こんにちは。
みなさんお元気でしょうか?

こちらは40日間のキャンプ生活を終え,ベルギー基地に戻って来たところです。
ブログ更新お楽しみにとかいいながら全くやっておらずすみません,BGANこわれてネットつかえませんでした。

この40日間,毎日毎日絶景の連続で,こんな景色があるのかと感動し続けています。
僕が見ている景色とか感じている寒さ,空間の広がり,空気感,鼻毛が凍る感じなどなど,
どうやったらこれを文章と写真で伝えられるのかと,スノモを運転しながら延々と考えていましたが,
考えるだけ無駄でした。

こんなの無理。

僕がいま感じている世界は,美しすぎて広すぎて,僕の言葉や写真では到底伝えられません。

だからもう書きませんというのもあんまりなので,日々の景色を切り取った写真と短い文章,というスタイルでお伝えすることにします。

いくつか記事を書いてみて,満足に伝えられたとはやはり全然思えませんが,少しでも南極を感じていただけたらと思います。

では。




雪原と岩峰




調査からの帰りがけに見た西日(というか南日)に照らされる雪原。
雪面のでこぼこのシルエットがステキです。
雪の白と山々の茶色,たった2色だけの世界なんですが,なんでこんなにキレイなんかなあ。
左端にみえる岩峰もいとをかし。




うすめの地吹雪




こちらでは,夜中から午前中にかけてカタバ風という強い風がふきます。
毎日ではないけどけっこうな頻度で。
午前中に氷河の上を渡ろうとするとこれがすごくて,30mほど前に居る人が見えなくなることも。
足下のスノモのトラックはみえるんで辛うじてついてはいけますが,なかなかのもんです。
真っ白のときに写真をとったらただの真っ白の写真になってしまったのでこんな感じでいかがでしょ。



とまあこういう感じで,日々の風景などを少しずつ紹介していけたらと思います。
次はいつになるか分かりませんが,まあ気長に待っててくださいね。

それでは。