2013年06月

2013年06月29日

  スタッフの皆と一緒に食べるカレーは最高



昨日のお昼の用意されたのは旬彩工房 颯~ふう~と言うお店の

「鯛めしと香味野菜で食べる地鶏御膳」と言うお弁当であった。


DSC04350


DSC04351


鯛めしと香味野菜で食べる地鶏御膳


DSC04352


DSC04353


一品一品が非常に丁寧に作られていて上品な味わいで美味しかった。

どうやら、この旬彩工房 颯~ふう~と言うお店は守口市駅前にある隠れ家的な和食

店で完全予約で12名しか入れないみたいだ。

私はこの隠れ家と言う呼び方に常に疑問を持っている。

と言うか、この表現が物凄く嫌いだ。

「隠れ家的って。

なに、値打ち、こいどんねん!!

だいたい、隠れてたら、客、誰もけーへんやんけ!!

ほんだら、その店、潰れるやろーうがー!!

それに、隠れ家って!!

お前、一生、隠れとけー!!」と言いたい訳で。

そうこうしていると、昨夕、あの的屋のたっちゃんがここにやって来た。


DSC04354


的屋のたっちゃんはここに来る度にめっちゃ焦っている。

そして今日も素早くお弁当と爆弾おにぎりとカップ麺をパクって行きやがった。


DSC04355


DSC04356


こいつの早業には本当に驚いてしまう。








鰻を買って来た。


DSC04373


とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC04392


あっつあつ御飯の上に鰻を乗せた。


DSC04393


DSC04395


DSC04396


そして食べた。

これがもーう。

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! (゚Д゚)旨~い!! 

むっちゃ旨~~い!!

めちゃくちゃ旨ーい!!

であった。

最近「万代」八尾店でも鰻の値段が上がって来た。

これが何を意味するのかが物凄く気になっている。








「万代」八尾店で串かつが1本50円で売っていた。

それで早速5本買った。


DSC04378


買ったのは、海老2本、活2本、いか1本であった。

とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC04379


あっつあつ御飯の上に串かつを乗せた。


DSC04380


DSC04381


DSC04383


そして食べた。

これがもーう。

(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

むっちゃ旨~~い!!

スーパーめちゃくちゃ旨いー!!

であった。

何の違和感もなく美味しく頂けた。

極々普通に美味しかった。








当たり前であるが鯛は白身である。


DSC04292


だから鯛を漬けにするのは一般的ではない。

白身魚全般に漬けにする事はまずあり得ない。

しかしそれを敢えて漬けにした。

とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC04409


あっつあつ御飯の上に鯛の漬けを乗せた。


DSC04410


DSC04411


DSC04412


DSC04413


そして、食べた。

これが、もーう。

(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

むっちゃ旨~~い!!

スーパーめちゃくちゃ旨いー!!

であった。

鯛がしっかりと歯応えがあって真剣に美味しかった。

白身魚を漬けで食べるのも全然OKだと思った。








マグロを用意した。


DSC04359


早速マグロを漬けにした。


DSC04360


T様は、どこまでもどこまでも漬けに拘るのであった。

とりあえず、あっつあつ御飯を用意した。


DSC04446


あっつあつ御飯の上にマグロの漬けを乗せた。


DSC04447


DSC04448


DSC04449


DSC04450


そして食べた。

これがもーう。

(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

むっちゃ旨~~い!!

スーパーめちゃくちゃ旨いー!!

であった。

とにかく、マグロがめちゃくちゃ柔らかくなって真剣に美味しいのであった。








この前、ゲゲゲの壷屋が可愛らしい鍋を持って来てくれた。


DSC04132


その鍋を使って早速カレーを作ったった。


DSC04444


ほんで、カレー、作ったったって感じだろうか。

使ったカレーのルーは「ハウスバーモントカレー中辛」であった。


DSC04443


ここでカレーを作るのは創業以来初めてであった。


DSC04451


そして食べた。

これがもーう。

(゚Д゚)旨いー!!(゚Д゚)旨いー!! 

むっちゃ旨~~い!!

スーパーめちゃくちゃ旨いー!!

