2018年07月10日

  素晴らしいの一言


『京橋酒場 情熱ホルモン』は本当に美味しかった。

その後何となく覗いてみたくなった。

本来なら次は迷わずに居酒屋の『満ぞく屋』であった。

ところがこの日は何となく入れそうな気がした。

そのお店は『ホルモン 徳いち』であった。

ブログでは一切触れていなかったが、実は京橋に行く度に必ず

『ホルモン 徳いち』の前を通っていた。

前を通る度にお店の前は行列が出来ている。

その行列を見る度に『ホルモン 徳いち』に入るのを諦めていた。

しかしこの日は何となく入れそうな気がした。

それでお店の前まで行く事にした。

すると何と奇跡と言うか土曜日の4時前だと言うのに余裕でお店に入れた。

そんな感じで次に入ったお店は『ホルモン 徳いち』であった。


DSC06809


DSC06823


DSC06824

店内に入るとカウンター席のみで7割ぐらいの席が埋まっていた。

我々は中央辺りのカウンター席に座った。

早速注文をした。

ここで。

注文をすると言ってもここは生まれて初めての訪問。

一体何を注文すれば。

と言うか、まさかこの日に『ホルモン 徳いち』に入れるとは全く予想をしていな

かったので事前に『食べログ』のチェックをしていなかった。

いつも初めて入るお店は必ず『食べログ』でチェックしている。

とりあえずこの日の『おすすめメニュー』から選ぶ事にした。

おすすめメニューが書かれたボードみながら。

『孤独のグルメ』のゴローちゃんと同じポーズの右手を上げながら。

俺は『すいません。ロースとシビレ(膵臓)とカッパをお願いします。

後、生ビール一杯とお冷を一杯下さい』と言った。

この時点で今日のお供のダウンタウンまっちゃんはお酒はストップだった。

ダウンタウンまっちゃんはカズ・チンペイ同様にそんなに飲めないのであった。

その後上ロースも追加注文した。

先ずは『チオビタゴールド』で乾杯をする事にした。


DSC06810

乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をした。


DSC06811

乾杯ー!!


DSC06812


DSC06813


DSC06814


DSC06815


DSC06816


DSC06817


DSC06818


DSC06819


DSC06820


DSC06821

ロースとシビレ(膵臓)とカッパと上ロース

先ず最初にシビレ(膵臓)を焼いた。

正直シビレ(膵臓)を食べるのは全くの生まれて初めて。

カッパも初めて。

これは言う程脂っこくなくてホルモンでありながら全く癖がない。

確実に膵臓を食べている食感であった。

柔らかくて軽くジューシーで旨味が奥から底知れずに襲って来る感じで滅茶苦茶

美味しい。

ロースも上ロースも甘味と旨味が凝縮されていて最高に美味しかった。

上質な焼肉を食べている感じがした。

俺は前々から『ホルモン 徳いち』が何故これ程に行列が出来るのかが気になって

いた。

それがこの日明らかになった。

提供されるお肉が安くて最高に美味しい。

それだけではない。

お店の人の接客が無茶苦茶最高に素晴らしいのであった。

実は俺は乾杯の前に『チオビタゴールド』をこぼしてしまった。

『どうしよう』と一瞬思った。

するとカウンター越しから布巾を持った手が伸びて来た。

ふと見ると男性店員さんが何気なく俺がこぼした『チオビタゴールド』を拭いて

くれていたのであった。

その拭き方が実に自然体で見ていてめっちゃ気持ちが良かった。

俺は速攻で『すいません。ありがとうございます』と言った。

するとその男性店員さんがめっちゃ素晴らしい笑顔で『いえいえ、大丈夫ですよ』

と言った。

まさに『目配り、気配りが出来るお店』だと思った。

その後のお客さんに対する態度がびっくりするぐらいに素晴らしかった。

めっちゃ美味しいお肉を安い値段で提供して接客が無茶苦茶最高に素晴らしい。

そりゃー来る度に行列が出来ている事にめっちゃ納得するのであった。

素晴らしい!!!!

ほんまに、無茶苦茶素晴らしい。

『ホルモン 徳いち』の前は今後も引き続きちょくちょく通りたいと思った。

そして入るチャンスがあれば速攻で入店したいと思った。

猛牛ポーズをした。


DSC06822

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『ホルモン 徳いち』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯

この日はカレーを食べる事にした。


DSC06724


DSC06725

スパイシーなカレーが最高に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!







