◆卵巣から卵子が生れ落ちる瞬間が撮影された。
(リンク先内臓写真注意)

http://blackshadow.seesaa.net/article/101385251.html
先日のNewScientist誌に載っていたニュース。
ヒトの卵子が卵巣から生れ落ちる瞬間が手術中に偶然写真に撮影されました。

卵巣から卵母細胞が生れ落ちる瞬間というのは、ヒトの生殖の重要なイベントです。
しかし観察するのが非常に難しい生命現象なので、今まではぼやけた写真しか存在しませんでした。
この写真は45歳の女性の子宮摘出手術の際に偶然撮影されたものだそうです。


昨日、びっくりした写真。なんかエロかわいくて、なおかつ哀れをさそう。見た事もないのにどことなく、エロマンガに出てくる人体部品みたいな形になってる。長年、ひっどい生理痛と月経前症候群に悩んでいるのだけど、「また今月も妊娠しなかったなコノヤロー!」という肉体からのしっぺ返しだと解釈しているんで、生殖能力を失うまさにその瞬間にポロっと排卵してしまう、この写真の卵巣に感情移入してしまうとひどくかわいそうだ。

 娘が膝の上でこれなあに?と聞くんで「人間のたまごだよ、たまごがお腹の中で赤ちゃんになるんだよ。」と簡潔に説明、その後たまごからうまれる生き物と赤ちゃんでうまれる生き物に話がシフト。娘が以前話していた、「土の中からうまれてきた」という話のルーツは「バーバパパ」だったと判明。
http://blog.livedoor.jp/h_reina/archives/2007-08.html#20070805

 ちょっと話が違うかもしれないけど、最近賛否両論がある(見せ物的で冒涜的である、違法の疑いがある等々で)プラスティネーション展示だけど、私は賛成派。大いに教育的効果があると思う。肉体の構造がいかに複雑で美しく、誰にも作れそうにない精緻なものか、皆ちゃんと認識しておくべきだと考えてる。昔、アレ見て、やっぱり自殺はいけないなあ、とかタバコやめようかなあとか思ったもん。娘にもつねづね、「自分で直せないものは壊してはいけない」と指導してんだけど、体ってまさにそうだよなと思う。