2013年02月

2013年02月28日

  episode-150 「手書きで鶏ガラスープの素と書かれていた」



憲法改正。

憲法論議が高まっているが、改正に向けて大きく近づいたという確信はなかなか生ま

れてこない。

改正には大変やっかいな手続きが必要だからだ。

そこで、憲法九六条の「改正手続き」の改正を、まず突破口としたらどうかという

意見が出始めている。

通常の立法手続きで改正できる憲法を「軟性憲法」、特別に厳格な手続きが必要な

ものを「硬性憲法」という。

日本国憲法は“不磨の大典”といわれてきたように、世界でも“硬性度”の高い憲法

とされている。

改正には、発議、承認、公布の三つの手続きが必要だ。

各議院の総議員の三分の二以上の賛成で国会が発議し、国民投票で過半数を得れば

承認され、天皇がただちに公布する-というものである。

憲法の条文ではそうなっているのだが、それぞれの意味合いがどういう趣旨なのかは、

国会法などにもまったく規定はない。

そのため、いろいろな疑問が浮かび上がっているのが現状である。

日頃からいろいろな案件を取り扱っている。

なにか出来事があったから、その方向性を変える必要がある。

いじめがあった学校は勿論その方向性は変えなければならない。

戦後の日本は、なんやかんやと平和を維持して来た。

「平和ボケ」と何十年も前から言われ続けられながらも平和を堅持して来た。

つまり、今の所、なにかあった訳ではない。

常日頃から言っている様に、この国は保守でなければならない。

しかし保守だからと言って、今直ぐに憲法改正をしなければならないと言う事にはな

らない。

ここで、右傾化と保守は同じものではない。

また、右傾化と保守をごっちゃにして議論してはならない。

憲法改正が反対や賛成で直ぐに右や左と言うのも間違っている。

いろいろな意見はあるのは事実だ。

ただ単純に思うのは、そんなに慌てて憲法改正をする必要があるのだろうか。

昨夕、そんな事を考えていた。

すると、あの放置自転車の壷屋がここにやって来た。


DSC02109


そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「憲法改正についてどう思う」と言った。

すると壷屋が「そうですね、いよいよ日本もTTP参加ですね」と訳の分からない事を

ぬかしやがった。

それで私が「確かにTTP参加は話題やけど、俺、今、そんな話してへんやんけ!」と

言った。

すると壷屋はニヤニヤ笑いながら「最近の話題ですから」と言った。

この瞬間、沈黙になった。

私は心の中で“こいつのドタマは一体どないなってんねん! アホんだらめ!!”と

叫んでいた。

「今日はですね」と壷屋が言ってカバンから何かを取り出した。

それで私が「今日は何を持って来たん」と言った。


DSC02110


見るとウエットティッシュであった。

しかも箱には手書きで「鶏ガラスープの素」と「S製作所」と書かれていた。

この意味がよく分からなかった。

「このウエットティッシュでパソコンの掃除はできんのん」と私が聞いた。

「パソコンの周りは可能ですが、液晶画面には使用できません。

おてふきや汗拭きと言った一般的な感じで使用して下さい」と壷屋が言った。

それで私が「終わった後のあそこには使われへんのか」と聞いた。

すると壷屋が「あそこって、どこですか」とぬかしやがった。

その瞬間、沈黙になった。



そんな今週の「壷屋のつぼ焼き」でした。







春告草(はるつげぐさ)

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ (服部嵐雪)

「春告鳥」は鶯(うぐいす)、「春告魚」は鰊(にしん)、

そして、春告草といえば梅のことです。

また、「好文木(こうぶんぼく)」ともいわれ、学問の象徴でもありました。

香りが良いので匂草(においぐさ)、香栄草(かばえぐさ)。

一年のうちででいち早く花を咲かせるので「花の兄」。

春風を待つので「風待草(かぜまちぐさ)」ともいいます。

雪も似合うし、鶯とは名コンビで、万葉集には桜よりも多く詠まれています。

昔から、「桜切るばか 梅切らぬばか」といわれるほど、

梅は枝を切れば切るほど、活力が増していくのだそうです。

あのたくましい枝ぶりは、その生命力の表れなのですね。

美しいだけではなく、遠い昔から、

わたくしたちに勇気を与え続けてくれる花……。

そして、一輪ごとに春を呼んでくれる花です。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!








