朝7時,極地研駐車場。
訓練に使う諸々の道具をワゴンに詰め込んで出発!
行く先は針の木雪渓,黒部ダムから峠を越えた東にある雪渓です。





…しかし生憎の豪雨。
警報もでていたため入山を諦め,4日間中まる 2日が人口の壁を使っての訓練になりました。


近くの定食屋で腹ごしらえをしたあと,まずは安全なロープの結び方から。
クレバスへの降下・脱出のときにはしっかり結べていないと命に関わります。
地味ですが,とても大事な訓練。



壁の前でハーネス装着。





こうやって8の字に結びますよー。






それぞれ結び方を確認。





結んだらちょっと登って,落ちてみましょう。
ちゃんと結べてると助かります。








これはオートブロックという結び方。













引っぱるとぎゅっと締まって動かなくなります。



これは流動分散と言うやつ。
3つの支点に均等に荷重がかかるような結び方をします。






今度はクレバスに落ちた想定でよじよじ登る訓練。
けっこーしんどい。






落ちた人を助ける訓練。
プロトラクション(特殊な滑車といえばいいかな)を使って,
1/3 の力で引き上げるシステムを覚える。




なんで 1/3 なんだっけ?


というわけでみっちり?二日間,壁の前での訓練。
雨でもさすがに一泊はテント訓練やらなくちゃということで,
最後の2日は雨の中,山へ入りました。
まあむこうでは雨なんか降らないだけどね。


つづく。

写真のいくつかはカナマルさん提供。