Journal Bleu

記事内容に合わせて、カテゴリを変更しました(^^;

気が向いたものを徒然なく書いてます。
お気に入りアーティストは左側サイドバーをご覧ください。

レス返しは本文追記上に書かれます。ご注意ください。

ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA 感想編

先週水曜祝日はANIMAX MUSIXってことで、新横浜まで行ってきました。毎年恒例ですね。
まず、セットリストはこちらのbarksの記事をご覧ください。

実は今年、いつもライブに行っている人が一人もいないという珍しいことが判明。もっとも、こういうフェスってそういうケースの方が新しい発見があったりするものですが、その点で期待どおりでした。

ってことで、特に印象に残った皆様を。セットリスト順ではなく私の印象順です。

・田所あずささん
 ホリプロのオーディションでは大橋彩香さんを押さえてグランプリを受賞した、とのこと。実際聞いてみると正統派のポップシンガーって感じ。歌声が奇麗なのに力強い。「あ、これはグランプリ取れるわけだ」と納得させられました。ホリプロは(今のところは)歌唱力も重視した選抜なのかもしれません。

・三森すずこさん
 声優デビュー前から舞台で歌って踊っていたとの話でしたが、ソロデビューしてからの方向性が固まってきたなぁ、と。お姫様が歌っているような感じはまさにピッタリだと思います。この調子で「みもりんワールド」が構築できれば、しばらくは安泰なんじゃないかと。

・Rayさん
 しばらく聞いてない間にかなり力強さが身についてきたなぁ、と。ビジュアル的な部分が注目されがちですが、歌手として取り組んできたことが確実に身になりつつあるような気がします。少し時間はかかったけど、きっかけ一つでブレイクするかも。

ちなみに、会場真ん中辺、左右方向に花道状になったセンターステージがあったんですが、自分の席がちょうどその通路の近く。演者によってはそこで歌うこともあったので、これだけ近くで演者を見られたのはANIMAXでも初めてだった気がします。ラッキーの一言に尽きますね。

ANIMAX MUSIXはここならではのカバーやコラボが多いのも持ち味です。来年頭にある大阪公演の参加ミュージシャンから、自分の持ち歌を指名して歌ってもらう企画も健在。May'nさんがみのりんの「TERMINATED」を歌うことになるとは驚きでした。しかも前述のセンターステージで!こういうのはここでしか聞けないものなので、やっぱり貴重ですね。

「ここでしか見られないコラボ」もすっかりお約束。、、、アニサマが起源だったと思いますが、現段階での充実度はANIMAXの方が上って気がします。岸田教団 with bless4のShangri-Laは圧巻でした。
さらに、シークレットとして中川翔子さんも登場。彼女が出てくると盛り上がりますね。この辺の人選もANIMAXは良いところを突いていると思います。

結局、「いつもライブに行っている人が一人もいない」ことはほとんど気にならない充実感でした。また来年も行くことになるでしょうね。

今月の注目新譜。

年末ですねぇ、、、。

〇シングルリリース
・12/7発売
 The end of escape (fripSide x angela)

〇アルバムリリース
・12/14発売
 Violet Cry (GARNiDELiA)
 トコワカノクニ (悠木碧)
・12/21発売
 NEOGENE CREATION (水樹奈々)
 RefRain (上田麗奈)
 live for LIVE (早見沙織)

地域決勝に行ってきました。(2)

こちらの記事の続きです。

第2試合は鈴鹿アンリミテッドvs.三菱水島FCの試合。鈴鹿の横断幕の大きさが凄いです!
DSC06258DSC06259

前半は鈴鹿のペース。前線へのフィードがきっちりFWに渡り、そこからチャンスを作る場面が多かったと思います。中盤では#28小澤選手、前線では#10北野選手が効いていた印象。鈴鹿が2点を取ってリードしました。
DSC06262DSC06263DSC06267DSC06270

後半は打って変わって三菱水島の逆襲のシーンが増えます。これを最初から出来ていれば、結果は間違いなく違ったものになったんじゃないかと思えるくらい。ただ、ゴールを割ることは出来ず。
DSC06271DSC06275DSC06280DSC06292

そうしていると、カウンターから鈴鹿が追加点。スコアだけ見ると鈴鹿のワンサイドかと思われますが、決してそうでなかったことは記しておきたいと思います。逆に、ちょっとした差の積み重ねがゴールであったり勝ち点であったりの差につながってしまうというのはサッカーではままあることですが、、、。
追加点のシーンはちょうどサポーターの皆様が背景になったのでこんな感じに。
DSC06288

