2017年09月

2017年09月30日

  盛り付け方説


この日はカレーライスを作る事にした。

使ったルウは三種類×2セットであった。


DSC01219

この日の材料は『業務スーパー枚方高田店』で買って来た極々普通の国産牛

約3.0㎏と玉葱とじゃが芋であった。


DSC01286

これらをいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC01287


DSC01288

そんな感じのカレーライス。


DSC01289


DSC01290


DSC01291


DSC01292

スタッフの皆と一緒に食べるカレーライス。

これがむちゃくちゃ美味しい。

ほんまにえげつない程に美味しいのであった。

牛肉と野菜の量が物凄く多い。

それにより想像を超越する味わいが表現される。

これ程に美味しいカレーは中々簡単には出会えないだろう。

カレー開始は2013年6月28日。

カレーライスとライスカレーの違い。

その店のメニューを作った人が普段どっちで呼んでいるか。

語義としては同じメニューを指すので別に違いなんてない。

俗説でご飯にカレーをかけているか、ご飯の皿とカレーのソースポットが分かれて

いるかっていう区別を提唱している人もいるけど、それも勝手に言ってるだけの

民間語源説。

カレー粉の国内最大メーカーS&Bも、カレールウ国内最大手ハウス食品も、どちら

もホームページの説明で、この「盛り付け方説」の立場を取っているけど、

カレーライスとライスカレーのどっちの名称がどっちの盛り付け方を表すかって

解釈が、この2社では正反対なのである。

つまり、人によって言う事が全く違っているって事で、統一的な定義など存在しな

いって事が、この2社の説明で疑う余地なく証明されてしまっている。

これに関連して、カレーライスはCurried Riceで「ライスにカレーをかけた物」、

ライスカレーはRice and Curryで「カレーとライスが別々に出て来る物」って説も

あるけど、特に根拠のある出典が示された事はないし、やはり後付けの勝手な憶測

と見ていいだろう。

因みに、資料がちゃんと残っている範囲だと旧軍のレシピが残っていて、そこでは

陸軍が「ライスカレー」、海軍が「カレーライス」と呼んでいた事が伺える。

そして、そのレシピに載っている盛り付け方法はどちらも同じで「皿にご飯を盛り

カレーソースをかける」ってやり方。

(まあ軍隊なので、突然の戦闘に備えて洗い物に最も手間のかからない方法を採る

に決まっている訳で別皿に盛るはずがない)

つまり、全く同じメニューを陸軍と海軍で異なる名前で呼んでいたって事。

明文化されている資料から判断するなら、同じ料理の別名って解釈せざる

をえない訳。








昨日のお昼に用意されたお弁当は『北新地 韓~hangka~』と言うお店の

『特選旨味カルビ弁当』であった。


DSC01155


DSC01156

特選旨味カルビ弁当


DSC01157


DSC01158

御飯の上に乗っているカルビが想像以上に柔らかくて美味しかった。

サイドのナムルや玉子焼きも結構美味しくて、これならリピートしてもええと

思った。








『万代宇谷店』で買って来た焼き豚を使った焼き飯を作った。

それをおにぎりにした。


DSC01178


DSC01179

これがほんまに滅茶苦茶美味しいのであった。

多くの仲間が『ラップに包まれているから美味しさの実感が湧かない』と言う。

実感が湧かないと言われても。

衛生上、作ったら速攻でラップに巻かんと……。

美味しさを表現する為におにぎりを裸のままにして必死で写真を撮るのも。

その辺ちょっと考えるよな。

『そんなに必死で写真ばかり撮っていたらラーメンの麺伸びるで~』と同じ感覚。

今後も速攻でラップを巻く。

と言うか、このおにぎりは選ばれた者しか喰えない貴重な物。

そう簡単には見せられへんな。








そうこうしていると、あの眼力浜っこすわ子がここにやって来た。


DSC01159

いつもの様にハヤシとお弁当とおにぎりをパクッて行きやがった。


DSC01161

『ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたるぞ~っ!!』

これが眼力浜っこすわ子の決めセリフなのであった。

眼力浜っこすわ子こそが絶世の美人である。

本当に美しい。

余りの美しさにただただため息しか出て来ない。

びっくりする程に美しい。

美しいその顔は輝きを放っている。

これ程に美しい女性はそう簡単に出会う事が出来ないだろう。

眼力浜っこすわ子はどんなに綺麗な女優でも敵う事が出来ない程の美人である。

こんな話をすると変態のえて雄が喜ぶ。

何故変態のえて雄が喜ぶのかが理解出来ない。








『トップワールド香里園店』で鰻専門店の『魚伊』の鰻の蒲焼きを買って来た。


DSC01189

あっつあつの御飯の上に『魚伊』の鰻の蒲焼きを乗せた。


DSC01190


DSC01191


DSC01192

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

『魚伊』の鰻の蒲焼きは真空パックに入っている。

その袋を開けた瞬間から芳醇で豊かな香りが立ち込める。

口の中に入れた瞬間から溶け出す柔らかさと奥の深い味わいが一気に広がって

行く。

『魚伊』の鰻の蒲焼きは最高に美味しいのであった。








『万代香里西店』で美味しそうな牛の肩ロースを買って来た。


DSC01172

牛の肩ロースを美味しく焼き上げた。


DSC01173


DSC01174

それをあったか御飯のおかずにした。

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

肩ロースは若干の歯応えがある。

ある程度の食感を味わいながらの牛肉もそれなりに美味しいのであった。








『万代寝屋川宇谷店』でマグロの切り身を買って来た。

マグロを漬けにした。


DSC01220

とりあえず炊き込み御飯を作った。


DSC01221

炊き込み御飯の上にマグロの漬けをトッピングした。


DSC01222


DSC01223


DSC01224

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

極々普通のマグロだが漬けにする事で味わいが深まる。

この深まったマグロと炊き込みご飯が絡み合って最高に美味しいのであった。








今週のおかず。





DSC01175


DSC01176


DSC01177






DSC01193


DSC01194


DSC01195







ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は寄せ鍋をした。


DSC01162


DSC01163


DSC01164


DSC01165


DSC01166


DSC01167


DSC01168


DSC01169


DSC01170


DSC01171

サーモンの刺身を食べながらの寄せ鍋が最高に美味しいのであった。








そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!










