山と海とを相手に全力で自然に浸った2日後に、自然物ゼロの世界、東京へ。
モノレールと山手線乗り継いで目黒の駅をでて歩きながら、
ビルが高くてひしめき合っててなんか怖い、って思った。笑
あ、僕はもう東京には住めんな、とも。

東京から鹿児島に移住して1年半のうちに何度か東京にきたけど、怖いとまで思ったのは初めて。
自分でもよくわからんしうまく言えんけど、この感覚って大事な気がするのよね。



東京に来たのは後輩の結婚式。
10年以上つきあってる友達や後輩と話をした。
近況とか、まったくどーでもいいことか話しながら、10年経ったんだなーって実感。
で、振り返ってみて良かったなと思うのは、昔話をほとんどしなかったこと。
まだまだ先のこと、楽しみにしてたいしね。



積み上げてきたものと勝負するほどには至ってないけど、今のこれをこれからそこまで高める。




東京は、鹿児島より刺激が大岩根。
鹿児島には居ないなっていうタイプの尖った面構えや、鹿児島では触れない話題もちらほら。
賢いやつらが死にものぐるいで努力してるヒリヒリ感がイイ!
そういや、福岡から東京に出てきたときにも感じてたけど、東京という土地のチカラもある気がする。



裸になった時のヒリヒリ感をわすれちゃダメ。守りに入っちゃダメ。
蜂の巣になるぐらい外からガンガンに刺激浴びて、ヒリヒリしながら半べそで走る、みたいなことやりたい。また裸になるつもりで鍛える。



振り返ってみたら、10年前には想像してなかった場所にはひとまず来れてる。

まあまあ勇敢には闘ってると言えるかなあ。
未来はどうだろう?


まだまだ続くね。