Journal Bleu

記事内容に合わせて、カテゴリを変更しました(^^;

気が向いたものを徒然なく書いてます。
お気に入りアーティストは左側サイドバーをご覧ください。

レス返しは本文追記上に書かれます。ご注意ください。

J2第13節 FC町田ゼルビア vs. ギラヴァンツ北九州

日曜日も野津田に行ってきました。5/3は行ってなかったので、ちょっと久々の野津田でした。

この日は新日本プロレスから真壁刀義選手がいらっしゃるとのことで、少し早めに現地入り。トークショーは黒山の人だかりでした。、、、こんなに立ち見が出たことってありましたっけ?
ゼルビーも真似して鎖を巻いて登場。トレーニングの話になると腕立て伏せを始め、真壁選手に「お前、やるじゃないか!」と褒められる一幕も。ちなみに、真壁選手は「スイーツ真壁」と呼ばれるほどスイーツがお好きなそうで、ブログのタイトルも「スイーツ真壁刀義の甘ったれんじゃねぇ!」です。リンク先は真壁選手側の本イベント内容などです。
DSC05333DSC05334DSC05335DSC05336
YASSカレーのメニュー板も、今回は真壁選手歓迎モードでした。

そうなると、せっかくなのでピッチ上にもいらしていただく流れになります。ってことで、キックオフセレモニー(という名のPK)。GKはいつものゼルビーです。

DSC05342DSC05343

長くなりましたが、試合開始。
DSC05346DSC05347

両チームゴール裏はこんな感じ。
DSC05344DSC05345

前半はゼルビアが押し気味ながらも、ギラヴァンツもツートップに託そうとする展開。どちらもチャンスは作るも、決められない感じでした。今思えば、前半で点が取れていたら、、、。ということになってしまったわけですが。
DSC05353DSC05355DSC05358DSC05359

DSC05361ギラヴァンツには元鹿島アントラーズで、代表歴もある#43本山選手が加入。もともと北九州の方ってのは移籍後に知りました。やはりキックの精度は(カテゴリ差もありますが)上手さを感じます。

DSC05368後半。最初は前半と似たような感じでしたが、最初にチャンスをものにしたのはギラヴァンツでした。左サイドの突破から、#9原選手がヘッドで合わせたボールがポストに当ってゴール。上手にコントロールした技ありの一発でした。
画像は喜ぶギラヴァンツイレブンの皆様です。

ここからゼルビアの猛攻が始まります。写真も動画も上げられるクオリティのものがないんですが、Twitterでも書いた通りこんな感じでした。
・約20分間ハーフコートサッカー
・シュートも二桁近く放つ。撃つところまで行けてないわけではなかった。
・ポスト直撃二回。何度かGKのビッグセーブ。
・鈴木孝司選手の突破がPA内でファウルじゃない?って止められ方をしたものの、笛が鳴らず。
これだけメインスタンドで手拍子したこと無いんじゃないか?ってくらい攻めっぱなしでした。それでも、ゴールは奪えず。

DSC05371試合終了間際にはGKの高原選手が上がるも、やはりゴールが奪えず。結局、今季二度目の敗戦となりました。

負けはしましたが、勝とうとする気持ちが感じられるプレーがそれなりに長い時間出来ていたことは、ホームゲームとしては評価すべきかと思います。こういうことも起こるのがサッカーなので。ただ、たまに起こる程度で済まなくなると、それはそれで問題ですが。決定力が上がれば言うこと無いんですが、昇格一年目でハードルをどこまで上げるかは判断が難しいところです。
DSC05370集客も4000人超え。スコア以外は上々だったんじゃないかと思います。この日の敗戦は、この後どういう結果を残すかで決まるのかもしれません。

