2016年08月

2016年08月31日

  浜焼きと鍋が中心



その後JR玉造駅前の西側に移動した。

実はJR玉造駅前はおでんの『きくや』に来る目的以外歩いた事がなかった。

折角だったのでいろいろと歩いてみる事にした。

先ずは日之出通り商店街を中心に歩いた。

いろいろなお店が軒を並べていた。

ふと見ると物凄い細い路地を見かけた。

我々は吸い込まれる様にその路地を入った。

ドン付きまで来た。

何となく入って見る事にした。

そのお店は『初風』であった。


DSC03159


店内に入るとお客さんは入っていなかった。

テーブルに座っていた若い女将さんが立ち上がった。

私が『ここはどーう言うお店ですか』と聞いた。

女将さんが『基本は浜焼きと鍋が中心です』と言った。

ふと壁のメニューを見ると『馬刺し』と書かれていた。

『馬刺しを食べよう』

そう思って、入り口近くのテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、馬刺しであった。


DSC03152


DSC03154


直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。

乾杯ー!!


DSC03155


DSC03156


馬刺し

馬刺しはどこで食べても外れがない。

柔らかくて美味しい。

それが馬刺しなのであった。

そんな感じの『初風』であった。





BlogPaint


DSC03157







ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC03079


DSC03080


DSC03081


DSC03082


DSC03083


DSC03084


トマトとチーズのサラダがめっちゃ美味しいのであった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!











哲学者ではないですけど……。

怒りとは、自分の中の感情を浪費する事に他ならない。

怒る事は疲れる。

心に非常に負担が掛かる。

心が健康で感情を上手くコントロールできる人にとって「怒り」とはエネルギーに

なる。

感情に余力のある人の事。

そういう人が「怒り」を感じると、その怒りの対象に向けて何らかのアクションを

取る。

ストレートに苦情を申し立てたり「自分はあなたのこういう所に怒りを感じていま

すよ」とアピールしてみたり。

自分の申し立てが上手く通れば、それはすなわち「達成感」となり自信に繋がり、

怒りから別の何かに自分の視点を転化させる事が出来る。

ただ、「怒り」は諸刃の剣というか、感情コントロールの出来ない人間にとっては

非常に危険なものだと思う。

手段を間違えば相手に深い傷を負わせてしまうし、自身にとっても、社会的に見れ

ば不利になるであろう。

「怒り」をコントロールできない人間は「自己抑制能力が低い」と判断されかねな

いからである。

とは言え、「怒り」自体は正常な感情だと思う。

極々自然発生的な本能だと思う。

「自分を大事に思っている人間」ほど「怒り」は湧くものだと思う。

「自分が大事」とはすなわち「自己承認」のバロメーターであり、これが高くない

と、人は他人に優しくする事は出来ない。

問題は「怒り」を自分でどう処理するかだと思う。

そのまま何の加工も施さずに相手にぶつけるのか、自分の中でひたすら溜め込むの

か、別の何かで発散させるのか、「怒り」は賢くならないと発散出来ない。

賢い人は、「心に余裕」を求め、常に心に余白がある。

その余白で人は考える。

「この怒りをどうしてくれようか?」と。











「哲学とは知を愛し求める事」と言うのは聞いた事があるが、本当に知を愛し求め

る事が哲学なら雑学と哲学は同じだと思う。

でも、雑学の議論は笑いと思いやりに満ちているが、哲学の議論は怒りと憎しみに

満ちているような気がする。

哲学が本当に知を愛し求める事なら、そうはならないと思う。

「哲学とは知を愛し求める事」と言うのは、何かを隠すための嘘かも知れない。

哲学(フィロソフィー)は、「フィロ(愛する)」「ソフィア(知)」から

来ている。

「知者」(ソフォス)を自称するソフィストたちに対して、ソクラテスは

自らを知者ではないが、「知を愛し、求める者」(フィロ・ソフォス)=哲学者と

呼んだ。

ソクラテスの哲学的探究は、「ソクラテスほどの知者はいない」というアポロンの

神託から始まる。

身に覚えがないソクラテスは、世間で知者だと思われている人達をつかまえては

問答し、彼らが実は無知であるということを発見する。

この人間より、わたしは知恵がある。

なぜなら、…この男は、知らないのに何か知っているように思っているが、

わたしは、知らないから、そのとおりにまた、知らないと思っている。

だから、つまり、このちょっとしたことで、わたしのほうが知恵があることに

なるらしい。(「ソクラテスの弁明」)

