2015年01月

2015年01月31日

  ちゃか、ぶち込む



この日はハヤシライスを作る事にした。

使ったのは三種類のルウとミートソースであった。


DSC03469


DSC03470


この日の材料は『マルシゲ 香里店』で買って来た極々普通の国産牛約2.0㎏と玉葱と

ニンジンとメークインであった。


DSC03508


これらをいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC03509


そんな感じのハヤシライス。


DSC03510


DSC03511


スタッフの皆と一緒に食べるハヤシライス。

これがむちゃくちゃ美味しいのであった。

ほんまにえげつないほどに美味しかった。

この美味しさならその辺のお店には絶対に負けないと思った。








昨日のお昼に用意されたのは『和ダイニング&ハンバーグ 楽』と言うお店の

『和采バーグと焼き野菜のマリネ御膳』であった。


DSC03418


DSC03419


和采バーグと焼き野菜のマリネ御膳


DSC03420


DSC03421


凄くこっている感じではあったが、味は極々普通のハンバーグであった。

特別何かを感じた訳でもなくて普通に美味しく頂いた。








そうこうしていると、あの眼力浜っこすわ子がここにやって来た。


DSC03422


この日もお弁当とハヤシライスをパクって行きやがった。


DSC03423


『ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたるぞ~っ!!

だいもんかけて、こみ合うか。

ちゃか、ぶち込むぞ~!!』って感じだろうか。(*^^)v

ちゃか=ピストル








『万代』香里西店で鰻の蒲焼きを買って来た。


DSC03436


あっつあつの御飯の上に鰻の蒲焼きを乗せた。


DSC03437


DSC03438


DSC03439


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

口の中に入れた瞬間に溶け出す風味豊かな鰻の蒲焼きが最高に美味しいのであった。。








『万代』郡津店で牛のしゃぶしゃぶ用のロースを買って来た。


DSC03440


買って来たロースと玉子3個を使って牛肉の玉子とじ(他人丼の具)を作った。

それをあっつあつ御飯の上に乗せた。



DSC03452


DSC03453


DSC03454


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

玉子が絡んだ牛のロースが口の中でジュワっと溶けて最高に美味しいのであった。








『万代』寝屋川宇谷店でのブリ切り身を買って来た。


DSC02416


ブリの切り身を漬けにした。


DSC02417


とりあえず炊き込み御飯を作った。


DSC03465


炊き込み御飯の上にブリの漬けをトッピングした。


DSC03466


DSC03467


DSC03468


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

ブリの漬けを乗せて食べる炊き込み御飯が最高に美味しいのであった。








ちょっと打ち合わせがあったので、近くの喫茶店に入った。

早速注文をした。

注文は、チーズケーキとホットミルクであった。


DSC03278 (1)


DSC03280 (1)


このホットミルク、400円もした。

牛乳がこれだけで400円って。

んっ……。(両腕を組みながら、首をかしげる)








ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC03396


DSC03397


DSC03398


DSC03399


DSC03400


DSC03401


ブリの照焼きが最高に美味しいのであった。








そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!











真逆。

この言葉が流行り出したのは、2004年度の流行語大賞にノミネートされていたので、

2003年頃であろう。

「真逆」の語源。

照明技術の一つに【真逆】がある。

通常、人物などは正面からライトを当てるが、その逆、つまり頭の真後ろからライト

を当てて、わざと顔を暗くする手法を【真逆】と呼んでいる。

この手法は、アメリカの映画監督がレンブラントの絵からインスピレーションを得て

初めて取り入れ、日本の映画界でも昭和初期にはこの技法が使われる様になった。

と言う事は、80年近く前から「真逆」という言葉はあったと言える。

その後、芝居やテレビなどにも広がり、照明だけでなくカメラなども、正反対、180度

逆の位置から撮る時にも真逆を使う様になった。

最近、タレントが使う様になっているが、その背景には照明担当やカメラマンが

使っていた「真逆」の影響があったのかもしれない。











ダイナマイトキッドと初代ブラックタイガー。

ダイナマイトキッドと初代ブラックタイガーは、1984(昭和59)年に新日本プロレスが

開催した『新春黄金シリーズ』中に行われた。

WWF認定Jr.ヘビー級王座決定リーグ戦の中で1度だけ対戦し、またタッグでも6回対戦

している。

その時の試合会場と試合日程は次の通り。




1984(昭和59)年1月19日長崎・佐世保市佐世保市体育文化館
WWF認定Jr.ヘビー級王座決定リーグ戦30分1本勝負
ダイナマイト・キッド(体固め、12分26秒)ブラック・タイガー




