2018年03月

2018年03月31日

  小春日和のたたずまい


この日はハヤシライスを作る事にした。

使ったルウは三種類×2セットであった。


DSC04915

この日の材料は『業務スーパー枚方高田店』で買って来た極々普通の国産牛

約3.0㎏と玉葱とじゃが芋であった。


DSC04941

これらをいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC04942


DSC04943

そんな感じのハヤシライス。


DSC04944


DSC04945


DSC04946


DSC04947

スタッフの皆と一緒に食べるハヤシライス。

これがむちゃくちゃ美味しい。

ほんまにえげつない程に美味しいのであった。

使っている牛肉と野菜の量が物凄く多い。

それにより想像を越える美味しさが表現される。

これ程に美味しいハヤシは中々簡単には出会えないだろう。

ハヤシは2013年6月28日の金曜日から作り始めた。

光文社文庫の『江戸川乱歩全集第1巻屋根裏の散歩者』(2004年)に収める

「D坂の殺人事件」では「ミュンスターベルヒ」(208頁)に対して、

「ヒューゴ・ミュンスターベルグ(Hugo Münsterberg 一八六三~一九一六)、

ドイツ、アメリカの心理学者。

(中略)乱歩蔵の『心理学と犯罪』の翻訳書には、「心理試験」執筆時と

思われる書き込みがある。」と10行にわたって注釈(平山雄一氏担当)が

ついています(704頁)。

Wikipediaにも「ヒューゴー・ミュンスターバーグ」の項目があります。

この人は現ポーランド(当時ドイツ領)のグダニスクの生まれで、のちアメリカに

移った人のようです。

同じbergという綴りでも、ドイツ語式に発音すると「ベルク」あるいは

「ベルグ」、英語式によむと「バーグ」になるようです。

「ベルヒ」というのは、いま調べたにわか知識では、北ドイツ式のよみ方である

そうです。

このWikipediaの記述を見てゆくと、「応用心理学」というところに「こうした

論文の多くの主要対象は、目撃証人の証言の信頼性に関するものである。」と

あり、「D坂の殺人事件」の内容と一致します。

また、「著作」を見てゆくと、1908年に"Psychology and Crime."、

すなわち『心理学と犯罪』とあります。








昨日のお昼に用意されたのは『和牛折詰弁当 牛竜』と言うお店の

『ステーキ&ハンバーグ』であった。


DSC04208


DSC04209

ステーキ&ハンバーグ


DSC04210


DSC04211

極々普通のノーマルなステーキ&ハンバーグ弁当であった。

これならリピートしてもええかなと思った。








『トップワールド香里園店』で鰻専門店の『魚伊』の鰻の蒲焼きを買って来た。


DSC04894

あっつあつの御飯の上に『魚伊』の鰻の蒲焼きを乗せた。


DSC04895


DSC04896

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

真空パックに入った『魚伊』の鰻の蒲焼きの袋を開けた瞬間からもう直ぐ訪れるで

あろう小春日和のたたずまいを彷彿させられる。

豊かさの中にぬくもりと感じながら優しさを飲み込む食感が堪らない。

この世界を独り占めに出来る喜ぶ無限の空間が肉となり骨となる。

口の中に入れた瞬間から溶け出す旨味がいつまでの後を引く。

『魚伊』の鰻の蒲焼きは最高に美味しいのであった。








『万代寝屋川宇谷店』でマグロの切り身を買って来た。

マグロを漬けにした。


DSC04917

とりあえず炊き込み御飯を作った。


DSC04916

炊き込み御飯の上にマグロの漬けをトッピングした。


DSC04918


DSC04919

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

極々普通のマグロを漬けにする事で食感に高級感が生まれる

このマグロの漬けと炊き込みご飯が絡み合って最高に美味しいのであった。








今週のおかず。





DSC04880


DSC04881






DSC04882


DSC04883







ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC04140


DSC04141


DSC04142


DSC04143


DSC04144


DSC04145


DSC04146


DSC04147


DSC04148


DSC04149


DSC04150


DSC04151


DSC04152

酢豚味の唐揚げが無茶苦茶最高に美味しいのであった。








そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!











三国志以後の蜀将について。

両晋十六国の時代。

費禕は姜維に「俺たちじゃ魏を滅ぼすとか無理だから、有能な者が出現するのを

待とう」と言った。

結局『三国志』では、諸葛亮没後の蜀で姜維を超える軍才は出て来ない。

(霍弋と羅憲は分からない)

蜀の遺臣で『晋書』に立伝されているのが、ほとんど譙周門下の学者肌の人で、

一流の将帥と言っていい人がそれこそ羅憲とその甥の羅尚くらいのもの。

しかし、羅憲はいわば守りの人で、別にどこかに攻め込むことをした訳でもない。

攻める、平定する、という点では、霍弋の方が上。

晩年は配下を使って交州の辺りに軍を繰り出すものの病死し、派遣された部下だけ

では陶璜に歯が立たなくて終わっている。

陶璜の伝を読むと、霍弋は名将といってもいいだけの戦略の持ち主と言ってもいい

であろうが、その具体的な才覚が記録に残っていない(企図と結果しか分からない)