であった。

スタッフの皆と一緒に食べるカレーは最高に美味しいのであった。

そうこうしていると道産子コッシ―がやって来た。


DSC04455


そしてカレーを作った話をした。

するとコッシ―が「それは凄いですよー」と言って驚いていた。

私が「そうかなー。

あれは鍋がええから、簡単に作れるねん。

材料を鍋に入れて、カレーのルーを入れたら、蓋をしてそのまま1時間ほど煮込む。

そしたら、勝手にカレーが出来る」と言った。

「そのまま放置したら、普通のステンレスの鍋なら焦げると思うんですが」と

コッシ―が言った。

「いや、いや、あの鍋はセラミック加工なので絶対に焦げない。

と言うか、カレーを作る為に壷屋が持って来てくれたんや。

ぶっちゃけ、料理なんか、鍋さえ良かったら誰でも簡単に作れる」と私が言った。

「へ~っ!!

それは参考になりました。

話は変わりますが、愛将軍の手アカで真っ黒になったポークピッツみたいな〇〇ポを

カレーの中に入れたら物凄い出汁が出るのでないでしょうか」とコッシ―が言った。

私が「そんなんしたら、愛将軍のチ〇〇が切れてなくなってしまうがなー」と言った。

すると道産子コッシ―が「いや、大丈夫です。

あの人の〇〇ポはまた生えてくるんです」と言った。

「生えて来るって、トカゲの尻尾かー!!」と私が言った。

するとコッシ―が。

「そうですね。ちょうど、あれぐらいの大きさですわ。

しかも、切れた〇〇ポは半日ぐらいはカレーの中でウニョウニョと泳いでいると思い

ます。

それを食べた人は“これは一体、なんの踊り喰いなんですか”と聞くと思います」と

言った。

私が「そしてら、その時は“将軍様のチ〇〇です”って言うんか??」と言った。

するとコッシ―が「それを食べた人は“えらい、ちっちゃいですね!!”と言うと

思います」と言った。

その瞬間、沈黙となった。





そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り申し上げます。

それでは来週にまたお会いしましょう。

お相手はあなたの「T-SIRLOIN」でした。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!




h_t_tomoto at 06:22 

2013年06月28日

  チェーン店なのに味が違う



「270円厨房 kocoro-ya」守口市駅前店での事はもう忘れた。

その後再び京阪守口市駅界隈を歩いた。

すると「ミスタードーナツ」守口市駅ショップに出くわした。


DSC04278


「ミスタードーナツ」を見た瞬間、なぜかマツコ・デラックスがミスドのCMを

やっているのを思い出した。

カルピスとミスドがコラボしたドーナッツのCMであった。

それで早速中に入る事にした。


DSC04275


「カルピス」スタードーナツ・ソーダと「カルピス」スタードーナツ・ストロベリー








その後向かったお店はラーメンの「天下第一」であった。


DSC04282


店内に入ると中国人観光客で溢れていた。

流石はホテル・アゴーラ大阪守口が近くにあるなーと感心した。

現在ホテル・アゴーラ大阪守口の経営母体は中国系の企業である。

だからどんどんと中国からの観光客を宿泊させているみたいだ。

それでこの京阪守口市駅界隈の飲食店には中国からの観光客が多いみたいであった。

我々は奥のテーブル席に案内された。

早速注文をした。

注文は、豚骨ラーメンであった。

直ぐに瓶ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04279


乾杯ー!!


DSC04280


DSC04281


豚骨ラーメン

濃厚な味わいだと想像していたが、見た目よりも割りとあっさりしていた。

それでいながらしっかり豚骨を主張していて美味しかった。







その後向かったお店はカレーハウス「CoCo壱番屋」京阪守口市駅店であった。


DSC04283


店内に入ると結構広いスペースで驚いた。

我々は奥のテーブル席に案内された。

早速注文をした。

注文は、ポークカレーであった。

直ぐに番ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04284


乾杯ー!!


DSC04285


DSC04286


ポークカレー

食べてびっくりした。

近鉄八尾駅前店よりも明らかに味が濃くて美味しく感じた。

「同じチェーン店なのになんでこんなに味が違うのか」と思った。

京阪守口市駅店の方が真剣に美味しいと思った。

そんな感じのカレーハウス「CoCo壱番屋」京阪守口市駅店であった。








実は、京阪守口市駅前で飲み歩きをするのが生まれて初めてであった。

確かに「ホテル・アゴーラ大阪守口」へは講演会で飽きるほど訪れている。

しかし講演会が済んだら直ぐにタクシーに乗って家に帰る。

この繰り返しであった。

だから「ホテル・アゴーラ大阪守口」で用事が済んで京阪守口市駅前界隈で飲む事は

まずないのであった。

余程の理由があっても飲まないのであった。

飲むなら「ホテル・アゴーラ大阪守口」の最上階のバーで飲むのであった。

じゃー今回はなぜ京阪守口市駅界隈で飲んだか。

それは下見であった。

実は今年もドーム観戦がある。

その後で京阪守口市駅界隈で飲もうかと言う事になった。

それでその下見のつもりで飲み歩きをした。

しかし率直な感想としては、飲み屋は京阪電車の高架下だけでその他は何店舗だけで

あった。

これなら寝屋川市駅前の方が栄えていると思った。

ドーム観戦の後の守口市駅前。

ちょっと考えたいと思った。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

一杯、押して下さい!!










