2018年08月25日

  芳子の恋心も書いた


この日はカレーライスを作る事にした。

使ったルウは五種類であった。


DSC07697

この日の材料は『業務スーパー 枚方高田店』で買って来た極々普通の国産牛

約3.0㎏と玉葱とじゃが芋であった。


DSC07714

これらをいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC07715


DSC07716

そんな感じのカレーライス。


DSC07717


DSC07718


DSC07719


DSC07720

スタッフの皆と一緒に食べるカレーライス。

これがむちゃくちゃ美味しかった。

ほんまにえげつないほどに美味しいのであった。

この絶品のカレーを食べると幸せ一杯の気持ちになる。

まさに至福の喜びを感じるカレーライスなのであった。

カレーは2013年6月28日の金曜日から作り始めた。

田山花袋の蒲団。

主人公の監督者としての役割を果たそうとする部分と少女を使って自分を慰めよう

とする部分が葛藤する心理を第三者目線で覗き見る。

「蒲団」が恋愛小説として評価が高いというのは聞いたコトはないが、“日本的”

自然主義文学の嚆矢として話題となったという意味では、評価されている作品では

ある。

この自然主義文学について、かの二葉亭四迷は、「近頃は自然主義とか云って、

何でも作者の経験した愚にも附かぬ事を、聊かも技巧を加えず、有の儘に、

だらだらと、牛の涎のように書くのが流行るそうだ。好い事が流行る」と評して

いる。

そのうえで、「私も矢張り其で行く」と、本気かどうか流行に便乗するような姿勢

を見せている。

こうして、自然主義は文壇の大きな流れとなっていき、我が国特有の「私小説」と

いうジャンルを生み出した。

『蒲団』の物語中に、芳子が時雄に対して手紙を送る場面が何度か見られる。

そのほとんどが言文一致体で書かれているが、終盤の一通は候文で書かれている。

幾通かの言文一致の手紙は、芳子が時雄を疑い無く文学の「師匠」として、

認(したた)めたもの。

ところが芳子が父親に故郷へ連れ戻される切っ掛けとなったものに、

「七」の章で、時雄が父親に宛てた候文の手紙がある。

ご丁寧に、田中という青年に対する芳子の恋心も書いた手紙(書きかけのもの)まで

同封して送っている。

それまで、師匠の時雄は、私たち若者の味方であり、協力者だと信じていたのが、

故郷に帰り父親に宛てた時雄の手紙を見たのであろう。

(見たかどうか迄は小説には明かしていませんが…)

