2016年11月

2016年11月30日

  置き方がきつかった


その後向かったお店は『ぶらり亭』であった。


DSC04899


DSC04900


DSC04901


DSC04902

店内に入るとわりと空いていた。

我々は奥のテーブル席に案内された。

早速注文をした。


DSC04905


DSC04906

注文は、出汁巻き玉子であった。

直ぐに瓶ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04903

乾杯ー!!


DSC04904


DSC04907


DSC04908

出汁巻き玉子

ちょっと出汁の味が薄めに感じた。

それでテーブルを見た。

俺が求めている醤油が置いていなかった。

それで俺が『すいません。醤油はありませんか』と言った。

すると店主が近づいて来てテーブルの横に設置されていたポケットから醤油を取り

出し無言でテーブルに置いた。

その置き方がきつかった。

明らかに店主は憤慨していた態度であった。

まあー、それは仕方なかった。

俺ももうちょっと気配りが必要だったかもしれない。

ここは特別な玉子を取り扱っていて玉子その物だけで美味しいと言うのが謳い文句

にしていた。

しかも注文が出汁巻き玉子。

その出汁巻き玉子に醤油をかけるなんて御法度者になる訳で。

後から考えたらそりゃー店主も気分悪いわな。

普通のエチケットとして出汁巻き玉子に醤油をかけるはあり得ない。

まあー、これを契機に『ぶらり亭』の訪問はヤンペにする事にした。

自分で蒔いた種っちゅーこっちゃー。

もう二度と『ぶらり亭』を訪問する事はない。

そんな感じの『ぶらり亭』であった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC04834


DSC04835


DSC04836


DSC04837


DSC04838


DSC04839


DSC04840


DSC04841


DSC04842


DSC04843

小芋のバター炒めがめっちゃ美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











教養。

取引先での会話。

「お前は教養無いよな」

「何も知らないで凄く真面目に仕事して売り上げ伸ばす事が出来るよなぁ」

「教養が無いからボキャブラリーも知識も薄いから会話が薄い筈なんだけど

売り上げ上げるよなぁ」

と言われた。

お酒の席での会話で「ネコとタチ」と話が出た。

「何?ネコとタチ」って聞いたら「知らないの?教養が無いなぁ、

先輩に教えてやれよ!と」一緒に居た後輩にお客様が聞いたところ、後輩は

「先輩ホントに知らないのですか?常識無いですね」と言われ、色々と教えて

貰った。

更に「ガチムチの言葉を聞きまして」

それも教わった。

基はその後輩がナヨナヨしていてオカマっぽいという処から会話になって行ったの

に完全に自分への集中砲火だった。

ガチムチも意味不明で知らないと言いましたら、こりゃ「死亡フラグ」だわ。

と回りに言われた。

正直死亡フラグも知らない。

ゲイの世界では性役割的に「攻める側」をタチ「受ける側」とネコというそうで

それはレズビアンの世界でも同じ。

教養は教養ある人との交際やそこそこレベルの高い文芸書や芸術の鑑賞などで養わ

れるもの。

下世話なトークや日常生活で用をたすための会話などでは教養を仕入れる事は出来

ないであろう。

書かれている用語は教養には普通はない。

どのような用語でも知っていれば教養の一部にする事は出来ても、その言葉を

知っている事や使える事が教養の程度を示すという事はほぼ無理。

酒の席とはいえ、スラングや下ネタばかりをしているのは教養が乏しい可能性を想

起させる状態である。

もしも「コとタチって知らないの?教養が無いなぁ、ホントに知らないのですか?