1月10日宮城・多賀城市総合体育館
タッグマッチ30分1本勝負
ダイナマイト・キッド&ベビー・フェース(1-0)ブラックタイガー&ザ・コブラ
 キッド(体固め、12分44秒)タイガー




1月20日福岡・柳川市民体育館
タッグマッチ45分1本勝負
ダイナマイト・キッド&ディビーボーイ・スミス(1-0)ブラックタイガー&ザ・コブラ
 キッド(体固め、19分17秒)タイガー




1月25日兵庫・西脇市総合市民センター
 タッグマッチ30分1本勝負
ブラックタイガー&ザ・コブラ(1-0)ダイナマイト・キッド&ベビー・フェース
 コブラ(ウラカン・ラナ、9分7秒)フェース




2月2日北海道・室蘭市体育館
タッグマッチ30分1本勝負
ブラックタイガー&ザ・コブラ(1-0)ダイナマイト・キッド&ベビー・フェース
 コブラ(体固め、11分4秒)フェース




2月5日青森・野辺地町体育館
タッグマッチ30分1本勝負
ブラックタイガー&ザ・コブラ(1-1)ダイナマイト・キッド&ディビーボーイ・スミス
 コブラ(両者リングアウト、10分6秒)キッド




2月9日大阪・大阪府立体育会館
タッグマッチ30分1本勝負
ダイナマイト・キッド&ディビーボーイ・スミス(1-0)ブラックタイガー&高田延彦
キッド(体固め、12分24秒)高田




最後の高田とのタッグは興味深い。

尚、日本においては、シングル、タッグともこの対戦が唯一のものだが、キッドの
祖国イギリスでは、初代ブラックタイガーの正体と言われている、“ローラーボール”マーク・ロコと何度か対戦が行われ、試合結果はすべてロコが勝っているそうだ。






キッドのステロイド使用や、引退後の生活については、自伝「ピュアダイナマイト」に詳しく書かれている。
ところで、格闘技漫画「刃牙」シリーズに登場する、刃牙の兄ジャック・ハンマーは、大量のステロイドを摂取し、自分の健康を害し命を縮めることよりも、ただ強くなることを目指した。
キッドも、副作用を知りながらステロイドで身体を造り、毎回捨て身のファイトで身体がボロボロになりながら、激しいファイトを続けた。
ちなみに、ジャック・ハンマーのモデルは、ダイナマイト・キッドだそうだ。






←ここを押して下さい!!

h_t_tomoto at 06:39コメント(2)トラックバック(0) 

