Journal Bleu

記事内容に合わせて、カテゴリを変更しました(^^;

気が向いたものを徒然なく書いてます。
お気に入りアーティストは左側サイドバーをご覧ください。

レス返しは本文追記上に書かれます。ご注意ください。

ZAQ LIVE TOUR 2018 "Z-ONE" 東京公演 感想編

土曜日は新木場へ。ZAQさんのソロライブに初めて行ってきました。フェスでは何度か見てて、一度ソロにも行ってみたいなぁ、と思いまして。

熱さは良い意味で予想通り。周りに合わせて跳んでるとあっという間に汗だくです。
バンドメンバー、ギターにCMBなどでもお馴染みの山本陽介氏、ベースに黒須克彦氏と腕利きの方々が揃っていて、彼らがこの公演をさらに熱くしたことは間違いないでしょう。

みんなが最前になれるとの考え方で、少し長い花道が設置されていました。ZAQさんのライブでは一貫してやっている、とのこと。ミュージシャン毎の考え方が色濃く反映されてるステージって好きです。
"Beautiful Soldier"、"こころのなまえ"ではキーボードが準備されての弾き語り。とは言え他の楽器も入るので、他の方の弾き語りほど静かにならなかった気がします。これはこれであり。

お客さんの煽り方はフェス同様「流石」の一言。コール&レスポンス及びその練習も含めて、盛り上げ方がよく分かっていらっしゃると感心しました。

「部屋を片付けてたら昔の夢ノートが出てきた。」ってことで、中身を一部公開。栗林みな実さん、水樹奈々さん、茅原実里さんに曲を提供するってうちの栗林みな実さんへの夢は叶って、次がその曲、Beautiful Soldierという流れでした。MCでは(もちろん?)ここまででしたが、他にもいろいろ書かれているそうです。こういう意識は好きですね。まだまだこれから叶う夢が多くなるんじゃないかと思います。

ちなみに、公演翌日のZAQさんのツイートが拡散されまくってましたが、この元ネタがこの公演でのMCだったことも記しておきたいと思います。こういうのは肉声で聞くと説得力UPです。


本編ラストの"BRAVER"のサビ、観客が叫ぶ「光よ、もっと光よ」ってパート分けは良いですね。マニピュレータに頼らずに観客に歌わせる方が雰囲気が良いし、観客の満足度も高いと思います。

アンコールラスト前の"Sparkling Daydream"。「最後まで振り絞れ」ってことなんでしょうね。他の曲以上にみんな跳んでた気がします。こうでないと!

2nd Albumが未入手だったことが分かったので、後日買おうと思います。どんなに遅くても、次にライブに行く時までには、、、。
続きを読む

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪ 一日目 感想編

9/8は前橋へ。初めてのデレマスライブに行ってきました。

例によって?リスアニ!のレポート記事へのリンクを貼っておきます。中里キリさんの記事は必見だと思っているので、当記事より優先してご覧になることを強くお勧めします。セットリストも記載されています。
初日はこちら  二日目はこちら

前橋からは徒歩でグリーンドームへ。「徒歩は遠いのでお勧めしない」との話もありましたが、30分もあれば余裕を持って着けますね。直近のデレステイベント曲のサビに「自分の足で歩け シンデレラ」というのがあり、自分の足で前橋からグリーンドームまで歩けってことなのでは?というネタツイートが拡散されてましたw

キャラクターへのなりきり度に関してはミリオンの時と同じ。きっちりやり切ってます。シンデレラガールズ/ミリオンライブなどに関わらず、アイマス全コンテンツ共通のカギになっている部分ですね。

アイマスシリーズの特徴は、他のアイドルアニメコンテンツに比べて人数が凄く多いこと。今回で言うと25人+新規ボーカル3人。この全員が歌った時のパワーと一体感はよそでは感じられないですね。フェスでさえ十数人の選抜なので、やはり本物とは迫力が違うな、と。この「全員で歌う曲」が公演の最初、真ん中、最後に入っていて、切り札の切り方も計算されつくしているなぁ、と実感させられます。

大規模会場の使い方も慣れたもので、競輪場(ヤマダグリーンドームは普段競輪場です。リンク先はこちらを。)のバンクを生かした横に長いステージの真ん中と左右に出入り口を設置してました。曲が終わると、歌い手がいない入り口から次の人が出てくるシステム。従って休む時間なしに何曲も連続することになります。長いメドレーを聞かされている感じですが、曲の変わり目でのお客さんの歓声がまた凄い。盛り上がりが持続するような効果があったんじゃないかと思います。ちょっとクラブにも近い印象。

