2012年07月

2012年07月31日

  いろいろな薬味を入れて楽しむ



中央環状線の限りなく八尾市に近い東大阪市の「くら寿司」若江店へ行って来た。


DSC08471


平日の5時半頃だったので待たずに直ぐに席に座れた。

我々は24番テーブルに案内された。

席に座ると後は食べたいお寿司を取るだけであった。


DSC08472


DSC08473


DSC08474


DSC08475


DSC08476


DSC08477


DSC08478


DSC08479


DSC08480


DSC08481


DSC08482


DSC08483


DSC08484


DSC08487


DSC08490


DSC08493


DSC08494


DSC08495


DSC08496


DSC08497


途中で赤だしを注文した。


DSC08489


最後にすーうどんと海老の天ぷらを食べた。


DSC08486


DSC08492


このすーうどんが一番美味しかった。

まぁー、回転寿司なので、そない大げさな事は言いたくない。

しかし、ぶっちゃけ、「くら寿司」よりも「スシロー」の方が美味しいと思った。

と言っても、そんなに大きな違いはないが。

そう思った、中環沿いの「くら寿司」若江店であった。






←ここを押して下さい!!

今日も押して頂くあなた様に心より感謝致します。

お返しに私も必ず投票致します。

今日もありがとうございました。






儚い(はかない)

「儚」という漢字は、もともと、くらい、迷うという意味で、

はかないという意味ではない。

それを「はかない」と読みだしたのは、日本人である。

「はか」とは、目当てや物事の進み具合の事。

そして「はかない」は、そうした目当てや物事が順調に進まないという意味。

人の夢と書いて「はかない」……。

夢が順調に進まないのは、当然と言えるかもしれない。

むなしい事、あっけなく消えてしまう事ではない。

障害を乗り越えて、夢をかなえた人は沢山いる。

諦めてしまったから儚くなってしまったのである。

人が思い描く夢に、初めから儚い夢なんてないはずだ。






毎日が本当に暑い。

こんなに暑いとどうしても冷たい麺類が多くなる。

そんな感じで名城の冷やし中華をスーパーで買って来た。


DSC08941


早速作った。

玉子、ハム、きゅうりをトッピングした。


DSC08943


DSC08945


冷えた冷麺は本当に美味しかった。

韓国冷麺にはお酢、冷やし中華にはからし、素麺にはわさびを入れて食べている。

その他にも、紅生姜、キムチ、梅干し、しそ、みょうが等々。

冷たい麺類にいろいろな薬味を入れて楽しむのもこの時期ならではなのだ。




h_t_tomoto at 06:49 

2012年07月30日

  ちょっと舐めていた



突然、焼肉の塩タンと韓国冷麺が食べたくなった。

それで焼肉の「のて」八尾店へ行く事にした。


DSC08608


店内は結構広々としていた。

我々は中央辺りの壁際の席に案内された。

早速注文した。

注文は、薩摩黒牛のロース×一人前、特選タン塩焼×二人前、国産牛のロース×一人

前、韓国風おにぎり×一皿、韓国冷麺のレギュラー×一皿とハーフ×二皿であった。


DSC08610


DSC08611


DSC08612


特選タン塩焼

このタンは想像以上に美味しかった。

焼肉「とらちゃん」でいつも食べているタンと結構ええ勝負をすると思った。

それぐらい美味しかった。

何かの試合をする時に「まぁー、こんなもんやろう」と舐めてかかって実際戦ってみ

ると相手が結構強くて驚く事がある。

そんな感じになった。

正直、ちょっと焼肉の「のて」を舐めていた。


DSC08609


DSC08617


DSC08618


薩摩黒牛のロース

一人前が180gもあり、しかも通常2,880円が1,680円とお安くなっていた。

このロースの味わいも結構行けると思った。

ぶっちゃけ、美味しかった。


DSC08624


DSC08627


DSC08626


国産牛のロース


DSC08614


DSC08615


韓国風おにぎり


DSC08620


DSC08623


韓国冷麺

実は焼肉の「のて」の訪問は今日で2回目であった。

前回来たのはかなり前だったのでいつかは忘れてしまった。

とにかくめっちゃ久しぶりの焼肉の「のて」八尾店であった。

久しぶりであったがめっちゃ満足した。

この味わいなら今後も引き続き利用したいと思った。



そんな感じの焼肉の「のて」であった。






←ここを押して下さい!!