2015年01月30日

  episode-65 「区別があいまいだ」



ヤマト運輸は22日、カタログなどを送るクロネコメール便を3月31日で廃止する

と発表した。

メール便をめぐっては、日本郵便にだけ認められている「信書」を送ったとして、

利用者が郵便法違反の疑いで摘発される事案が発生。

記者会見した山内雅喜社長は、「冊子と信書の区別があいまいだ」と述べ、顧客が

トラブルに巻き込まれるリスクを防ぐためと説明した。

メール便は値段がめっちゃ安いからよく利用していた。

廃止されるのは非常に残念だ。

昨夕そんな事を考えていた。

するとドン引きタツジがここにやって来た。


DSC03455


そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「メール便が廃止になるな」と言った。

タイガースファンのドン引きタツジが「阪神の藤浪晋太郎が、沖縄・宜野座での1軍

キャンプへギターを持ち込みます。

25日、キャンプ地への荷物出しのために甲子園クラブハウスを訪れ、愛用のギター

を積み込みました。

キャンプ中、オフの時間に弾いてリラックスするみたいです。

24日に打ち上げた広島・前田らとの合同自主トレでは目から鱗の「発見」もあった

みたいです。

勝負の3年目へ、オンオフともに充実した2月を過ごすそうです」と言った。

私が「ところで、伊藤隼太ってどーうなんや。

と言うか、お前、毎週毎週何を勝手にここで阪神の話をベラベラ喋ってんねん」と

言った。

たつ屋のタツジが「“人工知能”という名前は1956年にダートマス会議でジョン・マ

ッカーシーにより命名されました。

現在では、記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチ

という意味あいでも使われている。

日常語としての“人工知能”という呼び名は非常に曖昧なものになっており、多少気

の利いた家庭用電気機械器具の制御システムやゲームソフトの思考ルーチンなどが

こう呼ばれることもあります。

プログラミング言語LISPによる「Eliza」というカウンセラーを模倣したプログラムが

しばしば引き合いに出されますが、計算機に人間の専門家の役割をさせようという

「エキスパートシステム」と呼ばれる研究・情報処理システムの実現は、人間が暗黙

に持つ常識の記述が問題となり、実用への利用が困難視されている現状があります。

人工的な知能の実現へのアプローチとしては、「ファジィ理論 (fuzzy theory)」や

「ニューラルネットワーク」などのようなアプローチも知られていますが、従来の

人工知能(後述のGOFAI)との差は記述の記号的明示性にあると言えます。

近年では「サポートベクターマシン (SVM)」が注目を集めました。

また、自らの経験を元に学習を行う強化学習という手法もあります」と言った。

私が「巨人の阿部が不退転の決意で一塁コンバートに臨むみたいや。

ジャイアンツ球場で宮崎キャンプへの荷物出しを行い、昨年までの商売道具の

キャッチャーミットを「持って行かないですよ」と明言していた。

代わりに用意しているのは4種類のファーストミットみたいや」と言った。

するとドン引きタツジが「冊子と信書の区別があいまいだと言っていました。

自分のギャグもあいまいなのは理解しています。

でも、自分の生き方を廃止する訳には行きません」と言って急に立ち上がりやがった。


DSC03456


その姿を見た私は両腕を組みながら。

「ん~っ……。(遠い目)

お前の言っている事が理解でけへんわ。

と言うか、お前の言っている内容に俺は今日も凍りつきそうになったわ」と言った。

するとドン引きタツジが「最近、売り上げが下がっています。

でも、なんとか、天然知能で頑張って行きたいと思っています」と言った。

私が「お前、天然やと思ってんのんか。

お前は、普通におもんないんじゃー。

お前のギャグは無難過ぎて全然おもんないんじゃー。

お前のチンコは、チッコいんじゃー!!

もっと男前にならんけー!!

ボケが……!!」と言った。

その瞬間深い沈黙になった。

しかし、ほんまに、おもんないなー!!



基本的に、ドン引きタツジは面白くない。(;一_一)








零(ZERO)と言うお店でちょっと遅い目のランチをした。

早速注文をした。

注文は、『十五穀米のハンバーグオムライスカレーソース』と『自家製煮込みハンバ

ーグ十五穀米、サラダ付き』であった。


DSC03274 (1)


DSC03273 (1)


十五穀米のハンバーグオムライスカレーソース


DSC03275 (1)


DSC03276


DSC03268 (1)


自家製煮込みハンバーグ十五穀米、サラダ付き

しっかりとした味付けで結構美味しいのであった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は、クリームシチューのルウを使ってシチュー鍋をしてあったまる事にした。

シチュー鍋の時はパスタを入れながら食べるのであった。


DSC03384


DSC03386


DSC03387


パルメザンチーズとかタバスコとかを加えながら食べるとめっちゃ美味しいので

あった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!



h_t_tomoto at 06:44コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月29日

  京橋の居酒屋



京橋でちょっと用事があった。

その後、居酒屋に入ってちょっと一服する事にした。

早速注文をした。

注文は、味噌おでん、牡蠣フライ、白子の塩焼きであった。


DSC03260 (1)


DSC03262 (1)


味噌おでん

別皿の味噌のタレを付けて食べるスタイルであった。


DSC03263 (1)


DSC03264 (1)


DSC03265 (1)


牡蠣フライ


DSC03267 (1)


DSC03266 (1)


白子の塩焼き

極々普通の味わいでそれなりに美味しく頂いたのであった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC03370


DSC03371


DSC03372


DSC03373


DSC03374


DSC03375


海老の塩焼きが最高に美味しいのであった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!