ある日の晩御飯。


DSC01787


DSC01788


DSC01789


DSC01790


DSC01791


DSC01792


DSC01793


玉子の料理が美味しかった。







冷凍のラーメンの麺を買って来た。

早速ラーメンを作ってみた。

家に鶏ガラスープの素があったので、塩味にして食べた。


DSC01774


DSC01776


DSC01777


これが、もーう!!

旨~~い!!

であった。








枚方市にちょっと用事があった。

少しお腹が空いたので、ジョリーパスタ・枚方店でランチをして来た。

注文は、ほうれん草とベーコンのパスタであった。


DSC02223


DSC02225


DSC02227


DSC02228


ほうれん草とベーコンのパスタ

極々普通に頂けた。

まぁー、美味しいとか不味いとか、そんな大げさな事を言うほどの物ではなかった。

ぶっちゃけ、このレベルならおうちでも作れるのであった。




h_t_tomoto at 06:56 

2013年02月27日

  焼時間が結構早かった



近江牛焼肉「近江屋本店」の上シリーズのお肉は本当に美味しかった。

その後向かったお店は「とりや 富衛門」八尾店であった。


DSC01931


DSC01932


店内に入るとわりとお客さんが入っていた。

我々は手前のテーブル席に座った。

早速注文をした。


DSC01938


注文は、たれ串盛り合わせ(5本)(ねぎま、もも、きも、こころ、つくね)と

しお串盛り合わせ(5本)(せせり、砂ずり、かわ、なんこつ、さんかく)であった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC01933


乾杯ー!!

10分ほど待っていると注文した焼鳥が運ばれて来た。


DSC01934


DSC01935


DSC01936


DSC01937


DSC01939


DSC01940


DSC01941


DSC01942


八尾には「えんや」と言う焼き鳥屋がある。

ここの焼き鳥は、ぶっちゃけ美味しい。

しかし、焼き時間には結構待たされる。

おそらく30分以上は待たされた様な気がした。

イラチの私にはこの待ち時間が耐えられない。

だから「えんや」は美味しいけど待たされるからそんなには行かない。

しかし「とりや 富衛門」の焼時間は約10分ぐらいで結構早かった。

「とりや 富衛門」の焼き時間の早さは私の性格にマッチしていると思った。

そして味。

私の中では日本橋の「とり鹿」が大阪No1だと思っている。

ひょっとしたら「とりや 富衛門」は日本橋の「とり鹿」に継ぐぐらいの味かもしれ

ないと思った。

ぶっちゃけ、愛将軍の嫁が薦める「あいだ」よりも美味しいと思った。

また焼き鳥とは別にここのマスターが物凄くジェントルマンって感じのソフトな口調

で会話をしていて気持ちが良かった。

この日はキモとハートがめちゃくちゃ美味しかった。



そんな感じの「とりや 富衛門」八尾店であった。





↓ 「とりや 富衛門」八尾店の動画です。









憩(いこい)

ここらでちょっと一息

「いこう」とは息をつぐことです。

「息う」とも書きました。

息をしているということは、生きているあかしですね。

「生く」の名詞形が、「生き」つまり「息」となったのだそうです。

「息」という言葉からさまざまな言葉が生まれました。

「息吹」も息を吹くことからきた言葉。

そして、「急ぐ」も「息せく」が変化した言葉だそうです。

急ぐ時は息がはあはあするから、

その「急ぐ」ような状態のことを忙しいというようになりました。

ところで「忙」という漢字は、心を表すりっしんべんに、亡くすと書きます。

あなたの心は生きていますか。

憩のひと時を持つことは、とっても大切ですね。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

一杯、押して下さい!!