アポイント

①位に負けない

相手の社会的地位が自分よりもずっと高かったり、いわゆる有名人だとそれだけで気

後れしてしまう人がいる。

電話でも声も震えたり自信のないやり取りになる。

普通に話せば何でもない事を緊張の余り正確に伝えられないでいると相手から「こん

なはっきりしない話じゃあ」と断れる。

どんな相手でも、ビジネスの場では対等なのだ。

自分の方から負け犬状態になる事はない。

それでも、何となく自信が持てない時には手元に要点をメモした紙などを用意してお

けば相手の質問にとんちんかんな答えとする事もない。

相手に直接ではなく、秘書や事務所の担当者と交渉する時には用件や希望の日時を正

確に伝える事だ。

「日にちや時間や場所は、そちらの指定通りで結構です」と条件の一部を相手に委ね

ると言う依頼方法もある。

②噂話におびえない

「あの人は気難しい人だ」とか、「文句の多い人だ」と言う噂に怯える事はない。

どんなに気難しいと言われている老人でも、孫にはニコニコする。

もしかしたら、「あの人は手がかかって大変だ」と言う噂を流した人は自分の手順が

悪かった事を棚に上げているかもしれない。

また、言外に、「手がかかる人を相手に難しい仕事をやり遂げた」自己PRしたいのか

もしれない。

更に、実際にはそれほど手がかからないのに、手がかかると言う事にして自分以外の

人間が相手と接触しない様に牽引しているのかもしれない。

こんなに深く考えるまでもなく、ただ相性が悪かっただけと言う事もある。

とにかく、噂話に怯える事はない。

「聞くと見るとは大違い」だった事は一杯ある。

③断られた理由をはっきりさせる

相手とのアポイントが取れなかった理由はいろいろあるだろう。



●忙しくてスケジュールが合わない

●このテーマには興味がない

●こちらと会う意志がない



理由が分かれば、「NO」と言われた部分を変えれば次の機会にアポントを取る事も

可能だ。

④コンタクトを取り続ける

断られても、何とか先方に会いたいと思うのならコンタクトを取り続ける事だ。

電話なり、手紙なり、こちらの希望を伝え続ければ良い。

⑤仲介者を探す

コンタクトを取り続けると同時に、誰か自分と相手との仲を取り持ってくれる人はい

ないか探してみよう。

学閥、関連会社、趣味など、相手と繋がる可能性のあるものはいろいろある。

願った事のすべてがかなう訳ではないが、願わない事は実現しない。

あの手でもダメ、この手でもダメであってもトライしているうちにある瞬間、願いが

叶う事があるから人生は面白い。

それが、「人事を尽くして天命を待つ」と言う事なのだ。




















h_t_tomoto at 06:20 

2013年06月27日

  episode-166 「手アカで黒くなる」



人気シェフ川越達也氏(40)が23日、ブログを更新して、「食べログ」に対する

発言を再謝罪した。

5月13日発売の雑誌「サイゾー」の中で「食べログ」をはじめとする飲食店の評価

サイトについて「くだらない」などと批判。

「年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあると思

う」という“上から目線”の発言も掲載された。

その後、記事はネットにも転載されて、それらの発言に批判が集中。

同氏のブログも「炎上」した。

同氏は「全国の皆さまに不快感、そしてご迷惑をお掛けしてしまい、心より反省いた

しております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を掲載。

「今回のことでいただいた叱咤(しった)のひとつひとつを胸に刻み、激励に甘える

ことなく、少しずつでもまた前に進んでいきたいと思っております」と現在の心境も

つづっている。

同氏は今月17日にブログで「年収300~400というのは一般的なお客様を表現

したということであって、バカにしたというような意味合いではまったくございませ

ん」などと釈明。

さらに「心より反省しております」と謝罪していた。

私はこの騒動を初めて知った時、2点、疑問を抱いた。

先ずは。

我々が高級と呼ばれるお店に行った時は先ずはビールで乾杯する。