女性の気持ちとして、時雄が妻子持ち乍らも芳子に横恋慕していたのだということ

も、察した筈。

だからこそ、田中青年との新生活、また、時雄との宙ぶらりんな

(しかし、某かの楽しみはあった)生活を全て壊してしまった「チクリ手紙」と

同じ「候文」の手紙で最後に応酬し、完全な他人に戻ろうとしたのだろう。

高橋源一郎さんや柄谷行人さんらに賞味期限切れだのなんだのヒドイ言われようの

『蒲団』が……。

田山花袋は「東京の三十年」が面白い。

二十歳の花袋は当時大成功していた作家の尾崎紅葉に俗物的憧れをいだき、訪ねて

いって弟子のひとりに加えてもらうのですが、なぜか紅葉に毛嫌いされて遠ざけら

れる。

江見水蔭という紅葉の直弟子にあずけられて、それっきりって感じで。

紅葉に対する「なにくそ!」って思いが、硯友社を追い落とす自然主義の流れを

生み出す原動力になったと想像される。

そんなこんなが正直に書いてあるこの本は、明治の文壇史の資料としても面白いし

お薦め。

「蒲団」は作者と主人公の距離が近すぎて客観性に欠けるきらいがある。

自分に酔ってヘンに悲壮がってる奴の滑稽さばかりが伝わってくるのが欠点。

いい点は文章に気合が感じられるところ。

オレはこの作品で勝負するんだみたいな必死さがこの作品にはある。

その迫力に巻き込まれ、ぐいぐい読まされてしまう文章の力強さは素直に評価して

いいと思う。

批評家が「蒲団」をたたくのは、私小説が日本の近現代小説の展開と発展をゆがめ

てしまったといううらみがあるからであろう。

「蒲団」以降、【純文学=私小説】みたいな流れに次第になっていき、谷崎潤一郎

のような正統的な物語小説は裏に追いやられるような事態になった。

そのことが日本の健全な近代小説の発達をゆがめたということで、

私小説の一番しょっぱなの「きっかけ」ともいえる「蒲団」に批判が集中するので

あろう。











昨日のお昼に用意されたのは『心斎橋 かぐら』と言うお店の

『鳳凰』と言うお弁当であった。


DSC07588


DSC07589

鳳凰


DSC07590


DSC07591

兎に角おかずの多さにびっくりした。

一品一品のおかずが結構満足の行く美味しさであった。

これならリピートしてもええと真剣に思った。











『トップワールド香里園店』で『宮崎産の鰻の蒲焼』を買って来た。


DSC07676

あっつあつの御飯の上に『宮崎産の鰻の蒲焼』を乗せた。


DSC07677


DSC07678

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

どこの鰻を食べても柔らかさは殆ど変わりはない。

独特のタレの旨味が口の中で沸き上がるのを感じながら柔らかさに酔いしれる。

『宮崎産の鰻の蒲焼』も無茶苦茶最高に美味しいのであった。











『万代寝屋川宇谷店』でマグロの切り身を買って来た。

マグロの切り身を漬けにした。


DSC07698

とりあえず炊き込み御飯を作った。


DSC07699

炊き込み御飯の上にマグロの漬けをトッピングした。


DSC07700


DSC07701

そして食べた。

これがもーう!!

(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!!(゚Д゚)旨~い!! 

スーパーメチャ旨い!!

メチャクチャ旨ーい!!

であった。

極々普通のマグロを漬けにする事で味わい深くなる。

このマグロの漬けと炊き込み御飯が絡み合って最高に美味しいであった。











今週のおかず。





DSC07654


DSC07655






DSC07656


DSC07657






DSC07695


DSC07696










ほんでもって、ある日のおうち御飯。


DSC07628


DSC07629


DSC07630


DSC07631


DSC07632


DSC07633


DSC07634


DSC07635

鎌倉ハムのロースハムが想像を超える美味しさでびっくりした。











そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。





←ここを押して下さい!!

よろしくお願い申し上げます!!

読み逃げは厳禁ですよ――!!











A: 律令制度(飛鳥後期~平安)

701年に完成した大宝律令の制定により、天皇を中心に二官八省の官僚機構を骨格

に据えた中央集権体制が成立。

【二官八省】

○二官:神祇官、太政官から構成

・神祇官は神祇祭祀を司る。

・太政官は国政統括。

○八省:太政官の基での政務分担機構

中務、式部、治部、民部、兵部、形部、大蔵、宮内

地方では国郡里制をとり、中央から派遣する国司には大きな権限が与えられた。

大宝律令制定後に天皇を中心とした中央集権国家機構として成立。

律令制が機能していたのは平安時代までとされる。

一方、律令の中には明治以降まで使われていたものもある。

それが太政官制である。

太政官は平安時代に入ると、天皇の代理として政務を行う摂政・関白が置かれた

ため、相対的な地位は低下するが、国政の最高機関として機能。

武家社会となった鎌倉時代でも政務機関としては機能し続けている。

しかし、室町時代に入ると次第に形骸化、格式を表す職名となり、明治維新で

律令制が廃止されるまで存続。

B: 鎌倉幕府

源頼朝がうちたてた武家政権。

征夷大将軍は1192年に源頼朝が任命されて以後、“武家の棟梁”の意味となる。

はじめは源頼朝を中心とした地方政権的な意味合いが強く、支配も東国が中心で

あり、西日本支配は弱い面がある。

しかし承久の乱(1221年)、元寇(1274、1282年)を経て全国政権へと飛躍し権力を

拡大していった。

幕府のトップは征夷大将軍だが、実質的に権力を持っていたのは初代・源頼朝のみ

であり、その後形骸化。

(源氏将軍は3代で断絶、その後は摂家将軍、皇族将軍)