鶏の骨付きもも肉の照焼きを作った。


DSC01735


DSC01736


骨付きのもも肉ってなんでこんなに美味しいのかと思ってしまう。







「万代」八尾店で中トロと鯛の切り身を買って来た。


DSC01741


DSC01740


そんな感じで、早速刺身を作った。


DSC01742


DSC01743


DSC01744


マグロに関しては、この辺では「万代」が一番美味しいと思っている。

刺身を食べながら、揚げ物も一緒に食べた。


DSC01737


DSC01738


刺身を食べながらの揚げ物。

まさに、居酒屋気分であった。





切り身の事を「さく」と呼ぶ。

これはソムリエ・ジョニーに教えてもらった。

その「さく」を切った物が勿論刺身になる。

ソムリエ・ジョニーはなんでも知っているのだ。

そんなソムリエ・ジョニーが「そう言えば、自分がろってんさんに初めてお会い

したのは昨年の今頃でしたよ。

ろってんさんは、今、どーうされているのですか」と言った。

それで私が「今は、不感症と言うお店で立ってはるわ」と言った。

「ふ、ふ、不感症ですか。

感じないのですか」とソムリエ・ジョニーが。

「ゴメン、ゴメン、間違った。不眠症やったわ!!」と私。

「ふ、ふ、不眠症ですか。

それも、また、凄いネーミングですね」とソムリエ・ジョニー。

私が「と言うか、ろってんさんが、どうしたん」と言った。

するとソムリエ・ジョニーが「また、ワインでも持って、会いに行きませんか」と

言った。

特に断る理由がなかったので今週末ぐらいにでも行こうかと思った。

しかし、予定は未定。

どうなる分からないが。。。(遠い目)

その前に、とりあえずの焼肉かなー???






924d313b76a7c8943b166a6262ea22a7




h_t_tomoto at 06:55 

2013年02月26日

  上シリーズは結構美味しい



新世界の串かつ「横綱」はそれなりに美味しかった。

その後私は的屋のたっちゃんと二人でタクシーに乗って近鉄八尾駅前まで移動した。

そして向かったお店は近江牛焼肉「近江屋本店」であった。


DSC01928


DSC01927


店内に入るとわりとお客さんが入っていた。

我々は中央辺りの窓際のテーブル席案内された。

早速注文をした。


DSC01916


注文は、上塩タン、上ロース、上カルビであった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC01919


乾杯ー!!


DSC01920


DSC01921


上塩タン


DSC01923


DSC01924


上ロース


DSC01925


上カルビ

ぶっちゃけ、近江牛焼肉「近江屋本店」の並のお肉は硬くて美味しくない。

しかしこの上シリーズに関しては結構美味しい。

実は、的屋のたっちゃんはその並肉しか経験したいなかった。

だから私が「近江屋に行こう」と言った時、たっちゃんはちょっと躊躇していた。

そんな的屋のたっちゃんが「今日のお肉はめちゃくちゃ柔らかくて美味しいです。

これなら行けますね。

前の食べた時とは全然ちがいますね」と言ってお肉の美味しさに驚いていた。

繰り返すが、近江牛焼肉「近江屋本店」で美味しいお肉を食べたければ上シリーズを

注文して欲しい。

余りそこまで望まないのなら並肉の食べ・飲み放題をお薦めする。

と言っても、並も決して不味くはないのでご安心を。



そんな感じの近江牛焼肉「近江屋本店」であった。



この続きはまた明日。






↓ 近江牛焼肉「近江屋本店」









遠慮(えんりょ)

