2012年01月

2012年01月31日

  世の中、上には上がいる







焼肉の「本家 とらちゃん」は最高に美味しかった。

その後タクシーに乗ってミナミに移動した。


BlogPaint


そして向ったお店はスナック「トライ 1」であった。


18 069


今日のマスター


18 062


今日もマスターの健康を考えて「ピース・ライト」を買って来た。

先ずは「ウコンの力」で乾杯する事にした。


18 057


乾杯ー!!

引き続きサントリーのロイヤルの水割りで乾杯する事にした。


18 058


乾杯ー!!

後はカラオケで楽しむだけであった。


18 064


先ずは私が歌った。


18 067


次にムコちゃんが歌った。


18 068


マスターが自分の携帯を見せてくれた。

すると2005年にタイガースが優勝した時のストラップが取り付けられてい

た。

マスターはこのストラップをめっちゃ自慢していた。

しかしそれを自慢されてもバファローズの私には正直その値打ちが分から

なかった。

私が「今年の阪神の最大の補強は、何と言ってもアニキ金本やと思う」と言

った。

するとマスターも「うん、そう思う」と言っていた。

おそらく今年のアニキ金本は完全復活し3割30本は行くと思う。

「多分、金本は真弓監督と上手く行っていなかったんとちゃうかな」とマスター

が言っていた。

まぁー、今年のアニキ金本には大いに期待したいものである。

うちのバファローズの場合は、何と言っても北川の復活である。

そんな感じで野球の話をしていた。

そうこうしていると男性二人と女性二人の四人のお客さんが入って来た。

このお客さん達は明らかに私よりも少し年上であった。

その中の一人の男性がエエ感じで私に絡んで来やがった

しかし私は軽く交わして笑顔で無視した。

しかし尚も少し絡んで来た。

その男性が私に向って「私が嵌めているこの腕時計はポール・スミスと言

って20万円もするんですよ」と言って来た。

それで私が「私が今着けているこの時計はそんなに高くはないんですが、

フランクミュラーと言って250万円なんですよ」と軽く言ってやった。

その瞬間からその男性は私の事を「社長、社長」と呼んでいた。

しょーもない、ちんけなお客と喋るのも鬱陶しかったのでそいつを無視して

我々は再び歌を歌った。

パテック・フィリップ、ブレゲ、オーデマ ピゲ、バセロン・コンスタンチン。

男ならこれぐらいのブランド時計は知っておいて欲しい。

北新地のクラブなんかで飲んでいるとこう言った時計を嵌めている人は

いくらでもいる。

またそう言った時計を嵌めているからと言って誰も自慢などしない。

タイガースのストラップを自慢するのは良いが時計や宝石などを自慢しな

い方が絶対に良い。

と言うのは、世の中、上には上がいるからである。

そうこうしているとマスターがデザートを出してくれた。


18 071


これが実にナイスなサービスなのであった。

最後に猛牛ポーズをした。


18 073


猛牛ポーズ!!

その後我々はしょーもないお客を軽く無視しながらお店を出る事にした。

そして次のお店に向った。

この続きはまた明日。




↓ スナック「トライ 1」の動画です。






























←ここをクリックして下さい!!



h_t_tomoto at 07:26 

2012年01月30日

  リベンジ







1月28日の土曜日、ムコちゃんと二人で焼肉の「本家 とらちゃん」鶴橋駅

前店へ行って来た。


18 002


ムコちゃんとはいつもの様にJR鶴橋駅の改札口前で6時過ぎに待ち合わせ

をした。

私は6時5分頃に到着した。

するとムコちゃんはもう既にそこに立っていた。


18 003


店内に入ると今日も塩野主任は一杯の笑顔で我々を迎えてくれた。

相変わらず塩野主任は接客が素晴らしかった。

我々が案内された部屋はいつものレジの横の個室であった。

私は早速注文した。



注文したオーダー

特選サーロインステーキ×二人前

特上骨付カルビ×一人前

特選ハラミ×一人前

タンツラ塩にんにく味×一人前

上ツラミ(ピリ辛味)×一人前

野菜サラダ×一皿

生ビール×飲めるだけ



直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯する事にした。


18 009


乾杯ー!!