常識無いですね。教養が無いからボキャブラリーも知識も薄いから会話が薄い筈な

んだ」という発言をする人がいるなら、その発言者は教養のない世界の住人と推定

してほぼ間違いない。

更に「何も知らないで凄く真面目に仕事して売り上げ伸ばすこと出来るよなぁ」と

言っている人は売上を伸ばすには何が重要かが分かっていない。

なにもわからずに酒の肴に仲間をしている様な人達との付き合いはそこそこにして

もっと売上実績を上げるための努力をまじめに続けるべきである。

教養を増やした方がイイかどうかは分からない。

教養を増やしてもかえって人間関係が悪くなる危険もある。

ただいくら仲間や客とは言え都会のサラリーマンで30歳前後でそうした会話が多い

のは(仲間や後輩、客の)先行きが暗い。

そうしたものに自分まで染まってしまわない方が良い。











小説とは教養が身に付くもの。

ピエール・ルメートルの「悲しみのイレーヌ」という本を最近読んだ。

この物語ではミステリー小説の知識が捜査を進める上で重要な鍵となっていて、

作中に出てくる犯人が事件の謎に主人公以外気づけなかった事を「教養がない」と

言っているのを見て、ふとそんな事を思った。

推理小説や犯罪小説、叙述トリックなんかが使われているミステリー小説が凄く好

き作者は気にせずタイトルや裏表紙の説明文、あらすじを見て、気に入った小説が

あれば買っては読んでいるが、正直、教養がついているな、という実感はない。

強いて言うのであれば、普段使わない様な、例えば忌憚や逡巡などの難しい漢字を

多少覚えた事。

そして登場人物の中で自分の今まで知らなかった精神性や価値観を持った人間が出

て来ては「創作と言えど、こういう考えを持った人間も世の中にはいるのかもしれ

ないな」と思う事ぐらい。

教養をどう定義するのかにもよるかもしれないが、教養=実践的な知識、だと

思っているので個人的には小説を読んでもあまり教養はつかないと思っている。

難しい漢字ばかり知っていても、きちんと使い方が分かっていなければ、どういう

時に使っていいのか分からないし、誰かと会話したり何かを説明したりする時には

難しい言葉より万人に伝わるような分りやすい言葉を使うと思う。

文章力なんかも上手い文章を書けているとは思えない。

単純に知識が増えたり精神や考え方が豊かになったという感覚もないし、生と死に

ついて深く考えようと思った事もなければ、人殺しの人格について詳しくなった訳

でもない。

ただ面白いな、という感情だけで小説を読んでいるので、教養をつけようと思って

読んだ事はない。

教養を付けるのであれば、一般教養や自己啓発、思想書や哲学書、それから新聞な

どを読むのが最適だと思っている。

イタロ・カルヴィーノという人の考えをちょっとパクる。

「鶴の恩返し」という話がある。

正体を見破られた鶴が去っていくあの印象的な場面は物語を聞かされた子供の心に

はっきりと残るであろう。

でも例えば鶴が人間の姿で訪ねて来た時老夫婦がどのように対応したか…そんな地

味なやり取りは雪女と混同して記憶があいまいになったり、あるいは完全に忘れ

去ったりするもの。

しかし話を忘れた後にも老夫婦のホスピタリティというものは記憶の襞に留まる。

子供は将来このホスピタリティをおそらく受ける側として経験する。

与える側の気持ちも既に学んでいるで無償のおもてなしを素直に受け入れたり、

無意識のうちに人の親切心を利用したり、あるいはハタを織る鶴の様に家主を助け

心象を良くしようとするかもしれない。

こうした知恵も「実践的な知識」の範疇に入るものだと思う。

この知識は、いつのまにか内部のメカニズムの様になり、もはやその源流に辿り着

くたどりつく事は出来ない。

源流が消滅している事さえある。

この様に子供は昔話の細かいやり取りから無自覚のうちに「実践的な知識」を学び

取り、話そのものはそこから切り離し捨て去る。

大人が推理小説を読む時にも同じことが言える。

いつか経験する出来事の原型に触れ、それが自身の思考様式に組み込まれたとして

も、それは気づかぬうちに起こる。

そして、その後も気づかずにいる。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:34 

2016年11月29日

  ラーメン屋とちゃいまっせ


『とらちゃん』の後はJR玉造駅前まで移動した。

そして向かったお店は居酒屋の『なるとや』であった。


DSC04889


DSC04890


DSC04891

前々からここのおでんが食べたかった。

ただ玉造には『関東煮 きくや』があったから今まで注文しなかった。

しかしもう『関東煮 きくや』へは訪問しないと決めたので今日は『なるとや』の

おでんを食べる目的でJR玉造駅前まで移動して来たっちゅー訳であった。

店内に入ると結構お客さんが入っていた。

ぶっちゃけここの料理はどれもめっちゃ美味しいから人気があるのだと思った。

それにここの女将さんが最高におもろい大阪のオバハンそのものが人気店の理由だ

と思う。

なんせ、俺が『ここの料理は天下一品やな』と言うと。

『なに言うてまんえん。

天下一品って。

うちは居酒屋であって、ラーメン屋とちゃいまっせ』って返して来た。

この返しには本気で笑ってしまい感心したのであった。

そんな感じの居酒屋の『なるとや』

我々は入り口近くのテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、おでんで、玉子、牛すじ、大根であった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04892


乾杯ー!!


DSC04893


DSC04894


DSC04895

付き出し

ここの付き出しの本気度が半端ない。

決して簡単に作った物ではない。

実際に作ったところを見た訳ではないが食べた味わいで手が込んでいる事が直ぐに

分かる。

ほんまに真剣に美味しい手づくり料理って感じである。

この付き出しを食べるだけでもこのお店に来る価値はあると思う。


DSC04896


DSC04897

玉子と牛すじと大根

想像以上に出汁が無茶苦茶美味しかった。

どうしても『関東煮きくや』との比較を考えてしまう。

しかし比較する事自体がちょっと違う様な気がする。

『なるとや』は『なるとや』のおでん。

『関東煮きくや』は『関東煮きくや』のおでん。

そう考えるべきだと思った。

どちらも美味しい、それでいながら全く別物だと言う感じだろうか。

今後も大いに『なるとや』のおでんを注文して行きたいと真剣に思った。

そうそう。

『ほっこり瓢箪島』のおでんも同様に美味しいのであった。

猛牛ポーズをした。


DSC04898

猛牛ポーズ!!

そんな感じの居酒屋の『なるとや』であった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC04796


DSC04797


DSC04798


DSC04799


DSC04800


DSC04801


DSC04802

エビチリが最高に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!











嫌煙者を偉大なる「エイブラハム・リンカーン」に例える事は間違い。

嫌煙者を「悪」と見なしたいなら「アドルフ・ヒトラー」とすればよい。

事実、ヒトラーの嫌煙癖はヒステリックな程(最愛の母クララが父アロイスの

ヘビー・スモーカーの影響により肺癌となって亡くなったことが原因と言われて

いる)で自分の身近に使える側近達、特に女性には禁煙、少なくとも自分のいる所

での喫煙を控えるよう強要したのは有名なお話。

(ヒトラーの身近にいる人物はマルチン・ボルマンやエヴァ・ブラウンを始め

ヘビー・スモーカーが多かった)

ヒトラーの数少ない功績(?)としてアウトバーン建設と共にドイツ国民健康増進

運動が挙げられるがその主翼の一つを担ったのが嫌煙運動だった。

「タバコ撲滅運動」に近い政策を打ち出していた。

最もこの運動は男性には健康な兵士になる事を女性には健康な良妻賢母となる事を

求める極めて軍国主義的富国強兵思想から出たものであった。

喫煙者がマナーを守って喫煙する分には何も言わない。

問題なのはルール・マナー無視の傍若無人な喫煙者。

知性、品格のある大人になる事が必要。

「やられたらやりかえす」

但し、それが出来ない環境、立場になっている

「我慢」するしかない。

その感情すらも湧かない。

稚拙な例。

「相手に殴られたら??傷害で訴える??」

「いゃ、その場で相手の腕の一本もへし折らねぇと・・・」

「気がすまねぇだろ」

「でもね・・・家族もいるし、お仕事もあるしね・・・」

「それは、出来ませんね」

これが本音。

頭が良くないから、くだらねぇ例で悪いけど。

知性・品格は今の自分の感情と切り離して……。

他で磨いて行けばいいと思う。

なあー、なあー、仁義愛将軍様。

的屋のたっちゃんの店先でウンコ座りしながら煙草を吸うのは如何なものか。

ウンコ座りして携帯しながら煙草ふかすはどうかな。

そんな所でウンコ座りしてたらお客さんが入って来られへんがな。

と言うか、そんな所でウンコ座りしてたらほんまに下痢ウンコするで~~!!

