また京成車の撮影に出掛ける事にしました。京成3500形 更新車が8両編成で本格的に運用に入りだして以降、平日は京成本線のA15と言う運用によく入っているように見えます。確かに早朝に宗吾参道から出庫して芝山千代田へ向かい、そこから京成上野へ向かった後は日中ずっと特急として京成上野〜成田空港を往復し続け、最後は京成上野→京成成田 を快速として走った後 入庫して運用終了すると言うかなりシンプルな運用なので、運用的に投入し易いのかもしれません。
 今回撮影する場所は、先月 新川橋梁で撮影しに出掛けた際に撮影出来そうだなと目星をつけていた所で撮影を試してみることに。ただその場所では上り列車を狙う予定でしたが、私が出掛けた時間帯的に京成3500形 更新車の8両編成は下り列車で京成上野から成田空港へと向かっている時間帯だったため、タイミング的に何処で下り列車に入っているのを撮影出来そうで、撮らないもの勿体なく感じたので、一度先に別の場所で下り列車を撮影してから予定した場所に行くことにしました。
 初めに撮影した下り列車は、時間帯的に列車側面には光が良くあたる反面 列車前面にはあまり光の当たらない半逆光状態になるのですが、この季節に半逆光で撮影するならばもう少し光線に赤みが欲しいなとは感じたものの、試しに撮ってみてまあ悪くはなかったかなと思います。またおそらく検査等を受けた後の宗吾車両基地からの出場回送だと思いますが、北総7300形7800番台(京成3700形 北総貸与車)と偶然遭遇し、撮影する事が出来たので結果的に良かったかなと思います。
 下り列車を数本撮影した後は、元々予定した場所へ移動して上り列車を撮影。列車をかなり正面がちに捉えるため、現地に到着する前から、撮るときにあまり望遠を利かせ過ぎるとレンズの圧縮効果で架線支持物の電柱が目立ちゴチャゴチャしそうだなとは思っていたのですが、今日は空がキレイに晴れていたので、レンズの焦点距離をやや短めにして、あえて列車だけでなくバックの空なども入れ込んで撮ってみました。バックにマンションが写って首都圏近郊のベッドタウンらしく個人的には良かったかなと思います。
 今日は目当ての京成3500形 更新車だけでなく、京成3400形や京成3700形もすんなり撮影出来たので、かなり満足しています。いつもこのくらいコンスタントに京成3400形や京成3700形が撮影出来ると嬉しいんですけどね。
 ただ最近は冬場になり日照時間が短くなったこともあり、長時間ずっと外で撮影するという事が暫くなかったので、久しぶりにそれなりの時間連続して撮影してちょっと疲れました。

京成3600形 3648F
↑京成3600形 3648F

北総7300形(7800番台:京成3700形 北総貸与車) 7818F
↑北総7300形(7800番台:京成3700形 北総貸与車) 7818F
全く来ることを予想していなかったので驚きました。恐らく宗吾車両基地からの出場回送だと思います。

京成3500形 更新車 3528F
↑京成3500形 更新車 3528F

京成3400形 3448F
↑京成3400形 3448F

京成3700形 3768F
↑京成3700形 3768F

京成3700形 3758F
↑京成3700形 3758F

京成3000形(二代目) 3029F
↑京成3000形(二代目) 3029F

京成3600形 3648F
↑京成3600形 3648F

京成3600形 3688F
↑京成3600形 3688F

京成3700形 3858F
↑京成3700形 3858F
お知らせ 他
・ハンドルネーム・ブログタイトル変更しました。(09/09/22)
詳細
・ハンドルネームを再変更しました。(11/11/29)
詳細

Youtubeチャンネル(※動画・音声置き場)

●LINE読者登録QRコード
Archives
ブログ説明
 旧HN 「猫又」→「十六夜の白狐」、旧 ブログ名「鉄道好きな猫又の日記」です。(共に2009年9月22日変更)
 鉄道ネタがやや多いですが、私が思いついたことを雑記的に書いています。写真は拘りなく自分で楽しむ程度で気軽に撮っているのでなかなか上達せずヘタクソですがご容赦下さい。
このブログへのリンクはアダルトサイトなどからのリンクは禁止としていますが、基本的にフリーです。なのでこのブログにリンクを貼る場合にはメールやコメント欄に一報を頂けると有難いですが基本的に連絡は不要です。

風来狐:fu_raiko★yahoo.co.jp(★を@に変えて下さい)
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
記事検索
クリック募金(DFF)
リンクバナー
みんなのプロフィールSP

ブロ電™切符


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 その他ブログへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】









QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