ソクラテスは自らの無知を自覚している。

真の知者は神(アポロン)だけである。

人間ができるのは、ただ知を愛し求める(=哲学する)ことだけだ。

「無知の知」は、自分は知っているという思いこみから自他を解放することで

ある。

こうして、根拠を問い直すという哲学の基本的な姿勢を確立したソクラテスだが、

世間からは、すべてを疑えと人々に教え、権力や権威ある人びとの無知をあばく

危険実物と見なされた。

しかし、権力者や権威者をことごとく論破するソクラテスは、若者に絶大な人気が

あった。

ソクラテスは、相手に質問をしてそれに答えるという過程を通じて真理に到達する

方法=対話法(ディアレクティケー)を生み出した。

真理は対話の中にのみ宿ると考えたソクラテスは、ただの一行も書き残さ

なかった。

彼の思想は42歳年下の弟子プラトンが書いた対話篇を通して知ることができる。






←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:36コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月30日

  余りのどデカさに



その後JR玉造駅前まで移動した。

そして向かったお店は居酒屋の『なるとや』であった。


DSC03142


DSC03140


DSC03141


店内に入るとお客さんは結構入っていた。

我々は中央辺りのテーブル席に案内された。

早速注文をした。

注文は、イワシのオイルサーディン、手作りコロッケ、どて焼きであった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC03144


乾杯ー!!


DSC03143


付き出し

ここの付き出しはちゃんとした料理であった。

時々めっちゃエエ加減な付き出しを提供するお店がある。

ところが、この『なるとや』の付き出しはしっかりとしたおかずである。

それは丁度『深夜食堂あそびバー』の付き出しと全く同じレベルなのであった。

この付き出しを食するだけでもここを訪問する価値があるのであった。


DSC03145


DSC03146


DSC03147


DSC03148


DSC03149


オイルサーディンと手作りコロッケとどて焼き

手作りコロッケの中身はカレー味に仕上げられていてめっちゃ美味しかった。

ただ余りのどデカさにびっくりした。

『居酒屋名酒場』と言う本に『自慢のコロッケ』と紹介されいた。

この文言にめっちゃ納得した。

JR玉造駅前にある居酒屋の『なるとや』

ここは絶対のお薦めのお店である。

絶対の後悔しない抜群にいい居酒屋なのであった。

猛牛ポーズをした。


DSC03150


猛牛ポーズ!!

そんな感じの居酒屋の『なるとや』であった。







ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC03065


DSC03066


DSC03067


DSC03068


DSC03069


DSC03070


DSC03071


DSC03072


DSC03073


DSC03074


天ぷらの盛り合わせが最高に美味しいのであった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











高畑裕太容疑者が逮捕 母・高畑淳子さんが会見。

今週のお昼のワイドショーを見ていると、このニュース、まだやるんやって感じ。

正直、キショクの悪い事件。

凶悪そのもので、目をつむりたくなる。

もう逮捕された訳やし。

今後は裁判で裁かれる。

裁判が開かれて、判決が出る。

マスコミは、その結果を見守るしかない訳やし。

それを、第三者がごちゃごちゃ言うても、しゃーないし。

テレビの構成上、コメンテーターが何か喋らなアカンのはよー分かるけど。

しゃーけど、その話、先週も聞いたでって感じや。

おんなじ話ばっかしして、全然おもんないで。

おんなじ話の繰り返しやんけ。

このおぞましいニュース、もうええんとちゃうやろーうか。

ほんま、もうええで。

正直、しつこいんとちゃうけ。










ドラえもんの道具の一つである『どこでもドア』は瞬間移動するための

道具である。

人が移動するだけでなく地球温暖化や原発問題を解決する画期的な道具でもあると

いう事をレポートする。

[使い方 その1]

どこでもドアに2本の送風管を通して日本とオーストラリアを繋ぐ。

夏の日本の熱い空気を送ればオーストラリアにいる人にとっては安上がりな暖房に

なる。

逆に、冬のオーストラリアの冷たい空気を送れば日本にいる人にとっては安上がり

な冷房になる。

節電バンザイ!

[使い方 その2]