GARNiDELiAワンマンライブ stellacage vol. 感想編

気がつけばもう8日経ってましたか。5/3のガルニデライブの感想です。

盛り上がる場面だけでなくアコースティックあり、四度目ということで新しい試みを実施したのは良かったと思います。新曲も多くないので、セットリストを含めてマンネリにならないようにしないといけませんからねぇ。その観点では未リリースの新曲「極楽浄土」を披露したことも良かったと思います。あと、ボカロカバーから「ブリキノダンス」を披露したのも初めてでしたね。

その新曲「極楽浄土」ですが、ガルニデでは初めて声を出すなど「約束事」を設けたのも良かったですね。こういうナンバーがあると、フロアの一体感が出てきます。ちょうどニコ動に公式動画が2つ上がっているので、貼っておきます。





MARiAさんのダンスのキレは今回も健在。これを見に行くだけでもライブハウスを訪れる価値はあると思います。

ちなみに、「今回は新しいチャレンジをする」とMCで仰ってましたが、とくさんが歌ったり踊ったりはありませんでした。「マニピュレータって大変なんだよ」ってポソッとおっしゃってた所を見ると、それどころじゃないんでしょうね。今回はアコースティックパートもありましたし。

歌もダンスもしっかり「見せて聞かせて」くれていて、それに一つ一つ上積みしている段階なのかなって思います。もう少し曲数が増えてセカンドアルバムをリリース、となってくると、構成面でもっと楽しみが増えそうですね。
ステージに関しては楽しみな部分ばかりです。


、、、フロアですか?初心者は最前には行かない方が良さそうです。ちょっと前の記事を参考にしていただきたいんですが、それなりに圧縮があるのでドン引きしちゃう人が毎公演出ています。この辺をどうしていくかが今後の課題ですね、、、。続きを読む

今月の注目新譜。

GWで遅れましたが、今月もお約束のを。

◯シングルリリース
・5/11発売
 My Best Friend (Little Glee Monster)

◯アルバムリリース
・5/18発売
 起動 〜Start Up!〜 (大橋彩香へごちん
・5/25発売
 Sail Canvas (TrySail) (o・∇・o) (*>△<)
 Live Love Laugh (早見沙織)

アルバムが三枚とも(アーティストとしては)新人。さてどうなるか。

ライブマナーを考えてみる

ガルニデのライブ感想を書く前にこちらを。、、、先にこっちを書くということでお察し頂ければ。

ライブのマナー違反に関しては(特に最近のアニソン現場で)よく言われることですが、現場の数だけ流儀があるので判断基準が難しいのが実情かと思います。
例えばモッシュや圧縮に関しては、禁止ルールが空文化している現場もあったりします。アニソン界隈だと「そんなの言われる前にやらないのが当たり前」とお思いの方も多いかと。ただ、世の中にはそうでない場所というのが存在します。

例を挙げる意味で2つの動画を紹介します。少し古い出典ですが、2001年のサマソニから。1分過ぎから、客席にカメラを向けた時の場面に注目していただきたいと思います。圧縮モッシュダイブありと、まぁ凄いことになってます。

ざっくり調べたんですが、この時代に現状のモッシュ、ダイブ禁止が明文化されているかどうかは確認できませんでした。ただ、こういう現場が日本の有名フェスで古くから存在してるってことは間違いないようです。

次は昨年、2015年のサマソニから。短い動画ですが、忙しい方は40秒辺りからご覧ください。モッシュ禁止はこちらに示す通り明言されています。最初に引っかかったのがベビメタというのが個人的には驚きでした(^^;; ちなみに、サマソニでは「会場内では、カメラ付携帯電話やコンパクトデジタルカメラ(プロ仕様撮影機器は持込禁止)などによる、お客様ご自身の撮影のみ可能」だそうです。

モッシュ禁止の空文化という点はサマソニ運営も分かっていると思われます。というか、「止めないけど、トラブル起こしたら自己責任ね」という姿勢なのかもしれません。自己責任のくだりはさっきのリンク先にも記されていますし。