年末の飲み歩きが楽しみや。

仁義愛将軍様が『香里園のbe-inと言うお店ならええですよ。

中チョコレートなら……』と言った。

そんなアホな。

Tちゃま倶楽部で生チョコはないやろーう。

あの時はY先輩とやから生チョコやったんやで。

そんなん普通に行ったらピザ・ビッグサイズにパスタ大盛りに決まってるやん。

まあー、でも、心配せんでも、トイレタイムは絶対に作るから。

そんなん、香里園の道端で下痢ウンコされたら香里園、歩かれへよーいなるがな。

それはちょっと困るからな。

但し、中華の『大幸』はないと思う。

あそこの唐揚げの量みたら、この俺でもビビッてしもたから。

そんな感じ。

宜しくね!!





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:36 

2016年11月28日

  今年最後の『とらちゃん』


11月24日の木曜日『ホテルアゴーラ大阪守口』で大手ゼネコン主催の講演会が

あった。

講演会は5時過ぎから始まり6時頃に終了した。

その後私は一人でタクシーに乗ってJR鶴橋駅前まで移動した。

そして向かったお店は焼肉の『本家とらちゃん 鶴橋駅前店』であった。

この日のお供は所長と都島のまっちゃんであった。

所長と都島のまっちゃんとはJR鶴橋駅の改札口前で7時30分に待ち合わせをした。

私が到着したのは7時15分頃であった。

すると二人は既にそこに立っていた。

流石であった。

Tちゃま倶楽部のメンバーは絶対的に時間厳守なのであった。

そんな感じの焼肉の『本家とらちゃん 鶴橋駅前店』


BlogPaint


DSC04865

店内に入ると塩野主任がいつもの素晴らしい笑顔で我々を迎えてくれた。

平日だと言うのに店内は結構お客さんが入っていた。

流石は『とらちゃん』であった。

我々が案内されたのはいつものレジの横の個室であった。

早速注文した。





注文したオーダー

上塩タン×一人前

特選サーロインステーキ×二人前

特上骨付カルビ×一人前

特選ハラミ×一人前

並のロース×一人前

タンツラ塩にんにく味×一人前

特上ミノ×一人前

野菜サラダ×一皿

生ビール×飲めるだけ





我々が席に座るとTちゃま倶楽部専用の胡麻と葱の薬味と『とらちゃん』秘伝の

タレが用意されていた。


DSC04871

Tちゃま倶楽部専用の薬味と『とらちゃん』の秘伝のタレ

この胡麻と葱の薬味はTちゃま倶楽部専用で他のお客さんに提供される事はない。

先ずは生ビールで乾杯する事にした。


DSC04867

乾杯ー!!

この日は『ウコンの力』は用意されなかった。

と言うか、この日のお供の所長と都島のまっちゃんはこのブログの事を全く

知らないのであった。

だから入り口の写真撮影とか猛牛ポーズを見て『これは何ですか』と言っていた。

その後はちゃんと説明したから今後はちゃんとすると思うが。

今後を期待したい。


DSC04869


DSC04870

上塩タン

先ずはタンから焼き始めるのが焼肉のルールである。

絶妙な厚さに切られている為に焼くと硬い食感を全く感じない。

食べた瞬間にいきなり襲って来る旨味と甘味に驚くのであった。

ジューシーさと抜群の美味しさを存分に味わえるのであった。


DSC04874


DSC04875


DSC04876


DSC04877

特選サーロインステーキ

この日も鹿児島産黒毛和牛A-5の最高級のサーロインステーキであった。

事前に常温で寝かされている為に見事なサシが湧き上がっている。

それを弱火でじゅっくりと焼くと見事な肌艶の焼き目が付く。

口の中に入れると余りのジューシーさにただただため息しか出ない。

マッタリとした食感に抜群の甘味と旨味で最高に美味しいのであった。

まさに『至福の喜び』なのであった。


DSC04878


DSC04879

特上骨付カルビ

部位は『ともばら』

キメの細かいサシが特徴的である。

その為に他の部位とは一線を画す驚く程の甘味を味わえる。

ジューシーで深みのある旨味と甘味を味わる最高に美味しいのであった。

完璧なカルビと言い切っても良い。

地上最強のカルビなのであった。


DSC04880

特選ハラミ

ハラミには独特の癖がある。

ところがこのハラミはそんな癖が全く感じられない。

奥深いロースを食べている感じがするのであった。

甘味と旨味が混在しながら抜群のジューシーを味わえるのであった。

最高に美味しいハラミなのであった。


DSC04881

並のロース

並でありながらサシの入り方が半端ない。

このサシの入り方は明らかに上か特上なみである。

口の中に入れた瞬間から濃厚な甘味と旨味がガツンと襲って来る。

めっちゃ美味しい並のロースに出会えるのであった。


DSC04872


DSC04873

タンツラ塩にんにく味

ホルモン独特に臭みを全く感じられない。

食べた瞬間から瑞々しいジューシーさを満喫出来る。

柔らかくて旨味と甘味を一杯感じられる絶品なのであった。

ビールのアテとしては最高の逸品であった。


DSC04882


DSC04883

特上ミノ

口の中に入れても全く硬さを感じられない。

一回、一回が柔らかさを感じながら噛み切れる。

これ程の食感を味わえるのはこのミノだけである。

噛むほどに甘味と旨味が増して行き最高に美味しいミノなのであった。


DSC04868

野菜サラダ

キューピーのドレッシングがかかった極々普通のサラダであった。

骨付カルビの筋を焼いて食べる事にした。


DSC04886

骨付カルビは筋まで綺麗に焼いて食べるのが通である。

そして最後の最後は……。

最後の最後まで大切に残しておいたサーロインを焼いた。


DSC04885

最後まで大切に寝かしていたサーロインはかなり熟成されている。

その為、サーロインがトロントロンになっていた。

これがほんまにえげつないほどに美味しいのであった。

あったかいコーン茶で乾杯をして〆る事にした。


DSC04887

乾杯ー!!