いつもなら上塩タンは必ず注文しているのだが今日はあえてしなかった。

その代わりに上ツラミのピリ辛味を注文した。

今日はどうしてもこの上ツラミのピリ辛味を食べたかったのであった。

今日の焼き順。

特選サーロインステーキ → タンツラ塩にんにく味 → 特上骨付カルビ

→ 特選ハラミ → 上ツラミ(ピリ辛味)の順番で焼いた。



ここで牛肉の部位を確認しておきたい。

背中の頭側から、肩、肩ロース、リブロース、サーロイン、ランプの順番

になる。

お腹側には焼くと一番甘くなるともばらがある。


n521


美味しく焼肉を食べる場合ある程度のお肉の部位は知っておいた方が宜し

いのではないかと思う。


18 008


いつもの葱と胡麻の薬味である。

お店自慢の付けダレも一応置いてくれている。

しかし我々はこの付けダレは一切使用しないのである。

この二つの薬味がお肉の甘味を物凄く引き出してくれる。

それにこの二つの薬味はこの私にしか提供されないのであった。

と言うのは、この二つの薬味は私がプロデュースした物だからだった。

つまり私が店長にお願いして勝手に作らせた物なのである。

当たり前だが「とらちゃん」には昔からのお店自慢の秘伝のタレがちゃん

と存在している。

その秘伝のタレを否定するかの様に私が勝手にこの薬味を使用している。

これははっきり言って「とらちゃん」の本意ではない。

ぶっちゃけ「とらちゃん」のお肉を薬味だけで頂くのも失礼な話なのであ

る。

だから葱と胡麻の薬味は一般のお客さんには提供されずに私にだけ許され

る事のであった。

そんな感じで、一般のお客さんには昔からのお店自慢の秘伝の付けダレが

提供されるのであった。

まぁー、むっちゃ我がままと言うか、めっちゃ馴染み客だから出来ると言

うものであった。

飲み歩きをする場合必ずここに立ち寄ると言うお店もある程度は持ってお

いた方が良いと思う。


18 011


18 013


18 015


18 041


特選サーロインステーキ

先ずは最高のサーロインから。

サーロインはリブロースに続く背肉の後半部で、この二点が高級肉の双璧

である。

ロイン三点とは、リブロース、サーロイン、テンダーロインの事である。

その中でもサー(Sir)の称号を冠して、最高の肉質を誇る。

いつもの様にレアで焼いて食べた。

まったりとして非常に柔らかい。

しかも濃厚な風味を感じる。

サーロインはレアで食べるのが最も柔らかい。

よく焼くほどにタンパク質の凝固と脂肪の流失によって硬くなり、風味も

損なわれる。


18 026


18 032


18 043


タンツラ塩にんにく味

今回上塩タンは注文しなかったが、このタンツラだけは絶対に外せなかった。

言うまでもなく、タンツラもタンの一部分である。

タンはタン元、タン中、タン先、タン下の四つの部位に分かれる。

タンツラはタンを動かす一番根っこでタン下である。

他府県によっては、タンスジとかタンカルビと呼んでいる所もある。

筋肉とタンの間辺りにある為筋が多い。

その為噛むとザク、ザクと言う歯応えを感じる。

しかし直ぐに柔らかくなる。

味は濃厚で非常に甘い。

脂を楽しむ感覚だ。

特の葱の薬味との相性は抜群でとにかくビールがすすむくんになる。


18 018


18 020


18 045


特上骨付カルビ

韓国語でバラ肉をカルビといい、あばらの意味である。

カルビの代表的な部位と言えば何と言っても「ともばら」である。

バラは肋骨の周囲の腹部のお肉で、ともばらは後ろ寄りのロインに近い部

位である。

なかばらそとばらに分割する。

呼吸をする筋肉で、それに伴って横隔膜の運動を起こり、終始動いている

部位である為、その肉質はきめが粗く、やや硬めで脂肪が多い。

筋や膜が多いのも特徴である。

しかし脂肪と赤身肉が交互に層を作る、いわゆる三枚肉として知られる。

赤身の中に網目状の脂肪交雑が入り、濃厚な甘味がある。

葱と胡麻の薬味を付けて食べるとその甘味が更に増し、サーロインよりも

甘く頂ける。

今日は最高の甘さであった。

実は1月7日の土曜日に道産子コッシーと来た時に「とらちゃん」を訪問し

て初めてこの骨付カルビに対して少しクレームを付けた。

「いつもよりも甘さが軽い感じがする」という様な事を言った。

それを聞いた店長は今日はめっちゃ気合が入っていた。

いわゆる「リベンジ」であった。

だから今日のカルビは死ぬほど甘くて美味しかった。

こんなに最高に甘いカルビを食べると生きる幸せの意味を改めて気付かさ

れた。


18 025


18 046


特選ハラミ

別名、サガリと言う。

ハラミは横隔膜の全体の事を言う。

横隔膜は胸部と腹部を分ける膜の事で全周性である。

一般的なハラミはお腹側の事を言う。

しかしこの特選ハラミはサガリの事である。

横隔膜の腰椎に近い部位で、とにかく肉質は非常に柔らかい。

これほどの柔らかいハラミにめぐり会えるのはとらちゃんだけで、他店で

は考えられない美味しさである。

食べると必ずロースと間違えるであろう。

最高のハラミであった。


18 033


18 036


18 051


上ツラミ(ピリ辛味)