ネアンデルタール人は埋葬をしていたという説。

それも宗教のうちに入るのか。

その後「苦しみを癒す」変わりに金を貰う事を生業とする様になったけど…。

ネアンデルタール人が何を考えて埋葬したのかというのは、突き詰めると誰にも

分かり様もないんで、先ず、それをどの様に解釈するかと言う事から。

例えば、ナショナルジオグラフィックの日本語版の記事がそのまま全部正しいと

するならば、ネアンデルタール人が(他の動物の死体とは明らかに別の方法で)遺体

を大切に扱ったと言う事になっている。

そうすると人間の死体を「単に動かなくなった“モノ”」とは考えてなかった。

それぐらいは言えるので、そうすると肉体とは別に魂みたいな「物理的には感知

できない何か」はあると考えられていた。

それぐらいは想定してもおかしくはないと思う。

他の動物の死体とは違った扱いをするというのはそういう事ではないだろうか。

それ以上は、例えば、「魂」みたいなものを大切にしないと祟られると思っていた

のかとか、死んだら「魂」はどこか別の世界に行ったと思ったのかは分からない。

宗教をコトバンクで引くと『大辞林 第三版の解説』に以下の様に出ている。

しゅうきょう【宗教】

① 神仏などを信じて安らぎを得ようとする心のはたらき。

また、神仏の教え。

② 経験的・合理的に理解し制御することのできないような現象や存在に対し、

積極的な意味と価値を与えようとする信念・行動・制度の体系。

アニミズム・トーテミズム・シャーマニズムから、ユダヤ教・バラモン教・神道な

どの民族宗教、さらにキリスト教・仏教・イスラム教などの世界宗教にいたる種々

の形態がある。

〔「哲学字彙」(1881年)に英語 religion の訳語として載る〕

この定義からすれば、「物理的には感知できない何か」があると考えるのは、

②にあてはまるのではないだろうか。

因みに、google booksで検索してみたら、

「Anthropology and Religion: What We Know, Think, and Question」

( Robert L. Winzeler著・Altamira Pr ・2007/10/31)のP48に以下の様に書いて

あった。

Until more recently it seems to have been widely accepted in anthropology

that religion has existed since the Middle Paleolithic. Specifically, for

many years Neanderthal archaeological sites throughout Europe and the

Middle East were held to provide the earliest indications of religious
 
behavior and belief.

In addition to burials, the practices that were included in the realm of

religious behavior involved ritual Cannibalism (以下略)

ネアンデルタール人の埋葬を、儀式的カニバリズムとあわせて

「religious behavior」と呼んでいるのは間違いない。

因みに、著者はネバダ大学の人類学の名誉教授だそうだ。

尚、引用した部分が「Until more recently」で始まっている様に、この部分は

実は「宗教じゃないのではないか」という意見をこの後で紹介しているが、

それは「埋葬に見えても実はたまたまそういう形で遺体が埋まっただけじゃ

ないのか」というのと「遺体をちゃんと埋めないと動物が死体を狙いに来るから、

と言う可能性はないのか」等の理由からくる懐疑論であり、それは「解釈」の問題

であって「遺体を大切に埋めた」と考えるのならば、引用部分の冒頭に『人類学で

はreligion(宗教)がMiddle Paleolithic.(中期旧石器時代、ネアンデルタール人も

その時代)からあった、という考えが広く人類学者に受け入れられていたようだ』

とある様に、定義の問題ではないだろう。

が、解釈については、確かに違う目的である可能性もゼロではない、とは思う。

尚、宗教をどう定義するか、というのは人によって違うのだろうが、人類学とか

比較神話学(宗教学)とかは、アニミズムとかシャーマニズムとかいった「経典」と

呼べる様なものがないものも対象にしている。

ルールという意味なら、埋葬形式自体がルールだし、集団というのなら、そもそも

そういう埋葬形式をとっていた集団が存在すれば十分なはず。

が、「経典」の有無はどう考えても問題にしているとは思えない。

解釈の問題を横に置けば、人類学とか比較宗教学では、一般的にはネアンデルター

ル人の埋葬は宗教的行為のひとつ、と考えるのが一般的ではないか、と思う。











最近の遺伝子研究によってネアンデルタール人とホモ・サピエンスは交配していた

事が分かったが、もし両者の遺伝子距離が子孫を残せない程に遠かったとしたら、

ネアンデルタール人は現在も生き残っただろうか。

それともやはり絶滅していたとしたら、いつ頃まで生き残っていたのだろうか。

交雑があってもなくても絶滅した可能性が高い。

(実際には「あった」事が判明した訳だが)