h_t_tomoto at 06:39コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月28日

  キャラメルがコーティング



近鉄布施駅前の居酒屋の次はラーメン屋さんに入った。

店名をチェックするのを忘れた。

早速注文をした。

注文は、味噌ラーメンであった。


DSC03250


DSC03252


味噌ラーメン

見た目よりも結構あっさりとして結構美味しいのであった。








帰りに守口市駅前の京阪百貨店の中にある『KENYA』と言うお店に寄って来た。

早速注文をした。

注文は、塩キャラメルロールであった。


DSC03256


DSC03255


周りにキャラメルがコーティングされていて見た目がめっちゃ綺麗だった。

味も結構美味しいのであった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は、レンコンと海老を使った『レンコン海老詰め』をエアーウェーブ

フライヤーで作る事にした。

作り方は、海老のすり身をレンコンで挟む。

この時に、しそと磨った山芋も一緒に挟む。

後はエアーウェーブフライヤーの入れてタイマーを回すだけ。

超簡単なのであった。

そんな感じのレンコンの海老詰め。


DSC03356


DSC03354


DSC03357


DSC03358


DSC03359


DSC03360


DSC03361


DSC03362


DSC03363


DSC03364


これが超ー美味しいのであった。

でも、まあー、ぶっちゃけ、普通に油で揚げた方が美味しいと思った。(*^^)v

キュウリに小さな溝を作ってそこに梅肉を入れてそれをシソで巻いたのがめっちゃ

美味しいのであった。

『梅肉』

我々は普通『ばいにく』と読む。

この前、東京都板橋区の『やきとん丸徳』の女将が『うめにく』と読んでいた。

『うめにく』って。

そんな読み方をする人っているのかなー。(*^^)v

笑いそうになった。

実はこのキュウリと梅肉としそを使った料理は『やきとん丸徳』で出される一品なの

であった。

この一品は真剣に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!






『爆笑レッドカーペット』の採点が甘いのは当たり前。

爆笑レッドカーペットは別に賞レースでもなんでもなく、バラエティ番組

(ネタ番組)である。

「楽しくやる」のが一番。

お笑いの専門でもない審査員の人達が、厳しく採点すれば、「何を偉そうに」とか

「カンジ悪い」とか思われて、その審査員自身のイメージが落ちるし、もう番組に

呼ばれなくなると思う。

番組の雰囲気を壊す。

結局、あの採点は形だけのものであって、「大笑い」だろうと「中笑い」だろうと

関係ない。

ただ単にゲストを置いておきたいだけなんだ。

芸人がネタするだけでは視聴率が取れないし、もしくは華がない。

ということでしょう。

ノンスタは実力ある。



h_t_tomoto at 06:45コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月27日

  濃厚なプリン



東大阪市の高井田でちょっと用事があった。

ちょっと疲れたので休憩目的で『びっくりドンキー 高井田店』に入る事にした。

早速注文をした。

注文は、ショコラプリンポルカであった。


DSC03237


DSC03236


ショコラプリンポルカ

上に乗っているプリンが濃く、ソフトクリームと合わせて食べると最高に美味しいの

であった。








その後近鉄布施駅前まで移動した。

お店の名前を忘れた。

とにかく居酒屋に入った。

早速注文をした。

注文は、寒ブリの刺身と河豚の唐揚げであった。


DSC03241


付き出し


DSC03243


DSC03244


寒ブリの刺身


DSC03246


DSC03245


河豚の唐揚げ

河豚の唐揚げは昔から本当に大好きで、何度食べても飽きずに美味しく頂けるので

あった。







ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は無性にナポリタンが食べたくなった。

それで早速作る事にした。

作り方は超簡単。

バターで玉葱、ハム、ピーマンを炒める。

次に、ホールトマトとケチャップを加える。

煮立ったら、砂糖を少し加えてから再び煮込む。

これでナポリタンのソースの出来上がり。

これで美味しいナポリタンが食べられるのであった。

そんな感じのナポリタン。


DSC03349


DSC03350


DSC03351


DSC03352


DSC03353


このナポリタンがほんまにえげつないほどに美味しいのであった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!



h_t_tomoto at 06:44コメント(4)トラックバック(0) 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