基本的には私は辛い物が苦手である。

しかしこのピリ辛シリーズだけは忘れた頃に食べたくなる。

まさに癖になる味わいであった。

とらちゃんにはピリ辛セットと言うメニューがある。

お肉の内容はいろいろなホルモンであった。

実はすべてのお肉をこのピリ辛の味に出来る。

しかしサーロインやカルビをピリ辛にするのは余りにももったいない。

今までいろいろなピリ辛のお肉を食べたがこのツラミが一番美味しかった。

今ではピリ辛を注文する時はツラミにする事にしている。

と言っても、何がなんでもツラミでなくてはならないとは思っていない。

ツラミも柔らかくてスパイシーな感じで美味しい。


18 038


野菜サラダ

はっきり言って私がとらちゃんで注文するお肉で硬い物は存在しない。

まさに至福の味わいなのであった。


18 027


ムコちゃんも携帯を使ってお肉の写真を撮っていた。


18 053


最後は、コーン茶で〆た。

そんな感じの焼肉の「本家 とらちゃん」であった。


18 007


この続きはまた明日。




↓ 「本家 とらちゃん」の動画です。






タンパク質を構成するアミノ酸は約二〇種類と言われ、そのうち九種類は

ヒトの体内では合成出来ないため、食事で摂らなければならない。

この九種類のアミノ酸を必須アミノ酸と言う。

タンパク質にもいろいろあるが、必須アミノ酸を効率よく含んでいるタン

パク質が良質のタンパク質である。

昨今は、なぜか植物性タンパク質食品(大豆等)もてはやされているが、

ヒトにとっては動物性タンパク質(肉魚類)の方が優れており、牛肉はき

わめて良質なタンパク質の一つである。

平均的な日本人が牛肉を十分に食べられるようになったのは、ここ四〇年

ほどの事である。

この四〇年ほどの間に、日本人の寿命は格段に延び、体格は急速に立派に

なった。

同時に抵抗力もつき、昔のように病気になりやすい体質でなくなった。

牛肉などから良質のタンパク質を摂取している事が大きく影響している。

また、牛肉は脂肪も適当に含んでいる。

脂肪の効率のよいエネルギー源として、とても重要な栄養素だ。

但し、過剰に摂取すると肥満の原因となったり、動脈硬化を促進して脳卒

中や心臓病(虚血性心疾患)を引き起こす。


18 123


先週の金曜日の夕方、あのソムリエ・ジョニーがここにやって来た。

「どうしたん」と私が聞いた。

するとソムリエ・ジョニーが「例の大阪王将の料理について調べて来まし

た」と言った。

ソムリエ・ジョニーも「Tちゃま倶楽部」のメンバーであり毎日このブロ

グをチェックしてくれている。

どうやらこのブログの1月25日の「大阪王将」の記事に反応してくれたみ

たいであった。

私は記事の中で『「大阪王将」の味は中国のどの辺りの味なのか。』と言

った言葉に反応してくれたのであった。

「自分は実際に大阪王将の本社に電話を入れました。

電話に出た受付の女性にはちゃんと自分の身分を言い、そして大阪王将の

料理に付いて質問をしました。

最初はその女性は“はー!?”って感じで戸惑っていました。

すると直ぐに係りの男性に変わりました」

私はここまでの話を聞いてめっちゃ驚いた。

何気ない一言に真剣に反応するソムリエ・ジョニーに関心すると言うか笑

ってしまうと言うか、少し戸惑ってしまった。

しかも本社に直接電話を入れるって。

そんなん今まで聞いた事がなかった。

ソムリエ・ジョニーの話は続いた。

「電話に出てくれた男性は広報部の方でした」とソムリエ・ジョニーが言

った。

そしてソムリエ・ジョニーがその時の会話を書いたメモ用紙を突然取り出

した。

「会社名はイートアンド株式会社と言いまして、代表取締役社長が文野

 直樹さんと言います。

料理に関してはある地域に限定せずに料理の内容によって使い分けている

そうです。

例えば、マーボー豆腐や坦々麺なら四川。

焼ソバの様に醤油ベースの物なら広東と言っていました。

大きく言えばその店舗の店主にある程度味は任せているそうです。

自分が聞いたのはこれぐらいです。

参考になりましたでしょうか」とソムリエ・ジョニーが言った。

この瞬間少し沈黙になった。

私は正直どう反応すれば良いのか分からなかった。

普通はネットとかで簡単に調べると思うのであるが。

それをわざわざ本社に電話を入れて、しかも広報部の人に説明をさせるな

んて。

もう唖然とするばかりであった。

そんな沈黙の中、ソムリエ・ジョニーぼそっとつぶやいた。

「最近、あの血に飢えた胃脳飢え課長がなぜか私に絡むんですよ」と言

った。

血に飢えたって。

ほんま。

しゃーけど。

ん~~。

正直あの血に飢えたやくざの胃脳飢え課長が誰に絡もうと私には全く関係

がなかった。

そんな事よりも本社に直接電話を入れるソムリエ・ジョニーの方が凄いと

思った。

もう、びっくりや!!





←ここをクリックして下さい!!