のでかなりの手腕だった、としか言いようがない。

多分、益州出身組は西晋→東晋への王朝交代の流れの主流にはいなかったの

だろう。

永嘉の乱と前後して、李特らが漢中方面から南下して成漢を作っているし、

その李特は羅憲の甥の羅尚の計略で敗死したものの、息子の李雄の才覚と羅尚の

四川経営のまずさから蜀漢の遺臣であるにもかかわらず、世論を味方にできなく

なって、李雄による成漢国の全盛期を呼び込んでしまう。

この辺の李氏と羅尚のせめぎ合いの辺りとか、短編小説にしたら面白そう。

更にその成漢は桓温に滅ぼされた後に前秦に奪われ、前秦崩壊後は16国にも数えら

れない政権ができ、それを劉裕陣営が滅ぼし…と、漢人の主流政権に殆ど関わって

いない。

ただ、長江上流で中流域の防衛には必須だし、成都近辺は人口も多いし、開発は

進んでいなくても物産は豊かで、異民族の協力さえ得られれば精強な兵も輩出する

し、というので、十六国時代から南北朝にかけて、けっこうな名将連中が関わって

いるのも確か。

桓温とか、東晋を代表する名将の一人だし、劉裕もその股肱の武人達も百戦錬磨の

連中が揃っている。

ただ、武都とかの四川から関中にむかって北上する途中に仇池という氐族楊氏を

中心とした小規模政権が存在し、これが生き残りのためにあっちにくっつき、

こっちにくっつきしていて、非常にやっかい。

大河ドラマの真田さん達みたいな感じだろうか。

この辺りの氏族政権は、モグラたたきのモグラのように場所を変え変え、南北朝末

期まで統廃合を繰り返して存続しており、腫物のような感じである。

ここの君主の一人である楊難当の孫が、北魏で猛将の名を欲しいままにした楊大眼

であり、あんな化け物を輩出する王族だ、というので、そのやばさが分かるかと

思う。

勢力自体は弱小なのに、侮れない、と。

四川はそんなのが北にいる土地なので、ここを任せられるのは南朝の皇族とか、

あるいは結構な有力将帥さんであり、一般的な知名度はともかく、伝を読めば

「おお、この人もか」みたいな人が、南朝からも北朝からも出張っては漢中で

ドンパチしている。

北魏の邢巒とか。

可能性があるとすれば出身者ではないが、例えば梁の蘭欽なんかは漢中方面で北魏

や西魏相手に奮戦、というか無双している。

かの有名な陳慶之と同じ巻に入っているのに、あまり取り上げられない不憫な

お方である。

息子が東魏の捕虜になって料理人にされ、恨みで東魏の丞相を暗殺してその場で

処刑される、という、人生も不憫だが。

また、北伐はしないが、梁の皇族の武陵王・蕭紀は、優秀な人が多かった梁武帝の

子らの中でも優秀な人物で、兄・元帝との勢力争いさえなければ、梁末期の名将皇

族として名をはせたかもしれない。

彼と元帝のケンカ中に西魏が彼が留守だった四川を強奪し、後に元帝のいる江陵も

西魏に蹂躙されることになるので、優秀な兄弟同士の兄弟げんかは影響がでかすぎ

る、ということ。





←ここを押してください!!







 