全体曲は先に述べたとおりですが、ユニットやソロの曲も、各メンバーの個性が出せていて良かったです。中でも、村上巴役の花井美晴さんの「おんなの道は星の海」は絶品でした。これだけしっかり演歌を歌える人、どこから探してきたのか、、、。
セットリスト後半の盛り上げ方もよく分かっているなぁ、と。∀NSWER→美に入り彩を穿つ→Nation Blue 〜蒼く蒼く蒼く Remix〜→ガールズ・イン・ザ・フロンティアの畳みかけは見事。先に述べたとおり、この盛り上がる曲が切れ目なしに畳みかけてくるわけで。見事の一言です。アンコールなしでも十分満足できました。


以上、公演内容について。
多くの方々が触れていることですが、この公演開催に際しての前橋市の協力っぷりが半端なかったです。前橋駅に着いたら観光案内所にちひろさんの立て看板。ちゃんと見てなかったのですが、デジタルサイネージでも歓迎のコメント。さらに前橋中心街のお散歩マップまで配布し、その裏には打ち上げ用?の飲食店リストまで。
アイマスライブのお約束として、開演前にスポンサー企業、協賛団体の読み上げがあり、観客も一緒に読み上げるのがお約束と化しているのですが、前橋市の時の客席の盛り上がりは凄かったですね。

これだけ褒めちぎっておいてなんですが、二日目はLVも含めて参加していません。チケットが取れなかったのが最大の理由ですが、LVを回避したのはこちらと被ったためです、、、。前橋から高崎達磨寺経由で野津田ってことで。

NANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018 埼玉公演 感想編

9/1はメットライフドームへ。

公式ライブレポはこちらをご覧ください。セットリストも記載されています。
流れを客観的に見たかったらリンク先で十分です。こっちは写真撮れないけど、公式なら撮れますしねぇ。クジラとかw

、、、と、いうことで。
水樹さんのパフォーマンスに関しては今更言及する必要はないでしょう。流石に安室奈美恵さんクラスとまでは言い過ぎですが、アニソンでは群を抜く歌唱力。圧倒的なパワーは他の追随を許さないわけで。アニソン界で"LEGEND"と呼ばれるに相応しい存在だと思います。

ステージ上は何ら問題ないんです。バンドメンバー"Cherry Boys"の演奏も凄い。ここまで到達する前に、これだけのメンバーを集められたのはキングの三嶋さんをはじめ、スタッフの尽力なしには為し得ないわけで。

でも、最近のライブで何か足りない。

数名の友人にはこういったことがあります。「あとは、エタブレ(ETERNAL BLAZE)なきセットリストが構築できれば申し分ない」と。言い始めてから数年、結局この文言が達成されたことはほとんどないなぁ、と。
ライブ後半の、一番熱いゾーン。ここで披露される楽曲がマンネリ化しているのではないか?という疑問がこの言葉を生んだような気がします。
セットリストに関する不満は、よそでも多く聞かれる気がします。他の人に関してはなかなか聞かれないのは、気のせいじゃないはず。angelaのように、キャリアが長くてもその手の不満とは無縁の方もいます。キャリアの長さだけが原因ではないはず。

セットリストを抜粋。
18. ETERNAL BLAZE:2005年
19. NEXT ARCADIA:2010年
20. Exterminate:2015年
、、、Exterminateが新し目ですが、古い曲を使い続けているのは今回ツアーに限らないかと。

ライブ後半の一番熱いゾーンで使える新曲が出てくれば、この手の不満は大きく減るんじゃないかと思っているのは私だけでしょうかねぇ。

で、疑問を提起して終わろうと思ってたんです。メットライフドーム公演前日までは。


チーム水樹は、まるで自分と同じ問題意識を持っていたのではないか?そう思わせる新曲が、メットライフドーム公演で披露されました。17曲目のWHAT YOU WANTがまさにそれ。水樹流ラウドロックという触れ込みですが、まさに後半パートに使うにふさわしい熱さ。そして、シンフォギア楽曲ほどテンポが速すぎない。久しぶりに「これだ!」と言わせる楽曲を耳にした気がします。
かくして公演後にはこうつぶやくことになります。「もう水樹奈々は良いやと思ってる人は、今度の新曲を聞いてから判断しても遅くない」と。