h_t_tomoto at 07:49 

2012年01月28日

  関西ウォーカーに掲載されいた







昨日の金曜日、香里園の居酒屋の「ひと酔い」と言う所のお弁当が用意さ

れた。


18 003


18 009


ここのお弁当を食べるのは全くの初めてであった。

いろいろな種類のおかずが入っていて非常に美味しかった。


18 008


ここはかなりのお薦めだと思った。


18 010


そんな感じの金曜日の夕方、あの的屋のたっちゃんがここにやって来た。


18 014


そしていつもの様にお弁当を勝手に持って帰った。


18 015


お弁当だけでなくカップ麺と爆弾も一緒に持って帰った。

こいつの生き様は本当に凄いのである。

そんな的屋のたっちゃんと今年のドーム観戦の日程について話し合った。

そしてその日程が決まった。

決まると今からドーム観戦が楽しみになる。

いよいよ来月からキャンプが始まる。

少しずつ胸の高まりを感じ始めたのを自覚して来た。



そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り申し

上げます。

それではまた来週の月曜日にお会いしましょう。

お相手はあなたの「T-SIRLOIN」でした。




fbbfc19b-s


3bed7e21-s




天下布武



織田信長が戦国の世に終止符を打つべく天下統一事業に着手し、その決意

を打ち出した時に使われた有名な言葉である。

現代的な多くの解釈は、『武家の政権を以て天下を支配する』という単純

な解釈で終わっているがそうではない。

織田信長が本当に言いたかったのは、『武の七徳を以て天下の正名を問う』

と言う事ではないだろうか。

ここで言う、武の七徳とは、暴を禁じ(暴力を禁じ)、兵を止め(戦いを

止め)、大を保ち(民衆の支持を得)、功を定め(賞罰を正し)、民を安

じ(太平を実現し)、衆を和し(争いを予防し)、財を豊かにする(貧困

の無い世の中の実現)。

又、正名を正すとは、中国の春秋戦国時代に盛行し名実論ともいわれ、名

称と実質との一致を志向する思想である。

政治の急務は名を正す事に有りと。

それが証拠に、信長が正親町天皇に働きかけて改元した年号である『天正』

の意味を考えると、正に天下の正名を問うと言う決意がこの元号に表現さ

れている。

又、美濃攻略後に五山僧である沢彦宗恩の意見をいれ、岐阜城の地である

井の口を『岐阜』と改名した。

岐阜の命名は中国の周の文王(後世、聖王と崇められ、為政者の手本と

なった)の故事『周の文王、岐山より起こり、天下を定む』とある様に、