単純に、現代に彼らの集団が生き残っていないためである。

雑種が生じる可能性がゼロであったとしても、生息域の関係から接触がある。

既に初期の家畜化されたイヌを引き連れたヒト(現世人類の先祖の方)の集団と、

失われたネアンデルタールには、友好/敵対を問わず、遭遇する機会が多々あった

事になる。

よほど大きな「現実との違い」がない限りは、現状とほぼ同様の結果となる。

例えば、現世人類の先祖がなんらかの理由でヨーロッパ方面に進出する事が一切

無かったとか、ある島に移住したネアンデルタール「だけ」がオセアニア方面への

移動を成功させたとか、そうした分断があった場合、実際より長く(どうかすれば

今も)生き残っていた可能性はある。

勿論、現実にはない条件を設定すれば現世人類の先祖の方が滅んでいたり、発展は

しなかった可能性もある。

例えば、アフリカ大陸から出る事が不可能であった等。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:29 

2017年09月29日

  episode-102 「おばんざいバイキング」


ヤクルトの来季監督に小川淳司シニアディレクター(60)が復帰し、OBで野球

評論家の宮本慎也氏(46)がヘッドコーチとして入閣することが24日までに

分かった。

ヤクルトも外部ではなく内部での招へいになったな。

昨夕そんな事を考えていた。

すると江戸っ子どんと姫がここにやって来た。


DSC01225

そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「小川になったな」と言った。

江戸っ子どんと姫「ウンベルト・ベレットーニ(Umberto Berrettoni‏, 1890年8月

28日 - 1953年)は、イタリア出身の指揮者、作曲家です。

フィレンツェの生まれです。

イルデブランド・ピツェッティに音楽を学びました。

1918年にオペラ《白の妖精》を作曲しました。

1924年からフィウメ市立劇場の指揮者を務め、以後ブエノスアイレスのコロン劇場、
ミラノのスカラ座、ナポリのサンカルロ劇場などに客演を繰り返しました」と

言った。

私が「へ~っ、クラシック音楽にも精通しているんや」と言った。

江戸っ子どんと姫が「この辺は、ドン引きタツジさんとは違いますから」と笑い

ながら言った。

私が「ところで、野球には興味はないんか」と言った。

江戸っ子どんと姫が「白雪姫のイメージは、綺麗なお姉さんタイプの美女という

より、可愛らしい妹タイプの美少女という感じです。

グリム童話の白雪姫が実は小学生くらいの年齢設定であったり、ディズニーアニメ

の白雪姫も13歳くらいとディズニープリンセス中最年少の設定であることを知って

いるからそのように感じているのかもしれません。

大人っぽい雰囲気よりもどこか幼さを感じるような愛らしい雰囲気。

高身長のモデル体型やグラマラスなセクシー体型よりも小柄でイノセントな感じを

受ける体型。

大人びた美人顔よりも可愛らしい童顔。

体つきは細身でも顔の輪郭は鋭角的ではなく頬がふっくらしているような柔らかい

雰囲気が合うように思います。

雪のように白く、血のように赤く、黒檀のように黒い、というのが白雪姫のチャー

ムポイントとしてよく知られていますから、やっぱり色白であること、黒髪である

ことは重要なように思いますが、髪は完全な黒でなくてもダークブラウンであれば

ありだと思います。

明るい髪色になるほど、可愛らしくは感じたとしても"白雪姫"というイメージには

つながりにくくなるように思います。

目も黒目がちであればなおイメージに近づくのではと思います。

白雪姫には派手派手しいイメージがなく、清楚でナチュラルな、ピュアな感じが

合うと思うのであまり濃いメイクはどうかなと思いますが、不自然にならない程度

で黒目を強調するタイプのカラコンを使用するというのも悪くはないと思います。

また、血のように赤いという部分で、色白だけれど血色はいいという感じが

あります。

雪女のように全体的に青白いのではなく、頬や唇はほんのりと色づいているという

感じ。

おてもやんになってしまったり、けばけばしく目立ってしまわない程度に美肌を

ひきたてるような色味のリップやチークを利用するといいかと思いますが、加減と

全体のバランスにはくれぐれも注意です。

メイクの力を借りなくても元々不健康ぎみには見えない白肌であったり自然な赤味

のある唇であればいうことなしかと思います。

体型はどちらかというと小柄できゃしゃな感じがイメージですが、ふんわりしてな

んか癒されるなあくらいのふっくら感のある体型でもイメージにそれほど差し障り

はないかなと思います。

肉感的にまでなってくるとちょっとイメージが離れてきてしまうかも。

白雪姫は深窓のお姫様ではありますが、森で小人たちとの生活に順応している場面

のイメージもあるからか、ばっちりきめたセレブ達の華やかな夜パーティーにメイ

クアップして参上し注目をかっさらうシンデレラや、誕生以来両親から溺愛されい

ろいろあってもラストまで結局お城から一歩も出ないまさに箱入りの姫である眠り

の森の美女などに比べると、どこかナチュラルで素朴な感じもうけます。

貴族王族でしかも絶世の美形といっても、何か庶民にはとても近寄りがたいような

セレブ感や浮世離れした感というのはあまりない気がします。

たしかにしっかり育ち良さそうで上品で美しいんだけど、親しみやすい可愛らしさ

があってそれが大きな魅力の一つでもあるという感じ。

以上が私の白雪姫イメージです。

白雪姫に憧れるというのはおかしいことではないと思います。

そういうイメージを特に好むかどうかというのは人それぞれの好みによる部分も

あると思いますが、悪く受けとる人はそういないのではと思いますし、自分の理想

のイメージとして実践しようとすることもそれほど現実離れした不自然で無茶なこ

ととは思いません」と言った。

私が「最近の業績はどう」と言った。

江戸っ子どんと姫が「何とかノルマーは達成出来ています。

なので、余り無理はせずにマイペースで頑張って行きたいと思っています。