心と行動の関係

もともとは、遠い将来まで見通してよく考えるという意味でした。

「深謀遠慮」(しんぼうえんりょ)も、

「遠慮なければ近憂あり」も、この意味の遠慮です。

遠い先のことまで配慮していると、すぐに行動に移らなくなることから、

態度を控えめにするということになっていったそうです。

行動だけ残って、本来の思いはどこかへいってしまったわけですね。

こういうことはよくあります。

悲しいと思っていても、身体を動かしているうちに元気になる。

つらいと思っていても、無理に笑っていると明るくなる……。

遠い先を見ている視線が、目先にちぢこまってしまっては、

自分の心まで見失ってしまいそうです。

もう一度、視線を遠くに戻してみませんか。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!








最高級のサーロインを買って来た。

おそらく私が食べるサーロインで一番だと思う。


DSC01746


DSC01747


DSC01748


DSC01752


DSC01754


このサーロインは真剣に美味しい。








「万代」八尾店に買い物に行って来た。

どうやら万代は創立50周年みたいであった。

その記念に会わせて「50周年記念弁当」みたいな感じの弁当が売られていた。


DSC02063


せっかくの50周年だったので買ってみた。


DSC02064


DSC02065


この値段にしてはめっちゃゴージャスであった。

これは真剣にお薦めだと思った。

注意……。

この「万代設立50周年記念弁当」的なお弁当は関西圏のどこの万代でも売っています。

勿論、楽音寺店でも売っています。

この辺、ヨロピク……なのだ。(@_@;)





Tちゃま倶楽部の愉快な仲間へ。。。

早速、近くの「万代」に行って、「万代設立50周年記念弁当」的なお弁当を買って、

食べて欲しい。

絶対に後悔しないであろう。

きっと、得した気分になると思うぜー!!

ワイルドだぜー!!




h_t_tomoto at 06:42 

2013年02月25日

  住友林業とセキスイハイム



2月16日の土曜日、的屋のたっちゃんと二人で京セラドーム大阪へ行って来た。


DSC01889


特に、バファローズのイベントがあった訳ではない。

実はこの日、京セラドーム大阪で住友林業の年に一度の「住まい博」と言うイベント

があった。

ゼネコン関係者としては出席しない訳にはいかなかった。

と言いながら、出席の本当の理由は京セラドーム大阪のグラウンドに立ちたいからで

あった。

なんと単純な発想だと思うかもしれないが、京セラドーム大阪は我々の聖地。

その聖地に立てるんだから、これは行かなければならないと思った訳である。

そしてそれ以外にも、もう一つ理由があった。

とりあえず住友林業の家に対する理念とか経営方針とかを可能な限り知りたかった。

そんな感じで見学した。

とにかく、先ず驚いたのが柱であった。


DSC01890


DSC01891


ビッグフレームと言う柱で、どうやら住友林業の特許みたいであった。

この柱のビッグフレームの略語で「BF」と書かれていた。


DSC01893


それを見た瞬間、私と的屋のたっちゃんは「おーっ、まさにバファローズやんけ」と

思わず叫んでしまった。

ぶっちゃけ、私は心の中で「このBFの文字で住林には非常に興味が湧いた」と思った。

いつも観戦の時に見ているセンターバックスクリーンをグラウンドに設置されていた

椅子に腰掛けながら眺めていた。


DSC01894


ほんと、何とも言えない喜びの気持ちになった。

この時、我々は本当にバファローズなんやと思った。

それで二人で猛牛ポーズをした。


DSC01895


猛牛ポーズ!!