このコーン茶を飲むと満足感でホットするのであった。

最後に皆で猛牛ポーズをする事にした。


DSC04888

猛牛ポーズ!!

この日のお供の所長と都島のまっちゃんは初めての訪問であった。

この二人が最高に美味しい『とらちゃん』のお肉で感動していた。

感動する焼肉を食べれて最高でした。

これは二人のコメントであった。

私はこの言葉だけで最高に嬉しいのであった。

これが今年最後の『とらちゃん』であった。

そんな感じの焼肉の『本家 とらちゃん 鶴橋駅前店』であった。





DSC04866


DSC04884







ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日はハヤシを食べる事にした。


DSC04794


DSC04795

冷奴を食べながらのハヤシが最高に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!







 










枕草子より……。

関白殿、黒戸より出でさせ給ふとて、女房のひまなくさぶらふ《を》、

「あないみじの御許(おもと)たちや。翁をいかに笑ひ給ふ《らむ》」とて、

《を》はなぜ格助詞なのか。

接続助詞ではないのか。

《らむ》は連体形で終止形ではないのか。

「女房のひまなくさぶらふを」という連用修飾部が、この後の、「分け出でさせ給

へば、」という被修飾部に係っているから。

「女房たちが隙間もなくお仕えしているのを」→「かき分けて出なさった」

のである。

このに文節の係り受けを解釈し時、「を」は「格助詞」の「対象」に当たる。

「分く(カ下二)」は他動詞だから、「何かを」という対象語が必要になる。

その「対象語」が、「女房のひまなくさぶらふを」である。

接続助詞でも解釈はできる。

「女房たちが隙間なくお仕えしているので」→「(女房たちを)かき分けて

出なさった」の様に、「接続部」→「被接続部」と解釈すればよい。

上記の「を=格助詞」の「連用修飾部→被修飾部」の考え方の方が自然。

接続関係で解釈すると、被接続部の文節中に「その居並ぶ女房たちを」という

対象語を、わざわざあらためて補わなければならない事になる。

翁をいかに笑ひ給ふ《らむ》」とて。

「いかに」という「疑問を含む形容動詞(「いかなり」連用形)」または

「疑問を含む副詞」が係っているからだ。

係り結びではないが、疑問を含む副詞や形容動詞や名詞を含む文節を受ける文節の

最後の活用語は、「連体形」で結ぶ、という、一応の規則がある。

ただ、ここの「いかに」は、内容的に「疑問」は含んでない。

「どんなに笑っていなさるだろう」の「どんなに」は、別に、「アハハ」やら

「オホホ」やら、「笑い方がどのように?」という「笑い方の内容」とか、

「ちょっとだけ」笑っているのか、「ものすごく」笑っているのか、という

「笑い方の程度」とかを具体的に聞いている訳ではない。

「きっとひどく笑っているんだろう」と、強調しているだけ。

この様な用法の「いかに」は、語形自体は「疑問」語だが、実質「疑問」を含んで

いない語だから、別に「連体形」で結ぶ必要もない。

だから、ここの「らむ」が、本当に「連体形」なのかどうかは、筆者がどういう

つもりで書いたの分からない以上、誰にも分からない。

「いかに」は「連体形」であろう。

「疑問」を含んでいないから「終止形」ではない。

例えば、「平家物語」に、こんな文がある。

「裸にてはいかにも敵はせ給ひ候ふまじ。」

「いかに」はあるが、「丸腰ではどうにもかないなさらないでしょう。」と言って

いて、「いかに」に「疑問」の内容はない。

「どうやったってムリ!」「どうしてもかなわない!」「どうしようもない!」

と、「どう」はあっても、その内容や程度を具体的に聞いているのではなくて、

「分からない」事を強調しているだけ。

このような文の中での「結び」は、「まじ」と「終止形」になっている。

「連体形」の「まじき」ではない。

こんな風に、明確に語形で「終止形」か「連体形」かが見分けられたら問題ないが

「らむ」は、終止形と連体形が同形だから「分からない」である。











ハヤシライスとビーフシチューとビーフストロガノフの違い。

日本の洋食は開国以来、独自の進化を続けていてガラパゴス化しているので、

日本におけるシチューはすべからく「日本料理」だと思った方がいい。

ビーフシチューを西洋料理だと思い込んで海外でbeef stewを注文しても想像した

ものと違う物が出てくる可能性が高い。

先ず英単語のシチュー(stew)というのは「煮込み料理」という広い意味を持つ言葉

である。

だから、英語でbeef stewと言えば「牛肉の煮込み料理」なら何でも該当する。

試しに英語版wikipediaのポトフのページを開くといきなり"The pot-au-feu is a

French beef stew"という表現にぶつかる。

つまり、欧米の感覚ではポトフもビーフシチューな訳である。

そういう意味ではビーフシチュー、ハッシュドビーフ(ハヤシライス)、ビーフスト

ロガノフはいずれも牛肉を使った煮込みなので広義にはビーフシチューの一種と

考えることが出来る。

日本ではビーフシチューというと概ね牛肉と野菜をドミグラス仕立てで煮込んだ

料理を指す。

しかし今日海外ではドミグラスソースは時代遅れなソースとなっていて殆ど使われ

ていない。

日本でドミグラスが広く使われているのはハインツ日本がデミグラス缶を開発した

からで源流であるフランス料理でも現在はあまり使わない。

今や海外ではドミグラス仕立てのビーフシチューやハッシュドビーフなどは基本的

にお目にかかれない。

だからドミグラス仕立てのビーフシチューやハッシュドビーフはヨーロッパの料理