この前ランチで木田町の『ニューコマンダーホテル 大阪 <寝屋川>』の中に

入っている『日本料理 猩々 寝屋川』でランチをしたんです。

ここは『お昼のおばんざいバイキング 1,050円(税込)』は有名で美味しい料理が

リーズナブルな価格で沢山食べれて人気があるんです。

わたくしがお店の中に入った瞬間言葉にならない程の悪臭がしたんです。

お店の中を見るとあのハゲの越後のちりめん性行為がテーブルに座りながら真面目

な顔をして生意気にバイキングを食べているんです。

あのハゲの越後のちりめん性行為が真面目な顔をして食事を普通にしている事に

わたくしは驚きを隠し切れませんでした。

本当にびっくりしました。

あのハゲ頭を見ているだけで頭の神経の線がチョチョ切れそうになります。

わたくしは心の中で“ざっ!けんなよ!!このハゲ~!!”と叫んでいました。

わたくしは気づかれない様に別の席に座ったんです。

すると“やーっ”と言って、ハゲ頭の越後のちりめん性行為がトレーを持って

わたくしの横に座るのです。

横ですよ。

普通は向かいに座ると思うのです。

常識の微塵もを感じられないハゲの越後のちりめん性行為の行動には呆れるばかり

です。

モンゴリアン・チョップでもかけてやろうかと思いました」と言った。

私が「モンゴリアン・チョップって。

なんじゃーそれは。

プロレスの技やんけ。

でも、何となく言いたい事は理解出来る」と言った。

江戸っ子どんと姫が「越後のちりめん性行為の余りのキショクの悪さに口から

胃袋が出そうになります。

わたくしが越後のちりめん性行為にちょっと聞いてみたんです。

“ねえ、ねえ、越後のちりめん性行為さんはどうしていつも2017年公開のSF映画の

『エイリアン: コヴェナント』に出て来る男性型のアンドロイドみたいな顔を

しているんですか。

すると越後のちりめん性行為さんが“男性型のアンドロイド顔には天才肌が多い

んだ。

男性型のアンドロイド顔は天性のものなんだ。

僕は変態のえて雄さんの様に寝屋川公園で『XVIDEOS』を見ながらマスったりは

しない。

僕の様な天才肌は最高のオナニーの道具(究極のアダルトグッズ)である

『TENGAバキュームコントローラー』を使って最強に興奮しながら大量に射精す

るんだよ。

僕の様なマザコン顔の天才肌が『TENGAバキュームコントローラー』を使い

こなすって凄いと思わないか。

『TENGAバキュームコントローラー』を使いこなすのは世間では僕だけだよ”と

意味不明な事をぬかすんです」と言った。

私が「男性型のアンドロイド顔って。

何が言いたいのか理解出来ないな」と言った。

江戸っ子どんと姫が「越後のちりめん性行為さんはハゲ頭のアホみたいなピコ

太郎だと思いました。

アホみたいな顔をしたドン引きタツジさんは相変わらずクソ面白くありません。

それに会社の廊下でよく転んでいます。

わたくしはこのまま頑張って突っ走ります」と言って拳を突き上げた。


DSC01226

相変わらずこのくだりがクソ面白くなくて笑いにもならない。

そう思った瞬間、沈黙となった。











『大阪王将 玉造店』のニラレバ炒めの味はちょっと残念やったな。

その後再び『関東煮 きくや』を覗いた。


DSC01127


DSC01128

すると速攻で中に入れる事になった。

勿論店内は満席状態であった。

我々は一番右手のカウンター席に座った。

早速注文をした。

注文は、牛すじ、梅焼き、玉子であった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC01139

乾杯ー!!


DSC01140


DSC01141


DSC01142


DSC01143

牛すじと梅焼きと玉子

なんべん食べても無茶苦茶最高に美味しい。

出汁が最高に優しい味わいでいながら旨味が抜群に美味しい。

これ程に美味しいおでんは大阪では中々出会えないと思う。

最高に美味しいおでんがここにあった。

この日で『関東煮 きくや』も今年最後の訪問になった。

また来年や。

猛牛ポーズをした。


DSC01147

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『関東煮 きくや』であった。




DSC01145


DSC01146











ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC01041


DSC01042


DSC01043


DSC01044


DSC01045


DSC01046


DSC01047


DSC01048

キャベツとミンチ肉で作ったおかずが真剣に美味しいのであった。





←ここを押してください!!


h_t_tomoto at 06:32 

2017年09月28日

  微妙に美味しくない


居酒屋の『マルカツ 玉造店』の味はちょっと残念やったな。

その後再び『関東煮 きくや』を覗く事にした。

入り口のボードに書いた的屋のたっちゃんの本名上には2本線が引かれていた。

それで改めて、今度は『たかやま』と名前を書いた。

最近、金鳥(キンチョー)のラジオCMドラマに出て来る高山さんと大沢くんの会話

に嵌まっている。

それで『たかやま』と名前を書いた。

これも特に意味はなかった。

窓越しに店内を見渡した。

見るとまだまだ生ビールが減っていなかった。

それを見た俺は『まだまだ時間がかかりそうや。

これなら向かいの大阪王将にでも言って15分ぐらい時間を潰そうや』と言った。

そんな感じで次に向かったお店は『大阪王将 玉造店』であった。


DSC01131


DSC01132


DSC01133

店内に入るとわりとお客さんは入っていた。

我々は入り口近くのテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、ニラレバ炒めであった。

直ぐに瓶ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC01134


DSC01135

乾杯ー!!