その後タクシーに乗ってジャンジャン横丁に移動した。


DSC01898


DSC01901


そして向かったお店は焼き鳥「とらちゃん」であった。


BlogPaint


あれはいつやったやろーう。

ここに仁義愛将軍がやって来た。

その時「今度、ハゼと二人で焼き鳥とらちゃんへ行って来ます」と言って私を大笑い

させたのであった。

この話を聞いた瞬間から私は近いうちに焼き鳥「とらちゃん」へ行こうと決めた。

それがこの日であった。

そう。

もう一つの理由は焼き鳥「とらちゃん」へ行く事であった。

ところが入り口に立った時、入るのをちょっと躊躇した。

私はジャンジャン横丁にはもう何十年も前から通っている。

だから横丁の事は熟知している。

串かつ屋。

居酒屋。

将棋場。

そして、居酒屋とは名ばかりで、朝から飲みながらカラオケを楽しむお店がある。

まさに、焼き鳥「とらちゃん」もそう言うお店であった。

つまり、焼き鳥屋とは名ばかり。

単なるカラオケを楽しむ飲み屋であった。

だから一瞬、躊躇した。

しかし怖いもの知らずのTちゃま倶楽部。

早速中に入る事にした。

店内は10席ほどのカウンターのみであった。

勿論カラオケがガンガンに鳴り響いていた。

我々は中央辺りに座った。

とりあえず生ビールだけ注文した。

私がカウンターの女性店主に向かって「デジカメで撮影をしても良いですか」と確認

した。

すると女性店主が「それは止めて下さい」と言って来た。

私は何も言わずに直ぐに撮影を諦めた。

飲み歩きをして生まれて初めてのNGであった。

まぁー、何軒も回っていればNGを出されるお店に出会うのであった。

我々は生ビールをほぼ一気飲みしてお店を出る事にした。

「いくらですか」と私が言った。

すると女性店主が「1,400円です」と言った。

おそらく、付き出しが200円で生が500円だと思った。

直ぐに支払ってお店を出た。

お店を出た瞬間「竹島問題は難しいー!!」と痛感した。

その後新世界の方に向かって歩いた。


DSC01902


ここの景色は、もう何度も見慣れている。

と言う事は街並がそんなに大きく変ってはいないのである。

ただ、確実に変わったのは客層である。

昔は女性だけでは絶対に歩けない街であった。

ジャンジャン横丁に新世界と言えば何と言っても串かつ。

そんな感じで次に入ったお店は串かつの「横綱」であった。


BlogPaint


新世界には「横綱」が3軒ある。

我々は奥の「横綱」に入った。

入った「横綱」は映画「プリンセストヨトミ」で撮影されたお店であった。

そんな感じの串かつの「横綱」

我々は入り口近くのテーブル席に座った。

早速注文した。


DSC01904


注文は、勿論串かつであった。

しかし、その前に、とりあえずのどて焼きを注文する。

焼肉で一番に食べるのが塩タンである様に、串かつを食べる前には必ずどて焼きを

食べるのが串かつのルールである。

いきなり串かつから食べるのは素人そのものであった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC01903


乾杯ー!!


DSC01905


とりあえずのどて焼き

どて焼きを食べながら串かつを注文した。

注文は、豚バラ、鶏もも、海老、きす、たこ、辛子レンコンであった。

少し時間が経ってから串かつが運ばれて来た。


DSC01906


DSC01907


DSC01908


DSC01909


DSC01910


DSC01911


DSC01912


DSC01913


2度漬け禁止のソースをたっぷりと付けて頂いた。

新世界とジャンジャン横丁の串かつ屋のソースは結構薄口である。

そんなにシツコくはない。

だから結構何本でも食べれる。

これこそが新世界とジャンジャン横丁の串かつなのだ。

と言っても、決して高級と言うものではない。

本格的庶民の味と呼ぶべきだろう。

そんな感じの新世界とジャンジャン横丁の串かつであった。

その後的屋のたっちゃんと二人でタクシーに乗った。



この前、ハゼのてっちゃんがここにやって来た。

ハゼのてっちゃんが「焼き鳥とらちゃんはどうでしたか」と聞いて来た。

それで私が「素人には無理やでー。行くのは止めた方がええでー」と言った。


そんな感じの新世界であった。


BlogPaint


この続きは、また明日。





↓ 串かつ「横綱」の動画です。










あらまし事(あらましごこ)