 










ティムールの登場した時代はモンゴル勢力の影響を残しつつ、モンゴルからの自立

も必要とされた不安定な時期だった。

優柔不断と言えばそれまでだが、ある時は親モンゴルで味方を得、ある時は反モン

ゴルで味方を増やす様なイメージ。

結果的にはモンゴルに代わる強い王が求められた事がティモールの統一国家を生ん

だのだと思う。

その様ないきさつだが、モンゴル王家の血を引いていたものではない。

偶然、血筋の女性を略奪によって妻にする事になったが、当時の女性の境遇から

すると不思議ではない事件である。

略奪婚を目的にしたのではなく、ティムールの強さや運命を強調するのに、恰好の

材料になった。

統一国家を盤石にするために残虐なこともしたが、端境期だと思えば、

致し方なかった。

数ある建国者の中でも特に波乱万丈の人物として強烈に記憶に残っている人物。











オスマン朝の歴史において、この国家が果たした歴史的な役割。

ヨーロッパにとっては大きく3点だと思う。

①ビザンツ帝国を滅ぼし、中世を終わらせたこと。

カトリック世界にとって、長く宿命のライバルだったビザンツ帝国がイスラムに

よって倒されたことはやはり衝撃であり、100年にわたる英仏戦争も速攻で停戦

している。

「こんなことをしている場合ではない」という訳である。

ヨーロッパ各国では中央集権化の流れが加速し、「オスマンが攻めてきても大丈夫

な体制」を各国必死で模索する。

結果的に、中世が終わりを告げる一つの引き金になった。

②実際にプレッシャーであり続けたこと

ウィーン包囲や東方問題など、ヨーロッパにじわじわ食い込んでくるオスマン帝国

はヨーロッパ、特に隣接するオーストリア帝国にとってプレッシャーであり

続けた。

オスマン式の軍楽隊をまねてヨーロッパ各国でも吹奏楽による軍楽隊が組織され、

トルコ風の表現を求めてオーケストラにシンバルが導入され、ウィーン包囲に耐え

抜いた事を記念して三日月形のクロワッサンが作られ、トルコ兵の残した食料から

コーヒーを飲む習慣が広まった。

ヨーロッパの文化の様々な部分は、オスマンによってもたらされた部分がある。

③第1次世界大戦の遠因に

第1次世界大戦はオスマントルコ領だったセルビアをオーストリア=ハンガリー帝

国が簒奪したのを怒ったセルビアの青年がオーストリア皇太子を暗殺する事に

始まった。

結果連鎖的に大戦争になるが、オスマン帝国もオーストリア=ハンガリー帝国も

共に解体され、帝国ではなくなった。

多民族帝国という形態がもたらした無理が、一気に噴出して共倒れになったという

事が言える。

全部主観。










孤独のグルメ

扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載された。

その後、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上

2015年まで新作が掲載されていた。

食品会社とコラボレーション企画と称して、商品を食する漫画を掲載することも

ある。

2012年1月期からテレビ東京系においてテレビドラマシリーズ化されている。

2015年5月期から台湾においてウェブドラマシリーズ化されている。

個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間

に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画である。

主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどで

ある。

出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東

京を中心とする関東の店となっている。

料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむ

シーンと心理描写を綴っているのが特徴である。

ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物

語が進行する。

久住のデビュー作『夜行』は夜汽車で男が独り弁当を食べる漫画であるが、これを

読んでいた『月刊PANJA』の編集者から「絵柄を変えて大人向きの漫画が描けない

か」と持ちかけられたことがきっかけである。

その頃のグルメブームに辟易していた久住と編集者は、打ち合わせを行い「孤独に

グルメを楽しんでいる漫画」の方向性を得てタイトルも決まった。

作画を谷口にすることは、編集者の希望であった。

1996年連載終了時までの作品(1話 - 18話)をまとめた単行本が出版されている。

当初は3刷で絶版になるなど、けっしてヒット作とは言えなかった。

2000年になり文庫版が出版されてから年2回の増刷がかかるようになり、その実績

から2008年に新装版が発売されている。

2007年の時点で文庫版は21刷、8万8千部とロングセラーで、女性読者が4割を

占める。

主人公の井之頭五郎を輸入雑貨商にした理由は、『月刊PANJA』編集者の知り合い

に実在していた、時間が自由になる、の2点による。

独身であることは、先行するグルメ漫画『美味しんぼ』『クッキングパパ』との差

別化のためである。

下戸であることは主人公に弱点を設ける意味合いもあるが、連載の8ページに収め

るために食事と酒を組み合わせる話題を避けるためであると、久住は語って

いる。

2014年9月10日の読売新聞夕刊誌上にて「待望の漫画第2弾!『孤独のグルメ2』2014

年10月発売予定」と掲載されたが、2014年以内に発売されず、以降順延し、2015年

9月27日に発売された。

2016年11月時点でイタリア(Gourmet)、フランス(Le Gourmet solitaire)、

スペイン(El Gourmet Solitario)、ブラジル(?)、台湾、韓国(고독한 미식가)、

ドイツ(Von der Kunst allein zu genießen (Der Gourmet))、中国、ポーランド、

デンマークで翻訳版が発売されており[2]、久住昌之が自身のブログで言及した所

によれば、イタリアでは10万部が売り上げられたという。

前述のように台湾版が発売されており、タイトルは『孤獨的美食家』。

これは直訳ではあるが、久住は違和感を覚えていた。

TVドラマ版が台湾で放送された際のタイトルは『美食不孤單』。

「おいしいものがあれば孤独ではない」との意味になり、久住はこのほうが内容に

あっているとコメントしている。

2017年2月に作画の谷口ジローが死去。

久住は本作の今後については、「絵を描く人がもう旅立ってしまった」

「3巻が出ることはありません」とコメントしている。

久住によれば、谷口が描かなかった最後の1話の未発表エピソードが存在すると

いう。





←ここを押して下さい!!

h_t_tomoto at 06:31 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