DSC01136


DSC01137

ニラレバ炒め

ん~~っ!(ちょっと考える)

ちょっと微妙に美味しくないかも。

味がちょっと濃い感じがした。

一瞬『大阪王将の味ってこんなんやったっけ』と考えてしまった。

それでもちゃっちゃと食べた。

猛牛ポーズをした。


DSC01138

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『大阪王将 玉造店』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC01065


DSC01066


DSC01067


DSC01068


DSC01069


DSC01070


DSC01071


DSC01072


DSC01073

カツオのたたきが無茶苦茶最高に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











ネアンデルタール人の知能。

大脳皮質や前頭葉や発声の喉の構造が現生人より劣っていた様で(そのかわり身体

能力は高い)実は埋葬もしなかったという説もある。

ネアンデルタール人については現生人類と同等以上の知能と現生人類を遥かに凌ぐ

身体能力を持っていたと考えられる。

ネアンデルタール人の得手不得手を理解した上で、それに適した学問教育すれば会

話によるコミュニケーションは不得手ながら優秀な者は小学校低学年どころか

トップレベルの科学者にもなりえる。

普通のネアンデルタール人も会話によるコミュ力のウェイトが低い職業ならそれな

りに活躍できるだろう。

ネアンデルタール人は音声言語伝達能力こそ現生人類に大きく劣っていたと考えら

れるが、思考能力は現生人類と同等以上だったと考えられるため、学生時代から

筋萎縮性側索硬化症を患っているスティーヴン・ホーキング博士の様に、意思伝達

装置を使ってスピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用す

れば良いだけである。

ネアンデルタール人と現生人類との大きな違いは言語機能による知識・技術の社会

的蓄積度にあると考える。この所産を一般に文化と呼び、生物学用語では遺伝情報

(genom:ゲノム)に対してミーム(meme)と呼ぶ。

現生人類が高度な文明を築き上げ、強力な武器を作り出し、強大な生殺与奪権を

持つに到ったのは、単純に知能が高いからではない。

バンドウイルカやネアンデルタール人は現生人類よりも大きな脳を持ち、情報処理

能力・知能においても現生人類より高いという見方も可能だが(もちろん反対論も

ある)、現生人類のように言語を使ってどんどん知識や技術を社会的に蓄積し、

共有・継承する事が困難だった。

しかし喉の奥が短いため、分節言語を発声する能力が低かった可能性が考えられ、

一人一人は高い知能や筋力を持っていたとしてもコミュニケーションによる役割分

担(分業化)によって狩猟や採集における効率を高めるといった観点では現生人類

と比べて不利である。

また現代人のような大集団は形成しなかったと言われる。

知恵や技術の社会的蓄積度の違いが両者の盛衰を分けたのではないかと考えられる。

ネアンデルタール人の絶滅の理由に定説はないが、現生人類との生存競争に敗れた

とする見方が有力である。

かつては発話障害のある人は淘汰されてしまうだけの存在だったのが現在では科学

技術文明の恩恵によって補助装置を使ったりして活躍する人がいる事から見ても、

ネアンデルタール人の発話能力が不十分だとしても現代で活躍できる余地は大いに

あるし、現代の現生人類は彼らの能力を埋没させてしまったり一方的に排除してし

まう程馬鹿ではないと考える。

尚、現生人類がアフリカから出て行ったのは5~7万年前だったと考えられている。

現生人類の系譜について書くと、現在の人類が分岐し始めたのは約20万年前のアフ

リカであり、現在の黒人(ネグロイド、Negroid)が沢山分岐してから、5~7万年

程前に黄色人種(モンゴロイド、Mongoloid)と白人(コーカソイド、Caucasoid)

の共通の祖先にに当たる【出アフリカ系】が分岐する。

出アフリカ系の中にはアフリカに戻って現地の人達と混血していった人達もいる。

それからまもなく黄色人(モンゴロイド)と白人(コーカソイド)に分岐して

行く。

更にモンゴロイドからオーストラロイド(Australoid)が分岐する。

残ったモンゴロイドの中から更にアメリカ原住民(ネイティブ・アメリカン)が分岐

している。

コーカソイドのうちヨーロッパに進出したグループとネアンデルタール人との間に

生態的地位をめぐる生存競争が起こり、それに敗れたネアンデルタール人が絶滅し、
その過程で一部交配が起こったとする説が有力である。

もし現代にもネアンデルタール人が生きているとしたら、頭は十分について行ける

が、喉がついていけないため、言語を使った会話表現力が不十分(言語理解はでき

ても上手く喋れない)なので、現生人類に合わせている現代環境では生活には支障

をきたしてしまうだろうが、ネアンデルタール人の特徴に合わせた環境を作れば

活躍する人もそれなりに現れるであろう。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:30 

2017年09月27日

  的屋のたっちゃんの本名を使う


その後『関東煮 きくや』を目指した。

入り口に来ると3組が入り口の椅子に座っていた。

それでいつもの様に入り口のボードに名前を書いて別の居酒屋で時間を潰す事に

した。

ボードに書いた名前は的屋のたっちゃんの本名であった。

実は『とらちゃん』以外の全てのお店の予約の名前は的屋のたっちゃんの本名を

使っている。

理由は特にないが。

勿論その時の飲み歩きに的屋のたっちゃんが参加していなくとも。

常に的屋のたっちゃんの本名で予約を入れている。

時間潰しの居酒屋に選んだのは居酒屋の『マルカツ 玉造店』であった。


DSC01116


DSC01117


DSC01118


DSC01119

特別このお店が美味しいと言う訳ではない。

ほんまに時間潰しであった。

店内に入るとわりと空いていた。

我々は入り口近くのテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、入り口の看板に書かれていた『汁飛ぶジャンボ餃子』と串かつで、

牛、豚、レンコンであった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC01120

乾杯ー!!


