2018年07月23日

  店内も風情がある


7月21日の土曜日『ホテルニューオータニ大阪』で大手ゼネコン主催の講演会が

あった。

講演会は5時からの開始であった。

わたくしは4時半前に席に着いた。

席に着いておとなしく座っていた。

座っていると後ろのおっさん二人が無茶苦茶やかましく喋っていた。

その声が無茶苦茶うるさくて俺は耐え切れなくなった。

ちょっと切れそうになったので俺が黙って表に出た。

ほんま、めっちゃ鬱陶しかったのでそのまま帰る事にした。

見て見ぬふりをした理由は。

それは、その二人は俺の先輩やったからや。

気分を取り戻し、その後はいつもの様に飲み歩きをした。

この日のお供はフライトストーン(FlightStone)であった。

フライトストーンとはJR京橋駅南口の改札口前で5時20分に待ち合わせをしていた。

ところが俺は『ホテルニューオータニ大阪』を予定よりも早く出てしまった。

それでJR京橋駅南口の改札口前に到着したのが4時50分であった。

『ちょっと早く着いてしまったな』と思いながら改札口を見た。

するとフライトストーンは既にそこに立っていた。

俺は正直びっくりした。

待ち合わせ時間が5時20分だと言うのに4時50分にはそこに立っている。

凄いなー。

まさに出来る業者とはこう言う奴を言うんやと改めて思った。

しかもこの日の一軒目は生まれて初めて訪問するお店だった。

聞くとフライトストーンは早めに来て事前にお店の確認もしっかりとしていたと

言う。

これまた凄い事やと思った。

一体何時から来てんねんと思った。

この日の飲み歩きの一軒目に選んだお店は『焼肉・てっちゃん鍋 富鶴』で

あった。


DSC07082


DSC07084


DSC07086

このお店を紹介してくれたのはある若い業者であった。

この若い業者。

なんと慶応義塾大学出身であった。

こいつが慶応出身と初めて知った時はほんまに真剣にびっくりした。

こいつの日頃のアホさ加減から見てもっと三流大学やと思っていたからだ。

こいつと喋るとほんまにアホ丸出しやもんな。

まあー、この話はいずれ……。(^^♪

この慶応義塾大学出身のアホ丸出しが……。

『京橋に美味しいと評判の焼肉屋があります。店内には有名な芸能人の色紙が沢山

貼られています』

こんな感じで教えてくれた。

それで非常に興味が湧いたので一度覗いてみる事にした。

ここはいつもの様に事前に予約は入れておいた。

店内に入ると結構お客さんが入っていた。

我々は左の一番奥の座敷に座った。

早速注文をした。

注文は、焼肉盛り合わせであった。

先ずは『トップグロンEX』で乾杯をする事にした。


DSC07092

乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をした。


DSC07093

乾杯ー!!


DSC07094


DSC07095


DSC07096


DSC07097


DSC07098


DSC07099


DSC07100


DSC07101

焼肉盛り合わせ

焼肉盛り合わせはカルビとハラミとミノであった。

じゅっくりと焼いて食べると噂通りの滅茶苦茶柔らかくて最高に美味しい焼肉で

あった。

貴重な時間を費やしてもおつりが出て来るぐらいに最高に美味しかった。

昔ながらの焼肉店で食する感じの古民家で店内も風情があってこのお店で食べて

いるだけで安心感に包まれる。

本当に美味しい焼肉店の発見は心が躍るのであった。

この瞬間、慶応義塾大学出身のアホ丸出し君には感謝の気持ちで一杯になった。

猛牛ポーズをした。


DSC07102

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『焼肉・てっちゃん鍋 富鶴』であった。




DSC07087


DSC07091


DSC07090










ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC06915


DSC06916


DSC06917


DSC06918


DSC06919

納豆の素麺が真剣に美味しいのであった。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!







  


















世界史のビザンツ帝国。

軍管区制と屯田兵制。

初期ビザンツはコロヌスによる大土地所有者が支配的でした。

が、7Cになり、異民族が侵入してくると話は変わる。

全国を纏め、侵入に対処するため幾つかの地域を纏めて守りやすくする軍管制

(テマ制)と屯田兵制を作成。

これはそれぞれの地区に長官を派遣し、その長官へ軍事・行政権を委ねる物。

長官は皇帝が任命し、皇帝に進言する事も可能だった。

因みにこの二つほぼ同じ物だから。

軍管区内の兵=屯田兵(平時は平民だけど戦争起きると守備兵として働かされる人

達)=屯田兵制って感じなので。

これは利点としては農民が自分の領を守ろうとして士気が高まったり、軍事費が

安上がりだったりしたのだが、問題点もあった。

それは長官が何代かすると自立してしまう、という欠点。

お陰でドンドン皇帝権力失墜していく痛い事態に。

そしてこれはマズイ、となった結果11Cにプロノイア制が出来上がる。

軍事奉仕を条件に国有地の貸与を行う、と言うと堅苦しいですが要は「有力将軍と

市民は軍役に就いてもらうからな(封建制)!代わりにエライ人には一代だけなら

土地の管理権やんよ!」という事である。

とはいえ次第に世襲に変わり分裂進む……という正に歴史は繰り返す状態

だったが。

さて、この時代の文化だが、公用語は7Cからギリシア語だった。

ヘラクレイオス1世の時代まではラテン語だった。

俺等ローマの後継者だから!という意味で。

しかし次第に土着の言葉ギリシア語に戻ってしまった。

で、このビザンツ、引き篭もったり戦争したりで「文化?それどころ

じゃねぇよ!」な西欧とは違いローマ文化を保持し続けてた。

これが後の西欧ルネッサンスに繋がる、というのはまぁ置いておいて。

イイ感じにイスラームとの中間点なここは何かとお隣を気にする国だった。

726年に皇帝レオン3世は偶像崇拝禁止令を出す。

曰く「イスラームって偶像崇拝禁止であんなに団結してんだろ!?俺等も対抗する

べきだろ!」。

だが今まで散々使ってた物をいきなり使うなと言われてもとなる訳。

お陰で西ローマからは「ふざけんな!」と言われ大討論開始。

843年に撤回こそされますが西ローマとの対立がより深まった。

そして11Cになるとついに教会も東西分裂する。

お互いに「テメーなんて破門だ!」となった。

後は美術が発展。

モザイク壁画とかビザンツ様式(例としてハギア・ソフィアとかサン=ヴィターレ

大聖堂)や聖像イコンが発展した。

それと面白いのが金貨。

ローマ時代から引き続いてノミスマ(ソリドゥス)金貨というのが使われていた。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!



h_t_tomoto at 06:36 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