水力発電所を持つ川の河口にどこでもドアを立てて河口に流れ着いた水を上流に

戻す。

こうすると水力発電所には無尽蔵に水を供給出来るから24時間フル稼働が可能に

なる。

脱原発に弾みが付く。











『仏教は哲学でも宗教でもありません。

実践です。

そして、頭で考えてるだけの人には仏教は理解できません。

しかし、考えないこともまた、間違いなのです。

釈尊は信仰を捨てよ、とおっしゃられています。

それは、あなたのおっしゃっている神信心(自分以外に自分を丸投げすること)、

という意味です。

そして、釈尊が称賛されている『信』とは、ダンマ(法)に対する揺ぎ無い

確信です。

これは、仏道修行しないと分かるものではありません。

もしこれを理解したいと思われるのでしたら、先ずは怒りと妄想を抑える実践を

半年継続してください』

日常生活の中で怒りを感じる局面をピックアップし、なぜ、自分が怒りを感じたの

か、どういう理由で怒りが発生しているのか、という事を考察してみる。

但し、人によっては不向きな場合があるので、もしあなたがご自分の分析能力、

判断力、教養などに自信がなく、正しい考察ができるという確信が持てなければ、

『怒りは人生を蝕む劇毒である。

怒ると物事は悪い方向へ進む。

成功した場合でも、もし怒らなければ何倍もの結果を出せていたはずである』

という一文に依拠し日常生活から怒りを感じる局面、時間を減らす事を心がける。

怒りには、他人に感じる怒りに加えて自分に感じるクヨクヨした後悔や現状に対す

る不遇感などマイナスの感情も含まれる。

とにかく徹底して自分も他人も傷つけない、という事を心がける。

一日一善を心がける。

コンビニ募金程度で十分。

桑田二郎氏の『マンガで読む・悟る般若心経・観音経』シリーズを購入して

熟読してみる。

この書籍は仏教思想について語っている。

怒りをなぜ避けなければならないか、という部分の解説は素晴らしい。

妄想とは。

『今日はこうだった。

明日はこうなるだろう。

こうなったらどうしよう。

アイツにはこう言ってやろう。

こう言われたらどう言い返そう』

などと言ったとりとめのない思考のさまよいの事。

つまり、心の手綱を放すな、という事。

特に。

『アイツはオレの事をこう言っているはずだ。

同僚との雑談の中で昨日の事を噂しているに違いない。

今度アイツが同じ失敗をしたらこう言ってやろう。

ああ言ってやろう』などと考え怒りを膨らませるのは最低最悪の妄想。

この手の妄想は自分の将来を好んで糞溜めの中に漬け込むような愚かしい行為。






←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月29日

  モンゴイカの塩焼きの食感



8月25日の木曜日『ホテルアゴーラ大阪守口』で大手ゼネコン主催の講演会が

あった。

講演会は5時半から始まり約1時間ほどで終了した。

その後私は一人でタクシーに乗ってJR鶴橋駅前まで移動した。

そして向かったお店は焼肉の『本家とらちゃん 鶴橋駅前店』であった。

この日のお供は所長と東成の大ちゃんであった。

所長と東成の大ちゃんとはJR鶴橋駅の改札口前で7時に待ち合わせをした。

私が到着したのは6時50分頃であった。

すると二人は既にそこに立っていた。

流石であった。

Tちゃま倶楽部のメンバーはめっちゃ時間厳守なのであった。

そんな感じの焼肉の『本家とらちゃん 鶴橋駅前店』


DSC03112


DSC03113


店内に入ると塩野主任がいつもの素晴らしい笑顔で我々を迎えてくれた。

平日ではあったが結構お客さんが入っていた。

流石は『とらちゃん』であった。

我々が案内されたのはいつものレジの横の個室であった。

早速注文した。




注文したオーダー

上塩タン×一人前

特選サーロインステーキ×二人前

特上骨付カルビ×一人前

特選ハラミ×一人前

並のロース×一人前

タンツラ塩にんにく味×一人前

特上ミノ×一人前

野菜サラダ×一皿

生ビール×飲めるだけ



我々が席に座るとTちゃま倶楽部専用の胡麻と葱の薬味と『とらちゃん』秘伝の

タレが用意されていた。


DSC03117


Tちゃま倶楽部専用の薬味と『とらちゃん』の秘伝のタレ

この胡麻と葱の薬味は我々専用で他のお客さんに提供される事はない。

先ずは『ウコンの力』で乾杯をする事にした。


DSC03115


乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をする事にした。


DSC03116


乾杯ー!!