岐山(ぎざん)に拠って天下を臨んだ事にちなんでおり、信長の志が窺わ

れる。

信長は周の聖王を理想とし様々な改革に乗り出した。

(岐阜の阜は丘の意味)

戦国時代、日本国内の様々な社会規範は崩壊していた。

比叡山焼き討ちは、後世、信長の残虐性を現す行動として名高いが、当時

の比叡山は僧兵等の武力を背景に、女犯、妾、稚児(少年愛)だけなら

ず、巨大な金貸業を展開し、独自に酒造業者に税を課し、政治にまで口出

しすると言う様に、宗教者としての本分を忘れ、荒廃は極みを呈していた。

一向宗に対する迫害も、信長側から見れば、仏に仕える身で在りながら出

家者の女犯を平然と肯定し、悪人の正機説を宗旨し、宗徒をも軍事に駆出

す。

そこには世の秩序を乱しても自らの利益を守ろうとする犯罪者集団にしか

見えなかったのだ。

残虐性だけが問われる信長だが、すべては彼の持つ青年の様な純粋な理想

の実現から来たものではないだろうか。




18 043




おまけ。



グルメ情報雑誌に「関西ウォーカー」と言う物がある。

実は私がいつもお世話になっている美容院ではこの雑誌を毎月購入してい

る。

だから私は行く度にその雑誌を読んでいる。

週末の飲み歩きをする私にとって「関西ウォーカー」は非常に参考になる。

特に焼肉店の情報には興味を持ちながら読んでいる。

我々はバファローズを応援する猛牛軍団である。

そして常に美味しい牛肉を追い求めている。

当然焼肉好きの人には自然と興味が湧いて来る。

特にそれが女性なら更に興味は深まる。

それはまさに一人でドーム観戦をしながら大声で応援している感じに思え

て仕方ない。

そう言うエネルギッシュな女性を見るとついつい見とれてしまう。

そんな自分をみると「何やかんや言うて、やっぱり俺もエロ親爺やな」と

思ったりする。

こんな私って少しキモいでしょうか。

しかしこのスーパー焼肉好きのエネルギッシュな女性。

一度で良いので是非とも焼肉の「本家 とらちゃん」のサーロインをご馳

走したいと思っている。

そしてあの葱と胡麻の薬味を付けて頂くサーロインの感想を聞きたい。

実は平成23年12月にいつもの美容院に行って来た。

その時に「関西ウォーカー」の12月号を見るとその女性が載っていた。

その事を昨日の金曜日に思い出した。

そしてその記事を写真に撮り、今日の記事ネタにしようと思った。

それで昨日いつもの美容院に電話を入れた。

すると「もう処分しました」と言われた。

仕方なかったのでインターネットで調べてみた。

グルメ雑誌に載るなんて、本当に凄いと思った。


「ここをクリック」



終わり。



18 029




←ここをクリックして下さい!!