行政機関として、侍所・政所・問注所を設置。

このうち侍所と政所の長官を兼ねた、北条氏が執権の地位を世襲。

執権はもともと将軍補佐役であったが、初代・源頼朝の死後から将軍の権限を

吸収し幕府の実質的なトップとなる。

地方には守護と地頭をおく。

承久の乱後には、朝廷の監視及び西日本の御家人統括のための六波羅探題を設置。

C: 室町幕府

足利氏による武家政権。

1333年に鎌倉幕府が崩壊すると、古代律令制を理想とした天皇親政を望む後醍醐

天皇によって建武の新政がおこなわれる。

しかしこれは武士の反感を買い、離反した足利尊氏によって3年で崩壊。

尊氏は持明院統の光明天皇によって征夷大将軍に任命され、室町幕府をひらく。

なお、後醍醐天皇ら大覚寺統は吉野に逃れたため、これを契機に南北朝の動乱が

始まる。

(3代・義満によって統合)

将軍の補佐に管領をおき、政務を統括させた。

管領の下に侍所・政所・問注所を設置。

管領には細川・斯波・畠山の3有力守護家が交代で就任(三管領)。

侍所の長官を所司といい、管領に次ぐ重要職とされ、その任についた主要四家

(赤松・一色・山名・京極)を四職といった。

地方には、関東10ヶ国統括のために鎌倉府を設置。

同様に九州には九州探題、奥州には奥州探題を設置。

諸国には鎌倉以来の守護に、更なる権限を与えて地方的支配権が確立され、

守護大名となっていく。

室町幕府は守護大名による連合政権の色合いが強く、将軍はじめ管領にも鎌倉幕府

ほどの大きな実権はなく、合議制が中心。

また、守護は支配地方の土着の武士と主従関係を結ぶことによって支配権を確立し

ていったため、将軍をも上回る権力を握る守護大名が登場。

このためたびたび幕府は守護大名を討伐することになるが、守護は将軍によって

任命されたという権威のもとで領国支配を強めたため、将軍権威の否定をするわけ

にはいかなかった。

将軍権威失墜は同時に守護権威の失墜を意味するためである。

これは応仁の乱(1467年)以後顕著となり、戦国時代の突入とともに幕府は有名無実

化していく。

1573年、織田信長によって15代・義昭が京を追放され、政治機構としての幕府は

滅んだ。

D: 江戸幕府

徳川家による武家政権。

開府当初より厳密に政治機構が確立しており、260年にわたる太平の世を

もたらした。

幕藩体制をしき、幕政には親藩及び譜代大名が参加。

大老は臨時職のため非常置、複数名の老中が幕政を取り仕切る。

重要案件は合議であり、日常案件は月番制の決済であったため早くから権力の分散

化ができていた。

また、老中に就任していた譜代大名は石高が低く、幕政に参与できない外様大名は

石高が高いなど、政治力と経済力を分け隔てた配置は、室町幕府で管領だった細川

氏が複数の守護を兼ね、足利将軍家を凌駕する力を持ったことからの反省でも

ある。

老中支配下と、若年寄支配下の役職には旗本が就任。

時代が進むと役職が細分化され、江戸後期には組織の全貌が把握できなくなるほど

複雑巨大化した。

しかし、江戸幕府のいわゆる“武士官僚”たちは明治維新で新政府にほぼ再雇用さ