その後ワインを注文したりと好みのアルコールを注文する。

私はビールしか飲まないので最初から最後までビールだ。

アルコールが飲めない人はどうか。

「水だけで800円取られた」と言うクレームがあった。

先ずはこの点に疑問を感じた。

高級店で「水だけで800円」はちょっとおかしい。

と言うのは、本当に高級店ならそこで食事をするお客は水は注文しない。

注文するなら水ではなくて炭酸水である。

高級店で食事をする時に水を注文した時点でNGである。

どうしても水が欲しければミネラル・ウォーターの注文になる。

勿論この時は料金が発生する。

ぶっちゃけ、高級店で水道の水を注文する事自体あり得ないのだ。

と言っても、「お水下さい」と言えばちゃんと水は提供される。

しかし周りのお客さんから笑われるだろう。

次に「食べログ」

実は私も「食べログ」に登録している。

今まで何度か投稿した。

一度だけあるお店のクレームを書いた。

すると「食べログ」から「この様な投稿は止めて下さい」と直ぐにで注意された。

それで私はクレームの投稿を速攻で削除した。

つまり、「食べログ」の中で川越シェフのお店にクレームがあったと言う事に大いに

疑問が持たれる。

もしも本当に川越シェフのお店にクレームがあったとすれば「食べログ」から削除の

依頼があったはず。

この点についても疑問が残る。

ひょっとして、川越シェフは、実はハメられたかもしれない。

ハメられると言っても、バックから嵌められたと言う意味ではない。

昨夕そんな事を考えていた。

すると、あのゲゲゲの壷屋がここにやって来た。


DSC04400


そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「川越シェフをどう思う」と聞いた。

すると壷屋が「えっ、辛坊治郎の遭難事件ですか」と訳の分からない事をぬかし

やがった。

それで私が「なんでここで辛坊治郎の遭難事件が出て来んねん! アホんだらめ」と

言った。

すると壷屋はニヤニヤ笑いながら「最近の話題ですから」と言った。

この瞬間、沈黙になった。

私は心の中で“こいつのドタマは一体どないなってんねん! ボケなすが!!”と

叫んでいた。

「今日はですね」と壷屋が言ってカバンから何かを取り出した。

それで私が「今日は何を持って来たん」と聞いた。



DSC04401


見ると箱であった。

私が「箱の中身はなんなん」と聞いた。

すると壷屋が箱を開けて中身を見せてくれた。


DSC04402


すると中身はパソコンのマウスであった。

しかも珍しく真っ白なマウスであった。

それを見て私が「おー、これはええやん!!」と言った。

壷屋が「白いマウスは珍しいと思いまして、持って来ました」と言った。

「ほんまやなー。真っ白なマウスはめっちゃ珍しいなー」と私が言った。

「ただ、気を付けて貰いたのが余り使い過ぎると手アカが付いて黒くなります」と

壷屋が言った。

それで私が「手アカで黒くなるって……。

お前のあそこの先も手アカで黒くなってんのんとちゃうんか」と言った。

すると壷屋が「な、な、なんで、知っているんですか」とぬかしやがった。

その瞬間、沈黙となった。




おい、壷屋!!

全然おもんないやんけ!!




そんな今週の「壷屋のつぼ焼き」でした。






的屋のたっちゃんは廊下で突っ立っている真珠湾壷屋に近づき。

「壷屋さんって……。

あそこの先っちょ……黒いんですか??」と聞くと思う!!(@_@;)






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











石丸製麺のうどんを使って釜揚げうどんを作る事にした。


DSC04109


DSC04112


DSC04108


DSC04113


ここに鎌田のだし醤油を入れて食べた。

これがめちゃくちゃ美味しいのであった。

石丸製麺の「さぬきの夢」は真剣に美味しい!!










極々普通ランクの牛肉を買って来た。


DSC04097


このお肉を使って青椒肉絲(チンジャオロース)を作った。


DSC04121


DSC04122


DSC04123


DSC04124


そして食べた。

これがもーう!!