DSC01121


DSC01122


DSC01123


DSC01124


DSC01125

『汁飛ぶジャンボ餃子』と串かつの牛と豚とレンコン

いつも早い時間帯から入る京阪守口駅前の『串かつ えん満』の方が絶対に

美味しいと思った。

ちょっと全体的に味がぼやけている感じであった。

要は、余りにも味が薄い。

この薄さはあの越後のちりめん性行為の頭よりも薄いと思った。

でも、まあー、目的は『関東煮 きくや』

『マルカツ 玉造店』はあくまでも『関東煮 きくや』の入る為の時間潰し。

そう考えると気軽にこの余り宜しくない味わいも許せるって感じだろうか。

『マルカツ 玉造店』に初めて入ったのが今年の7月13日の木曜日。

この時のお供は、この!ハゲ~!!の越後のちりめん性行為だった。

『マルカツ 玉造店』は開店したばかりの真新しい居酒屋であった。

開店したばかりだったので店内はほぼ満席状態であった。

あれからたったの2か月。

店内はガラガラ状態だった。

それに女性店員は一人で厨房の中も一人。

この辺が飲食業の難しい所やと実感するのであった。

猛牛ポーズをした。


DSC01126

猛牛ポーズ!!

そんな感じの居酒屋の『マルカツ 玉造店』であった。

『汁飛ぶジャンボ餃子』ってあるけど。

汁なんか全然飛べへんし。(^^♪











ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC01033


DSC01034


DSC01035


DSC01036


DSC01037


DSC01038


DSC01039


DSC01040

鶏の手羽先が無茶苦茶最高に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!











メンデルの法則とダーウィンの進化論について。

進化論にまつわる科学史を語る時ちょくちょく「メンデルの法則が19世紀末に

“再発見”された結果、ダーウィン及びウォレスが唱えた進化論に対する反論と

なった」という記述を見つけます。

そして現代ではダーウィンの進化論とメンデルの法則はお互いをよく補完し合う

関係であり現代の進化論の大きな柱になっている。

19世紀末~においてメンデルの法則を「再発見」した以後の一部学者達が、一体ど

ういう理由でメンデルの法則がダーウィンの進化論への反論材料であると考えた

のか。

ネットを見た限り。

1:ダーウィンの進化論では(今でいうところの)突然変異や遺伝の部分だけは

ラマルク説に基づいていた。

だが、メンデルの法則はラマルク説的な獲得形質の遺伝を否定した。

2:ダーウィンの進化論では進化は漸進的であるはず。

だが、メンデルの法則はそれを否定した。

というような印象を受けた。

メンデルの法則が報告されたのが1865年。

それが何人かの学者によってそれぞれ追試・再発見されたのが1890年代から

1900年代。

染色体上に遺伝子が載っているという染色体説が提唱されたのが1902年。

染色体説が実験等によってきちんと確立したのが1920年代。

そうした遺伝を担う物質がDNAであると証明されたのは1944年。

現在の我々から見れば当然の前提である事も20世紀序盤でさえよく分かっていな

かったという点に注意すべきという事である。

その時代は根幹たる部分がブラックボックスに近かったため、そこが分かっている

現在の我々からすれば「え?なんでそうなるの?」となるような議論もある。

そのあたりを考慮して考えていくと良いかもしれない。

参考となるウェブページ。

メンデル学派がダーウィニズムに対して論争をふっかける経緯については、東北

大学 河田雅圭教授による「はじめての進化論」の第六章などが参考になるかと

思う。

http://meme.biology.tohoku.ac.jp/INTROEVOL/Page25.html

上記ウェブページの後半「メンデル再発見」とメンデリズムVS.生物測定学派の

論争という項目以降の文章です。

他には、

Wikipediaの「ネオダーウィニズム」の「20世紀初頭」のところにも参考になる

記述がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%80%E3%83%BC%...