h_t_tomoto at 06:55 

2012年01月27日

  接客の素晴らしさは昔からであった







中華料理の「大阪王将」近鉄八尾駅前店も段々と馴染みのお店になって来

た。

その後〆に向ったお店は炭火焼「八剣伝」八尾駅前店であった。


18 112


ここは丁度近鉄八尾駅の真下の高架内にある。

店内に入るとほぼ満席の状態であった。

流石は「ハナキン」だと思った。

我々は座敷の中央辺りに案内された。

そして早速注文した。

注文は、森林どりの生ハム薄造りとたたききゅうりの二品だけであった。

生ビールが運ばれて来たのでここで乾杯する事にした。


BlogPaint


乾杯ー!!

直ぐに付き出しが運ばれて来た。


18 066


付き出し

最近いろいろなブログを見る。

するとこの「付き出し」を「突き出し」と書いている記事がある。

会席料理のコースで最初に出て来る料理を「先付け」と言う。

そう考えるとやっぱり「付き出し」ではないかと考えている。

それでインターネットで【先付け】で検索してみた。




さきづけ 【先付け】
 
料理屋などで、本料理の前に酒の肴(さかな)として出す簡単な料理。

また、会席料理などの日本料理で、コースの最初に出す料理にもいう。

◇「お通し」「通し肴」「つき出し」「小付け」などともいう。




まぁー、「付き出し」でも「突き出し」でも、どっちゃでもエエのである。

と言いながら、ちょっぴり気になるのであった。

時間のある方は「つきだし」で検索して下さい。

ぶっちゃけ、この付き出しはいらん、必要ないと思っている。

注文もしていないのに、勝手に持って来て金額を加算する。

それなら自分が好きな物をもう一品注文したいのが率直な気持ちである。

おそらく多くの黄昏呑兵衛が同じ意見を持っていると思う。


18 077


18 079


森林どりの生ハム薄造り


18 070


18 072


たたききゅうり

私はもう何十年も前から「八剣伝」八尾駅前店を訪問している。

上の娘が小学校の時には家族でよく訪れたのであった。

この「八剣伝」の隣に「河内うどん」と言うお店がある。

実は「八剣伝」と「河内うどん」は小さな穴で繋がっている。

それは、「八剣伝」で注文を受けたうどんやラーメンは「河内うどん」で

作られる。

注文の品が出来上がると「河内うどん」からその穴を通って「八剣伝」に

運ばれるのであった。

つまり「八剣伝」と「河内うどん」の経営者は同じか親子でやっていると

思われた。

娘は「八剣伝」でよくラーメンを注文していた。

だから「八剣伝」と「河内うどん」の間の穴からラーメンがやって来るの

を面白そうに眺めていたのであった。

そんな思い出がある。

「八剣伝」八尾駅前店は昔から接客がめちゃくちゃ素晴らしいのであった。

それは今も頑張っているここの店主が昔からとにかく接客にはめちゃくち

ゃうるさかった。

いつも店内で「声、出せよ。感謝せーよ。喜べよー」等と叫んでいた。

だから今日も店員の接客は気持ちが良くなるほど良かった。

そんな感じの炭火焼「八剣伝」八尾駅前店であった。



これで1月20日金曜日の飲み歩きは終わりです。




↓ 炭火焼「八剣伝」の動画です。







その場の空気を察知する技術を用いる対象は二つある。



①現在に対して

②未来に対して



①は、現在目の前の状況がどの様になっているかを基点にしてそれにどう

対応したら良いかを考える事。

②は、これから行おうとしている事がどの様に展開して行くのかを予測す

る事である。

交渉ごとにしろ、会議にしろ、その場がどの様な雰囲気になっているか、

どう言う展開になるかなどはあらかじめある程度予測出来るはずである。

ここでは少し②について考えてみたい。

例えば、御意見拝聴の会なり、座談会を企画したとする。

そこでどう言う意見が出るかその場がどう言う状態になるかは出席者の経

歴などによっておよその見当が付く。

ところが、会の構成メンバーの組み合わせによっては出席者が遠慮して口