最高に美味しかった。















有名人のブログを炎上させているのはどうやらマスコミ関係者みたいだ。

川越シェフや岩手県議員の炎上もマスコミ関係者によるものらしい。

あー、こわ――!!




h_t_tomoto at 06:25 

2013年06月26日

  半生状態であった



「和民」守口市駅前店は結構美味しかった。

その後我々は京阪守口市駅界隈をうろうろと歩いた。

すると「270円厨房 kocoro-ya」守口市駅前店と言う居酒屋に出くわした。


DSC04268


それで、とりあえず入る事にした。

店内に入ると結構お客さんが入っていた。

と言っても、その殆どは二十歳前後の若者であった。

中には「高校生か?」と思ってしまうグループもいた。

我々は一番奥の個室の様なテーブル席に案内された。

見ていると、どうやらこの「270円厨房 kocoro-ya」は居酒屋の白木屋などを運営す

る株式会社モンテローザ(本社:東京都武蔵野市)の一系列みたいであった。

早速注文する事にした。


DSC04269


DSC04270


それでメニューを見た。

すると記載されている料理内容の乏しさに驚いた。

それはまるでカラオケボックスなんかでよく見る料理内容みたいであった。

それを見て我々は思わず「なんか歌おーか」とつぶやいた。

そして注文は、テーブル席のに設置されているタッチパネルでするみたいであった。

それで注文は、焼き鳥で、鶏もも串、鶏皮串、ささみ昆布串をそれぞれ2本ずつで

あった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。

乾杯ー!!


DSC04271


付き出し


DSC04273


鶏もも串


DSC04272


鶏皮串


DSC04274


ささみ昆布串

先ずは鶏皮串から食べた。

食べた瞬間、明らかに半生状態である事が分かった。

それで私は直ぐに吐き出し、それを紙ナフキンに包んだ。

私は「これ、半分、腐ってんのんとちゃうか」と言った。

気分を取り戻し、鶏もも串とささみ昆布串を食べた。

この2品は普通であった。

と言っても、2品とも全部食べたら何かが起こりそうな気がしたので半分残した。

普段の私なら店員を呼び出して「おー、これ喰ってみー!

これ、半分腐っとるやんけ!!」と文句を言っていたと思う。

しかし今日は何となく言う気にならなかった。

お店に入った瞬間からなんとなく嫌な予感がしていた。

なんとなく料理の質の悪さが想像出来ていた。

それで文句は言わなかった。

おそらく10分も滞在していなかったと思う。

我々は焼き鳥を殆ど残して速攻で出る事にした。

もう二度と「270円厨房 kocoro-ya」守口市駅前店には入らないと誓った瞬間でも

あった。

やっぱり、あんまし安いお店に入るのはちょっと考えんとあかんと思った。

そんな感じの「270円厨房 kocoro-ya」守口市駅前店であった。











時々、無性に巻き寿司が食べたくなる。

そんな感じで「万代」八尾店でおやつ代わりの巻き寿司を買って来た。


DSC04100


DSC04099


これが本当に手軽に食べれて美味しかった。











「スシロー」のお寿司も美味しい。

でもやっぱり私は「万代」八尾店のお寿司が好きである。

そんな感じで買って来た。


DSC04101


DSC04102


DSC04103


DSC04104


DSC04105


DSC04106


DSC04107


ついでに鯨のベーコンも一緒に食べた。


DSC04110


DSC04111


お寿司をつまみながらの鯨のベーコン。

実は、お寿司をそのままにして上から鯨のベーコンを巻いて食べてみた。

これがめっちゃ複雑な味わいで癖になる感じで美味しかった。

普通のお寿司を鯨のベーコンを巻いて食べさせる寿司屋があったら。

そんな寿司屋は潰れると思う。(・・?










6月15日の土曜日、私は壷屋と二人で「ミスド」に入った。

そしてマツコ・デラックスがcmをしている「カルピス」スタードーナツ・ソーダと

「カルピス」スタードーナツ・ストロベリーを食べた。

正直な感想としてはとにかく甘いって感じであった。

しかし人それぞれ味覚や食感の好みが違う。

自分はそう思っても他の者は美味しいと言うかもしれない。

それで同じ物をうちのスタッフに食べさせる事にした。

そんな感じで寝屋川市駅前の「ミスド」へ行って同じ物を買って来た。

「カルピス」スタードーナツ・ソーダを5個と「カルピス」スタードーナツ・ストロ

ベリー5個の計10個買って来た。

って、10個も買ったんか―!!……とツッコまれそう!!