MC中の空気が読めてない掛け声に関しても探せばあるんでしょうけど、止めておきましょうか。

自分も、先に挙げた動画で示した現場ではありませんが、ライブで圧縮がきつかったり、(禁止のはずの)モッシュがあったり、前にいたら剥がされそうになったり、なんて経験をしてきました。ドロップキックが飛んできたことも(^^; そんなのもあって、きつい現場にはそれなりに慣れてはいます。だからと言ってアニソンの現場でこういう行動をやることを肯定する気はないです。「郷に入らば郷に従え」ですね。
ところが、起こり得る悲劇として考えられるのが、このあたりの流儀を勝手に持ち込んでくる方がいらっしゃった場合。しかも、オールスタンディングだと「どこまでがセーフでどこからがアウトか」という線引きが難しいケースが多かったりします。流石にヲタ芸打ったら一発退場ってケースは多いようですが。前への圧縮だったり移動だったりをどこまで厳しく取るかは判断が難しいところです。
上の動画を見た上で、「こういう現場の人がどこまで配慮してくれそうか」と考えると、簡単に「動くな」と言っても「えっ?なんで?」って返ってくる可能性は想定できます。配慮しろと言ってやってくれる人は、大抵言われる前に配慮してくれてます。
常識とかモラルとか、前提中の前提とされるものが各個人の経験によって違いますよってことだけでもお分かり頂ければ幸いです。、、、人によっては想像不可能なレベルで。

ライブハウスで比較的良い番号で入ると、わざと一つ目の柵の後ろに陣取る人が必ず何人かいます。柵にもたれるのが楽でいいという見方もありますが、危険回避という考え方なのかもしれません。一般論として、最前ブロックだと圧縮がきつい面はあります。
で、スタイルに応じて自衛するって考え方は上の動画に上がった現場なんかだと主流だったりします。ただ、これを推奨すると「じゃぁ行かない」って人が増えそうな気がするのが、アニソン界隈での難しさなのかもしれません、、、。ガルニデの次回ライブ前には遠足のしおり的な記事を書くことになりそうですが。

札幌に行ってきました。

で、前記事にさらっと書いた通り札幌に行ってきました。札幌の幼稚園に通い、千歳の中学校に通った自分なので、有名どころの観光地は一度行っているので、あまり貪欲に観光する気はなかったりします(^^; 札幌ってあまり観光するところ多くないですしねぇ。

DSC05169こちらは札幌市資料館。ライブ会場の近くにあったので撮ってみました。中には入っていません。

昼食にはラーメン、おやつ?にはジャガイモを。
DSC_4210DSC_4214

ライブ後のオフ会ではお刺身にザンギ(北海道では鶏の唐揚げをこう言います)。美味しかったです!
DSC_4218DSC_4224
で、ここまでがライブ当日のネタです。

さて、ライブ翌日。
DSC_4231札幌市電がループ化されてから間もないってことで、そのループ区間で新車を撮ってみました。ちょうど宿から近かったんで、どこに行くにもすすきの交差点は通ることになりますし。
こちらは旧道庁赤レンガ。中にも入れます。無料ですし、さっと寄って見るだけでも良いかも。ちょっとした博物館的なものもあります。
DSC05171DSC05173

DSC05181その近辺の池にいらっしゃる鴨の皆様。もしかして、道庁公式Twitterによく出てくる鴨さんは皆さんのことですか?

DSC_4233ついでに時計台も見てきました。わくわくホリデーホールから徒歩数分ですので、次の遠征の際には軽く寄ってみても良いかも。w

昼食はお寿司。回転寿司でも美味しいから嬉しい限り!駅前だと列ができたりしてますが、すすきのあたりならそこまで混みません。
DSC_4239DSC_4240

昼食後は北大へ。まだ行ったことなかったんですよね。、、、大学自体が観光スポットってのも珍しいかも。まずはポプラ並木とその辺りのお花を。やはり本州とはいろいろ違います。総合博物館は改装工事中ということでは入れませんでした、、、。
DSC05191DSC05192DSC05189DSC05193