ではなく「日本料理の一ジャンルとしての洋食」と考えた方が妥当。

日本式ビーフシチューとハッシュドビーフ(ハヤシライス)との違いは具材の切り方

や入れる野菜が違う。

ビーフシチューでは一般的にジャガイモやニンジンとともにぶつ切りの牛肉をドミ

グラスで煮込む。

ハッシュドビーフは薄切り牛肉を使い野菜はタマネギだけかマッシュルームなどの

キノコ類が加わるといったところ。

味付けには違いがないというか、どちらもドミグラスを使うことだけが共通してい

て後は店や家庭で作り方が異なるので、だいたい同じ方向性の味付けと考えて良い

であろう。

後は日本人的な感覚では本来のstewとは違ってシチュー=「おかず的汁物」なので

ビーフシチューはそれそのものを主菜と捉えるがハッシュドビーフはカレー等と同

じで御飯等にかける「あんかけ」的位置づけにあるといったところが違いと言える

のではないか。

これらの2者と違ってビーフストロガノフは日本に紹介されてからそれほど時間が

経っていないので、まだ「日本の洋食」に取り込まれきっていない。

一般的には「ロシア料理」という認識になると思う。

これも地域によって料理法に幅があるが、共通しているのは牛肉を拍子木に切って

タマネギ、キノコ類と炒めて煮込む事とスメタナ(サワークリーム)を使う事である。
生クリームやドミグラスを入れるレシピは日本に入って来てからのアレンジと

思われる。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:34 

2016年11月26日

  強調する点の意味が分からない


この日はカレーライスを作る事にした。

使ったルウは三種類×2セットであった。


DSC04855

この日の材料は『業務スーパー枚方高田店』で買って来た極々普通の国産牛

約3.0㎏と玉葱とじゃが芋であった。


DSC04918

これらをいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC04919


DSC04920

そんな感じのカレーライス。


DSC04921


DSC04922


DSC04923


DSC04924

スタッフの皆と一緒に食べるカレーライス。

これがむちゃくちゃ美味しい。

ほんまにえげつない程に美味しいのであった。

市販のルウだけでこれ程に美味しいカレーは絶対にあり得ないのであった。








昨日のお昼に用意されたのは『創業70年 かどや』と言うお店の『和牛カルビ丼』

と言うお弁当であった。


DSC04771


DSC04772

和牛カルビ丼


DSC04773


DSC04774

丼だから御飯の上にカルビが乗っていて結構美味しかった。

蟹の爪の揚げ物も美味しかった。

これならもう一度リクエストしてもええかなと思った。








そうこうしていると、あの眼力浜っこすわ子がここにやって来た。


DSC04776

いつもの様にハヤシとお弁当をパクッて行きやがった。


DSC04777

『ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたるぞ~っ!!』

これが眼力浜っこすわ子の決めセリフなのであった。

眼力浜っこすわ子は絶世の美人である。

あの沢尻エリカよりも遥かに美人である。

余りの美人でただただため息しか出て来ない。

信じ難い美人こそ眼力浜っ子すわ子である。

こんな話をすると変態のえて雄が喜ぶ。

何故喜ぶのかが理解出来ない。

愛媛県で単身赴任をしている奥飛騨慕情さんは毎日仕事をやりながら一体何を

考えているのやら。

おそらくやけどダラハン渚の事を想像していると思うな。

あの甲高い声を発しながら松山市を走りまくってるんやろうな。

こんな話をするとカズ・チンペイが喜ぶ。

『宮崎県は➚陸の孤島と呼ばれていますから~➚』と言う。

生まれてから就職が決まって大阪勤務になるまで一度も宮崎県を出た事がなかった

カズ・チンペイ。

大阪に出て来たばかりの頃は自分は宮崎県を一度も出た事がない田舎もんだと言う

コンプレックスとか恥ずかしさで一杯だったみたいだ。

それが今や宮崎訛りがまるで自慢げに誇らしく喋るのであった。

そして“宮崎県こそが陸の孤島である”と言う点を強調して自慢する

カズ・チンペイであった。

この強調する点の意味がイマイチよー分からんのであった。

ちょっと理解に苦しむ点なのであった。

今後も引き続きカズ・チンペイの活躍に期待したい。








『トップワールド香里園店』で鰻専門店の『魚伊』の鰻の蒲焼きを買って来た。


DSC04803

あっつあつの御飯の上に『魚伊』の鰻の蒲焼きを乗せた。


DSC04804


DSC04805


DSC04806

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

『魚伊』の鰻の蒲焼きは真空パックの袋に入っている。

その袋を開けた瞬間から何とも言えない炭火のいい香りがする。

タレと山椒をかけて一口食べると鰻の蒲焼きの最高に美味しい旨さが一気に広がる。

柔らかい食感と深いコクと香りが口の中でゆっくりと優しく踊り出す。

最高に美味しい鰻の蒲焼きを味わうのであった。








『業務スーパー枚方高田店』で美味しそうな牛のロースを買って来た。


DSC04775

牛のロースを美味しく焼き上げた。


DSC04786


DSC04787

それをあったか御飯のおかずにした。


DSC04788


DSC04789


DSC04790

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

ん~~っ………。(遠い目)