数が少なくなる様な事も起こりうる。

構成メンバーの中には声の大きい人とか強引に自説を主張する人がいると

その勢いに押されてしまったり話をする事がバカバカしくなって口をつぐ

んでしまったりする人も出て来るからである。

更に、構成メンバーの中には一人だけ年齢やキャリアの高い人がいるとそ

の人がその場をリードする様な事も起こる。

先輩後輩の関係だったり、師弟関係があったりすると後輩や弟子は先輩や

先生に花を持たせる結果に成りやすい。

つまり、あらかじめ起こりうるであろう事をこの様に読む事も場の空気を

察知する技術のうちに入るのである。

現在、起こっている状況を察知しようとする事をパッシブな立場と見るの

ならこれから起こるであろう状況を察知しようとする事はアクティブな手

法と言う事が出来る。

相手とコンタクトを取るにしても、商談を進めるにしても、このアクティ

ブな手法を用いて自分の好ましい場の雰囲気を演出して行けば大いに成果

が上がるのではないあろうか。

いつも相手や周囲の動きに自分を合わせるのではなく自分から良い雰囲気

を作る努力をして行く姿勢がないと人生がちぢこまったものになってしま

う。

パッシブな立場が結果的に仕事の良さを手に入れ様とするものであるとす

るなら、アクティブな手法は仕事の良さをこちらから演出して作って行こ

うと言う事になる。

パッシブな立場はどうしても習慣や前例や規制や常識から外れない事に

主眼を置く事になるがアクティブな手法はそれだけに留まらず何とか新し

い空気を求めようと言う意欲に支えられている。

アクティブな手法を用いる事によって達成感も生まれて来る。

ビジネスしかり恋愛しかり生活しかりである。





←ここをクリックして下さい



h_t_tomoto at 06:55 

2012年01月26日

  episode-98 「箱のビニールが開いていた」







1月17日、日本文学振興会が主催する「第146回芥川、直木賞」選考会が行

われ、田中慎弥氏(39)の「共喰い」が芥川賞に選ばれた。

同賞候補5度目で受賞した田中氏は会見で 「都知事閣下と都民各位のため

に、もらっといてやる」「とっとと終わりにしましょう」等と語った。


sha1201180506005-p1


あれは何年前になるのだろう。

朝の通勤の車の中で突然心臓が痛くなった。

直ぐに治まるであろうと思いながらそのまま職場に向った。

職場に到着しいつもの様にそのまま仕事を始めた。

しかし心臓の痛みは一向に治まらなかった。

夕方ぐらいになって少しずつ治まって来た。

この日を契機に一日に何度も発作的に動悸を認める様になった。

その後夜になると急に異様な不安感に襲われる様になった。

今思えば男の更年期障害だったのかもしれない。

インターネットで少し調べてみた。

パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ。

ゼネコン関係の私にはこれらが一体どう言う作用のあるの薬なのかは全く

分からない。

ただ必要ならばそんなに深く考えずに軽い気持ちで服用すれば良いと思う。

また服用しているからと言って悲観的になる必要はない。

あの時私は寝る前にデパスと言うものを時々服用していた。

特に辛かったのは日曜日の夕方であった。

いわゆる「サザエさん症候群」と言う奴である。

今はお陰様ですっかり元気である。

それどころか毎晩のビールが美味しくて堪らない。

人間生きているといろいろな事が起きる。

特に突然襲ってくる身体への変調には戸惑ってしまう。

そんな経験があるからではないが、そう言った人を見るとその人の気持ち

が理解出来る。

と言っても同じ傷のなめ合いをするなんて真っ平ゴメンだ。

すべてを投げ捨ててしまえば気持ちも楽になるであろう。

しかし現実的にはそうは行かない。

どこの誰にでも生活がある。

何がなんでも生きていかなければならない。

だからそう簡単には投げ出せない。

ただ思う事はたった一人で良い。

