2018年06月20日

  あっと言う間に人気店


その後京阪香里園駅前まで移動した。

そして向かったお店は『炭火焼肉牛味苑』であった。


DSC06397


DSC06398


DSC06399


DSC06400

一応予約は入れておいた。

店内に入ると結構お客さんが入っていた。

我々はいつもの入り口近くテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、ロースとカルビと伊万里牛ハツ(心臓)であった。

先ずは『ウコンの力』で乾杯をする事にした。


DSC06401

乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をした。


DSC06402

乾杯ー!!

DSC06403


DSC06404


DSC06405


DSC06407


DSC06408


DSC06406


DSC06409

ロースとカルビと伊万里牛ハツ(心臓)

並でありながら素直に美味しい。

柔らかくて甘味と旨味が凝縮されている。

美味しいから何度でも訪問する。

我々は入ってから直ぐに5名のグループが入って来た。

その瞬間満席になった。

だからその後入って来るお客さんには満席である事を説明して丁重にお断りを

していた。

美味しいお肉をリーズナブルな価格で提供しているからあっと言う間に人気店に

なった『炭火焼肉牛味苑』

お弁当も美味しい。

今後も引き続き大いに利用したいと思った。

猛牛ポーズをした。


DSC06410

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『炭火焼肉 牛味苑』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC06278


DSC06279


DSC06280


DSC06281


DSC06282


DSC06283


DSC06284


DSC06285


DSC06286


DSC06287


DSC06288

春巻きが真剣に美味しいのであった。










阪神の新外国人、エフレン・ナバーロ内野手(32)=前カブス3A、

左投左打=が19日、金本監督ら1軍首脳陣が見守る中、甲子園室内で

フリー打撃を披露した。

橋本打撃投手を相手に34スイング。

半分以上がセンターから逆方向への打球だった。

一塁ミットを持ってノックを受けた後、マシン打撃でも70スイングの

打ち込みを行った。

ナバーロ!!??

この名前に覚えはないか。

確か、2016年2月やったと思う。

千葉ロッテマリーンズの新外国人選手のヤマイコ・ナバーロ選手が、那覇空港で

ショルダーバッグに銃弾1発を持っていたとして銃刀法違反(所持)容疑で

現行犯逮捕された。

ナバーロは「ドミニカ共和国では拳銃は合法なので、ドミニカから持ち込んだ

荷物の中に紛れてしまった」と供述。

阪神のナバーロ。

ほんまに、大丈夫か!!??(^^♪






←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!







 










クライシュ族は多神教だからムハンマドとはぶつかっている。

ムハンマドはメッカのクライシュ族の一氏族である大商人のハーシム家に生まれ、

早くに両親に死別して、叔父のアブー=ターリブに養育される。

彼は自らを最後の預言者として、メッカの人々にカーバ神殿の主神アッラーを唯一

の神として崇拝し、神の恩寵とそれに対する感謝、喜捨などの善行の義務を説いた

が、メッカの人々、特に保守的な大商人層は、古来の部族神信仰(多神教)!を否定

するムハンマドを迫害し、ハーシム家との商取引をボイコットするなどの報復を

行った。

622年、やむなくムハンマドとわずか70名の信者がメディナに移住して難を

逃れた(これがヒジュラで、イスラーム暦紀元元年となる)。

メディナにおいて預言者ムハンマドとその信者の共同体(ウンマ)が形成され、

信仰によって結ばれた戦闘力を持つようになり、630年にはメッカを武力で奪回

し、カーバ神殿の偶像を破壊して、新たにイスラームの聖地とした。

以後、彼の教えは急速にアラブ人に広がり、これによってアラビア半島の統一が

成し遂げられた。

ムハンマドの妻、ムハンマドがまだ商人として活動していた25歳頃、その取引先

の一人だった40歳の未亡人ハディージャと結婚した。

その後、ムハンマドは生涯で9人の妻を持つが、彼がイスラーム教の始祖となるに

はこのハディージャの存在が大きかった。

「気の弱い一介の商人マホメットを「預言者マホメット」として、しっかと立たせ

たものは他ならぬハディージャだったのである。

……誰一人として彼を信じる人がまだいないうちに彼女だけは全面的に彼を信じ、

彼の最初の信者となった。

メッカの商人たちの迫害を受け、絶望と悲惨のどん底に陥ったときも、彼女だけが

彼をしっかり支えて離さなかった。

ハディージャという妻が傍らにいなかったら、おそらくマホメットは新宗教の始祖

にはなれなかったであろう。」

<井筒俊彦『マホメット』講談社学術文庫>

ムハンマドは632年に没し、ウンマは最初の危機を迎えた。

そこで、ムハンマドの晩年の妻アーイシャの父アブー・バクルが、選挙(ムスリム

の合意)によって指導者に選ばれ、アッラーの使徒ムハンマドの代理人を意味する

カリフ(ハリーファ)を名乗った。

アリーもムハンマドの後継者の候補であったが、若年を理由に外されたと言われて

いる。

アブー・バクルは634年に病死し、ムハンマドの妻の1人ハフサの父ウマルが後継者

に指名された。

その後後継カリフに選出されたのは、ムハンマドの2人の娘ルカイヤとウンム・ク

ルスームを妻としていたウスマーンであった。

そしてウスマーンの後、アリーがカリフに就任するが、ムアーウィヤや、ムハンマ

ドの晩年の妻で初代正統カリフのアブー・バクルの娘アーイシャはこれに

反発した。

656年、アリーはまずアーイシャの一派をラクダの戦い(アラビア語: موقعة الجمل

mwaqah al-jamal)で退けた。

ムアーウィヤは、ウスマーンを暗殺したのはアリーの一派であるとして、血の報復

を叫んでアリーと戦闘に至った。

ムアーウィヤは、657年のスィッフィーンの戦いでアリーと激突した。

戦闘ではアリーが優位に立ち、武勇に優れたアリーを武力で倒すことは難しいと

考えたムアーウィヤは、策略をめぐらせてアリーと和議を結んだ。

この結果、ムアーウィヤは敗北を免れたことでウンマの一方の雄としての地位を

確保し、アリーは兵を引いたことで支持の一部を失うことになった。

なお アブー・バクル、 ウマル、 ウスマーンと、その次にカリフとなったアリー

の4代を、正統カリフという。

アリーは661年にクーファの大モスクで祈祷中にアブド=アルラフマーン・イブン

・ムルジャムにより毒を塗った刃で襲われ、2日後に息を引き取った。

正当カリフの初代のアブー・バクルは病死のようですが、後のウマル、

ウスマーン、アリーの三代はそれぞれ暗殺されている。

イスラム教は戦って勝ち取った宗教のようで、ムハンマドもその後も戦いの歴史の

上に成立するよようで、簡単に回答しましたが、ややこしいので間違っているかも

しれない。




 

←ここを押してください!!


h_t_tomoto at 06:31 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
blogram投票ボタン←Ctrlを押しながら、この2つを押して下さい!!よろしくお願い申し上げます!!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