希望的観測のすすめ

「あらまし」は、「ある」の連用形に助動詞「まし」がついたもので、

「あるだろう」という意味です。

ただ、「まし」には願望の意味も含まれているので、

こうなってほしい、こうありたいという希望的観測をさします。

あらまし事も同じように、「こうあればいい」と思いつづける事柄や、

将来の予測のことをさします。

将来の予測ですから、おおよそのことですよね。

「だいたい」という意味も、こんなところから派生したのでしょう。

「あらましを述べよ」と言われれば、おおよその経過や筋書きを言うように、

自分の夢や希望を思い描く時は、

思いっきり「こうありたい」状態を思い描きましょう。

小さくまとまる必要はありません。

そうすれば、あらまし、その姿に近づくものです。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

一杯、押して下さい!!








別の日にセキスイハイムのモデルハウスの見学をして来た。


DSC02021


この日も寒さが厳しかった。

見学をしながらいろいろな話を聞いた。

セキスイハイムの最大の特徴は「快適エアリー」であった。

そうこうしていると床下に案内された。

冬の床下は一般的には非常に冷たい。

ところが、セキスイハイムの家の床下はなんと約20℃もあった。


DSC02035


どうやらこの床下から空気を取り入れ、それを驚くほどに綺麗にしてから各部屋に

空気を流すみたいであった。


DSC02036


DSC02037


冬はあったかい空気を。

夏はさわやかな空気を流すみたいであった。

これを聞いた時、私は「セキスイの家って、息、してんや」と思った。

そして「まさに呼吸をする生きた家そのものだ」と感じた。

凄いなー。

家がちゃんと呼吸をして生きている。

これこそが「快適空間」を味わえる事なんだと痛感した。

そんな感じのセキスイハイムの家であった。




h_t_tomoto at 07:07 

2013年02月23日

  夏のおでんが人気がある



昨日のお昼に用意されたのは和牛折詰弁当「てっぽう本店」の「燦燦」と言うお弁当

であった。


DSC01877


DSC01878


燦燦


DSC01879


DSC01880


一品一品が非常に丁寧に作られていて結構美味しかった。

そうこうしていると、昨夕、あの的屋のたっちゃんがここにやって来た。



DSC01886


的屋のたっちゃんはここに来る度に何や知らんがめっちゃ焦っている。

そして今日も素早くお弁当と爆弾おにぎりとカップ麺をパクって行きやがった。



DSC01887


DSC01888


こいつの早業には本当に驚いてしまう。





帆立のバジルオイル焼と言う物を買って来た。


DSC01969


これをフライパンで炒めた。

デュラムおばさんの「ミートソース」フィットチーネを用意した。


DSC02045


早速お湯を注いで作ってみた。


DSC02046


ここに帆立のバジルオイル焼をトッピングした。


DSC02047


DSC02048


DSC02050


DSC02051


そして食べた。

これが、もーう。

(゚Д゚)旨~~い!!(゚Д゚)旨~~い!!゚Д゚)旨~~い!! 

むっちゃ旨い――!!

スーパーめちゃくちゃ旨い!!

であった。

ミートソースにバジルオイルの味が加わってめっちゃイタリアンな感じで美味しか

った。





関西スーパー八尾店で買い物をしていると1,350円の鰻が1,150円と安くなっていた。

それで直ぐにカゴの中に入れた。


DSC01974


とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC01985


そしてあっつあつ御飯の上に安くなった鰻を乗せた。


DSC01987


DSC01988


DSC01989


DSC01990


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!

むっちゃ旨~~です!!

スーパーメチャ旨~い!!

