2018年12月27日

  料理は天下一品


『まぐろ食堂 天満のとらやん』はほんまに安くて美味しかった。

その後タクシーに乗って京阪香里園まで移動した。

そして向かったお店は『中華料理大幸香里園店』であった。


DSC00085


DSC00087


DSC00088

予約はタクシーの中で電話で入れておいた。

我々が店内に入るといつもの女性店員さんが『お待ちしておりました』と言って

くれた。

この言葉が何や知らんけど無茶苦茶嬉しかった。

店内に入ると結構お客さんが入っていた。

我々は中央辺りのテーブル席に座った。

早速注文をした。

注文は、八宝菜と餃子であった。

直ぐに瓶ビールが運ばれて来たので乾杯をする事にした。


DSC00089


DSC00090

乾杯ー!!


DSC00091


DSC00092


DSC00093


DSC00094


DSC00095

八宝菜と餃子

『大幸』はお店の中が綺麗だ。

トイレも清潔感が溢れている。

接客も無茶苦茶素晴らしい。

そして料理は天下一品で最高に美味しい。

寝屋川市で超人気の中華料理店である事は皆がよーく知っている。

ほんまに最高に美味しい。

多くの業者はよくランチでここを訪れると言う。

そのランチもしっかりとボリュームがあって本当に美味しいと口を揃える。

飲み歩きを続ける限り『大幸』の訪問は続くであろう。

猛牛ポーズをした。


DSC00096


猛牛ポーズ!!

そんな感じの『中華料理大幸香里園店』であった。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は鍋を食べる事にした。


DSC00150


DSC00151


DSC00152


DSC00153


DSC00154


DSC00155


DSC00156

玉葱の天ぷらを食べながらの鍋が最高に美味しいのであった。










 










西フランク王国が弱かったのはカペー家とカロリング家の対立が原因。

西フランク王シャルル3世は、4歳で西フランク王となったが、なにぶん幼く、

まともに統治が出来なかった。

そのため、東フランク王のカール3世が後見人となり、東フランクの宮廷で育てら

れることになった。

カール3世は、西フランク王を宣言し、西フランク王国に介入してきた。

それに反発した西フランクの諸侯は、パリ伯ウードを西フランク王に選出し、

カール3世に対抗した。

西フランク王になることをあきらめたカール3世は、シャルル3世を西フランクに

送り返した。

その段階で、ウードを西フランク王とするグループと、シャルル3世を西フランク

王とするグループに分裂してしまった。

こういった事態になり、ウードは、シャルル3世を次の西フランク王に指名し

亡くなった。

ウードの後を継いだロベール1世は、当初シャルル3世の西フランク王を認めていた

が、実権は渡さず、シャルル3世を飾り物として扱った。

王権を強めたいシャルル3世と、実権を手放さないロベール1世との間手の対立が

激化し、西フランク王国は、分裂状態になって行った。

ロベール1世が、後のカペー家のユーグ・カペーの祖父になった。

当時の西フランク王国には、6大伯爵と、1つの公爵が大勢力だった。

パリ伯(ロベール1世)、ランス伯、トロワ伯が、ロベールとその子ユーグ大公を

支持した。

ノルマンティ公とアンジュー伯がカロリング家を支持、ポワチエ伯(後のアキテー

ヌ公)が中立、ツールズ伯が、西フランクに見切りを着け、アラゴン王国との関係

強化をはかった。

この状態が長く続いたため、王権が全土に行き渡らなかった。

ノルマンディ公は、イングランドを征服し、イングランド王になった。

フランスで王権が強くなるのは、イングランド王ジョンからノルマンディとアンジ

ュー伯領を奪ってから。



h_t_tomoto at 06:29 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
⇐ここを押して下さい!!
  • ライブドアブログ