2018年08月10日

  episode-145「菜の花天温玉うどん(大盛)」


鶏肉をメインにした業態が伸びている。

焼き鳥を主力とする鳥貴族が近年急成長しているだけでなく、経営不振に苦しんで

いたワタミは鶏肉をメインにした業態で復活しようとしている。

さらに、から揚げ専門店に大手チェーンが相次いで参入している。

鶏肉が以外にも救世主になるとは。

改めて鶏肉の力を感じた。

昨夕そんな事を考えていた。

すると江戸っ子どんと姫がここにやって来た。


DSC07436

そして「お疲れ様です」と言って私の横に勝手に座りやがった。

私が「鶏肉が伸びているみたいやな」と言った。

江戸っ子どんと姫「ベルンハルト・パウムガルトナー(Bernhard Paumgartner、

1887年11月14日 - 1971年7月27日)は、ザルツブルクで活躍したオーストリア人の

指揮者、作曲家、音楽学者、教育家です。

音楽学者としての功績に、永年行方不明となっていたモーツァルトのオーボエ協奏

曲(ハ長調)を1920年に発見したことが挙げられます。

これはフルート協奏曲第2番(ニ長調)と事実上同一曲であり、オーボエ版をオリ

ジナル、フルートを編曲とする推定の元に出版されたが真相は今なお100%解明さ

れていません」と言った。

私が「へ~っ、クラシック音楽にも精通しているんや」と言った。

江戸っ子どんと姫が「この辺は、ドン引きタツジさんとは違いますから」と笑い

ながら言った。

私が「ところで、野球には興味はないんか」と言った。

江戸っ子どんと姫が「豊臣秀吉が千利休を切腹させた理由です。

秀吉が狂ったからではありません。

千利休という人は、織田信長によってその価値を与えられた人物です。

それまで茶道というものは、ごく限られた人間内でのサロン的役割しかありません

でしたが、中世的権威を否定する信長は、新しい価値観の創造ということで茶の湯

というものに着目し、千利休をその宗家に任じました。

つまり、千利休にとって信長とは自分の価値を見つけてくれた神にも等しい

存在で、生来の尊大な性格も信長の前ではなりを潜め続けました。

で、本能寺で信長が死んだ後、彼には頭を垂れるべき存在がいなくなりました。

天下人になったとはいえ秀吉は信長の家臣の一人でしかなく、また茶道という全く

新しい価値観の創造主であるため、誰に対しても尊大になっていったようです。

大阪城で小さな大名なんかとすれ違う時も、一礼すらしなかったと言う記録が

残ってます。

そんな利休はちょっとした『錬金術』を使いました。

茶器や茶道具の価値がまだ定まっていなかったこの時代、茶器の価値を決めるのは

茶道の大元締めである利休が行いました。

利休が“札付き”“折り紙付き”にして価値を与えることで、二束三文で手に入れ

た茶器が万金の値を持つようになってしまうのです。

この方法によって利休は巨大な資産を得ます。

その資産がまた利休の権威を高め、利休の傲慢さは加速していきました。

このように、好き勝手し始めた利休を疎ましく思ったのは天下人たる秀吉でした。

彼は自分で勝手に価値を創造する利休を苦々しく思っていましたが、彼も茶道とい

う新しい価値観を利用した者、即座に断罪することはできませんでした。

逆に、利休にとっては秀吉すら同等の相手(利休にとって認めるべき主は、自分を

認め、引き立ててくれた信長だけ。その点で言うなら秀吉も同じ)であり、秀吉の

叱責や嗜めも効果がありません。

いつしか実質的な天下人である秀吉、新興の価値観の創設者である利休との間には

深い溝ができ、自制心の衰えた晩年の秀吉が利休に切腹を命じました。

利休の肥大した自我と、忍耐力を失った秀吉が、利休の切腹に繋がったという

説です」と言った。

私が「ところで、最近の業績はどう」と聞いた。

江戸っ子どんと姫が「今のところは何と頑張れています。

この調子でなんとかノルマーを達成したいと思っています。

この前ランチで池田北町にある『四國うどん 寝屋川店』へ行って来たんです。

ここのお昼の定食は寝屋川市では美味しいと評判です。

わたくしはいつもぶっとろうどんを注文しています。

わたくしがお店の中に入った瞬間死んでしまいそうなぐらいにえげつない悪臭が

したんです。

お店の中を見るとなんとあのハゲでエロの越後のちりめん性行為が奥のテーブル席

に座りながら真面目な顔をして生意気に『菜の花天温玉うどん(大盛)』を食べて

いるんです。

あのハゲの越後のちりめん性行為が普通の真面目な顔をして食事を普通にしている

姿を見てわたくしは真剣に驚きました。

本当にびっくりしました。

あのハゲ頭の存在そのもので仁義愛将軍様の下痢便も弘法も筆の誤りみたいな物に

なります。

わたくしは心の中で“ざっ!けんなよ!!このハゲ~!!”と叫んでいました。