h_t_tomoto at 06:26 

2018年03月30日

  episode-127 「ハンバーグランチ ライス大盛り」


ソフトバンクは26日、未契約だった川崎宗則内野手(36)の退団を発表した。

川崎は球団を通じ「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に

自律神経の病気にもなり、体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。

このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません」と理由を

明かした。

自律神経の病気なら回復の可能性はある。

自由契約だから病気が回復すれば復帰の可能だろう。

何とかもう一度明るい選手として復帰して欲しい。

昨夕そんな事を考えていた。

すると江戸っ子どんと姫がここにやって来た。


DSC04809

そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「退団したな」と言った。

江戸っ子どんと姫「フリッツ・ブッシュ(Fritz Busch, 1890年3月13日 - 1951年9

月14日)はドイツの指揮者です。

ヴァイオリニストのアドルフ・ブッシュやチェリストのヘルマン・ブッシュの兄と

しても知られます。

ジーゲンに生まれ、ケルン音楽院で学んだ後、1909年にリガで指揮者デビューを

果たしました。

1912年からアーヘン市立歌劇場、1918年からシュトゥットガルト、1922年から

ドレスデン国立歌劇場の音楽監督を歴任。

1933年にナチスを嫌ってドイツを離れ、南米や北欧を中心に活動しました」と

言った。

私が「へ~っ、クラシック音楽にも精通しているんや」と言った。

江戸っ子どんと姫が「この辺は、ドン引きタツジさんとは違いますから」と笑い

ながら言った。

私が「ところで、野球には興味はないんか」と言った。

江戸っ子どんと姫が「長篠の戦いです。

朝から始まった戦闘ですが、長くて正午ごろまでは武田軍は攻撃を続けて

いました。

騎馬隊が鉄砲により粉砕されるイメージの長篠ですが、決戦場の設楽ヶ原は谷間の

田園地帯で騎馬は走れないです。

さらに武田家臣・米倉重継の開発した竹束と呼ばれる鉄砲防御壁は大阪の陣でも使

われるベストセラーで、歩兵が柵に近づくだけなら、安全に接近できたようです。

その間に、馬場隊は佐久間隊が構えていた丸山を占拠し、真田隊は馬防柵の中まで

侵入し真田信綱・昌輝兄弟は自ら敵兵と戦い首を20以上取ったとあります。

敵陣の一番奥まで侵入したのは中央に布陣した内藤隊で、一部の兵が3重の馬防柵

の3重目、つまり馬防柵を突破しています。

一方的に武田が負けたイメージの長篠の戦いですが、午前中までは攻勢を保って

いました。

前半に指揮官クラスで討たれたのは土屋昌次ぐらいで山県昌景が馬上で狙撃され

討死したあとも、内藤昌豊が山県隊をまとめ戦いを継続していたようです。

長篠城の南、鳶ヶ巣砦も酒井隊の奇襲ですぐ落ちたと思われるかたもいますが、

鳶ヶ巣砦の主将で信玄の弟・武田信実は何度か酒井隊を押し返しています。

一度とられた陣地も取り返したりしばらくは一進一退の攻防を繰り広げています。

それでも、武田信実や三枝守友を討ち、その勢いで長篠城の包囲隊に斬り込んだ

徳川家康の親族・松平伊忠は小山田昌辰らの反撃で討ち取られる等、損害を被って

います。

武田家臣の戦死者の墓は陣地の後にたっている場合が多いです。

しかし、明らかに撤退中の戦死位置を示す物もあります。

その中に、長篠城の北側わずか数キロの所に馬場信春討死の地があります。

この馬場信春討死の地より北に墓や戦った史跡はありません。

近江の刀根坂の戦いで朝倉を破った後にはるか越前まで追撃した織田軍が、決戦場

からすぐ近くで馬場信春を討った後に追撃をしていません。

そのまま長篠にあるコロミツ坂で勝どきをあげています。

それは何故かと考えれば、馬場信春の殿軍が絶妙だったのもあるでしょうが、

追撃する余力が無かったと見ます。

以上をことを複合しますと、6000という数の信憑性は別として、織田徳川軍の損害

は武田が攻勢中であった午前中の損壊だと思います」と言った。

私が「ところで、最近の業績はどう」と聞いた。

江戸っ子どんと姫が「今のところは何と頑張れています。

この調子でなんとかノルマーを達成したいと思っています。

この前ランチで京阪香里園駅前にある『ステーキ&ワイン ミートグッド』へ

行って来たんです。

ここはステーキ&ハンバーグが美味しいと有名です。

わたくしはいつもこの『牛ステーキランチ』を注文しています。

わたくしがお店の中に入った瞬間死んでしまいそうなぐらいにえげつない悪臭が

したんです。

お店の中を見るとなんとあのハゲでエロの越後のちりめん性行為が奥のカウンター

席に座りながら真面目な顔をして生意気に『ハンバーグランチ ライス大盛り』を

食べているんです。

あのハゲの越後のちりめん性行為が普通の真面目な顔をして食事を普通にしている

姿を見てわたくしは真剣に驚きました。

本当にびっくりしました。

あのハゲ頭の存在そのもので仁義愛将軍様の下痢便もたじろいてしまいます。

わたくしは心の中で“ざっ!けんなよ!!このハゲ~!!”と叫んでいました。

わたくしは気づかれない様に別の席に座ったんです。

すると“やーっ”と言って、ハゲ頭の越後のちりめん性行為がトレーを持って

わたくしの横に座るのです。

横ですよ。

普通は向かいに座ると思うのです。

常識の微塵も感じられないハゲの越後のちりめん性行為の行動には呆れるばかり

です。

DDTでもくらわしてやりたいと思いました」と言った。

私が「DDTって。

なんじゃーそれは。

プロレスの技やんけ。

でも、何となく言いたい事は理解出来る」と言った。

江戸っ子どんと姫が「越後のちりめん性行為の余りのキショクの悪さに吐きそうに

なります。

わたくしが越後のちりめん性行為にちょっと聞いてみたんです。

“ねえ、ねえ、越後のちりめん性行為さんはどうしていつも1991年公開のアメリカ

映画の『羊たちの沈黙』に出て来るハンニバル・レクターみたいな顔をしている

んですか”って。

すると越後のちりめん性行為さんが“ハンニバル・レクター顔には天才肌が多いんだ。