今後のリリースで言えば、彼女の躍進に一躍買ったなのはシリーズの新曲も控えているわけで。このあたりがライブでの「一番熱いパート」の定番になれば、セットリストに関する種々の問題は大きく改善の方向に向かうのかも。

"LEGEND"と呼ばれるからには、それにふさわしい待遇が必要。ここ数年のキングレコードは、彼女にふさわしいと言えるだけの楽曲を提供できていたのか疑問でした。まだ手放しで評価するところまでは行かないものの、改善の可能性ははっきり見えてきたと思います。

昔の曲の活かし方は、今回ツアー各公演のダブルアンコールが答えだと思います。ポイントポイントで使う分にはマンネリにはならないと思いますね。

続きを読む

J2第32節 FC町田ゼルビア vs. 水戸ホーリーホック

日曜は前橋帰りで野津田へ。遠征帰りに野津田は初めてです。(前橋の件は後日執筆予定です。)

DSC09285DSC09286DSC09287DSC09289

DSC09292この日は「オーダースーツSADAマッチデー」ということでSADAの社長さんも登壇。オーダースーツの宣伝とゼルビアへのエールを頂きました。
当然ですが、スーツ姿が決まってます。

前節のアウェー甲府戦で、吉濱選手がJ2通算100試合出場達成。試合前にそのセレモニーがありました。ゴール裏にも祝福の横断幕が。
DSC09295DSC09296

試合開始!
DSC09297DSC09298

DSC09301試合は両チームのディフェンスが機能し、きびきびしたゲームになったと思います。前半は押しつ押されつ。ヒヤヒヤしそうな場面もDF陣がしっかり対応していました。水戸のツートップにあまり仕事をさせなかったことは良かったんじゃないかと。
DSC09311DSC09314DSC09320DSC09324a

ちなみに、水戸ゴール裏と言えば青いペンライト。というかブレードって言った方が当Blog的には良いのかも知れません。
ホーリーホックはアニメ「ガールズ&パンツァー」とのタイアップが数年にわたって続いているので、このペンライトのアイデアもそっちのファンから来た、、、のかも知れません。(事実関係の確認はしていません、、、。)この手のペンライトは声優、アニソンのライブでは一部例外を除いて必携アイテムだったりします。(というか前日前橋で振ってましたw)
DSC09300DSC09308

DSC09325a試合に戻ります。後半も中ほどまでは互角の展開。しかし、徐々にゼルビアが押している時間が長くなります。とは言え何度攻めても跳ね返される展開の繰り返し。CK何本ありましたっけ、、、。
ギリギリのところで水戸GKが弾く場面も。これが決まっていれば、、、。
DSC09331DSC09333DSC09338DSC09341DSC09351aDSC09350

結局両チーム無得点のまま試合終了。点を取れなかったことはやや残念ですが、DFがきちんと仕事をして無失点で終われたことはプラス材料として捉えるべきかと思います。同じ無失点でも、相手の精度の無さに助けられたのであればよろしくないのですが、この日は相手の決定機自体が非常に少なかった気がします。
カメラのご機嫌が悪く撮り損ねたのですが、入場者数は3737人。天気がいい週末のゲームとしては物足りないと言わざるを得ません。J1を目指すのに一番の課題は、実は動員数なのかも。