DSC03119


DSC03120


上塩タン

焼肉プレーの始まりはタンから食べるのが世界共通のルールである。

一番にタンから美味しく食べる。

これが焼肉のルールである。

厚過ぎず薄過ぎず絶妙の厚みが心地の良い食感を生み出すのであった。

口に入れた瞬間から溢れ出す甘味と旨味が口一杯に広がる。

一口目から最高の演出をしてくれるのであった。


DSC03123


DSC03124


DSC03125


DSC03126


特選サーロインステーキ

今日も鹿児島産黒毛和牛A-5の最高級のサーロインステーキであった。

じゅっくりと寝かす事で見事なサシが染み出て来る。

滲み出たサシを弱火でゆっくりと焼くと驚きの甘味と旨味に生まれ変わる。

マッタリとした食感と抜群の旨味にただただため息しか出ないのであった。

これこそが『至福の喜び』なのであった。


DSC03127


特上骨付カルビ

部位は『ともばら』

サシの入り方が非常にキメの細かい。

その為に他の部位とは一線の画す濃厚な甘味を表現する。

抜群の甘味と旨味に感動するのみである。


DSC03129


特選ハラミ

ハラミではなくてロースの旨さを味わえる。

食べるほどにロースよりも濃厚な甘味と旨味を感じる。

これほどのハラミを味わえるのは他にないのであった。


DSC03128


並のロース

ジューシーな肉汁が湧き上がって来る。

とても並のロースとは思えない味わいに感嘆するのであった。

他店なら上か特上のロースレベルの味わいであった。

最高に美味しい逸品なのであった。


DSC03121


DSC03122


タンツラ塩にんにく味

ホルモン独特のジューシーな脂が溢れ出す。

しっかりとした歯応えを感じながらも直ぐに柔らかくなる。

噛むほどに甘味をしっかりと感じる。

ビールのアテとしては最高の逸品なのであった。


DSC03131


DSC03132


特上ミノ

ホルモンとしての線維を感じならも柔らかさを感じる。

モンゴイカの塩焼きの食感と同じ感じである。

表面は少し歯応えがありながら噛むほどに柔らかくて甘味を感じる。

本物のミノを実感する瞬間であった。


DSC03118


野菜サラダ

キューピーのドレッシングがかかった極々普通のサラダであった。

骨付カルビの筋を焼いて食べる事にした。


DSC03134


骨付カルビは筋まで綺麗に焼いて食べるのが通である。

そして最後の最後は……。

最後の最後まで大切に残しておいたサーロインを焼いた。


DSC03135


DSC03136


最後まで大切に寝かしていたサーロインはかなり熟成されている。

その為、サーロインがトロントロンになっていた。

これがほんまにえげつないほどに美味しいのであった。

あったかいコーン茶で乾杯をして〆る事にした。


DSC03137


乾杯ー!!

このコーン茶を飲むと満足感でホットするのであった。

最後に皆で猛牛ポーズをする事にした。


DSC03138


猛牛ポーズ!!

この日のお供の所長と東成の大ちゃんが『とらちゃん』の味わいに感動していた。

私はこの二人の喜ぶ姿を見ただけで幸せな気持ちになった。

そんな感じの焼肉の『本家 とらちゃん 鶴橋駅前店』であった。





DSC03114


DSC03130


DSC03133





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!


