たった一人でも良いので、心を開け、信頼出来る人を作って欲しい。

しかし田中慎弥氏の記者会見は非常に特徴的であった。

何故あの様な発言をしたのか。

どうやら東京都知事の石原慎太郎氏の発言に対する反応みたいであった。



石原慎太郎氏の発言内容。

「自分の人生を反映したようなリアリティーがない。

作品に心と身体、心身性といったものが感じられない」

「苦労して読んでますけど、バカみたいな作品ばっかりだよ」



そりゃーこんなん言われたら悪態つきたくなるわな。

こんな発言をする石原慎太郎氏を知事にする東京都民にもいやみを言いた

くなったのであろう。

しゃーけど大阪もたいがいやと思うが。

私の田中慎弥氏の印象としては一緒に飲んだら結構面白いと思った。



“ 前略

 田中慎弥様

もし宜しければ美味しいとらちゃんの焼肉をご馳走させて下さい。

ご連絡をお待ちしております ”



しかし作家の世界の人間は結構変わり者が沢山いる。

我々の業界の人間も変わり者が非常に多い。

だからその周囲の者は本当に大変だと思う。

この前的屋のたっちゃんが面白い事を言っていた。

「胃脳飢えさんとTさんがコラボしたら本当に怖いものを感じますね」と。

なんじゃそりゃー!!

昨夕そんな事を考えていた。


18 115


するとあのテポドン壷屋がここにやって来た。

そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

「ところで、壷屋は最近どんな小説を読んだん」と私は聞いた。

すると壷屋が「直木賞作家の石田 衣良という人の“ブルータワー”と言

う小説を読みました」と言った。

まぁーこいつがどんな小説を読もうとも私には全く関係がないのでこの話

は直ぐに止めたった。

すると一瞬沈黙になった。

「今日はですね」と壷屋が言った。

そしてカバンから何かを取り出した。

「今日は何を持って来たん」と私が聞いた。

「今日は駄菓子を持って来ました」と言ってビニール袋を出して来た。


18 120


見るとビニール袋に入った駄菓子であった。

「今日はなんでこんなん持って来たん」と私は聞いた。

すると壷屋が「もうすぐバレンタインですので、良かったらスタッフの皆

様にと思いまして」と訳の分からない事をぬかしやがった。

「スタッフの皆様にって。それやったらもっとエエもんを持って来いや。

なんや、ビニールの袋もボロボロやし、しかもそのチョコレートの箱の

ビニールが開いているやんけ」と私が言った。


18 122


見ると、箱のビニールが開いていた。

すると壷屋は「まぁー、そんな細かい事は言わずに貰って下さい」と言い

やがった。

仕方がなかったので貰う事にした。

そして私は「なんや知らんが、これ見てたら、地蔵盆を思い浮かべるわ」

と言った。

すると壷屋はいつもの様にニヤニヤと笑っていた。



そんな今週の「壷屋のつぼ焼き」であった。




livedoorニュースを見ていると非常に気になった見出しがあった。

「料理の写真を撮るのはマナー違反」

このニュースをスタッフと読んでいた。

すると一人のスタッフが「娘がブログをやっていて、外食した時にいきな

りデジカメを取り出して写真撮影をし出す。

そんな時は“はよ、食べやー”と言いたくなる」

ブログを書いたり、ツイッターを常用したり、あるいはmixiやfacebookの

ようなSNSをしているひとや、それをよく読んだりしているひとなら違和

感を感じないが、あまりそういうことに縁のない人だと・・・同行者がい

きなりカメラやケータイを取り出し、料理を写真に納めているというのは

『非常識』に映ることがあるのだろう。

もしも飲食店での写真撮影が全国一斉に禁止になったら一体どうなるのだ

ろうか。

非常に気になったニュースであった。











←ここをクリックして下さい!!



h_t_tomoto at 07:00 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