2018年12月25日

  付き出しがなかった


今年最後の『とらちゃん』はほんまに最高に美味しかった。

その後JR環状線に乗って天満まで移動した。

天満で飲むと言う事で仁義愛将軍様が2~3軒事前に調べてくれた。

先ず向かったお店はおでんの『権兵衛』であった。

ここは立ち飲みのおでん屋であった。

ところが満員で入れなかった。

次に向かったお店は『ダイワ食堂』であった。


DSC00054


DSC00056


DSC00057

窓越しで中を覗くとわりと空いていた。

速攻で入る事にした。

我々は入り口近くのテーブル席に座った。

我々が座ると次々にお客さんが入って来てあっという間に満席状態になった。

流石は天満に人気の居酒屋だと思った。

早速注文をした。


DSC00066

注文は、刺身で、マグロ、鯛、かんぱちであった。

先ずは『チオビタゴールド』で乾杯をする事にした。


DSC00058

乾杯ー!!

引き続き生ビールで乾杯をした。


DSC00059

乾杯ー!!


DSC00060


DSC00061


DSC00062


DSC00063


DSC00064


DSC00065

マグロと鯛とかんぱち

『ダイワ食堂』の何が一番気に入ったかと言うとどーでもええ付き出しがなかった

事である。

ほんまにどうでもええ付き出しだけはほんまに何とかならんもんかと常々思って

いる。

刺身は極々普通の味わいで『魚庭本店』の美味しいマグロの域までは行っては

いなかった。

それでも美味しく頂けた。

天満を歩いて本当にびっくりした。

ほんまにアホ程一杯の居酒屋がある。

天満もむっちゃ魅力的な街だと改めて思い知らされた感は否めない。

猛牛ポーズをした。


DSC00067

猛牛ポーズ!!

そんな感じの『ダイワ食堂』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は鍋を食べる事にした。


DSC00129


DSC00130


DSC00131


DSC00132


DSC00133


DSC00134


DSC00135

唐揚げを食べながらの鍋が最高に美味しいのであった。










 











ガリア戦記という名前は作者のカエサルの部分は出るだろうが、内容まで突っ込ん

でくるのは西洋史学に特化した歴史学科でもあるようなマニアックな大学でも無い

限り出てこない。

内容は大まかに言えばカエサルがガリア総督時代にやった功績を自らまとめて出版

したもので、部族との抗争に勝利し、版図を広げて平定したことが描かれている。

ちなみに現在のフランス辺りのことで、当時はローマからすれば外国だった。

カエサルは現地で戦争が始まってしまい、緊急事態だとして元老院に黙って勝手に

徴兵して勝手に戦争して咎められていたので、民衆に功績を訴え、元老院を黙らせ

るために出版したと言われている。

ガリア戦記はかなり長い。

その分ガリアがゲルマニア、ブリタニアの部族の様子や戦争の仕方、兵器の紹介、

部隊や部下の活躍も織り交ぜて事細かに描かれている。

カエサルの総兵力は勝手に徴兵したのも含めて5万人、8年間で延べ100万人の

ガリア部族を相手に戦い平定した。

ただしガリア兵はすぐ逃げるので、ちょっと戦えばすぐ終わった。

イタリア北方はローマの属国でカエサルはそこに赴任するところから始まるが、

開始早々に国外エリアのガリア部族との抗争になった。

その後各個に戦いを進めていくうちにガリアが大連合してローマを追い出そうと

大戦を仕掛けてきた。

リーダーはウェルキンゲトリクスという人物で、難儀しながらもカエサルはこれを

倒しガリアや周辺のゲルマニア、ブリタニアの沿岸をも征服状態にしてしまった。



h_t_tomoto at 06:42 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