ちょっと硬いかな。

ちょっと失敗したって感じで少し後悔した。

的屋のたっちゃんは『十分美味しいですよ。

一般庶民にとっては十分に柔らかくて美味しかったです』と言ってはいたが。

来週からはもっとちゃんとしたステーキ肉を用意する。








今週のおかず。






DSC04791


DSC04792


DSC04793







ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は野菜ブイヨンを使ったお鍋であったまる事にした。


DSC04778


DSC04780


DSC04781


DSC04782


DSC04783


DSC04784


DSC04785

野菜ブイヨンを使った鍋が最高に美味しいのであった。








ちょっと遅い目のランチをした。

早速注文をした。

注文は、牛へレかつ定食であった。


無題


無題

牛へレかつ

牛へレかつが無茶苦茶柔らかくて最高に美味しいのであった。







俺は毎日忙しい。

だから仕事関係以外の事には全く興味を示さない。

豊洲市場がどうのこうの。

韓国の大統領がどうのこうの。

東京オリンピック会場の費用がどうのこうの。

正直そんなに気にならない。

と言うか、そんな事よりももっともっと大切な事がある。

だから毎日毎日忙しい。

ゆっくりテレビなんか見てられへんって。

そんなある日『ピコ太郎』と言う俺にとっては全く興味のない奴がテレビに映し出

されていた。

ほんの数分の事であった。

俺はピコ太郎が歌っている所を見るのは生まれて初めてであった。

生まれて初めてだと言ってもちょっとだけ見ただけであった。

一瞬だけ見ただけである人物が俺の頭に浮かんでしまった。

浮かんだ人物は。

俺が『もっとちゃんとせーへんかったら、頭、丸めるぞ』と言うと。

『いえ、もう既に頭丸まっていますから』と言ってハゲ頭を付き出して来る

あの越後のちりめん性行為であった。

ぶっちゃけ、ピコ太郎と越後のちりめん性行為の顔はよく似ていると思った。

越後のちりめん性行為にピコ太郎のかつらをかぶしたら絶対に似ていると思う。

こうなれば忘年会でやって貰うしかないでしょう。

そんな越後のちりめん性行為はヘタッピンなのにゴルフが大好きだ。

ほんま、無茶苦茶下手くそなのにゴルフが大好きである。

この前も余りのスコアの悪さに皆から『お前、ほんまに下手くそやの』とイジられ

ていた。

あの大手ゼネコンの社長のN先輩から『君のその下手くそを原因である

下手くそ菌が感染するから、もうちょっと離れてくれないか』と真剣な顔で

言われていた。

それでもニヤニヤ笑いながら『下手くそ菌って。

そんな事、言わないで下さい』と言ってその場を離れようとはしなかった。

下手くそ菌が感染するって。

えげつない事、言うわな。

まあー、確かに、あいつやったら、ばい菌扱いされても仕方ないなー。

『ばい菌ぐーのちりめん性行為』

中々のハンドルネームやな。

『ばい菌ぐーのちりめん性行為、お前、ちゃんとせーへんかったら、頭、丸めるぞ』

『はい、頭なら、もう丸まっています』






fe866263


a43c28bf


5c453d24





動画のピコ太郎の動きが越後のちりめん性行為そっくり。





 







そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!











囲碁・将棋の棋士に関するいい話、心温まる話。

以下のような話がある。

■ 将棋

・故・米長邦雄が桐谷氏の婚約者を寝取った件。

・中原誠が林葉直子と不倫の末、妊娠・中絶させた件。

・金沢孝史五段が遅刻の常習で、半年間の出場停止処分を受けた件。

・加藤九段が銀河戦の待ったで、対局料没収、罰金、次期銀河戦出場停止の

処分を受けた件。

・将棋世界誌上の「プロアマガチンコ10秒将棋」企画で、東大将棋部は事前に

服装は私服で構わない旨を編集部に確認し了承を取っていたにも関わらず、

内館牧子氏の連載で服装を痛烈に批判。

将棋のプロだけに嵌め手はお手のもの、権謀術数に長けていることを世間に

知らしめた件。

・伊藤英紀氏の名誉棄損訴訟で持ち前の非常識ぶりを遺憾なく発揮し現場の裁判官

をも呆れさせた件。

・LPSAのスポンサーへの執拗な嫌がらせ、LPSAのIT担当、松本博文氏が毎日新聞と

結んでいた名人戦のネット中継業務契約を毎日が解除するよう連盟が圧力を

かけた件。

・三浦九段の件で、「処分決定後に調査委員会を発足させる」という前代未聞の

手順前後。

さすがに将棋のプロが考えることは世間の常識とは一味も二味も違うことを

見せつけ、世間を驚嘆させた件。

■ 囲碁

・日高敏之容疑者が義母に暴行し、左眼を失明させ、逮捕。

※ 報道当時、2ちゃんねるでは囲碁棋士だけに眼つぶしが得意だと話題に。

・日本棋院六段、伊予本桃市が日本棋院会館建設の資金を個人的に流用し、

除名処分。

将棋の故森安秀光九段が長男に刺殺された件。











波乱万丈!林葉直子物語。

1998年、元女流棋士の林葉直子と長期にわたって不倫関係となり、堕胎させたと

週刊文春が大々的に報じたことから騒動となりテレビ番組などで連日報道された。

留守番電話に残された、関係が泥沼化していると思わせる留守番電話中の中原の

肉声(「今から突入しま~す」「もしもし?もしもし?私は林葉直子の愛人で

したっつうんで週刊誌に売ります。

それではよろしく~今から突撃!」「お前みたいなのは早く死んじまえ!

エイズにでも何でも早くかかっちゃえばいいんだよ!」)が繰り返し取り上げ

られ、この不倫騒動は将棋界以外でも大きな話題となり、将棋界では異例の

芸能スキャンダルになった。

後日行われた中原の釈明会見にはワイドショーや女性週刊誌のみならず日本経済

新聞社までもが駆けつけた。

不倫の釈明を(妻の住居でもある)自邸で行ったこと、律儀にマスコミに配慮して

朝と夕に2度開かれたことから、「なにも釈明まで『自然流』でしなくても…」

(産経新聞『産経抄』)と揶揄された。

他最近なくなった米長名人とも・・・噂?12歳でプロデビューし14歳で初タイトル

・・・女流棋士、可愛くて人気があるデその気になった。

親は娘の収入目当てで4000万円ほどの新築、車数台など実際は12000万円の

散財で借金地獄、返済にヌード写真集、小説の印税などデなんとか?と思われたが

自己破産申告、不倫騒動でボロボロ、48歳になった今ではガリガリ老女(写真)の

ようです。

こんなところでいいですか?

