さっき友達と電話で話してたんだけど、このブログ、もう10年近くになるんですね。驚き。
 んで僕は何のために書いてるんだろう?って話になりました。

 電話を切ってもういちど考えてみたけど、特定の誰かに読んで欲しいわけではなく、かといって不特定の誰かに読んでほしいともあまり思っていない。自分の考えを整理して書き記すこと、分かりやすいカタチに整えること、に満足感を感じてるっぽい。たぶん書く事そのものが目的。


 ブログをはじめて以来、mixiやFacebookやtwitterやLINEがでてきて時々は利用してきたんだけど(いま自分の考えを表明するのはほぼfacebookだけ)それらをぼちぼち使いならも結局はここでのこのカタチのブログを続けてきてます。それってなんでだろ?

 twitter、最近はほとんど使ってないけど、切れ味だけの勝負になってるみたいに見える。匿名で相手を刺して逃げるようなやりとりが多くて殺伐としてる。自分の考えがきちんとある場合、その考えを成り立たせるための前提からきちんと説明しなきゃ絶対に誤解が生じる、ので、そこから説明始めてたらやっぱり140文字の繰り返しではきつい。途切れるし、即興で語弊ない表現を組み立てて伝える能力が僕には足りてない。意味、深みのある内容を丁寧に議論するために、僕にとってはやはり向かないかなーって感じる。

 今ぼくがSNSの中でいちばんよく使ってるのは facebook だけど、あのフォーマットはやっぱり短めの文章向きかなって感じがする。これまでここに書いてきたような長文を投稿するにはなんかライトすぎる感じがしなくもないし、周りみてると長文ですよとひとこと断りを入れてから、ってのが多い。やっぱ短文前提なのは暗黙の了解だよね?twitterよりはもちろん長いけども短文+写真が好まれてると思う。

 mixiはパスワードも登録アドレスも忘れてログインできんくなった。笑

 というわけで、結局その時々に自分の考えてることをきちんと書き留めようと思ったらこのブログをやめられないんですね。で、最近は月イチ更新すらできてない状態でも、地味にこのブログを気にかけてくれてる方は居てくれて、ときどき読みにきてくれてるみたい。ありがたや。


 僕はブログとして文章を書く事そのものに自己満足を得てますが、これは自分と向き合う作業でもあります。自分が本当は何考えてるかって、書きながら考えながらじゃないと出てこなかったような内容がでてくることも時々あるんです。後で読み返すとその時の精神状態が分かって面白いし、他人から勝手に分析してもらえるのも面白い。

 僕にとっては、書く事=考えること、とも言えるかも。

 書けない=考えてない、とも。
 博士課程の頃、めちゃくちゃ頭使ってたときは毎日ブログ書けてたもんねえ。

 最近書けてなかったので(=きちんと頭使えてなかったので)、またぼちぼち日常を書くようにがんばってみまーす。