であった。

鰻は栄養価の高い食べ物で、ビタミンA・E、「DHA」「EPA」が多い。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保ち、夜盲症の防止、カロチンの吸収を助ける等

の作用があり、一日に必要なビタミンAが鰻蒲焼一人前でまかなえる。

ビタミンEは、ホルモンのバランスをコントロールし、不妊症・早産・自律神経失調

症を防ぎ、ニキビやシミ・ソバカス・肌荒れに大いに効果がある。

DHAとEPA 鰻には、脳の働きを活発にすると注目されているDHA(ドコサヘ

キサエン酸)やレシチン、血管を丈夫にするEPA(エイコサペンタエン酸)も多く

含まれている。

だから、私は鰻を食べるのであった。





骨付きの鶏のもも肉を買って来た。


DSC01972


これを美味しく味付けをした。

とりあえずあっつあつ御飯を用意した。


DSC01996


そしてあっつあつ御飯の上に鶏のもも肉を乗せた。


DSC01997


DSC01998


DSC01999


DSC02001


そして食べた。

これが、もーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!

むっちゃ旨~~です!!

スーパーめちゃ旨いー!!

であった。

骨付き鶏のもも肉ってなんでこんなに美味しんやろーうと思った。

これははっきり言ってかなりやみつきになると思った。

ぶっちゃけ、ガッチ、ヤバいっす!!





海老を買って来た。


DSC01971


まいたけと一緒に美味しく味つけをした。

とりあえずあっつあつ御飯を用意した。



DSC02003


そしてあっつあつ御飯の上に海老とまいたけを乗せた。


DSC02004


DSC02005


DSC02006


DSC02008


そして食べた。

これが、もーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!

むっちゃ旨~~です!!

スーパーめちゃ旨いー!!

であった。

まいたけを食べながらのプリンプリンの海老。

これはめっちゃ美味しかった。






ブリの切り身を買って来た。

先ずは、塩を振って下処理をした。


DSC01973


これを塩焼きにした。


DSC01975


DSC01977


ついでに出し巻き玉子も作った。


DSC01978


DSC01979


ブリを食べながらの出し巻き玉子。

これが、もーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!

むっちゃ旨~~です!!

スーパーめちゃ旨いー!!

魚はやっぱり下処理をちゃんとした方が美味しいと思った。






寒い。

本当に寒い。

それで、おでんを使った。


DSC01981


DSC01983


実は、あっつい夏に食べるおでんが結構人気があるのであった。





そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り申し上げます。

それでは来週にまたお会いしましょう。

お相手はあなたの「T-SIRLOIN」でした。







寒苦鳥(かんくちょう)

毎日が寒いですが……

インドの雪山というところに、寒苦鳥というのがいるそうです。

夜はとっても寒いので、「夜が明けたら巣を作ろう」と決心するのですが、

日が昇ると朝日が暖かいので、忘れてしまう。

結局、巣を作らないまま夜を迎えて、また寒さに震える。

「明日こそ、巣を作ろう」……。

でも、また、次の日になると忘れてしまう。

そうやって、一生、巣を作ることもなく、空しく鳴き続けるのだそうです。

これって、みなさんが、よくわかっている戒めですね。

でも、本当に、よーくわかっていても、やっぱり思い当ってしまうのです。

さあ、寒苦鳥のようにはなりたくないと思ったら、

今から、わらの一本でも、用意しましょう。

最初の一歩が、一番、億劫(おっくう)なのです。

でも、一歩前に踏み出すだけで、きっと寒苦鳥ではなくなるはずです。





←ここを押して下さい!!




いつもご訪問、ありがとうございます。

せっかく訪問して頂いたので、

できれば  を押して下さい。

あなたの清き一票が私に勇気を与えます。

心よりお願い申し上げます。

必ず  ←  を押して下さい。








20130220-00000045-dal-000-2-view







スッゲイ!!

スッゲイ、ブログを発見してしまいました!!

ほんと、スッゲイ、です!!




「ここをクリック」




h_t_tomoto at 06:32 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
blogram投票ボタン←Ctrlを押しながら、この2つを押して下さい!!よろしくお願い申し上げます!!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