ハンニバル・レクター顔は天性のものなんだ。

カンザスシティ (ミズーリ州)ほかアメリカ各地で、若い女性が殺害され皮膚を

剥がれるという連続猟奇殺人事件が発生した。

逃走中の犯人は“バッファロー・ビル”と呼ばれていた。

FBIアカデミーの実習生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)は、

バージニアでの訓練中、行動科学課 (BSU)のクロフォード主任捜査官からある

任務を課される。

クロフォードは、バッファロー・ビル事件解明のために、監禁中の凶悪殺人犯の

心理分析を行っていたが、元精神科医の囚人ハンニバル・レクター(アンソニー・

ホプキンズ)は、FBIへの協力を拒絶していた。

クラリスは、クロフォードに代わって事件に関する助言を求めるため、レクターの

収監されているボルティモア州立精神病院に向かう。

僕の様な天才肌は最高のオナニーの道具(究極のアダルトグッズ)である

『TENGAバキュームコントローラー』を使って最強に興奮しながら大量に射精す

るんだよ。

僕の様なハンニバル・レクター顔の天才肌が『TENGAバキュームコントローラー』

を使いこなすって凄いと思わないか。

『TENGAバキュームコントローラー』を使いこなすのは世間では僕だけだよ”と

意味不明な事をぬかすんです」と言った。

私が「ハンニバル・レクターって。

何が言いたいのか全く理解出来ないな」と言った。

江戸っ子どんと姫が「越後のちりめん性行為さんはハゲ頭のアホみたいなピコ

太郎だと思いました。

アホみたいな顔をしたドン引きタツジさんは相変わらずクソ面白くありません。

それに会社の廊下でよく転んでいます。

わたくしはこのまま頑張って突っ走ります」と言って拳を突き上げた。


DSC04810

相変わらずこのくだりがクソ面白くなくて笑いにもならない。

そう思った瞬間、沈黙となった。











その後〆のお店に向かった。

この日の〆のお店はやっぱり『やよい軒香里園駅前店』であった。


DSC04869


DSC04870


DSC04871

飲んだ後の縞ホッケ定食が堪らなく美味しいのである。

店内に入るとわりとお客さんが入っていた。

我々は奥のテーブル席に座った。

注文は、縞ホッケ定食。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04874

乾杯ー!!


DSC04875


DSC04876


DSC04877


DSC04878

縞ホッケ定食

この縞ホッケが無茶苦茶最高に美味しい。

なにせ骨まで食べれるからだ。

脊髄部分の骨がせんべいみたいな感じで美味しく頂ける。

これが最高である。

おそらく今後も〆のお店は『やよい軒香里園駅前店』になると思う。

猛牛ポーズをした。


DSC04879

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『やよい軒香里園駅前店』であった。




DSC04873


DSC04872











ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日はカレーを食べる事にした。


DSC04793


DSC04794

冷奴を食べながらのカレーが最高に美味しいのであった。











またまたほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC04795


DSC04796


DSC04797


DSC04798


DSC04799


DSC04800


DSC04801


DSC04802


DSC04803


DSC04804

焼きそばが最高に美味しいのであった。






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!







  













h_t_tomoto at 06:30 

2018年03月29日

  レギュラーになった


その後向かったお店は『炭火焼肉牛味苑』であった。


DSC04855


DSC04856


DSC04857


DSC04858

気が付けが『炭火焼肉牛味苑』はTちゃま倶楽部飲み歩きのレギュラーになってし

まっている。

ここも事前に予約を入れておいた。

店内に入るとわりとお客さんが入っていた。

我々はいつもの入り口近くのテーブル席に座った。

早速注文をした。


DSC04859


DSC04860

注文は、ロースと伊万里牛特選タンツラであった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04861

乾杯ー!!


DSC04862


DSC04863


DSC04864


DSC04865


DSC04866


DSC04867

ロースと伊万里牛特選タンツラ

相変わらずロースはめっちゃ柔らかくて甘味と旨味が凝縮されていて無茶苦茶最高

に美味しいのであった。

並のロースでありながら喜ぶが味わえる事が心地よくなる。

タンツラは結構分厚くて大きい。

ところが横にハサミがある事に気が付かなかった。

ハサミの存在を知っていれば四つに切り分けて食べたのにと少し後悔している。

分厚くて大きなタンツラをそのまま口の中に入れてしまった俺のミスだった。

今後はちゃんとハサミを使って四つぐらいに切り分けたい。

濃厚なジューシーさとしっかりとした歯応えがあってここのタンツラは最高に

美味しいのであった。

これからも『炭火焼肉牛味苑』を大いに利用したいと思った。

猛牛ポーズをした。


DSC04868

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『炭火焼肉牛味苑』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC04726


DSC04727


DSC04728


DSC04729


DSC04730


DSC04731


DSC04732

ニシンの昆布巻きが最高に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!