今日も押して頂くあなた様に心より感謝致します。

お返しに私も必ず投票致します。

今日もありがとうございました。






挨拶(あいさつ)

「挨」も「拶」も、押すとか、迫るという意味を持っている漢字。

禅宗では、「一挨一拶(いちあいいつさつ)」と言って、打てば響く様に

問答を繰り返す事で、悟りの深さをはかるのである。

これが挨拶の由来。

すさまじい迫力で問答を繰り返す事によって、自分の未熟さを知り、

また、修行に励んだのであろう。

私達が日常交わしている挨拶にも、それぞれ意味がある。

「おはよう」「こんにちは」「さようなら」……。

それぞれ、相手をねぎらったり、気遣ったり、無理を祈ったりする気持ちが

込められている。

打てば響く様に気持ち良く交わせ挨拶も、自分磨きの一歩なのかもしれない。






この前おうちに帰ると長女がオムレツを作ってくれていた。


DSC08630


DSC08631


DSC08634


これがもう最高に美味しかった。

実はこの前、長女が自動車の運転免許書を取得した。

門真自動車運転免許試験所で取得したのであった。

これで長女も立派なドライバーである。

ドライバーと言っても、ゴルフのドライバーではない。

悪しからず。。。(しょーもないギャグであった…ニコニコ)




h_t_tomoto at 06:48 

2012年07月28日

  カップ塩ラーメン歴代No.1の復活



右手はお箸、左手はお茶碗。

そんな感じで、暑いので「石丸製麺」の通販で買った「つけ麺」という細いうどんで

冷やしうどんを作った。

せっかくだったので、少しだけ牛肉を焼肉のタレで焼いた。


DSC08899


DSC08901


DSC08903


うどんと一緒に牛肉を食べる。

最高の食事でめっちゃ美味しかった。

これでスタミナ、バッチ・グー!!






昨日の昼食に用意されたお弁当は都島区の「かどや」というのお弁当屋さんの物であ

った。


DSC08746


DSC08749


DSC08753


DSC08754


DSC08752


お弁当は「洋風 華御膳二段(カンナ)」であった。

洋風二段弁当で、ポークステーキ、ロールキャベツ、若鳥のトマトソース煮込み、

サーモンフライタルタル、アスパラベーコン、ポークソーセージ、海老サラダ、

酢の物、ご飯であった。

上品な感じでかなり美味しかった。

そうこうしていると、昨夕、あの的屋のたっちゃんがここにやって来た。


DSC08757


的屋のたっちゃんは、ここに来る度にめっちゃ焦っている。

そして、今日も素早く、お弁当と爆弾とカップ麺をパクって行きやがった。


DSC08758


こいつの早業には本当に驚いてしまう。






この前ジャスコで寿がきやの「至極の塩」というラーメンを買って来た。

どうやら、寿がきや食品創業50周年を記念して、カップ塩ラーメン歴代No.1であった

『至極の塩ラーメン』の復活みたいであった。


DSC08907


早速お湯を注いで作ってみた。


DSC08909


せっかくだったので、海老、帆立の貝柱、焼豚、コーン、葱、梅干し、半熟玉子を

トッピングした。


DSC08910


DSC08913


DSC08914


DSC08916


そして、食べた。

これが、もーう。


(゚Д゚)旨~~い!!(゚Д゚)旨~~い!! 

むっちゃ旨い――!!

スーパーめちゃくちゃ旨い!!


であった。

非常に優しい味わいで真剣に美味しかった。

本物の塩ラーメンを食べている感じがした。

相合橋筋に「小洞天」という塩ラーメンの美味しいお店がある。

そのお店に匹敵するぐらいに美味しかった。

もう一度食べたいと思った。

その時はトッピングなしでそのまま食べる事にする。






豚のバラ肉を生姜焼風に炒め、玉子一個を加えて丼の具を作った。

とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC08823


そして豚のバラ肉の具と半熟玉子を乗せた。


DSC08825


DSC08827


DSC08829


DSC08832


そして、食べた。

これが、もーう。


(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

めっちゃ旨~~い!!

スーパー旨いー!!