ウキペなども見てください。











枕草子みたいに春夏秋冬を題材にした文。

春は苺、夏は桃、秋は梨、冬はミカン。

これがお題。

春は苺。

ようよう赤くなりゆく花床、少し匂ひて。

緑眩しきつるの細く覆われたる。

夏は桃。

旬の頃はさらなり。

熟れてなお、その香の多く楽しませたる。

また、ほのかにうち香りて消えるもをかし。

飴など煮るもをかし。

秋は梨。

夕日のさして山の端いと近うなりたるに、ヤマナシの実寝処へ持ちゆくとて、

三つ四つ、二つ三つなど、採りいそぐさへあはれなり。まいて幸水の、

つらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。

実入りはてて、新の水、豊の水など、はたいふべきにあらず。

冬はミカン。

皮のむきたるはいふべきにもあらず、ふさのいと白きも、またさらでもひとかじり

に、実など急ぎ食して、次持て頼むもいとつきづきし。

寒のすぎて、ぬるくゆるびもていけば、柑箱の実も白き黴がちになりてわろし。











枕草子の二九で『風の吹きゆるがすも、ふとおどろかるる』

おどろかって用言。

なのでおどろかの後ろの助動詞るは連用形ではないか。

後ろが言い切りなので終止形なのでは。

先ずそれが本当に「るる」なのか、というところから、少し疑わしい。

どの伝本が「る」になってて、どの伝本が「るる」になってるのかは知らないが、

少なくとも「ふとおどろかる」になっているテキストと「ふとぞおどろかるる」に

なっているテキストの2種類以上はあるようだ。

でも「ふとおどろかるる」になっているテキストは見つけられなかった。

それは別として「接続」ということについて根本的に誤認があるようだ。

おどろかって用言。

動詞だから。

動詞と形容詞と形容動詞の事を「用言」という。

なのでおどろかの後ろの助動詞るは連用形なのか。

「おどろく」が用言(=動詞)であることと「後ろの助動詞る」の活用形が何形で

あるかはなんの関係もない。

活用語(助動詞など)の活用形が何形であるのかを決めるのは、その助動詞の

「後」につながってる語が決定するのである。

その助動詞の「前」の語が用言であるとか体言であるとかはなんの関係もない。

「る」が何形なのかを調べたかったら「る」の「前」に何があるのかを見るのでは

なく「る」の「後」に何があるのかを見なければならない。

「る」の「前」が「おどろか」であることはどうでも良くて、「る」の「後」が

「。(句点)」であることが大事。

だから、後ろが言い切りなので、終止形なのではというこの目の付け方が正しい。

「る」の「後ろが言い切り(。(句点))」になっている。

だから、「る」は終止形だと考えてみる。

この方向性は合っている。

ただ「。(句点)」があって、文がそこで終わっていたら、なんでもかんでも終止

形かというと、そうではない。

「終止形」とは、「「。(句点)」に続いて文が終わる語形」なのではなく、

「「。(句点)」に続いて文が終わる「こともある」語形」なのだ。

終止形で文が終わってる文もあれば、終止形なのにそこで文が終わらない

文もあるし、文が終わってるのに、文末が終止形でない文もある。

では、問題の「るる」は何形なのだろう。

これは「助動詞一覧表」というものを見なければならない。

「る」という助動詞を縦一列に見て。

(未)れ

(用)れ

(止)る

(体)るる

(已)るれ

(命)れよ

となっている。

「るる」は「連体形」の欄にある。

これは、「るる」という語形は誰がなんと言おうとも絶対に「連体形」だ、という

動かぬ証拠。

「るる」は「連体形」なのである。

「るる。」で文が終わっているのにとか、「るる」の「後」に体言がつながって

いないのにとか、言いたいことはいろいろあるだろう。

活用表で「るる」が連体形の欄にしかない、という事実は動かせない。

では、「るる。」で文が終わっていて、「るる」の「後」に体言がつながって

いないのに、「るる」が「連体形」である理由を考えよう。

ここで、最初の、テキストの信頼性ということが問題になる。

①やっぱり「ふとおどろかる」

②「ふとぞおどるかるる」

③「ふとおどろかるる」というテキストで絶対間違いない。

の三つの可能性が考えられる。

①だったら、なんの問題もない。

ただの勘違い。

終止形で文が終わってて、めでたしめでたし、なんの疑問もない。

②だったら、「ぞ」という「強意の係助詞」の結びになっている。

係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」が係っていたら、結びの語形は「連体形」に

なる。

いわゆる「係り結びの法則」

さて、どうしても③だ、ということであれば、その場合は、 「連体止め」という

表現技法を用いているからである。

「体言止め」という表現技法。

名詞で文を言い終えて余韻を残すという修辞法。

これに似た修辞法で、「連体止め」といって、連体形で文を言い終えることで

余韻を残すという表現技法がある。

これが、「文が終わってるのに、文末が終止形でない文」の一つの例。

「こと」とか「もの」とかの形式名詞が連体形の後に省略してあって、その目に

見えない形式名詞が体言止め効果になってる、ということなのだ。

「枕草子」は、特に連体止めをよく使う。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:35 

2016年11月25日

  episode-62 「逆接確定条件」


25年ぶりのリーグ優勝を果たしたプロ野球の広島カープは21日、地元の広島市

に5億円を寄付したと発表した。

長年応援してくれた市民への恩返しという。

活用法については市と話し合い、少年野球に使用できるスポーツ広場の整備に

4億円、世界遺産・原爆ドームの保存に1億円とする方針。

うちのオリックスのはそんな余裕はないやろーうな。

昨夕そんな事を考えていた。

すると江戸っ子どんと姫がここにやって来た。


DSC04844

そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「5億円を寄付したみたいやな」と言った。

江戸っ子どんと姫「サー・ハミルトン・ハーティ(Sir Hamilton Harty, 1879年12

月4日 - 1941年2月19日)は、19世紀末から20世紀前半に活動した作曲家・指揮者

です。

アイルランド島北部アルスター地方のダウン州(当時から今日までイギリス領)

ヒルズボローに生まれました。

ピアノ伴奏者として音楽活動をスタートしたハーティは、1920年にハレ管弦楽団の

指揮者に抜擢され、1933年まで同楽団の指揮者として活躍しました。

ハレ管弦楽団で大成功をおさめた彼は、その後オスロ他いくつかのヨーロッパの

オーケストラを手がけるようになりました。

1935年にナイトに叙せられました」と言った。

私が「へ~っ、クラシック音楽にも精通しているんや」と言った。

江戸っ子どんと姫が「この辺は、ドン引きタツジさんとは違いますから」と笑い

ながら言った。

私が「ところで、野球には興味はないんか」と言った。

江戸っ子どんと姫が「平家物語からの出典なのですが全文が長いので一部のみ引用

させていただきます。

《宗茂はもと伊豆国の者にて、候ふ間、鎌倉では旅に候へども、心の及び候はんほ

どは奉公仕り候べし。》

この文中の「候へ」または「候ふ」は謙譲語ではなく丁寧語たど言えるのかです。

「文法的」にはいずれの「候」も謙譲語でとることは可能です。

すると自動的に「伊豆の国の者「に」て」の「に」と「旅「に」候へども」の

「に」の解釈が変わって来ます。

「候ふ」を「お仕えする」という意味の謙譲語だと解釈するとしたら「伊豆の国の

者「に」て」の「に」は、 資格、立場を表す格助詞「にて」の一部だということ

になり「旅「に」候へども」の「に」は状況、状態を表す格助詞「に」だという

ことになります。

無理に訳すと「伊豆国の者としてお仕え申しあげるので」、「鎌倉では旅という状

況においてお仕えするけれども」

この「無理訳」辺りでどうやらあやしくなって来ましたが、先ず「候ふ」が「お仕

えする」だとして、誰に?