 










魏晋南北朝時代の重要単語含めた説明。

魏晋南北朝時代とは、後漢が滅亡して隋が再び中国を統一する約370年間を指し

ます。

西暦220年、約200年続いた後漢最後の皇帝「献帝」が、「魏」の「曹丕(文帝)」

に禅譲し滅びます。

「魏」の重臣だった「司馬懿」の孫「司馬炎」が、魏を簒奪する形で「晋」を

建国(265年)。

280年に「三国(魏.呉.蜀)」で最後に残った「呉」を滅ぼし、60年の分裂時代

に終止符を打ちます。

「晋」は、政権が脆弱で、北の異民族の侵攻を受け、「匈奴」に追われる形で首都

を「洛陽」から南の「建業」(317年)に遷都し、洛陽時代を「西晋」建業に

移って「東晋」と区別されます。

「華北」には北方、西方からの異民族が小規模な政権が乱立し、五つの異民族

(五胡:匈奴、鮮卑(せんぴ)、羯(けつ)、テイ、羌(きょう))が、十六の

政権を作ることから、「五胡十六国(ごこじゅうろっこく)時代」

(316~439年)、という群雄割拠の時代となります。

十六国の一つ「北魏」が勢力を強め華北を統一。

北魏は「東魏」、「西魏」に分裂(534年)東魏は「北斉」、西魏は「北周」に

取って代わります。

この華北の五つの王朝を「北朝」と括ります。

南に逃げた東晋は、「劉宋」(420年)、「斉」(479年)、「梁」(502年)、

「陳」(557年)と遍歴を重ね、これらを「南朝」と呼びます。

「北朝」と2分しますので「南北朝」とされます。

「北周」が「北斉」を滅ぼして華北を統一(577年)したあと、581年「北周」は

「隋」に代わり、この「隋」が南朝最期の「陳」も滅ぼして(589年)、

後漢滅亡から数えて369年続いた「魏晋南北朝時代」は終焉を迎えます。

西晋の建業遷都で中国が2分されてから、272年ぶりに「隋」が再び中国全体を

統一。











オリックスバファローズの吉田正尚の新しい応援歌『境地』

この応援歌の演奏を聴くだけで応援団の吉田正尚への期待の凄さが理解出来る。

まるで壮大なオーケストラの演奏を聴いているみたいだ。

初めて聴いた時は余りの迫力に度肝う抜かれた。

今シーズンからこの曲で応援できる事に誇りを感じる。

京セラドームへ一緒に行くTちゃま倶楽部の仲間も今から頑張って覚えて欲しい。

俺は完璧にマスターした。

宜しくね!!





  








 













←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:30 

2018年03月28日

  金どぶ捨てた


その後京阪香里園駅前まで移動した。

そして向かったお店は『目利きの銀次 香里園西口駅前店』であった。


DSC04841


DSC04842


DSC04843

店内に入るとほぼ満席状態であった。

我々は奥のテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、マグロの刺身とマグロのハラスの焼き物であった。

直ぐに生ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC04845

乾杯ー!!


DSC04844


DSC04848


DSC04849


DSC04850


DSC04851


DSC04852


DSC04853

マグロの刺身とマグロのハラスの焼き物

飲食店で一番大事なのが接客。

生ビールは中々来ない。

料理は注文してから30分近くなってやっと運ばれて来た。

なんぼ満席状態やからと言ってあんましやで。

隣の女性客はぶかぶかタバコを吸いやがるし。

この日のお供の扇の要が『自分はタバコの煙が苦手なんです』と言うから。

俺が隣でタバコを吸っている女性に。

『すいません、こいつ、タバコの煙アレルギーなんで、良かったら、席を移動して

くれませんか。

風向きで煙がこちらに来るので、そっちなら大丈夫だと思います』と言った。

すると女性が『それはすいません。直ぐに席を移動します』と言って心優しく

席を移動してくれた。

その後その女性はタバコを吸う事はなかった。

『それにしても料理が遅いな』と俺がつぶやいた。

扇の要が『店員に言いましょうか』と言った。

俺が『ええ、黙っとけ。もう二度とけーへんかったらええねん』

扇の要が『やっぱり接客は一番大切だと思います』と言った。

実は扇の要は地元熊本県の有名は焼肉チェーン店で約4年間アルバイトをした経験

がある。

そんな経験からこの『目利きの銀次 香里園西口駅前店』の最悪な接客が耐えられ

なかったのだと思う。

俺が扇の要を誘うのは焼肉の事を熟知している為。

焼肉の事をよく知っている者と喋るとめっちゃ楽しい。

まあー言えば、同じオリックスバファローズのファン同士って感じだろうか。

繰り返すが『目利きの銀次 香里園西口駅前店』へはもう二度と行かない。

マンパワーと言うか、料理に時間をかけ過ぎるのは明らかにマンパワー不足で

あるのは誰が見ても分かる。

しょーもない店で金使ってしまった。

これこそが大切なお金をどぶに捨ててしまったって感じだろうか。

猛牛ポーズをした。


DSC04854

猛牛ポーズ!!