であった。






豚肉のアスパラ巻き×6個を玉子焼きの上の乗せてあんをかけて具を作った。


DSC08833


とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。

豚肉のアスパラ巻きを乗せた玉子焼きと半熟玉子御飯の上に乗せた。


DSC08835


DSC08843


DSC08844


DSC08847


そして、食べた。

これが、もーう。


(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

めっちゃ旨~~い!!

スーパー旨いー!!


であった。

とろみの出汁と玉子が絡んでが非常に美味しかった。






ほっけの身と若鳥の唐揚と小海老を用意した。

とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC08855


ほっけの身と若鳥の唐揚と小海老と半熟玉子御飯の上に乗せた。


DSC08856


DSC08859


DSC08860


そして、食べた。

これが、もーう。


(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

めっちゃ旨~~い!!

スーパー旨いー!!


であった。





7月25日の水曜日、京阪香里園駅前の中堅ゼネコンで「第4回 設計図研究会」という

セミナーがあった。


DSC08867


そこに私も参加した。

この会は年3回行われ、今回で4回目であった。

勿論、私は第1回目から参加している。

集まった人数は約30名ぐらいであった。

セミナーは7時半から始まり9時ごろ終了した。

その後、場所を移動し簡単な懇親会があった。

懇親会が行われた場所は京阪香里園駅前の「ドラゴンダイニング」と言う中華料理店

であった。


DSC08868


香里園駅前でのこのセミナー後の懇親会は必ずこのお店を利用するのあった。

参加者全員が席に着くととりあえず乾杯があった。

「この会の今後の益々の発展を祈願し、乾杯したいと思います」と言う感じで乾杯が

あった。

私の横に私が常に尊敬する中堅ゼネコン社長のY先輩が座っていたので二人で乾杯

をする事にした。


DSC08870


乾杯ー!!

後はビールを飲みながら、中華料理を食べながら、ワイワイ・ガヤガヤと歓談するだ

けであった。


DSC08871


DSC08872


DSC08873


これら以外にも沢山の料理が運ばれて来たが途中で撮影を控えた。

料理の味はわりと美味しかった。

歓談は盛り上がっていたが私は一時間ほどで家に帰る事にした。

そんな感じの香里園駅前でのセミナーであった。




土用の丑の日(どようのうしのひ)は、やっぱり「鰻」



DSC08876


DSC08880


DSC08882


しかし、本当に鰻が高くなっていた。

味は普通であった。





そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り申し上げます。

それでは来週の月曜日にまたお会いしましょう。

お相手はあなたの「T-SIRLOIN」でした。






←ここを押して下さい!!

今日も押して頂くあなた様に心より感謝致します。

お返しに私も必ず投票致します。

今日もありがとうございました。






津々(しんしん)

「津」と言う字を「つ」と読めば、船着場と言う意味。

「津々浦々(つつうらうら)」は、いたる所の港や海岸と言う事から、

全国と言う意味で使われる様になった。

これを、「しん」と読めばどうなるだろうか。

実は、「津」には、唾と言う意味もある。

「津々」は唾を次々と湧き出してくる様子。

興味津々と言えば、唾が湧く様に、次々と興味が湧いて来る事であった。

緊張して「固唾(かたず)」を飲んだり、欲しい物を見て「生唾」を

飲み込んだり……。

唾も心の状態を表すもの。

それも、自分の意志でコントロール出来ない事である。

意識しないでも、次々に興味が湧いて来る事の中に、

あなたが本当にするべき事があるかもしれない。




h_t_tomoto at 06:42 

2012年07月27日

  タバコを飲み込むぐらい吸う



お好み焼の「鶴橋風月」鶴橋店の接客は余りよろしくなかった。

だから、もう二度と訪問しないと誓った。

その後気分転換にもう一軒行く事にした。

そんな感じで立ち寄ったのが「正宗屋」鶴橋店であった。


DSC08720


DSC08721


店内に入ると結構空いていた。

私は一番奥のカウンター席に座った。

早速注文した。

注文は、おでんで、揚げ、ちくわ、玉子であった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯する事にした。


DSC08723


乾杯ー!!


DSC08724


DSC08725


DSC08727


おでん

味は普通の安心の味わいであった。

特にこれっていうコメントをするほどの物ではなかった。

生ビールを運んでくれたのはわりと若い男子店員であった。

この店員は当たり前の様に店内の接客とかをする。

この店員が私に生ビールを運んでくれた瞬間、カウンター越しで。

なんと私の目の前で。

なんと、なんと!!