Animelo Summer Live 2018 “OK!” 3日目 感想編

では三日目。セットリストはこちらを

オープニングはミルキィホームズ×i☆Ris×上坂すみれ×東山奈央と豪華布陣でのミルキィ A GO GO、、、の替え歌でアニサマ A GO GO。この公演が最後のアニサマになるミルキィホームズを立てる演出がパラパラと見られたのはアニサマなりの尊重の形だったんだと思います。そうされることに異論を出す人もいないでしょう。
妹S、うまるちゃん発のユニットだってここで知りました、、、。
ORESAMAは自己紹介としては十分すぎるほどのアピールが出来たんじゃないかと。ダンスミュージック的なサウンドが私好みってのもあり、今後も注目したいです。
そしてまさかのTHE MONSTERS。アニサマでは初出演です。シークレットゲスト?まぁメンバーがJAM Projectなのは見て即わかるわけですが。スノハレのカバーは意外でした。
その直後にヘルシェイク矢野。ポプテピピックでやったのとほぼ同じ紙芝居を披露。多分アニサマ初。でもそれを期待していたわけですが。そこからのすみぺのPOP TEAM EPICまでが一連の流れでしたね。
YURiKAさんに限りませんが、初参加組から悪い意味での緊張を感じなかったアニサマでした。今どきの若者は凄いなぁ、と。
奈央ちゃんはステージ上で落ちつけていたように見えます。まぁ、昨年は初参加でいきなり「初ソロライブが武道館」って告知もあったので、緊張しないのが無理だったんでしょうけど。
早見沙織さんは、前に誰が何をやっていても自分の流れに持っていけるのが流石の一言。基本的に曲に合わせて動くことが多いアニソンのライブで客の動きを止められるのは彼女の能力あってこそですね。
「みのりんご」こと鈴木みのりさん、MVで振っていたからとネギ片手に踊りまくってたのは見てて楽しかったです。コラボも含めて新人離れしてた、、、のは今年の新人全員ですね。
鈴木このみさん、前半ラストにわたモテを持ってくるあたりは見事。若いからこそ出来るのかも。

休憩。
休憩終了時にはアナウンスが流れるんですが、この日はもちょが「もうすぐはじまるよー」的なコメントを披露。会場の大半はまだ出演していないミリオンライブの出番を確信したことでしょう。出演者的に、他の選択肢はないわけで。

休憩明け。一発目にシークレットとしてもちょがソロで登場!トロッコで現れたとき、絶叫してたのは多分トラセファン。ニューアルバム発売もあるしねぇ、と思ったら天ちゃんもステージでソロ曲を披露。ってことは当然ナンちゃんもセンターステージでソロ曲を披露。結果論としてナンちゃんが一番近かったことに喜びを全く隠さなかった人がこちらですw
どよめく中で次の出番がi☆Ris。パフォーマンスがしっかり安定しているなぁ、と感心。このユニットに関してだけは客層がどうこうというのは的外れなのでやめておきましょう。今までとは違う客層を求めて活動してきてるわけで。
蒼井翔太さん、この日がポプテピピック関連出演者が多いため何かやらされるんじゃないかと思われていましたが、その手の演出は一切なし。ガチでやってこれだけカッコいいなら、ネタは必要ないってことでしょうね。
ZAQさん、ソロが二曲だけで消化不良感があったんですが、それで終わるわけがなかった、と。「シュガーソングとビターステップ」は出演者同士のコラボとはいえレア感半端ないです。そこからのOxTもカッコ良かったですね。オーイシおにいさんも大活躍でした。
ミリオンはセットリストが予想通り。ただ、知らない人に知ってもらうためのセットリストとしては非常に良かったんじゃないかと思います。会場の半数近くは知ってそうでしたがw Brand New Theater!とUNION!!はどこにでも持っていける名曲だと思います。
ラス前にミルキィホームズ。この出演順がアニサマ運営の彼女達へのリスペクトの証でしょう。「正解はひとつ!じゃない!!」はアニソン史に残る名曲だと思います。さっきまでミリオンのコール入れてたお客さんが揃いも揃って「問☆題☆解☆決!」やってるあたりがこの曲の強さですね。

そして大トリ。まぁJAM以外あり得ないわけですよ。そしてラストがSKILL以外ありえないわけですよ。彼らが出ている間だけ、久々に昔のアニサマが帰ってきたような感じ。でも懐かしいなんて言ってる暇はない。SKILLとはそういう曲です。サビの動きは極めて簡単。I can fly! (ここでジャンプ)You can fly! (ここでジャンプ) We can fly! (ここでジャンプ)(全員で)MOTTO MOTTO! これを延々繰り返すだけなので覚えるのは簡単。ここだけはみんなやって欲しいなぁと思うんですよね、、、。これで残り体力を全て使い果たすのが昔のアニサマだったんですよ、と。
ちなみに、この辺は全て第一回のアニサマで覚えました。衝撃とともにJAM Projectってこんなに凄いんだと感じたのは言うまでもなく。
ライブマナー論を語る中でこんな意見が出てきて膝を打ちました。「SKILLで跳ばないのはJAM Projectに失礼」。そう、SKILLで跳ぶのは初期のアニサマでは至極当たり前でした。今のシーンでは考えられない比率の客が跳んでいたんです。

多分、昔からの参加者はこう思ったことでしょう。「やっぱりアニサマはSKILLで締めないと」と。無論、私もそうです。
Link Policy
本日記はリンクフリーです。無断リンクも構いません♪
相互リンクは、以下二つのうち、どちらかの条件を満たす場合とさせていただきます。
ご了承ください。