>1:ダーウィンの・・・(略)・・・獲得形質の遺伝を否定した。

獲得形質の遺伝云々は、はっきり言ってメンデル学派によるダーウィニズムの批判

とは関係ない。

そもそもメンデルの遺伝の法則によって獲得形質の遺伝が否定された訳ではない。

メンデルの遺伝の法則は、ある変異がどのように子に遺伝し、どういう形式で子で

発現するかについて述べた法則であって、そうした変異がどうやって生じるかにつ

いて述べたものではない。

獲得形質の遺伝はどうやって変異が生じるかについて述べた仮説だが、メンデルの

法則によっては否定も肯定も出来ない。

因みに獲得形質の遺伝が否定された事により、ラマルクの用不用説が否定されたが

これは用不用説と自然選択説を対比して用不用説が否定された訳だから、科学史的

にはむしろダーウィンの自然選択説が支持されたというイベントである。

尚、ダーウィンの時代には遺伝の仕組みはほぼブラックボックスで、これはダーウ

ィン自身も率直に認めており、遺伝の仕組みに次第では、もしかしたら自身の自然

選択理論が窮地に立たされると考えてもいた。

が、だからこそダーウィンは、当時の時点でも“かなり手堅い事実”を元に論を

組み立てた。

その上で、パンゲン説などの遺伝の仕組みを考えた訳である。

パンゲン説を考えてそれを元に自然選択説を考えたのではなく、当時の時点でおよ

そ間違いなさそうな手堅い事実を元に自然選択説を考えた訳だから、ダーウィンの

考えていた遺伝の法則・パンゲン説が否定され様とも、自然選択説が直接的に揺ら

ぐ訳ではないので注意が必要である。

>2:ダーウィンの進化論では進化は漸進的であるはず。

だが、メンデルの法則はそれを否定した。

ダーウィンの自然選択による進化のプロセスは基本的には段々と、つまり階段飛ば

しをしないか、極僅かしかしないで進むものと考えられた。

しかし、メンデルの法則によれば、遺伝子は絵の具のように混ざり合ってしまうの

ではなく、優性の法則・分離の法則から分かる様に、粒子の様な受け渡され方を

する。

そして遺伝子による性質は不連続になる。

エンドウマメのしわ型と丸型等の様に。

この様にメンデル遺伝だと生物の性質は不連続であるため、ダーウィンの自然選択

説が想定する様な漸進的な変化と相性が悪いと、当時は考えられた訳である。

また、せっかく自然選択で出来た“偏り”が出来ても、連続的な性質は交配に

よって薄まってしまい、自然選択によって変化するのが難しいと考えた人もいた様

である。

例えば品種改良したものを野外の集団と掛け合わせるとその特徴が薄まり、吸収さ

れてしまう様に。

英語圏でメンデルの法則を広め、ダーウィニズムを批判した初期のメンデル学派の

学者である

ウィリアム・ベイトソンも連続的な性質がダーウィンの自然選択によって“完成”

する事は難しく、しかしメンデル遺伝する不連続な性質(それは薄まることなく粒

子のように受け渡される)であれば、進化が可能である、と主張する一人だった

様である。

そして、メンデルの法則の再発見者の一人であるド・フリースが、突然変異という

現象を発見する。

突然変異によって親の遺伝的性質と違う遺伝的性質を持った子が生まれる事が示さ

れた。

ド・フリースは、進化において種を変える程の大きな変化をもたらす突然変異が

起こる事で、いきなり新種が生じると考えた。

これがド・フリースの突然変異説で、ダーウィンの自然選択説が仮定するような

漸進的な変化「漸進説」に対して、いきなり変化して新種が生じることを想定する

ので「跳躍説」と呼ばれた。

メンデル学派の学者達もこのような立場を取った。

しかし結論から言えば、たった一つの突然変異で物凄い変化が起こる事はきわめて

稀で、多くの場合一つ一つの【突然変異の影響は小さい】事が示された。

「突然変異の影響が小さい」とは、要するに一つ一つの突然変異で起こる変化は

小規模だという事である。

多くの実験や観察のデータは、跳躍説の仮定(一度に大幅な変化が起こる)では

なく漸進的な変化のほうを支持した。

そして最終的には、遺伝学の発展や数学理論の適用により、漸進説が仮定する様な

連続性も、メンデル遺伝と矛盾しないことが示された。

今では我々は、小さな突然変異の【積み重ね】で別種になりうると常識で知ってい

るが、突然変異という現象が認識され始めた当時では

・一つの突然変異でどれくらいの変化が起こるのが一般的なのか

・突然変異というのはどれくらいの頻度で起こっているものなのか

・どんな原因で突然変異が起こり、それが世代を経てどのような動態を示すのか

等々が一切全く分からなかった訳だから、当時の学者が今現在の常識たる結論に

至らなかったからといって、それ程不思議な話ではない。

まさに巨人の肩の上という奴。

メンデルの法則と進化論の矛盾。

メンデルの法則には種がどうとかは出て来ない。

メンデルの法則はあくまである変異(遺伝する性質)がどのように子に遺伝しどう

いう形式で子で発現するかについて述べた法則であり、これは別種同士で交配した

場合でさえも成り立つ法則である。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:32 

2017年09月26日

  今年最後の『なるとや』


今年最後の『とらちゃん』は最高に美味しいのであった。

その後JR玉造駅前まで移動した。

『とらちゃん』が最後と言う事はJR玉造駅前での飲み歩きもおそらくこの日で今年

最後になるかもしれない。

そう思うと何となく寂しいもんがあった。

そして向かったお店は居酒屋の『なるとや』であった。


DSC01106


DSC01107


DSC01108

店内に入ると相変わらず女将の威勢が凄かった。

我々は入り口近くのカウンター席に座った。

早速注文をした。

注文は、鶏の唐揚げであった。

先ずは『ウコンの力』で乾杯をする事にした。


DSC01109

乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をする事にした。


DSC01110

乾杯ー!!


DSC01111


DSC01112


DSC01113


DSC01114


DSC01115

付き出しと唐揚げ

ここの付き出しの本気度が半端ない。

ほんまに恐ろしい程に出汁がしっかりとしゅんでいる。

口の中に入れた瞬間から物凄い旨味が襲い掛かって来るのであった。

唐揚げもジューシーで中はしっかりと味が付いていてめっちゃ美味しかった。

最高に美味しい料理を堪能出来る居酒屋がここにあった。

猛牛ポーズをした。

猛牛ポーズ!!

女将に聞くと今までは土・日は休みだったが最近は第一と第三の土曜日は開けてい

るらしい。

それなら今後機会があれば第一か第三の土曜日に訪問したいと思った。

そんな感じの居酒屋の『なるとや』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日はケンタッキー・フライド・チキンを買って来た。