そんな感じの

『目利きの銀次 香里園西口駅前店』であった。

繰り返すが『目利きの銀次 香里園西口駅前店』へは二度と行かない。

楽天ヒットみたいに『むらやに行きたいです』と言うたらアカンで。

『目利きの銀次 香里園西口駅前店』へ行きませんかって言うたら、

速攻でしばくからな。

宜しくね!!





DSC04846


DSC04847










ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は『くら寿司』に行って来た。

最近の『くら寿司』のコマーシャルを見ているとお寿司以外にいろいろな試行錯誤

が感じられるので興味が湧いたので訪問したくなった。

ぶっちゃけ『くら寿司』は何年ぶりって感じであった。

そんな感じの『くら寿司』


DSC04689


DSC04690


DSC04691


DSC04692


DSC04693


DSC04694


DSC04695


DSC04696


DSC04697


DSC04698


DSC04699


DSC04700


DSC04701


DSC04702


DSC04703


DSC04704


DSC04705


DSC04706


DSC04707


DSC04708


DSC04709


DSC04710


DSC04711


DSC04712

席ぬ着くと後は食べたいお寿司やらを食べるだけであった。

食べた後『くら寿司やったらスシローの方が美味しいかな』と思った。

そんな感じの『くら寿司』であった。











相撲協会自体が身内の甘い汁を吸うための機関で自浄作用などない。

相撲協会の公益法人は抹消して無駄な税金をカットして頂きたいと願う。

これだけ問題満載で隠ぺいの極みだから八角理事長が理事を辞任するのが筋。

春日野親方に至っては過去からの暴行主犯だから理事資格などなく辞任すべき。

そもそも理事のトップが理事長だから貴乃花理事に問題があれば八角理事長が

責めらて理事長辞任が筋と思う。

理事会も評議会も世間ずれした相撲協会支援会会員みたいなメンバーが大半だから

全てが茶番劇に見えて、マスコミが追及すべきはそこであろうと思うがマスコミも

誰を庇っているのか何処に媚びを売っているのか。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!







 










時間や社会にとらわれず 幸福に空腹を満たす時

束の間 彼は自分勝手になり 自由になる

誰にも邪魔されず 気を遣わず物を食べるという孤高の行為

この行為こそが 現代人に平等に与えられた 最高の癒しと言えるのである

※ドラマ「孤独のグルメ」実写版オープニングトークより





 










中国の国の名前で魏…隋…調…とか。

旧石器時代(?)からの中国の名前。

王朝名()内は読み方、代表的な人物などのキーワードの列挙。

夏(か);伝説上の中国最古の王朝。

殷(いん);存在が確認されている中国最古の王朝。

紂王、妲妃

周(しゅう);太公望

春秋・戦国時代(しゅんじゅう・せんごくじだい);

春秋の五覇、戦国の七雄、諸子百家、孔子

秦(しん);始皇帝

漢(かん);武帝、司馬遷、匈奴討伐

新(しん);王莽

漢(かん);光武帝、黄巾の乱

三国時代(さんごくじだい);

魏、呉、蜀、赤壁の戦い、卑弥呼

晋(しん);司馬炎

五胡十六国(ごこじゅうろっこく);特になし/だいたい揚子江を境に北と南で

王朝が興亡を繰り返す。

五胡とは、晋が率いていた異民族の軍隊。

南北朝(なんぼくちょう);特になし/だいたい揚子江を境に王朝が興亡を

繰り返す。

南朝では、貴族中心の六朝文化が栄える。

隋(ずい);煬帝、運河の建設、科挙、均田制、遣隋使

唐(とう);太宗、玄宗、則天武后、楊貴妃、安史の乱、律令制度の整備

五代十国(ごだいじゅっこく);特になし/唐代末期に権力を持った節度使達の

争い

宋(そう);文治主義、中央集権体制強化、異民族の侵略(中でも女真族の金に

よって、江南に追いやられる)

元(げん);フビライ・ハーン、元寇/当時の日本は鎌倉時代。

明(みん);永楽帝、紫禁城建設、倭寇、北虜南倭、日明貿易/日本は、

室町~安土・桃山時代

清(しん);女真族、康煕帝、雍正帝、乾隆帝、四書全書、アヘン戦争、欧米による

植民地化、日清戦争/日本は、江戸時代~明治・大正時代

皇帝と呼ばれる一族が支配したのは、ここまで。

この後は、中華民国~中華人民共和国へと移り変わります。





←ここを押してください!!