タバコを吸い始めた。

この光景にはさすがの私も驚きを隠し切れなかった。

ほんまにびっくりした。

考えられへんかった。

なんぼ立ち飲みの様な居酒屋でも客の前でカウンター越しでタバコを吸うなんてあり

得ない事であった。

こんなん絶対に許されへんかった。

と言うか、このお店は店員に一体どんな教育をしてんねんと思った。

それで私は少し大きな声で「おー、この俺はタバコを吸えへんねんけどな」と言った。

するとその店員が「じゃー、消しましょうか」と言った。

「いや、消さんでもええ。

もっと吸い続けたらええから。

なんぼでも吸え。

ええから、ええから、吸え、吸え!!

なんやったら、タバコを飲み込むぐらい吸ったらええねん!!」と私が言った。

するとその店員はタバコを消す事なく呆然と立っていた。

そしてその店員が「この前も来ていましたね」と言った。

私は「おー、この前も来てたよー。

だから、今日も、来た。

これからも、ちょくちょく来るつもりや!!

なんやったら、毎日来たろかー!!」と言った。

その言葉でその店員は明らかに動揺していた。

ん~~っ!!(遠い目)

ちょっと考えるよな。

ホルモンの鶴橋「空」はめちゃくちゃ愛想が良かった。

お好み焼の「鶴橋風月」鶴橋店はめっちゃ無愛想であった。

そして居酒屋の「正宗屋」鶴橋店では堂々と客の前でタバコを吸いやがる。

この事を的屋のたっちゃんに話した。

すると的屋のたっちゃんが「もう、そんな店は行かない方がいいですね」と言った。

ん~~っ!!

今後は焼肉の「とらちゃん」を出た後の飲み歩きは別の場所でする事にした。

もう鶴橋界隈はええわ。

この辺での飲み歩きは、もう、や・ん・ぺ!!


DSC08729


そう思った、居酒屋の「正宗屋」鶴橋店であった。



タバコの件があった後の動画撮影だったので口調がめっちゃ荒くなってしまった。






↓ 居酒屋「正宗屋」の動画です。







←ここを押して下さい!!

今日も押して頂くあなた様に心より感謝致します。

お返しに私も必ず投票致します。

今日もありがとうございました。






敵役(かたきやく)