DSC01015


DSC01016


DSC01017


DSC01018


DSC01020


DSC01021


DSC01022


DSC01023


DSC01024


DSC01026


DSC01027


DSC01028


DSC01029


DSC01030

時々無性に食べたくなるケンタッキー・フライド・チキン。

食べたくなる時のケンタッキー・フライド・チキンが無茶苦茶最高に美味しいので

あった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











アーサー王物語の原点は15世紀にトマス・マロリーによってまとめられた『アーサ

ー王の死』である。

それまで様々な物語の断片として語り継がれていたアーサー王の物語を一つにまと

め、アーサー王の誕生から円卓の騎士たちの活躍、ランスロットとグィネヴィアの

不義から円卓の騎士の崩壊、最後の戦いとアーサー王の死までを初めてまとめ、

アーサー王伝説の集大成となった大作である。

現代にまで続くアーサー王の物語はこの作品から始まったと言っていいだろう。

ただ、残念な事にこの作品の完訳版『アーサー王物語』(筑摩書房)、

『完訳 アーサー王物語』(青山社)はいずれも絶版で入手困難。

ちくま文庫の『アーサー王の死』は今でも入手出来るが、こちらは原典から一部を

抜粋した抄訳本となっている。

だから、入門用にはいいかもしれないが、可能であれば完訳版がベスト。

但し、文章はかなり硬い。

『アーサー王の死』の完訳版がない、もしくは文章が硬すぎると感じるならローズ

マリ・サトクリフの『アーサー王と円卓の騎士』、『アーサー王と聖杯の物語』、

『アーサー王最後の戦い』の三部作がマロリー版に比較的忠実で入門書としては

良いと思う。

また、ブルフィンチの『中世騎士物語』(岩波文庫)でもアーサー王物語の概略を

知る事は出来、入門用には向いている。

それ以外、「アーサー王伝説」を自分なりの解釈でアレンジした作品を多くの作家

が手がけているが、最初は基本に忠実な作品が良さそうに思う。











アーサー王の子孫を自称する家系がある。

12世紀前半に書かれた『Historia Regum Britanniae』(直訳すれば“ブリタニアの

王達の歴史”、ブリタニア列王記と呼ぶ人もいる)に基づいて系図を書いたら

『アーサーとモルゴリウスの子供がモートレッド』になる、と《『仮定』》しても

『そうなればこの血統を受け継ぐのはイギリス王室という事』が、どう言う繋がり

でそう言えるのか、分からないが、かつてイングランド王家が、アーサー王と血縁

関係にある事を主張した事がある、と言うのは正しい。

但し、それが『直系の子孫』と言う主張なのかどうかは分からない。

チューダー朝の初代ヘンリー7世の祖父オーウェン・チューダーが、ウェールズに

かつてあった小王国の王の血筋をひく名門の出で、そこから『Historia Regum

Britanniae』で最後のブリトン人の王として描かれているCadwalader(人物として

は実在がほぼ確実)に遡り、更にブリトン人の王の系列を辿ってアーサー王につな

げたもの、と思われる。

ヘンリー7世が長子にアーサーと名づけたのも、そう言う主張が背景にあると考え

られる。

現在ウィンチェスター城にある“アーサー王の円卓”も、ヘンリー8世の頃に手が

入ったと考えられていたらしい。

ただ、チューダー朝が成立した頃はまだ偽史と考えられていなかった。

つまり信頼出来る歴史書として受け入れられていた『Historia Regum Britanniae』

にはアーサー王の子は一人も登場せず、アーサー王の後を継いだ王である(英語表

記では)Constantineも、アーサーの(英訳では)Kinsman、つまり同族としか書いて

いなかった。

なので、ヘンリー7世がどういう系図を主張したのか(そもそも、直系の子孫と主張

したのかどうか)は、分からない。

ただ『Historia Regum Britanniae』でアーサーの従兄弟とされているモード

レッドは、裏切り者として描かれているし、モードレッドの二人の子はアーサーの

次の王Constantineに殺された、と言う事になっていたので、モードレッドを通じ

てアーサーの血を引いている、と主張したとは考え難い。

何せアーサー王は有名人なので、かつてのイングランド王家以外にも、アーサー王

との血縁を主張した(今でもしている?)例がある可能性まで否定するつもりはない。

が、アーサー王からの詳細な系図をどう創作したのか、そもそも創作したのかどう

かも含め分かりかねない。

尚、『Historia Regum Britanniae』の英訳はペーパーバックでも出ているし、

今はネットで読める。

アーサーに関する最も古い部類に属するラテン語資料では、アーサーはArthurと表

記され、それ以外のラテン語資料ではArthurusやArturusと言う表記もあるのは聞

いているが、アウトリウスとカタカナ表記できる様なラテン語表記は、いつ頃のど

んな史料にあったのか…

『Historia Regum Britanniae』でのモードレッドはアーサーの従兄弟であって

息子ではない。

モルゴースは、『Historia Regum Britanniae』には登場しない。

なので、ブリタニア列王記の5~6世紀の(騎士と言うよりはむしろ)偉大な征服王ア

ーサーは、『それによれば系図上はアーサーとモルゴリウスの子供モートレッドに

なり』得ない。

アーサー王は何せ有名人なんで、故地(=縁のある土地)とされる(って言うかそう

主張する人がいる)土地は、ウェールズに限らず色々なところに散らばっている。

例えば、『ここがキャメロットだ!』と言われる場所は、ウェールズのカーリアン

以外にもいくつかある。

(そもそも、詩人の創作に初登場した地名がどこにあったかを考えるのに意味があ

るか、とも言えるが…)

しかし、『Historia Regum Britanniae』に、ロンドンとかウィンチェスターとか、
アーサーを母が妊ったティンタジェルとか、現実の地名と一致するイングランド南

部の地名が多く登場する為、聖杯探索伝説の様な“現実の地名に当て嵌めようとす

るのが無意味なケース”を除くと、アーサーの主な地盤はイングランド南部に

あった、と言う印象が強く、アーサー王に縁のある(と言う主張がある)土地はイン

グランド南部に多く分布している。

イングランド王位後継者をプリンス・オブ・ウェールズ(直訳すれば“ウェールズ

の第一人者”)と呼ぶのは、エドワード1世がウェールズを征服した時に、実質的な

王領をプリンス・オブ・ウェールズの領地とし、そのタイトルを後のエドワード

2世に与えた事が始まりで、アーサー王の話とは特に関係はない。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:32 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
⇐ここを押して下さい!!
  • ライブドアブログ