わたくしは気づかれない様に別の席に座ったんです。

すると“やーっ”と言って、ハゲ頭の越後のちりめん性行為がトレーを持って

わたくしの横に座るのです。

横ですよ。

普通は向かいに座ると思うのです。

常識の微塵も感じられないハゲの越後のちりめん性行為の行動には呆れるばかり

です。

4の字固めでもくらわしてやりたいと思いました」と言った。

私が「4の字固めって。

なんじゃーそれは。

プロレスの技やんけ。

でも、何となく言いたい事は理解出来る」と言った。

江戸っ子どんと姫が「越後のちりめん性行為の余りのキショクの悪さに吐きそうに

なります。

わたくしが越後のちりめん性行為にちょっと聞いてみたんです。

“ねえ、ねえ、越後のちりめん性行為さんはどうしていつも2012年7月4日発売の

オリジナルビデオ作品の『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01

口裂け女捕獲作戦』に出て来る工藤仁みたいな顔をしているんですか”って。

すると越後のちりめん性行為さんが“工藤仁顔には天才肌が多いんだ。

工藤仁顔は天性のものなんだ。

住宅地でトレンチコートを着た長身でマスクをした挙動不審の女性を撮影した動画

が投稿される。

その姿を見たディレクター工藤は「現代に蘇った口裂け女だ」と判断し、口裂け女

を捕獲して一攫千金を狙う。

アシスタント市川とカメラマン田代の3人で投稿者の矢野明と北村一史に会い、

現場で動画を検証すると、改めて女の走る早さを再確認する。

さらに近所で聞き込みをしたところ、異常な行動をとり、悪臭を放つホームレスら

しき長身の女性を見かけたことがあると言う。

調査を進めると、近所で気味の悪い落書きを見かけるようになったことが

判明する。

続いてホームレスを見かける公園で聞きこみをすると、確かに長身の女性が住んで

いたことが判明。

聞き取りをしたホームレスの腕には奇妙な飾り物があり、それは口裂け女から

貰った物だと言う。

僕の様な天才肌は最高のオナニーの道具(究極のアダルトグッズ)である

『TENGAバキュームコントローラー』を使って最強に興奮しながら大量に射精す

るんだよ。

僕の様な工藤仁顔の天才肌が『TENGAバキュームコントローラー』を使いこ

なすって凄いと思わないか。

『TENGAバキュームコントローラー』を使いこなすのは世間では僕だけだよ”と

意味不明な事をぬかすんです」と言った。

私が「工藤仁顔って。

何が言いたいのか全く理解出来ないな」と言った。

江戸っ子どんと姫が「越後のちりめん性行為さんはハゲ頭のアホみたいなピコ太郎

だと思いました。

アホみたいな顔をしたドン引きタツジさんは相変わらずクソ面白くありません。

それに会社の廊下でよく転んでいます。

わたくしはこのまま頑張って突っ走ります」と言って拳を突き上げた。


DSC07437

相変わらずこのくだりがクソ面白くなくて笑いにもならない。

そう思った瞬間、沈黙となった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯


DSC07326


DSC07327


DSC07328


DSC07329


DSC07330


DSC07331

牛肉と椎茸の炒め物がむっちゃ美味しいのであった。










うちは8月11日から8月15日までお盆休みに入る。

本来なら8月12日から8月16日がお盆休みになるところだ。

ところが8月11日は『山の日』

本当は『山の日』は8月12日にしたかったみたいだ。

11日だと15日まで日が長過ぎる。

ところが8月12日は日航ジャンボ機が群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根

(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した日。

こんな日の8月12日に『山の日』にするのは如何なものか。

それで中途半端な8月11日が『山の日』になった言う訳である。

と言うか、夏休みなんやし、お盆休みなんやし。

無理から『山の日』なんか作らんでもええと思う訳で。

まあー、どうでもええ話や。

と言う訳で、8月11日から8月15日までお盆休みに入ります。

お盆休みに関係なくブログは続けます。

悪しからず。(^^♪





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!

自分の携帯電話から。

自宅のパソコンから。

会社のパソコンから。

他人の携帯電話、パソコンから。

とにかく一杯押して下さい!!



h_t_tomoto at 06:31 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