DSC04397


DSC04398


DSC04399


そんな感じの「カルピス」スタードーナツ・ソーダと「カルピス」スタードーナツ

・ストロベリー。

うちのスタッフの感想。

「ソーダが凄く甘いです。

ストロベリーも甘いのですが、ソーダの甘さに、そんなに甘く感じませんでした。

まあー、美味しいと言えば美味しいです。

でも、自腹では買いません」

であった。

ミスタードーナッツ様。

これが一般ピープルの意見です。

参考になれば幸いです。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

一杯、押して下さい!!




h_t_tomoto at 06:33 

2013年06月25日

  8時ぎりぎりのアルコールが半額



焼肉の「紋次郎」守口市駅前店は本当に美味しかった。

その後我々は京阪電車を挟んで反対側に向かった。


DSC04266


ふと見ると「和民」があった。


DSC04267


それ以外にもいろいろな居酒屋が入っていた。

とりあえず、3階に上がった。

するとそのお店は満席であった。

仕方なく4階に上がった。

ところが、そこも満席であった。

それで5階の「和民」守口市駅前店に入る事にした。

店内に入るとめっちゃ空いていた。

我々は奥のテーブル席に案内された。

早速注文をした。


DSC04257


DSC04256


DSC04255


注文は、お店で巻き巻きだし巻き玉子、パリっとジューシー自慢の自家製餃子、

霜降り桜肉のお刺身であった。

生ビールの注文の時に店員さんが「8時ぎりぎりなので、アルコールが半額になりま

す」と言った。

それで生ビールを4杯注文した。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04259


乾杯ー!!


DSC04258


付き出し


DSC04260


DSC04261


お店で巻き巻きだし巻き玉子


DSC04262


DSC04263


パリっとジューシー自慢の自家製餃子


DSC04264


DSC04265


霜降り桜肉のお刺身

だし巻きはしっかりと出汁が効いていた。

餃子は本当にパリっとしていた。

桜肉も柔らかかった。

すべてがいつもの様に美味しかった。

私は「和民」の味が結構好きである。

しかしなんでやろーう??

土曜日のこんな時間なのに、他のお店は満席なのに。

なんで「和民」だけがこんなに空いていたのだろうと思った。

この謎は謎として置いておきましょう。

そんな感じの「和民」守口市駅前店であった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











波長が合うとはどういう事なのか。

“あの人と私は波長が合う”という表現があるが、ここで言う波長とは具体的に

何を指しているのかと言う疑問である。

波長と云うのは、その人の生育環境や生まれつきの気質、性格、または生まれてから

今日に至るまでの体験等をトータルにして形作られている。

その人に特有の人格的な雰囲気の事なのだ。

そして、波長が合うと言うのは、まさにその人格的な雰囲気の相性が良いと言う内容

を意味する。

だから、単純に性格の相性が良いとか似たような生い立ちを持つと言うのとは、その

意味内容が大きく異なってくる物なのだ。

つまり、そう言った狭義での個々の性質的な相性の良さよりも波長が合うの意味する

ところは、もっと広い。

例えば、あの人とは性格的に合うと言うのと、あの人とは波長が合うと言うのとでは

後者の方が明らかに意味的に重い印象を受ける。

では何故そう感じるのかについて詳しく説明するために、人の持つ人格的な雰囲気、

つまり波長を色に例えると、性格や生い立ちと言った波長を形成する個々の性質は、

要するに単色なのである。

混ざり気の無い単色。

赤とか黄色とか青とか。

これに対して波長は様々な色が混ざりあって産み出されるものである。

つまりは複合色だ。

そして、その波長を形作る構成色は、人の人格を形成している様々な要素の数だけ

存在しているから、それらの複雑な組み合わせとして産み出される波長の色は、単純

な分類では言い表せないとてもとても繊細で微妙な色合いになってくる。

そしてそれだけ繊細で微妙なものである。

波長の色の相性が良いと言うのは、単色レベルで相性が良いと言うのとは全く違う

意味合いを持ってくる。

だから、波長が合うと言うのは、単純に仲が良いと言うのとも違うのだと私は考える。

勿論、価値観が合うと言う表現とも違うはずだ。

何故なら、それだけでは、先程の色の喩えで言うところの単色レベルの話にしかなら

ない。

だから、おそらく波長と言うものはとても深遠なる物なのであろう。

人間、自分でも知らない所にどんな色を隠し持っているのか全ては把握しきれない。

自分でも思わぬ人との間で、この人とは波長が合うと感じた時と言うのは、自分の中

に隠された新たな色に気付くことの出来る絶好のチャンスなのだろう。




h_t_tomoto at 06:29 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