瞬間移動という考え方が実現可能かも。

もしかしたら1億年後も人間がいたら、その頃の文明ではあるのかもしれないと思

う程度。

ところで、ブラックホール自体が存在してない考え方をしている。

科学ではブラックホールがあるとされていて、誰も疑いなど持ってない。

しかし空間が広がったとされる科学の宇宙観と比較するとブラックホールは凄く怪

しい。

それでこれは恒星が終わりになって、光を表に出していないものの想像をしする。

ところが、今では科学でこれを疑う人がいないのではないかと思うくらい、皆が信

じているように見える。

これなくして現在宇宙論は語れない。

宇宙が空間毎広がったと言われているから。

それでは物質も一緒に付いて行ってしまう。

すると恒星としての塊になるのかさえ疑問なので、しかし宇宙にブラックホールを

仮定すると空間まで引き込む超重力になるのだというシンボルとなる。

それである量以上が集まると重力崩壊の元で潰れるという存在があると、人は安心

するのである。

やっぱり物質が集まって恒星になるのだという具合。

それで宇宙は空間が広がった事が理由なく受け入れられ続けているとも言える。

宇宙が空間で広がったとは思えない。

空間が広がってないので物質が空間に持って行かれるという事もない。

従ってブラックホールの様なものも存在する理由もない。

さて原子核も壊れて潰れて行く様な印象がブラックホールの存在である。

原子核自体が潰れるとか、素粒子に分解される事は自然界ではなかったと考えて

いる。

だから、ブラックホール自体も存在した事がないという考える。

それは何ぼ質量が増えて重力が強過ぎる様になっても、圧力は反発する力として

支えるというもの。

物質本来の持っている量が集まれば威力を増す。

津波でも大きければ激しい被害を齎す。

自然の流れは大きければ反撃も甚だしいのでブラックホールになると言われる量の

質量では反撃に対する力も内在する力も甚だしく強い筈なのに、これが潰れて重力

崩壊してドンドン小さくなって行く様な事を言った人を信じて科学が進んでいる様

にしか見えない。

星の圧力は、物質そのものの存在で持っている圧力。

物質が増えるほど重力で集まるが、しかしこれでも原子や原子核の固有の存在で支

えて圧力となる。

この圧力の為に恒星は一定の大きさでしか存在出来ない。

これで球状星団の星々の様に集中して何万も集まっていても、全体が1つになって

いないである程度の間隔で離れて存在出来る。

即ち重力と圧力とのバランスでは存在の限界があって、圧力で跳ね返す力がある為

に恒星の間が出来る。

この様にして考えると宇宙全ての物質が将来冷えて来ると、重力で集まる力も増え

て全体で集まり出す。

全ての物質が集中して来ても限界で圧力が増えて行って恒星の大きさ単位とか銀河

の大きさ単位で圧力の大きさが重力の力の限界を超えて反発力になって行く。

この考えで宇宙の全ての物質が繰り返されているとして物質の集中する集まりで上

の様な単位当たりの圧力が反発力となって支えて全ての物質を跳ね返す力になった

とするのが最も宇宙の構造を理由ある説明に導く。

ところが今や普通に銀河の中心にはブラックホールがあると言われるほど、これは

もはや宇宙思考の中心を占めている。

否定する。

それは銀河が最初から塊であったという事を考えて来たからだ。

これで回転の内に外に恒星を散らして行って渦状等になっている。

ブラックホールと言われるものは恒星が終わりになって冷えて外に光を出していな

いもの。

しかし中に未だ熱が篭っていてX線は出ているかもしれない。

光が出ていないので重力だけはブラックホールと見違える程であると思う。

さて科学では光さえ抜け出られないと言いながらジェットまで吹き出るとして見え

ないと言いながら見える存在の現し方の表現ならトランプのジョーカーの様に何で

も使えて便利な象徴になって見える。

宇宙が空間ごと広がっては遥かに広い宇宙空間に物質は持って行かれるだけに

なる。

それで銀河形成に必要条件としてブラックホールなしでは銀河は決して形成されな

いという事。

しかしブラックホールは思考の産物。

このブラックホールだが光さえ抜け出られない程の超強力な重力と言いながら、

しかし周りの物質との摩擦でX線を発しているとされて見えなくてもX線が出ている

とされている。

おまけにジェットまで吹き出ているのがこれとされるなどして、もはや非常に賑わ

しく幾らでも見えるような印象を与えている。

何ぼ何でも光さえ抜け出られない程の強力な引き付けの重力の元でジェットまで吹

き出るとは如何とは思う。

一直線に伸びる。

スプリンクラーの様に周りに吹き飛ばすのでもなければジェットである。

発想が余りにあり得ない様な状況。

ブラックホールの回転で振り回す様な状況から出ると言っている。

このジェットは回転する周りに吹き飛ばすのではなくて回転する軸に沿って出るの

である。

これは例えば地球で例えると北極から出る様なもの。

地球の重力では北極南極が一番強い。

赤道に沿った所では重力が弱くなる。

これは地球が回転をしていてそれで遠心力が一番働くのが赤道に沿ってだから。

こういう事でブラックホールからジェットが飛び出るのが遠心力が殆ど及んでいな

い所から飛び出る事は考えられる。

光さえ抜け出る事が出来ない超重力の元で、その近くから物質の摩擦でジェットが

出るという事は出来ない。

この飛び出るジェットは私の恒星観で膜状に穴が空いて、そこから噴出物が水鉄砲

の様に吹き出ているものを想像する。

さてブラックホールが回転する事で遠心力が働くので、この外側に物質が膨らんで

行くとかするのが通常の思考。

しかし科学ではこれではなくて遠心力で逆に締め付けると言う。

これでは物理的に成立しない。

成立しない事を前提にしては話としてルール違反。

これが締め付けるので物質が逃げ場を失って極方向にジェットが出ると言って

いる。

本来は締め付けるところが緩むので物質は遠心力方向に飛ぶ事になる。

平気でルール違反した様な思考を続けているが、これは宇宙の空間が広がった事

自体がルール違反で始まっている様なものだから、それが連続して今の宇宙観を

作っている様にしか見えない。

それに根源でブラックホールが超回転をしていると言われている事自体が見える訳

でもないので、あくまでも仮想を超えない。

・・・・・・・・・・・・

ところで……。

本来は原子核や電子の原子で構成されているのが基本。

ところが科学では加速器が発達して巨大化して原子核同士等で衝突させる事で、

これを素粒子に分解させた。

それで元が素粒子で宇宙は成り立っている感じである。