試合は鈴鹿が3−0で勝ち、JFL昇格に望みをつなぐ形になりました。

この日の試合でFC今治の2位以内=JFL昇格が確定。サポーターの皆様も喜ばれているようでした。メインスタンドに岡田武史さんがいたように見えたのは気のせいだったのか否か、、、。ヴィアティン三重と鈴鹿アンリミテッドは1勝1敗で並び、翌日の直接対決で勝った方がJFL昇格という形になりました。
第一試合ではちょっと暖かかったスタジアムも、3時を回って随分寒くなってきました。ということでこの日は帰宅。


翌日はGARNiDELiAの昭島イベントがあったので五井には行かず、JFA(日本サッカー協会)のネット中継で観戦。ヴィアティン三重が鈴鹿アンリミテッドを4−1で下し、JFL昇格を手にすることになりました。鈴鹿はPKで先制するも、三重のサイドからの攻撃が奏功し前半のうちに2点を返し試合をひっくり返すと、後半立ち上がりに2点を追加して勝負あり。やはり#13藤巻選手は凄かったな、と。

今Jリーグにいるクラブの中でも、この地域決勝で苦労したところは少なくないです。松本山雅、レノファ山口、グルージャ盛岡など、地域決勝に3度も4度も出て敗退した末にやっとJFL昇格を掴んだクラブも少なくありません。今年は敗北という形になった鈴鹿アンリミテッドも、次のチャレンジでは昇格を掴んでほしいです。、、、出るまでも、決勝ラウンドに進むまでも、非常に厳しい道ですが。

地域決勝に行ってきました。(1)

先週土曜日、千葉は市原の五井にあるゼットエーオリプリスタジアムに行ってきました。市原臨海競技場と言った方が分かりやすい方もいるかもしれません。
見に行った試合は全国地域サッカーチャンピオンズリーグ。全国9つの地域を勝ち抜いた12チームがJFL昇格2枠を目指すプレーオフです。(当時のチーム名で)ザスパ草津以降にJリーグ入りしたチームの多くはここを勝ち抜いてきています。枠の狭さと、サッカーでは珍しい3連戦を勝ち抜かないといけないという非常に厳しい戦いが待ち受けています。まずは一次ラウンドを11/11〜13に実施。これを勝ち抜いた4チーム(東から順にヴィアティン三重、鈴鹿アンリミテッド、三菱水島FC、FC今治)が決勝ラウンドに進出です。私はこの決勝ラウンドの2日目に行ってきました。ちなみに、こちらの記事で述べた東京23FCは鈴鹿に敗れて敗退しています。

そうそう、初日は三重が三菱水島に、今治が鈴鹿に勝っています。

場所が場所ということで早起きして、総武線→内房線直通の横須賀線快速で現地へ。五井駅で降りると何となくそれっぽい人が多数。というか、サイン入りのウインドブレーカーを着ている方がいたのでよく見てみると、達筆な「岡田武史」の自署が!これに関しては後で説明します。
駅からスタジアムまではやや距離があるってことで、レンタサイクルへ。そこには10数人の行列が。並んでいると係員さんが人数を数え始め、、、あと10人遅かったら自転車切れで借りられないところでした。無事に自転車を借りて現地へ。歩いて行かれていた方も多かったようです。

現地到着。まずは第一試合目。ヴィアティン三重vs.FC今治の試合です。Jリーグ入りを目指す両チームの対戦とあって、横断幕も気合が入っています。FC今治は、元日本代表監督の岡田武史氏がCMO(Chief Method Officer)として就任しているクラブ。それもあって、その日の夜のスポーツニュースでこの地域決勝が取り上げられたほどです。さっきのウインドブレーカーのサインはそういうこと。
DSC06238DSC06239DSC06240

試合は徐々に今治ペースに流れる展開でした。セカンドボールがことごとく今治に渡り、さらに左サイドの#14長島選手の突破から何度もチャンスを作れていた感じです。周囲でも「あの14番の選手良いねぇ」とか、三重サポーターからも「今治の14番にやられた」というコメントが聞こえてくるくらい。一対一も今治に分がある印象でした。そして、センタリングからヘッドで合わせて今治が先制。さらに、再三の突破に手を焼いた三重の右SB#22の選手が、前半終了間際に二枚目のイエローで退場。三重としては心配な形でハーフタイムを迎えることになりました。
DSC06241DSC06243DSC06244DSC06245

後半も流れは変わらず。しっかりポゼッションする今治にとって数的優位は大きかったのかも知れません。後半開始5分後に2点目を取ると、後半29分にはPKを得て3点目をゲット。これで勝負ありでした。
DSC06249DSC06251DSC06253DSC06256