・面識のある皆様のBlog
・話題の中心として音楽を取り扱うBlog
About Track Back
迷惑TBが多い場合、TBを認証制にします。TBを送って反映されない場合は、一日ほどお待ち下さい。(ただし、不在時はもっと間隔が空くこともあります)
LAST SCENE
Maaya Sakamoto Blog Parts
WeatherNews
今後の予定
ある種メモ代わりってことで。

9/24 Little Glee Monster Live Tour 2018〜Calling!!!!! 八王子公演
9/29 GARNiDELiA stellacage Live House Tour 2018 東京追加公演
10/13 西沢幸奏 LIVE TOUR 2018 “Naked Soul” 宇都宮公演
10/20 M-Smile FCイベント
10/21 新谷良子 アーティストデビュー15周年ライブ
10/27 angela LIVE 2018 All Time Best in 日比谷野音
11/3 てさぐれ!部活もの放送5周年ファンイベント
11/10,11 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE メットライフドーム公演
12/1,2 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE ナゴヤドーム公演
12/9 hikaruutada20th
12/16 AZUSA TADOKORO LIVE 2018 〜RESOLVE〜
12/28 Composers Summit Concert 2018
イベント参加履歴
1/13,14,16 NANA MIZUKI LIVE GATE 2018
1/23 Kalafina 10th Anniversary LIVE 2018
1/26,27,28 リスアニ!LIVE 2018
2/3 東山奈央 1st LIVE“ Rainbow”
2/4 Little Gree Monstar Arena Tour 2018 -Juice!!!!!- 横浜公演
2/10 あっちゃん生誕祭2018
2/17 Kaori’s melody vol.#4 Acoustic Live Tour “winter 2018” 東京公演
2/23,24 angela Live Tour 2018 東京公演
3/3 明坂聡美 共和国民ノ集イ 昼の部
3/3 Songful days -次元ヲ紡グ歌ノ記憶-
3/4 GARNiDELiA FCイベント
3/10,11 TrySail Second Live Tour “The Travels of TrySail” 栃木公演
3/18 RADIOアニメロミックス 内山夕実と吉田有里のゆゆらじ 古参も新参も全員集合! 2周年記念イベント
3/31 Otographic Arts 100
4/1 坂本真綾 LIVE TOUR 2018 “ALL CLEAR” 東京公演
4/7 GARNiDELiA stellacage Tour 2018〜G.R.N.D.〜 大阪公演
4/14 GARNiDELiA stellacage Tour 2018〜G.R.N.D.〜 愛知公演
4/28 メリーポピンズ(平原綾香さん出演)
4/29 GARNiDELiA stellacage Tour 2018〜G.R.N.D.〜 東京公演
4/30 小松未可子 LIVE TOUR「小松の夜のパレード2018春」 東京公演
5/19 angela デビュー15周年記念ライヴ!!
5/20 TrySail Second Live Tour “The Travels of TrySail” 幕張公演
5/26 hardcore tano*c 東京公演
5/27 大橋彩香 Special Live 2018 ~PROGRESS~
6/3 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!
6/16 TRUE TOURS 2018〜Lonely Queen's Liberation Party〜 横浜公演
6/30,7/1 Yuki Kajiura LIVE vol.#14
7/7 GARNiDELiA stellacage Live House Tour 2018 さいたま公演
7/8 音楽朗読劇「PNAGOGIA〜ヒプナゴギア〜」
7/12 Yuki Kajiura LIVE vol.#14
7/14 Re:animation
7/15,22 Yuki Kajiura LIVE vol.#14
7/28 NANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018 高知公演
7/29 TRUE TOURS 2018〜Lonely Queen's Liberation Party〜 東京公演
8/4,5 SUMMER CHAMPION 2018 〜Minori Chihara 10th Summer Live〜
8/17,18 FBMライブ
8/24-26 Animelo Summer Live 2018 “OK!”
9/1 NANA MIZUKI LIVE ISLAND 2018 埼玉公演
9/8 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪
9/15 ZAQ LIVE TOUR 2018 東京
9/16 織田かおり『THE BEST -REPLAY-』〜発売記念スペシャル!集まっちゃわNIGHT!!〜
Profile

H.Sasamoto

Twitter
Archives
Comments...
  • ライブドアブログ