DSC05197そして、北大といえばこの方、クラーク博士。羊ケ丘にある像の方がメジャーな気もしますが、ここでも記念写真を撮る方がいらっしゃいました。

帰る前に少し時間があったので、札幌駅ビルの展望台へ。ちょっと天気が悪かったので、眺望は完璧ではありませんでしたが、まぁそれなりに見えたかと。山にはまだ雪が残ってるんですね、、、。三枚目の画像は札幌駅の屋根に当たる部分なんですが、各地への方角が出てました。こういうのなんか和みます。
DSC05203DSC05207DSC05208

DSC_4246締めに?空港でジンギスカンを食べて帰京。これも美味しかったです!
おみやげはmorimotoと決めているので、空港での土産選びにはあまり時間がかかってなかったりします。母方祖父母→母親→自分と親子三代愛用しています。、、、パン屋として。

DSC_4215DSC_4245おまけ。北海道限定ドリンクも数多くあるんですが、キリンガラナとリボンナポリンは炭酸がダメな人以外は一度飲んでみると良いかと。(自分は苦手なんですが)乳酸菌飲料が好きならカツゲンも良いらしいです。


ちなみに、7月の遠征はさらに食に走る模様、、、?
Link Policy
本日記はリンクフリーです。無断リンクも構いません♪
相互リンクは、以下二つのうち、どちらかの条件を満たす場合とさせていただきます。
ご了承ください。

・面識のある皆様のBlog
・話題の中心として音楽を取り扱うBlog
About Track Back
迷惑TBが多い場合、TBを認証制にします。TBを送って反映されない場合は、一日ほどお待ち下さい。(ただし、不在時はもっと間隔が空くこともあります)
LAST SCENE
Maaya Sakamoto Blog Parts
WeatherNews
今後の予定
ある種メモ代わりってことで。
サッカー観戦日程は決まり次第更新します。前日とかw

5/3 GARNiDELiAワンマンライブ stellacage vol.
5/8 JiLL-Decoy association 〜10th anniversary debut!〜 「Medley!A to J premium」
5/21 angelaデビュー13周年記念ライヴ☆拡大版「全部が主題歌ライヴ!!」
6/5 大橋彩香ワンマンライブ2016 「Start Up!」
6/18 Minori Chihara Live Tour 2016 〜Innocent Age〜 神奈川公演
7/24 SAPPORO CITY JAZZ Ezo Groove 2016 <スペシャルコラボ企画> 「きたまえ↑」林原めぐみ VS 「SCJ」JiLL-Decoy association
8/27,28 ANIMELO SUMMER LIVE 2016
9/10,11 Kalafina Arena LIVE 2016 神戸公演
9/17 Kalafina Arena LIVE 2016 東京公演
9/22 水樹奈々 甲子園公演
Profile
Twitter
Archives
Comments...
イベント参加履歴
1/16 JOIN〜JiLL-Decoy association × 傳田真央〜
1/23 Kalafina 8th Anniversary LIVE 2016
1/24 国立代々木競技場第一体育館座長公演“水樹奈々大いに唄う 四”
1/30,31 Kalafina LIVE TOUR 2015〜2016 "far on the water" special final
2/6,7 坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016 “FOLLOW ME UP”東京追加公演
2/14 Kaori's melody Acoustic LIVE vol.#2Valentine's Day Special”
2/21 M-Smile MEMBER EVENT Vol.3
3/5 FictionJunction CLUB LIVE
3/9 松是
3/21 Yuki Kajiura LIVE vol.#13 〜featuring SWORD ART ONLINE〜 東京公演
3/26,27 Yuki Kajiura LIVE vol.#13 〜featuring SWORD ART ONLINE〜 大阪公演
4/9,10 NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016
4/17 “Kalafina with Strings” Spring Premium LIVE 2016 札幌公演
4/29 “Kalafina with Strings” Spring Premium LIVE 2016 東京公演
  • ライブドアブログ