 


h_t_tomoto at 06:30 

2018年03月27日

  新しい応援歌は『境地』


『焼肉やっちゃん』のホルモンはほんまに真剣に美味しかった。

その後京阪萱島駅前に移動した。

そして向かったお店は『田中流焼肉専門店』であった。


DSC04824


DSC04825


DSC04826

ここも事前に予約を入れておいた。

と言うか、飲み歩きをする時は殆どのお店には予約を入れている。

店内に入るとわりとお客さんが入っていた。

お客さんの入り具合を見て流石は『田中流焼肉専門店』だと思った。

『田中流焼肉専門店』は寝屋川市では3本の指にい入るぐらいの人気店なので

あった。

我々は2階の奥のテーブル席に座った。

早速注文をした。


DSC04828

注文は、上ロースと焼きタンとかっぱ焼きであった。

かっぱとは牛の皮の事。

先ずは『ウコンの力』で乾杯をする事にした。


DSC04827

乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をした。


DSC04831

乾杯ー!!


DSC04832


DSC04833


DSC04834


DSC04835


DSC04836


DSC04837


DSC04838


DSC04839

上ロースと焼きタンとかっぱ焼き

肉の脂でジューシーさを感じながら旨味と甘味がシンプルに味わえる。

美味しいと言う単純な味わいを感じる為にここを訪れる。

美味しい焼肉を食するだけで幸福感を覚える。

一番大切な事は接客だと思う訳で。

そう言う意味で『田中流焼肉専門店』の接客は抜群で安定している。

美味しい焼肉に素晴らしい接客。

猛牛ポーズをした。


DSC04840

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『田中流焼肉専門店』であった。






DSC04829


DSC04830











ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC04678


DSC04679


DSC04680


DSC04681


DSC04682


DSC04683


DSC04684


DSC04685


DSC04686


DSC04687


DSC04688

鮭の塩焼きが無茶苦茶最高に美味しいのであった。











森友問題の真相は、ゴミがあることを情報開示して競争入札にすべきところ、

随意契約にした近畿財務局の失敗です。

①籠池容疑者と近畿財務局は土地の賃貸契約を結ぶ。(2700万/年×10年)

②ゴミの撤去費1億3200万を籠池容疑者に払う。

③売買契約を結び、籠池容疑者は1億3400万で土地を買った。

この結果、近畿財務局はゴミ付きの土地をほぼ無料で売っています。

ゴミ撤去費より200万上乗せで売っていることから、

例の鑑定価格9億とゴミ撤去費8億はこじつけでしょう。

会計検査院の報告書から、ゴミが出たことに弱味を握られた

財務局が籠池容疑者の言いなりに事が進んでいることが分かります。

杜撰な交渉経緯を誤魔化すために文書を改竄したのでしょう。

恐らく交渉した財務局の職員は、内部で攻められて自殺したと思います。

追求されるのは財務省です。

安倍総理や夫人を追求しても何も出ません。

真の悪は、印象操作するマスコミ、与党の邪魔するだけの野党、

国民を規制する官僚です。











プロ野球、オリックスバファローズ。

オープン戦の最終戦のとなった25日の京セラドームでの対阪神タイガース戦。

この日から吉田正尚の新しい応援歌が完成した。

今シーズンから始まる新たなる『境地』

曲が素晴らしい。

応援団の吉田正尚への大いなる期待が感じられる。

いよいよ今週の金曜日からプロ野球が始まる。

ほんまにいよいよや。

それに向けて俺の今必死のパッチで応援歌を覚えている。

毎日YouTubeを見ながらオリックスバファローズの応援歌を覚えている。

覚えていると言うよりも最終調整って感じだろうか。

京セラドームへ応援に行くTちゃま倶楽部のメンバーへ。

頑張って、応援歌、覚えて下さいね。

宜しく!!





  













←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!







 










時間や社会にとらわれず 幸福に空腹を満たす時

束の間 彼は自分勝手になり 自由になる

誰にも邪魔されず 気を遣わず物を食べるという孤高の行為

この行為こそが 現代人に平等に与えられた 最高の癒しと言えるのである

※ドラマ「孤独のグルメ」実写版オープニングトークより





 