1次ラウンドでも対戦した両者ですが、その時は逆に三重が3−0で勝利。分からないものです、、、。
サポーターの数も今治が一番多かった印象です。ゴールが決まった時にメインスタンドで喜んでいる人の数が他チームのサポーターと比べてかなり多かったですね。

この段階では、今治の2位以上は次の試合次第。三重は翌日の試合にすべてを賭ける展開になりました。

、、、長くなったので第2試合以降の話は次の記事に。

J2第41節 FC町田ゼルビア vs. 松本山雅FC

今季ホーム最終戦ってことで行ってきました。相手は松本山雅。事前にアウェー来客数が多いとは聞いていましたが、メインスタンドの半分以上を占拠されたのは新スタジアムになって初めてではないかと、、、。セレッソでもコンサドーレでも、ここまで占拠されたことはなかったですね。野津田でホームジャック状態を初経験することになりました。
座った席の隣がご家族連れの山雅サポーター。応援歌や手拍子がスタンド内で混ざる経験も初めてでした。ゴール裏を見ないとテンポが取れないってのもなかなかない経験です。
DSC06148DSC06154

とはいえホームゴール裏はいつもの賑わい。今回はコレオグラフィー実施です。
DSC06147DSC06146

試合開始!ゼルビアは前半から積極的なプレスと突破でゲームを優位に進めます。そして前半12分に谷澤選手の突破からのセンタリングを中島選手が合わせ、そのボールがDFに当たって跳ね、誰も触れずにゴールイン。ゼルビアが先制します。DSC06149DSC06153DSC06156DSC06158

得点後も流れは変わらず。写真は取れていませんが、土岐田選手がこぼれたボールからシュートを撃つもクロスバー直撃、谷澤選手のシュートもバーを直撃と、二度ほど惜しいシーンもありました。このまま一点差でハーフタイムかと思った前半アディショナルタイムに、一点目と同じように谷澤選手の左側の突破から、逆サイドまで届いた折り返しを中島選手がセンタリングし、仲川選手が合わせて追加点!自動昇格を争っている松本山雅相手に、なんと二点リードで折り返すことが出来ました。
DSC06159DSC06164DSC06165

後半になると、松本山雅の反撃が始まります。後半22分には、一瞬の隙から高崎選手の豪快なシュートが決まって一点差に。画像を撮ろうにも周り中の山雅サポ総立ちでよく見えませんでした(^^;
その後も何度となく続く山雅の攻撃。ギリギリで踏みとどまるゼルビアの守備。
DSC06168DSC06170DSC06172DSC06175

後半アディショナルタイムには山雅GKのシュミット・ダニエル選手も上がる場面も。しかし、ゼルビアが守り切って、ホーム最終戦を勝利で終わることが出来ました。
DSC06178DSC06180

特に前半、運動量の多さを生かす試合運びができたのが勝因だったんじゃないかと。相手は(試合開始前段階で)二位と格上のチームですが、こういうゲームが出来れば渡り合えるんだ、という自信につながったんじゃないかと思います。

インタビューは中島選手と仲川選手。会心の勝利ってことで、嬉しそうでした。
DSC06181DSC06182

試合後はホーム最終戦セレモニー。前回J2でのセレモニーは降格決定を受けて、でしたが、今回は違います!自分もそうですが、あの時を知る人は、今年「J2でそれなりにやれた」ことにはそれなりに満足できたシーズンだったんじゃないかと思います。キャプテンの李漢宰選手、相馬監督、下川代表からメッセージ。下川代表の「今年、動員10万人を達成しました。しかし山雅は24万人です!」って言葉にはさらなる向上心を感じました。今の野津田だとキャパ的に困難ですが、J1ライセンスを取るためにはそのレベルを目指す必要があるでしょうね。
DSC06183DSC06185DSC06186DSC06188

最後はグラウンド一周。ゴール裏のメッセージがまたゼルビアのゴール裏らしいなぁ、と。
DSC06189

セレモニーとともに、今年引退を発表した松下選手の引退セレモニーも行われました。山雅からのレンタル移籍中ということもあり、山雅サポーターからも横断幕が出されてましたね。まだ若いので、次の進路でも頑張ってくれると良いなぁ、と。
DSC06190DSC06191

シーズンラストのホームゲームは9000人超え。こういうゲームが来期もっと増えると良いなぁ、って思います。相手サポーターに頼らずに、、、。
DSC06177DSC06194
Link Policy
本日記はリンクフリーです。無断リンクも構いません♪
相互リンクは、以下二つのうち、どちらかの条件を満たす場合とさせていただきます。
ご了承ください。