素粒子は現在16種類で、そしてヒッグス粒子とかも関係されているとされる。

ところで宇宙の初めにこの素粒子などがバラバラにある中で全ての原子核にこれら

16種類+1だけ上手に入り込む事が可能かという事。

これは丁度もし空一杯に16種類+1の鳥が何万羽も飛んでいて、そしてそこに巣が

何百もあったとした場合に、その巣の一つずつの中にキッチリと16種類+1が外の

鳥の種類が重ならなく入ると同じような物。

このように考えても自然の状態で素粒子がバラバラに存在していた事はなかったと

推定出来る。

これだけ多数という素粒子で組み合わされる原子核なら、原子核の種類はそれに合

って色々な種類があってもいいのに、精々陽子とか中性子のグループくらいな基本

である。

これは宇宙の自然界で、決してこれ以上に壊れて原子核も存在した事がない意味に

なる。

即ち現在科学が加速器で宇宙初期を見出そうとする事は、却って宇宙を誤解して

見る事になるのではと考える。

陽子等原子核は自然にあって、存在その物が莫大な力に耐えうるほどのものと考え

る方が宇宙解釈にとって大切と考える。

一つの陽子等から取り出すのにも、莫大なエネルギーが必要なヒッグス粒子とかを

取り出そうとかしていること自体が、そのような絶えうる力を持っている。

即ちこれでは宇宙全ての物質が集まっても、この陽子等の力で耐えて支える事が出

来る。

それで全ての物質が集まっても反発させ広げる事が出来る。

ういう事で宇宙全ての物質が繰り返されて来た考えである。

元々原子核などが素粒子にまで裂かれた事もなかったし、今後も原子核のまま宇宙

の物質全てが繰り返されるだけである。






←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月27日

  虹の架け橋見付けた時の様



この日はハヤシライスを作る事にした。

使ったのは三種類のルウ×2とミートソース×2であった。


DSC03098


この日の材料は『業務スーパー 枚方高田店』で買って来た極々普通のすき焼き用

の国産牛総量約3.0㎏と玉葱とじゃが芋であった。


DSC03168


この日も鍋2杯のハヤシを作った。

材料をいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC03169


DSC03170


そんな感じのハヤシライス。


DSC03171


DSC03172


DSC03173


DSC03174


スタッフの皆と一緒に食べるハヤシライス。

これがむちゃくちゃ美味しい。

ほんまにえげつないほどに美味しいのであった。

酸味の効いたトマトベースのハヤシライスを食べると虹の架け橋見付けた時の様な

ときめきを覚えるのであった。

…なんとなく言わんとする意味は理解出来る。








昨日のお昼に用意されたのは『イタリアン食堂やまもと』と言うお店の

『イタリアン弁当』であった。


DSC02975


DSC02976


イタリアン弁当


DSC02977


DSC02978


味が中々のイタリアンって感じで結構美味しいのであった。








そうこうしていても、あの眼力浜っこすわ子がここに来なかった。

どうやら会議があったみたいだ。

『ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたるぞ~っ!!』

これが眼力浜っこすわ子の決めセリフなのであった。








『トップワールド香里園店』で鰻専門店の『魚伊』の鰻の蒲焼きを買って来た。


DSC03075


あっつあつの御飯の上に『魚伊』の鰻の蒲焼きを乗せた。


DSC03076


DSC03077


DSC03078


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

真空パックに入った『魚伊』の鰻の蒲焼きを取り出した瞬間から何とも言えない

炭火の香ばしさが漂う。

その瞬間が何故かほっこりとするのであった。

柔らかい食感に包まれながらマッタリとした空間を覚えるのであった。

『魚伊』の鰻の蒲焼きは真剣に美味しいのであった。








『ライフ香里園店』で美味しそうな牛のミスジステーキを買って来た。


DSC02955


牛のミスジステーキを美味しく焼き上げた。


DSC02956


それをあったか御飯のおかずにした。


DSC02957


DSC02958


DSC02959


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

無茶苦茶柔らかいミスジが最高に美味しいのであった。

余りの柔らかさにあっと言う間に口の中で溶け出してしまった。

最高に美味しいミスジでびっくりしたのであった。








『万代』香里ケ丘店でブリの切り身を買って来た。

ブリの切り身を漬けにした。


DSC03100


とりあえず炊き込み御飯を作った。


DSC03099


炊き込み御飯の上にブリの漬けをトッピングした。


DSC03101


DSC03102


DSC03103


そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

たっぷりと脂の乗ったブリの漬けと炊き込みご飯が絡み合って最高に美味しいので

あった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日はカレーを食べる事にした。


DSC03063


DSC03064


食パンを食べながらのカレーが最高に美味しいのであった。








今週のおかず。




DSC03060


DSC03061


DSC03062






DSC03057


DSC03058


DSC03059







そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











スピルバーグの「激突!」

タンクローリーが物凄いスピードでセールスマンの自家用車を追い上げて行く

ショット。

ドライブインで警察に助けを求めるために電話ボックスで電話するセールスマンめ

がけて猛然とタンクローリーが突っ込んで来るショット。

動けなくなったスクールバスをセールスマンの車のバンパーで押してやるが、

二進も三進もいかない。

ふとセールスマンが前方に目をやるとトンネルの向こうに追い越したはずのタンク

ローリーがライトを点滅させてこっちを見ている!!!ショット。

貨物列車が通過する踏切の前で止まったセールスマンの車をタンクローリーがぐい

ぐいと押す!