れることになり、江戸時代に体系化されていた“官僚組織”は維新をスムーズに進

ませ、日本が数十年で西洋列強に肩を並べるまでに成長するのである。











DA PUMPのUSA。

ダサかっこいいと評判です。

ほんまにダサいし、かっこいい。

もっと難しくてかっこいい振り付けが踊れるプロダンサー及びISSAさんが、

誰でも踊れるようなダサいダンスを一生懸命踊っているから。

実はどの一般人や有名人の踊ってみたの動画より、本家か1番上手で

そこがかっこいい。

2016年に流行ったRADIOFISHのPERFECTHUMANみたいな感じ。

もちろん、ただダサいって思う人もいるが。

ダンスはダサいけれど、DA PUMPがかっこいい。

ダンサー目線で見ると違うのかもしれない。











乳酸菌の定着について。

基本的に食べ物から摂取した乳酸菌は体内に定着しない。

腸内フローラが形成される時期に経口なり直接なりで植え付けたら。

生後一日くらいから腸内への菌の定着が始まる。

(見方を変えれば、無菌状態だった胎児から出産を経て外界との接触により

菌の感染が始まるとも言える)

通常、腸内細菌と宿主とは相性みたいなものがあり、ヒトの腸内細菌にはなりえる

がマウスの腸内には定着しない、という様な事がままある。

(大腸菌みたいに宿主に関係なく定着するヤツもいるが)

ただ、そういう宿主特異性の様なものがある菌でも、無菌マウスにはヒト由来の菌

を定着させる事はできますので、フローラ形成時期に乳酸菌を経口投与すれば、

腸内に定着させる事はできるかもしれない。

ただ、長期的には徐々に正常なフローラへの変わって行く事が予想され、やがては

そうして定着させた乳酸菌は脱落してしまうかもしれない。

因みに、ヒトの腸内にも乳酸菌は存在しているケースが多い。

(主要な菌ではない)

胎児のうちにフローラ形成のために乳酸菌を投与というのは無菌状態の母体の子宮

の中に乳酸菌をバラ撒く事になるので、最悪の場合母体の命に影響する恐れがある

と思う。

腸内フローラをコントロールしようとするのなら、出産した後でも十分間に合う。










大ヒット映画「カメラを止めるな!」の盗作疑惑 いまになってなぜ?

低予算映画ながら口コミを中心に人気に火がつき、6月の公開時には都内2館のみ

だったのがいまや累計上映館数全国約200館規模にまで拡大してきた

「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)に思わぬ“盗作騒動”が

持ち上がった。

21日発売の週刊誌「FLASH」が詳細に報じたほか、同誌の取材を受けた原作を

主張する元劇団PEACE(2014年解散)主宰の和田亮一氏も、同日朝、ネット上に

心境をつづった。

この手の話は昔から絶えないが、今回は大資本が人気俳優などを使って作らなく

ても映画本来の面白さで勝負できるということで美談的にも盛り上がっていた。

それが一転、盗作騒動となると非常に残念な事態だが、一方で“告発側”の

和田氏への疑問もネット上に出てきている状況だ。

いったい、何が起きているのか?

監督に盗作との認識はない? 