・面識のある皆様のBlog
・話題の中心として音楽を取り扱うBlog
About Track Back
迷惑TBが多い場合、TBを認証制にします。TBを送って反映されない場合は、一日ほどお待ち下さい。(ただし、不在時はもっと間隔が空くこともあります)
LAST SCENE
Maaya Sakamoto Blog Parts
WeatherNews
今後の予定
ある種メモ代わりってことで。
サッカー観戦日程は決まり次第更新します。前日とかw

12/10 GARNiDELiAワンマンライブ「stellacage vol.后彗膾絽演
12/17 GARNiDELiAワンマンライブ「stellacage vol.后彭豕公演
12/23 "Kalafina with Strings" Christmas Premium LIVE TOUR @オーチャードホール
12/24 洲崎綾クリスマスパーティー〜バースデーイブ2016〜
1/14 ANIMAX MUSIX OSAKA 2017
1/22 Kalafina 9th annivasary Live
1/27 リスアニ!LIVE 2017 CROSS STAGE
1/28 リスアニ!LIVE 2017 SATURDAY STAGE
2/11 リトグリライブツアー2017 〜Joyful Monstar〜 神奈川公演
2/12 Kaori's melody Acoustic LIVE vol.#3
2/18 M-SMILE MEMBERS EVENT VOL.4
2/26 TrySail First Live Tour “The Age of Discovery” calling at YOKOHAMA
3/4 angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館 〜僕等は目指したShangri-La〜
3/5 大橋彩香1stワンマンライブTOUR2017「OVERSTEP!!」東京公演
3/11,12 NANA MIZUKI LIVE JIPANGU 2017 埼玉公演
4/8 黒崎真音 ワンマンライブ2017(仮)
5/5 Minori Chihara Live Tour 2017 〜Take The Offensive〜 東京公演
Profile
Twitter
Archives
Comments...
イベント参加履歴
1/16 JOIN〜JiLL-Decoy association × 傳田真央〜
1/23 Kalafina 8th Anniversary LIVE 2016
1/24 国立代々木競技場第一体育館座長公演“水樹奈々大いに唄う 四”
1/30,31 Kalafina LIVE TOUR 2015〜2016 "far on the water" special final
2/6,7 坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016 “FOLLOW ME UP”東京追加公演
2/14 Kaori's melody Acoustic LIVE vol.#2Valentine's Day Special”
2/21 M-Smile MEMBER EVENT Vol.3
3/5 FictionJunction CLUB LIVE
3/9 松是
3/21 Yuki Kajiura LIVE vol.#13 〜featuring SWORD ART ONLINE〜 東京公演
3/26,27 Yuki Kajiura LIVE vol.#13 〜featuring SWORD ART ONLINE〜 大阪公演
4/9,10 NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016
4/17 “Kalafina with Strings” Spring Premium LIVE 2016 札幌公演
4/29 “Kalafina with Strings” Spring Premium LIVE 2016 東京公演
5/3 GARNiDELiAワンマンライブ stellacage vol.
5/8 JiLL-Decoy association 〜10th anniversary debut!〜 「Medley!A to J premium」
5/16 松是
5/21 angelaデビュー13周年記念ライヴ☆拡大版「全部が主題歌ライヴ!!」
6/4 tano*c tour 2016 東京公演
6/5 大橋彩香ワンマンライブ2016 「Start Up!」
6/18 Minori Chihara Live Tour 2016 〜Innocent Age〜 神奈川公演
6/25 STRATOSPHERE HEXA
7/24 SAPPORO CITY JAZZ Ezo Groove 2016 <スペシャルコラボ企画> 「きたまえ↑」林原めぐみ VS 「SCJ」JiLL-Decoy association
8/6,7 MINORI CHIHARA LIVE 2016 "SUMMER DREAM 4"
8/27,28 ANIMELO SUMMER LIVE 2016
9/10,11 Kalafina Arena LIVE 2016 神戸公演
9/16,17 Kalafina Arena LIVE 2016 東京公演
9/22 NANA MIZUKI LIVE PARK 2016 甲子園公演
10/8 angela Live Tour 2016 大阪公演
10/23 angela Live Tour 2016 東京公演
11/23 ANIMAX MUSIX YOKOHAMA 2016
12/3 "Kalafina with Strings" Christmas Premium LIVE TOUR @東京オペラシティ
  • ライブドアブログ