殺意を感じたショット。

こんな単純なストーリーを1時間半の面白い映画に仕立てたスピルバーグの才能に

仰天してしまった。











過度な忍耐は良いとは思わない。

気のせいかもしれないが忍耐という精神論に過剰な美学的意識を感じる。

子供は親の愛情を肌で感じていれば大人が驚く程の忍耐力を発揮する事がある。

安心感が不十分だとセロトニンという神経物質の受け渡しが不足する。

その状態から更にストレスがかかると本能的な自己防衛でストレスに反発する事も

あるのではないだろうか。

先ずは肌で感じる形で愛情表現してみては如何だろうか。











自分とピッタリだと人は役割を果たそうとしてピッタリを崩そうとする。

その様にして他者と自分との違いを認識する事で自分という存在を認識する事が

出来る。

また、ピッタリでないとピッタリにしようともする。

と言うのは、人間関係にも黄金比があって、実際耐えていても耐える事が自分の価

値を上げると考える人には相手のリードが居心地良い。

「合わなかった」は体裁の良い言い訳で実際にはカップルの数以上に理由がある。

どのカップルにも共通するのが、役割を終えたから別れた、というのが本当のとこ

ろであろう。

この役割とは何をもって夫婦とみなすかだが、夢を与えるだけの役割もあり、家と

いう社会を知るという役割もあり、子供を授かるだけの役割もあり、子供の成人ま

で家族という組織であるということもあり、どの段階までかは前もって知る事は

出来ず、カップルの数だけ存在する。

その時点までの運命を共有することが結婚であり、社会的制度を利用する事はチャ

レンジであり、そのことによってしか成り立たない結びつきや、その事によってし

か得られない成果がある。

その成果が「結婚してよかった」と「離婚してよかった」の2つである。

およそ二つを味わえる事はその人にとって人生を豊かにした事となりえる。

なぜなら結婚して良かったと思うだけで終わる人生より2倍を手に入れている訳で

ある。

結婚をした事がない人の三倍になる。

人は自分だけ幸せになることを忌み嫌う。

そのため結婚は苦労の象徴となる言葉を使い表現するが、我慢も忍耐も辛抱もしな

い結婚もあるだろう。

人の言葉を鵜呑みにしない方が良い。










『セブン』(Seven, 劇中の表記は"Se7en")は、猟奇殺人を描いた1995年の

アメリカ映画。

出演 =ブラッド・ピット =モーガン・フリーマン =グウィネス・パルトロウ

この映画ほど後味の悪い作品はない。

いい事して真面目に生きてきた刑事が凶悪犯の挑発に乗って犯罪者になって

しまう。

何もかも失うだなんてフィクションだからって割り切れるもんじゃなかった。

後味でいったらこれが一番最悪。

女優・高畑淳子(61)が26日、長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)が

強姦(ごうかん)致傷罪で23日に逮捕された事件を受けて都内で会見。

毎日の様にこの会見がテレビで流されている。

見ているだけで映画『セブン』の後味の悪さを感じてしまう。

高畑淳子の気持ちが理解出来る母親は結構多いのではないかと思った。





←ここを押してください!!



h_t_tomoto at 06:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月26日

  episode-49 「シーラカンスを喰っていればいい」



中日・谷繁元信監督(45)の事実上の解任劇で落合博満GM(62)へのバッシ

ングがすさまじい。

名古屋市内の球団事務所には「なぜGMは辞めないのか」との抗議電話が多く

あり、インターネット上でも同様の書き込みが目立っている。

佐々木球団社長らフロントサイドは今のところ静観しているが、そんな中、

チーム内では「落合GMの監督復帰しかない」との声が出始めた。

中日もごちゃごちゃしているな。

オリックスもそうやけど、基本はファンあってのプロ野球やと思うが。

昨夕そんな事を考えていた。

すると江戸っ子どんと姫がここにやって来た。


DSC03104


そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「落合の監督はどうかな」と言った。

江戸っ子どんと姫「ミハイル・トゥシュマロフ(ロシア語: Михаил Туш

малов / Mikhail Tushmalov, 1861年 – 1896年)は、夭折したロシア帝国の

指揮者です。

民族的にはグルジア人で、本名はトゥシマシヴィリ(თუშმალიშვილი,

Tushmalishvili)と言います。

オペラ指揮者としてワルシャワとトビリシで活動し、グルジアに亡くなりました」

と言った。

私が「へ~っ、クラシック音楽にも精通しているんや」と言った。

江戸っ子どんと姫が「この辺は、ドン引きタツジさんとは違いますから」と笑い

ながら言った。

私が「ところで、野球には興味はないんか」と言った。

江戸っ子どんと姫が「民法96条の取消しまたは民法95条の錯誤無効の場合の遅延損

害金の起算日についてです。

お金を支払ったが相手方が約束通りの行動をしなかったので支払いを取り消したと

ころ(取消しには応じなかった)よくよく調べたら詐欺だった、という場合、おそ

らく錯誤と詐欺の2重効によって、どちらかを選択することになるようです。

遅延損害金の約条のある債権であれば支払った日または取り消した日から起算して

遅延損害金が発生すると思われます。

この起算日です。

錯誤無効は文字通り当初から無効ですが錯誤無効に基づく不当利得返還請求権は、

期限の定めのない債権ですから催告の時から遅延損害金が発生します。

(民法412条3項)