狩野介宗茂の主君というと「鎌倉殿」ということになりますが、ここで「鎌倉殿」

に狩野介が「お仕え」している事情を話すことに何か意味があるのかです。

そんな事は分かりません。

狩野介は鎌倉殿に命じられて三位中将重衡を預かっているからです。

更に「候ふ間」の「間」、「候へども」の「ども」の意味が文中で有効性を失って

しまいます。

「間」は形式名詞ですが「~ので」と「原因理由」を表します。

接続助詞的な働きをします。

「ども」は、もちろん、「逆接確定条件」の接続助詞です。

「間」も「ども」も前の文と後の文の「接続」関係を表しています。

「私宗茂は、もとは伊豆国の者として鎌倉殿にお仕えする「ので」、鎌倉では旅と

いう状況において鎌倉殿にお仕えする「けれども」、私の一存が及びますような

程度のことは、あなた様(重衡殿)にご奉公申し上げるつもりです」

「ので」と「けれども」の意味が、さっぱり分かりません。

文と文との「つながり」が、順接や逆接になるつながりではないのに、なぜか

「間=順接」「ども=逆接」を使っているので、とてもぎくしゃくした現代語訳に

なっています。

一方、「候ふ」を、いずれも「丁寧語」ととると、「伊豆の国の者「に」て」の

「に」と、「旅「に」候へども」の「に」、どちらの「に」も、「「断定助動詞

「なり」の連用形」です。

「~にあり=~である」を、ただ、丁寧に言い換えて、「~に候ふ=~でございま

す」と言っただけです。

これだと、「間」と「ども」の解釈に無理がないです。

「私宗茂は、もとは伊豆国の者でございます「ので」、鎌倉では旅でございますけ

れども」ここ、ちゃんと「順接」で繋がっています。

「私は伊豆国の者「だから」、鎌倉では「旅」だ。」

「鎌倉では旅でございます「けれども」、私の一存が及びますような程度の

ことは、あなた様(重衡殿)にご奉公申し上げるつもりです」

ここも、うまく「逆接」で繋がっています。

鎌倉では私自身も「旅上の人間」だ、よそ者だ、伊豆国(ホーム)でだったら、

なんたって地元だから、どんなおもてなしでも、もっといろいろしてあげられる。

でも、鎌倉は私にとってもアウェーだから、あんまり大したことはしてあげられな

い。

地元と違って、土地勘もないし、無理を聞いてくれるような知り合いもいない。

だから、本来なら、ろくなもてなしはできない、「けれども」、それでも、精一杯

おもてなしさせていただく、私の一存でできる範囲のことなら、どんなことでも言

ってください、

できる限りのことはさせていただきたいのだ」

こう言っているんです。

つまり、「候ふ」は、どちらも、宗茂が伊豆国の者「である」という事情と、鎌倉

では旅上の者「である」という事情とを説明した、「丁寧語」ととったほうが、

文脈の辻褄がうまく合う、「間」と「ども」の意味が、文中で有効にはたらく、

ということなのです。

という訳で、「候ふ」は、文脈を無視した、たんなる文法上の問題としてなら、

「謙譲の本動詞」でとることは「不可能ではない」が、文脈と文の接続関係を考え

ると、やはり、「謙譲」と解釈するのには無理があり、「丁寧の補助動詞」として

断定助動詞「なり」の連用形「に」を補助している、と考えないと、辻褄が合わな

い、ということになるのです」と言った。

私が「今週は雨が多くて寒くなって来たな」と言った。

江戸っ子どんと姫が「本当ですね。

本格的な冬って感じです。

相変わらずドン引きタツジさんのギャグはクソ面白くなくて寒さだけが込み上げて

来ます。

そんなドン引きタツジさんは毎日の様に上司から営業指導を受けています。

なにせドン引きタツジさんは未だに講演会の準備のやり方をマスター出来ていませ

んから。

この業界で働く者として凄く恥ずかしいです。

わたくしはこのまま突っ走ります」と言って拳を突き上げた。


DSC04845

私が「まあー、あんまし、無理せずに、マイペースで頑張れよ」と言った。

江戸っ子どんと姫が「今週もある会社の廊下で変態のえて雄さんに会いました。

見ているだけで本当にキショク悪いです。

「バイきんぐ」小峠英二さんを見ているみたいです。

機会があれば一度バットでキンタマを殴ってやりたいです。

ひょっとしたら“もっと殴って”と言うと思います」と言った。

私が「もっと殴ってて。

なんじゃー、そりゃー。

しかし、何となく言いたい事は分かる」と言った。

すると江戸っ子どんと姫が「交野のそろばん熱しさんは変態のえて雄さんの事を

“お兄ちゃん”と呼んでいるみたいです。

タレントの酒井法子さんの元夫・高相祐一容疑者(48)が逮捕されたみたいです。

ついでにこの二人も逮捕されればいいと思います」と言った。

その瞬間、深い沈黙になった。

江戸っ子どんと姫もえげつない事を言うわ。

江戸っ子どんと姫、この調子でこれからも頑張って欲しい。(^^♪








守口市の焼き鳥屋にちょっと寄って来た。


無題


無題


無題

ここの焼き鳥も結構美味しいのであった。

そんな感じの守口市の焼き鳥屋であった。








ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日はコンソメを使った鍋をした。


DSC04759


DSC04760


DSC04761


DSC04762


DSC04763

コンソメスープが癖になる味わいでめっちゃ美味しかった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!



h_t_tomoto at 06:37 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