敵(かたき)の「かた」は、片方の「かた」

「き」は人とか男と言う意味の古語。

つまり、もう片一方の人と言う意味で、昔は結婚相手の事を「かたき」と言っていた。

「敵」という漢字は打ち合うと言う意味の旁(つくり)と、

正面から向き合うという意味の字から出来ている。

正面から向き合えるのは、自分と釣り合った相手。

元々は、自分と対等な相手と言う事で、自分に向かったり、

害を与えたりする人と言う意味ではない。

自分と対等な相手だから、腹も立つであろう。

でも、あなたを一番、成長させてくれるのは、そんな相手である。

敵役は、もう一方の自分だと思ってみては如何であろうか。






多くの人は甘える事で相手に束縛されると言う事に気が付いていない。

甘えているからこそ、何らかの事情があって周囲から切られたりすると孤立してしま

うのである。

でも、それは孤独ではない。

孤立と言う意味では、本来人間は孤独なのである。

孤立だからと言って、孤立している訳ではない。

自分が孤立であると意識できる人は、友達や家族ときちんと付き合って行く事が出来

る。

他人に甘えずに自立しているからだ。

自分は孤独であると言う所から出発する事によって、そこからいろいろな人と新たな

連帯を築いて行く事が出来るのである。

しかも自分が作った関係だから、その関係は束縛ではなく自由なものなのである。

孤独に耐えられるかどうかと言う事では、その人の性格の問題が大きく左右する。

人と一緒にいる方が楽しいタイプと、一人でいる方が楽しいタイプがある。

人と一緒にいないと寂しいと言うタイプは「愛情乞食タイプ」であり、一人でいる方

が楽しいタイプは一匹狼的な「ジジイー・タイプ」だ。

ジジイーは、孤独でいる事は平気であるが、その代わり人と付き合うのが下手だった

りする。

愛情乞食は人と付き合うのは上手いが、一人でいると寂しくなってしまう。

しかし、たとえ愛情乞食タイプの人でも孤独の寂しさに耐えられないと言う事はない

はずなのだ。

その人なりの世界を持っていれば、一人でいてもやりたい事はいくらでもあるはずで

ある。

いぜれにしても、自分が孤独でいられると言う事を前提にして、その上で友達を作

って行けばその関係は拘束にはならない。

一人一人がもう少し自分と言うものを確立する事が出来れば、もっと違ったものにな

る。

その意味では、孤立する事を恐れるのではなく、孤独に耐えられる自分を確立しなけ

ればならない。






スーパーハヤシで「大阪鶴橋 徳山冷麺」を買って来た。


DSC08800


早速作ってみた。

せっかくだったので、ゆでたまご、焼豚、キムチをトッピングした。


DSC08819


DSC08821


この時期、冷麺が本当に美味しい。

いろいろな韓国冷麺が市販で売られている。

私はこの「大阪鶴橋 徳山冷麺」が一番美味しいと思っている。

ただ難点は麺をほぐすのに凄く手間がかかる。

これさえなければと思った。




h_t_tomoto at 06:41 

2012年07月26日

  episode-122 「チョコレート色のタオル」



20日の金曜日、日本プロ野球の選手会がWBCへの不参加を表明した。

わたくし個人としては非常に残念である。

過去2度の優勝は多くの国民に大きな勇気と希望をもたらした事は言うまでもない。

勿論私もそれを受けた一人だ。

最大の問題点は、分配金の不公平さだと言われている。

その内容は、日本は利益の13%。

アメリカが66%を吸い上げている。

他国は残りの21%を細々と分け合っている。

一方、日本企業の大会へのスポンサー料もかなりの割合で支払われている様だ。

記者会見で新井会長は決議の理由について「スポンサー権や(グッズ販売などの)ラ

イセンスは日本代表の権利であるにもかかわらず、戻ってこないことに尽きる」と述

べた。

五輪では認められていたスポンサー権などの譲渡や、日本企業のスポンサー料の割合

に比べて少ない利益配分の是正などの要望に対し、主催者側から「何の返答もなか

った」ことを問題視した。

まぁー、言えば、アメリカという飲み屋で日本人がおもいっきりぼったくられている

感じであろう。

まさに「ぼったくりWBC」なのである。

そう考えると、こんな大会はさっさと止めれば良い。

一方で「プロ野球選手というのは、ファンの応援や期待にどう応えるか。

出なくちゃいけない。

あの舞台は選手を大きくする」と話すプロ野球OBがいるのも事実である。

ただ、このWBCに参加した多くの選手はそのシーズンを棒に振る事が多い。

いかにこの時期のコンディション作りが難しいかが理解できる。

今後WBCへに不参加が正式に決定すれば一番問題になるのが現在使われている統一球

の取り扱いであろう。

もうWBCへ参加しないのであれば統一球を使い続ける意味が全くなくなる。

すると今まで通り飛ぶ球が使用される。

そうすると再びバッター有利な野球になる。

どちらかと言うと日本のプロ野球ファンは得点が多く入る試合を望んでいる。

だから以前の様な飛ぶボールで沢山ホームランが出る試合を見たいと思っている。

ぶっちゃけ、私もT-OKADAがガンガンにホームランを打つ試合が見たいのである。

こらからどうなるのか。