詐欺による意思表示を取り消した場合、遡及的に無効となり(民法121条)、

錯誤無効と同じく、不当利得返還請求権が発生します。

但し、詐欺をした者は「悪意の受益者」ですから当然に遅延損害金が発生します。

(民法704条)

よって催告(民法412条3項)を待つまでもなく取消しがなされれば意思表示の時に

遡って遅延損害金が発生します。

錯誤無効の場合は催告の時(8月20日に催告すれば8月20日です)に遅延損害金が発生

します。

(民法412条3項)

8月15日の詐欺による取消しの効果は8月1日に遡り、8月1日から遅延損害金が発生

します。

(民法121条本文、同法704条)

第121条(取消しの効果)

取り消された行為は初めから無効であったものとみなす。

ただし、制限行為能力者はその行為によって現に利益を受けている限度において、

返還の義務を負う。

第412条(履行期と履行遅滞)

①債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時か

ら遅滞の責任を負う。

②債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来したこ

とを知った時から遅滞の責任を負う。

③債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた

時から遅滞の責任を負う。

第704条(悪意の受益者の返還義務等)

悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない。

この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う」と言った。

私が「ところで、お盆休みはどうしてたん」と言った。

江戸っ子どんと姫が「お盆休みは実家がある東京の江戸川区に帰省していました。

大阪はやっぱり無茶苦茶暑いです。

こんなに暑いと営業周りに物凄く影響します。

ドン引きタツジさんもこの暑さで今まで以上にクソ面白くないです。

毎日飽きもせずに“俺達虎党は熱く、熱く、タイガースを応援する”と訳の分から

ない事をぬかしています。

わたくしは野球の事はよく分かりませんが、どう考えても今年は広島東洋カープが

優勝すると思います。

ドン引きタツジは毎日上司から気合を入れられていました。

毎日本当に暑いですが、わたくしは今の状態を保ちながらこのまま突っ走ります」

と言って拳を突き上げた。


DSC03105


私が「まあー、あんまし、無理せずに、マイペースで頑張れよ」と言った。

江戸っ子どんと姫が「お盆明けだと言うのにいきなり変態のえて雄に会いました。

あのキショクの悪いハゲ頭を見ると暑さ倍増で息が苦しくなります。

全くこの世のものとは到底考えられません。

うにゃうにゃしたシーラカンスを想像してしまいます。

おそらくですが、変態のえて雄さんのシモはシーラカンス級ではないかと

思いました」と言った。

私が「シーラカンス級って。

なんじゃー、そりゃー。

しかし、何となく言いたい事は分かる」と言った。

すると江戸っ子どんと姫が「変態のえて雄さんと交野のそろばん熱しさんの二人で

シーラカンスを喰っていればいいと思います」と言った。

その瞬間、深い沈黙になった。

江戸っ子どんと姫もえげつない事を言うわ。

江戸っ子どんと姫、この調子でこれからも頑張って欲しい。(^^♪








ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC02947


DSC02948


DSC02949


DSC02950


DSC02951


DSC02952


DSC02953


DSC02954


春巻きが最高に美味しいのであった。








『551の豚まんがあるときー?』

関西人「うおおおお!!!」

『ないときー?』

関東人「?」

『551の豚まんがあるときー?』

関西人「うおおおお!!!」

『ないときー?』

関東人「???」

関西人「ちゃうねん!もっと残念な感じでリアクションせなあかん!」

関東人「?????」

やっぱり……。

関東の人には『551の豚まん』を理解するんはちょっと難しいやろーうな。

そんな感じで『京阪百貨店モール京橋店内B1F』にある『551蓬莱』で豚まんやら

いろいろと買って来た。

それを晩御飯にした。

ついでに『古市庵』でおにぎりも買って来た。


DSC02960


DSC02961


DSC02962


DSC02963


DSC02964


DSC02965


DSC02966


DSC02967


最近『551蓬莱』と『古市庵』がセットになって来た。

『古市庵』のおにぎりを食べながらの『551蓬莱』の豚まんを喰う。

これがいっちゃんオシャレやと勝手に思っている。

『古市庵』のおにぎりは『セブンイレブン』のおにぎりよりも確実に美味しい。






←ここを押してください!!



h_t_tomoto at 07:40コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