告発側の和田氏も「面白かった」とツイート

「カメラを止めるな!」は、劇中劇のゾンビ映画が終わったあと、後半では

その舞台裏を回収していくという構成自体がキモとなっている作品で、

2011年に初演された劇団PEACEの舞台作品「GHOST IN THE BOX!」がルーツ

なのだとか。

劇団員に上田監督の知り合いがいて、観劇した監督は、15年にその劇団員を

通し映画化の話を持ちかけた。

監督は舞台の脚本執筆者に映画用脚本も依頼するなどしたが、このときは頓挫。

その後、16年になって監督は同じ劇団員に「GHOST~」の映画版を作りたい旨を

伝え、脚本は大幅に書き直しオリジナルストーリーとした。

監督自身も、出演したテレビ番組などで「舞台作品にインスパイアされた」ことは

発言しており、盗作したという認識ではない。

すでに劇団は解散しているうえ、さまざまな人物がからんでいることから微妙な

齟齬が生じている可能性もあり、経緯はなかなか複雑だ。

和田氏は21日にネット公開したノートで、いまはなき劇団や元劇団員への思いと

ともに、この件についての心情をつづった。それによると、最初に映画化の話が

上田監督から劇団員や脚本執筆者に持ちかけられた際は、関知していなかったと

いう。

14年の劇団解散で和田氏は精神的に立ち直れない状況にあり、元劇団員みんなとの

連絡も断っていたのだとか。

現在は復活し、今回の映画については別の元劇団員の後輩から聞いて知り、

思い入れある作品が形を変えて多くの人に見られていることが単純に

嬉しかったのだという。

事実、和田氏は同映画に関する話題を自身のツイッターで拡散していた。

ところが実際に映画を見ると、クレジットに劇団名と作品名がなかったことや、

世間では上田監督のオリジナルストーリーとして評価されていたことに納得が

できないという。

そこで監督側と協議のうえ、クレジットに「原案」として劇団名と作品名を

入れてもらうことになったが、思い入れの深い劇団と作品の尊厳を守るために、

「原作」と認めて欲しいというのが和田氏の主張だ。

「しかしその和田氏自身、映画が人気となって7月に入ってから自身が鑑賞した

後も、ツイッターで『カメラを止めるな!めちゃ面白かった』などと作品名の

ハッシュタグ付きで喜びのツイートをしているんですよ。

それに対し上田監督が『ワダさん、ありがとう!!楽しんでもらえて良かった。

嬉しい。』と引用リツイートしているんですが、それをさらに和田氏が

『上田さん、最高でした。めっちゃ映像で遊んでましたね!』

『すごく面白くて、あんなに会場中がみんな笑ってるいい空気感の映画は

初めてでしたよ!』などと拡散している。

盗作との思いがあるなら、少なくともその時点で抗議していなければおかしい。

整合性がとれないんですよ。

もしかしたら、和田氏の周囲の人物が、映画のヒットを見て、和田氏を焚き

付けたのでは?」と、首をかしげるのはスポーツ紙の50代男性記者だ。

確かにネット上にも、「上映館2館の時点で同じように告発するなら

わかるけど…」「思い入れある作品なら映画を見たときから憤っているはず」

「ヒットしてから騒ぎたてるのはなぜ?」などと、和田氏への疑問の声も

出ている。

監督側の見解では、最初は映画化の話を一緒に進めたもののそれは頓挫し、

結局は別物になったため、「原作」の表記はできないというものだという。

海外ではよくある話 理由はまさかの大ヒットにあるのか?

同作は、監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト

第7弾作品として送り出された、上田監督初の長編。オーディションで選ばれた

無名の俳優たちと製作されたもので、脚本は数ヵ月に渡るリハーサルを経て

俳優たちに当て書きで執筆されたという。

「海外、とくにエンターテインメント大国でありながら訴訟大国でもある

アメリカでは、このような話は日常茶飯事です。

比較的近年でも、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』や

アルフォンソ・キュアロン監督の『ゼロ・グラビティ』などで盗作訴訟が

起きましたが、映画側が勝訴しています。

ディズニーの『ズートピア』は、ハリウッドのベテラン脚本家から二度に

渡り訴えられた。

いちいちあげたらキリがないほどです。

インスパイアではなく盗作であると主張するからにはそれなりの根拠がなくては

なりませんが、本当に盗作だというならもちろん権利は主張すべきです」と、

指摘するのは地上波放送局の40代男性プロデューサーだ。

この騒動に関して、ネット世論も意見が割れているようだ。

想定外のヒット作となってしまったことから起きた騒ぎのようにも思えるが、

作品自体は評判が良いだけに、後味の悪い決着は誰も望まないだろう。





ここを押してください!!


h_t_tomoto at 06:30 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