昨夕、そんな事を考えていた。

すると、あのテポドン壷屋がここにやって来た。


DSC08850


そして「お疲れ様」と言って勝手に私の横に座りやがった。

私が「WBC不参加をどう思う」と聞いた。

すると壷屋が「WBCって、私は、便秘で、困っているって言う略ですか」と訳の分か

らない事をぬかしやがった。

この瞬間、一瞬だけ沈黙になった。

私は心の中で“こいつは一体なに考えてんねん! アホんだらめ!!”と叫んでいた。

「今日はですね」と壷屋が言って鞄から何かを取り出した。

それで私が「今日は何を持って来たん」と言った。


DSC08851


見ると、緑色の箱であった。

それで私が「それはなんなん」と聞いた。

すると壷屋が「実は、入浴剤とタオルが入っているんです」と言って中身を見せてく

れた。


DSC08853


見ると、箱の中には入浴剤と茶色のタオルが入っていた。

それで私が「入浴剤はええけど、茶色のタオルは違和感があるな」と言った。

すると壷屋が「これは茶色ではありません。チョコレート色です。

この時期、汗を一杯かくので、これでゆっくりとお風呂でも入ってもらおうと思いま

して」と言った。

「これは有り難い。しかしチョコレート色って。珍しい言い方やなー」と私が言った。

壷屋が「もし宜しければ、このチョコレート色のタオルを持って京セラドームでバフ

ァローズの応援をして下さい」と言った。

「そんなん、チョコレート色のタオルなんか使えるかー」と私が言った。

「じゃー、今度京セラドームへ行ったら、私が使います」と壷屋が言った。

「まぁー、お好きな様になんでもやってくれ。

しかし、この茶色のタオルを使って応援したら目立つで」と私が言った。

すると壷屋が「このチョコレート色は、別名、ウ〇〇色ともいいます」とぬかしやが

った。

ったく!!


そんな今週の「壷屋のつぼ焼き」でした。






おまけのお話……。

この前、ゲゲゲの壷屋とうちの会社の前で待ち合わせをした。

私は何となく不安になったので前日壷屋に携帯を入れた。

「もしもし、明日、よろしくね」と私が言った。

壷屋は「ええ、分かっています。

待ち合わせの時間は3時半でしたね」とぬかしやがった。

それで私は少し語気を荒げながら「誰が3時半って言うたんや。

1時半やんけ」と言った。

すると壷屋は「すいません。1時半でした。

メモには13時半と書いていましたが、その3という字しか見てませんでした。

それで3時半と言ってしまいました」と言いやがった。

それだけではない。

「地下鉄堺筋線の日本橋駅の改札口前やで」と私が言った。

すると壷屋が「そこは地下ですか」ってぬかしやがった。

それで私が「地下鉄やねんから地下に決まってるやろーう!!」と言うたった。

そして「だいたい、日本橋に、上に走っている電車なんかないやんけ。

近鉄も千日前線も堺筋線も、みんな、地下やんけー!!」とどなたった。

ったく。

ほんま、真剣、頼むでー!!……と思った。






←ここを押して下さい!!

今日も押して頂くあなた様に心より感謝致します。

お返しに私も必ず投票致します。

今日もありがとうございました。



鹿威(ししおどし)

「しし」とは、けもの一般をさしている言葉。

肉の事を「しし」と言った事から、主に、肉を食用にした猪や鹿をさす。

「鹿」の漢字を当てているもの、そう言った事からである。

田畑を荒らすけもの達を追い払う為に作られた添水(そうず)、鳴子(なるこ)、

威し銃(とどしじゅう)など、すべてを鹿威と言う。

日本庭園などで聞かれる、水を通した竹筒が石を打つ音。

これは、本来は、添水と呼ばれるもので、僧都とも書く。

静かな空間に、コン……コン……と刻むリズムは、心地よい安らぎを

かもし出してくれるものである。

こんなに優しい音で、けものを追い払ったなんて、心のゆとりを感じる。

自然と共存していた人々だからこそ、

こんなに自然に溶け合う音を作り出せたのであろう。






ジャスコへ行って、刺身の盛り合わせと天ぷらの盛り合わせと焼き鳥を買って来た。


DSC08765


DSC08768


天ぷらの盛り合わせ


DSC08769


DSC08773


焼き鳥

実は、うちの家にはお寿司なんかを入れる大きな桶がある。


DSC08775


大きな鯛が一匹軽く入る大きさである。

せっかくだったので、刺身の盛り合わせは大きな桶の中で盛る事にした。


DSC08779


刺身の盛り合わせ


DSC08785


やっぱり器が立派だとスーパーで買って来た刺身も美味しそうに見える。

実際、結構美味しかった。


DSC08776


だた、何となく大浴場でポツンと一人だけ湯船につかっている感じで寂しさを感じた。






吹き出る怒りを抑えて歩く男は

かすかに足を引きずって

彼は何を失ったというのか

塩は白く手に溢れているのに


この国の血ぬられた歴史は

暁の月のように淡くなってしまっている

いま 異邦人のわたしの足下で

泥にまみれた塩が噴く

泥にまみれた塩の結晶が わたしに残された




h_t_tomoto at 06:44 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