「征服王朝」という言葉は、例えば、トルコの一部から始まって、東欧、中近東、

北アフリカに及ぶ巨大な領土を気づいたオスマン帝国にでも使えない事はないが、

「遼は征服王朝」という場合の征服王朝は、ドイツのK・A・ウィットフォーゲルと

中国の馮家昇の共著である『History of Chinese Society, Liao』 (1949年)で

提唱した概念の事を指すのだと理解する。

その概念は、日本大百科全書(ニッポニカ)の解説に入っている。

簡単に言えば中国本土の全部もしくは一部を支配した非漢民族の王朝のうち、

文化面・社会面で異民族のものと漢民族のものが二元的に維持されたものを

言う。

但し、そういう王朝でも征服行為が明瞭ではないものを特に浸透王朝と呼ぶ。

中国本土(英語ではChina Proper)の範囲については、明確な基準はなく、また言う

までもない事ながら時代によっても違ううが、西夏は涼州(現在の甘粛省)もその

領域に含んでおり、唐代よりもあとの涼州を中国本土に含めないのは、ちと無理が

ありそうな気がする。

英語版WikiのConquest Dynastyの項の、Parts of 'Northern China’(中国北部の

一部)のPost-Tang(唐以降)の王朝のリストに、「Western Xia (1038–1227)

founded by the Tanguts」があるのも、そういった理由からであろう。

ただ、西夏を征服王朝とか浸透王朝と呼ぶのは稀とは思う。

中国本土と呼べる領土は現在の北京付近の燕雲十六州なので、遼の領地全体からす

れば、僅かな一部に過ぎませんので、遼を征服王朝と呼び西夏を征服王朝や浸透王

朝と呼ばない、その基準はなにか、というと具体的な根拠は挙げられないが。

ここら辺は、明確な定義がある訳ではないので、一応「西夏は征服王朝でも浸透王

朝でもない」と考えてよいのではないかとは思う。

明確な基準がある訳ではないので、あくまで「慣習的にはそうだ」と言う程度の

話だろう。

~~

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

征服王朝

せいふくおうちょう

Dynasties of ConquestConquest Dynasties

厳密には中国征服王朝という。

中国北方の異民族が中国の一部または全部を征服して建てた中国風王朝

(遼(りょう)、金、元、清(しん))をさし、K・A・ウィットフォーゲルが馮家昇

(ふうかしょう)との共著『中国社会史――遼(907~1125)』History of Chinese

Society, Liao (1949)の総序のなかで初めて提唱した概念である。

[吉田順一]

ウィットフォーゲルの征服王朝目次を見る

ウィットフォーゲルの考えは遼王朝の検討から導き出された。

かつて遼は、それを建てた契丹(きったん)がまもなく中国人となり、自ら中国の

諸慣習、儀礼、文学および文化を採用し、こうして真に中国的な王朝になったと

みられていた。

だがこのような同化吸収理論は否定されるべきであり、異なる文化を有する集団の

接触は、その文化的諸特徴の受容と同時に、それらに対する抵抗を考慮しなければ

ならず、そこで普通はそうした接触は新しい同質文化(同化吸収の結果もたらされ

る文化)の創造ではなくて、共生関係のなかで生活する二つの相互に適応された

文化の共存に終わるのであり、ときおり文化溶解が生じるが、その場合でも結果す

るのは、吸収する側の文化と同質の文化ではなくて、親文化とまったく異なる第三

文化であるとする文化変容理論が妥当である。

というのは、遼は北方民族の契丹が漢民族の一部を征服し、支配して建てた中国風

の王朝であるが、その政治、軍事権力の中心は、契丹の本土に維持され、契丹の中

国文化採用にもかかわらず、彼ら自身の部族、政治および軍事組織、世俗的伝統あ

るいは宗教的信条は放棄されず、彼らは依然、漢族とは離れて牧畜し、部族的生活

様式は保持され、それら諸部族は、多くの行政的単位が行う以上の行政上の仕事を

行っていたのであり、要するにそこには契丹を中心とする北方遊牧民族と漢民族を

中心とする農耕民族の社会・文化が二元的に存在し保持されていたからである。

ウィットフォーゲルは、このようにみたうえで、遼に存在した社会・文化の二元性

は、契丹に続いて北方民族が漢民族を征服して建てた金、元、清においてもその存

在が確認できるとし、これら四王朝を中国的社会・文化が一元的に存在する秦

(しん)、漢、隋(ずい)、唐、宋(そう)、明(みん)などと異なるものであると

みなし、前者を中国征服王朝、後者を典型的中国王朝と名づけた。

そして典型的中国王朝と中国征服王朝は、中国帝国における二つの類型であるか、

または後者は前者を補完するものであるとみた。

なお、彼は同じ中国征服王朝でも、遊牧民である契丹とモンゴル人が建てたそれぞ

れ遼・元と、狩猟・農耕民族である女真(じょしん)が建てた金とでは、農耕民で

ある漢族との文化的な異質性の度合いによって、中国文化に対する態度が異なる

ため、前者を文化的に中国文化に抵抗するもの、後者を文化的に中国文化に従順な

ものというように、二つに分けられ、清朝は過渡的であるとし、一方これら四つの

王朝とは別に、五胡十六国(ごこじゅうろっこく)、南北朝時代の北方系諸王朝にも

複合的、二元的文化が存在したが、それらの王朝には明確な征服行為が欠けている

ので、中国征服王朝とは称さず、とくに浸透王朝Dynasties of Infiltrationと

称すべきだとした。

[吉田順一]

~~





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:31 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