2019年11月09日

  桃太郎に征服された鬼


この日はカレーを作る事にした。

使ったルウは五種類であった。


DSC05087

この日の材料は『業務スーパー枚方高田店』で買って来た極々普通の国産牛

約3.5㎏と玉葱であった。

これらをいつもの大きな鍋の中にルウと一緒に入れた。

後は鍋が勝手に美味しく作ってくれるのであった。


DSC05116


DSC05117

この日もパール金属の寸胴鍋(満水容量:6.3L)×2杯分のカレーを作った。

そんな感じのカレー。


DSC05118


DSC05119


DSC05120

皆と一緒に食べるカレー。

これがむちゃくちゃ美味しかった。

ほんまにえげつないほどに美味しいのであった。

この絶品のカレーを食べると幸せ一杯の気持ちになる。

まさに至福の喜びを感じるカレーなのであった。

カレーは2013年6月28日の金曜日から作り始めた。

尾崎紅葉の金色夜叉の第八章。

「心変わり」が単純に貫一に愛想を尽かして、富山のことが好きになったという

ことであれば、貫一もまだ分かる、とは述べている。

あのとき、宮が富山との結婚を決意した理由として、貫一が想定しているのは

全く別の2つがあった。

貫一が夫として不足していること。

富山の財産を欲していること。

宮が前者を否定したので、なら後者だろうと。

貫一はこのように、極めて単純に考えた。

つまり、貫一の怒りに火をつけた宮の「心変わり」は、単に愛情を向ける相手が

変わったということではなく、結婚を愛ではなく欲で決めたからだと読める。

だから、貫一の説得もその1点に尽きる。

夫婦の間で、金が不要ということまでは言わないが、鴫沢の家には生活に不自由

しないほどの金はある。

それはもちろん富山の持つ財に及ぶべくもないが、かといって不足を感じるほど

の額とは思われない。

その上、自分には富山にない(だろう)愛情がある。

だから財産目当ての結婚など思いとどまれ、と。

貫一の説得は、大体このような内容になっています。

宮がこれをどう感じたかはよく分かりませんが、すぐあとに「もし富山に嫁いだ

ら」という質問をしたので、心が決まっているものと貫一は完全に思って

しまい、ああいう別れになった、というわけだ。

尾崎紅葉さんの書いた鬼桃太郎。

桃太郎に征服された鬼が島の首領が、桃太郎を倒して遺恨を晴らそうとし、

桃太郎を倒した者には、首領の座を譲るといって勇者を募るが、恐れをなして

誰も応じない。

そこに、かつて鬼が島の門番で、桃太郎に門を破られたことから落ちぶれていた

老夫婦鬼が、名誉回復はこのチャンスとばかりに名乗りを上げた。

彼ら(老鬼夫婦)は夜叉神社に祈願して鬼の子「苦桃太郎」を授かる。

この子が長じて身長約4.5メートルの青鬼となる。

桃太郎の黍(キビ)団子になぞらえた「人間のドクロの付焼き10個」を持って

出陣する。

途中、火炎を吹き空を飛ぶ金色の毒龍や、白毛朱面の大狒(ひひ)、牛かと

見間違える狼に会い、それぞれ「ドクロの付焼き」を与えて家来としてあだ討ち

に向かう。

果たして、桃太郎の運命やいかに…

子分の選択を誤った青鬼は、毒龍の背中に跨って桃太郎を目指すが、毒龍が目測

を誤り、はるか先の海に墜落してしまう。

と、いうもの…。

鬼桃太郎

尾崎紅葉

むかしむかし翁じじは山へ柴刈しばかりに、
媼ばばは洗濯の河にて、
拾いし桃実ももの裏うちより
生れ出いでたる桃太郎、
猿雉子きじ犬を引率いんぞつ[#ルビの「いんぞつ」はママ]して
この鬼ヶ島に攻来せめきたり、
累世よよの珍宝たからを分捕ぶんどりなし、
勝矜かちほこらせて
還かえせし事、
この島末代までの
恥辱なり、






あわれ願わくは
武勇勝すぐれたる鬼のあれかし、
其その力を藉かりてなりとも
この遺恨うらみ霽はらさばやと、
時の王鬼おうおに島中に触ふれを下し、
誰たれにてもあれ日本を征伐し、
桃太郎奴めが若衆首わかしゅくびと、
分捕られたる珍宝たからを携え還らんものは、
此この島の王となすべしとありければ、
血気に逸はやる若鬼輩ども、
ひこひこと額の角を蠢うごめかし、
我功名せんと
想おもわざるはなけれども、
いずれも桃太郎が技※てなみ[#「てへん+兩」、U+639A、76-6]に懲こり、
我はと名乗出づるものも
あらざりけり、






茲ここに阿修羅河あしゅらかわの畔ほとりに世を忍びて、
佗わびしく住みなせる
夫婦の鬼ありけり、
もとは
鬼ヶ島の
城門の
衛司まもりつかさにて
ありけるが、
桃太郎攻入せめいり
の砌みぎり敢あえなくも鉄の門扉とびらを
打摧うちくだかれ、敵軍乱入に
及びし条じょう、其身の懈怠おこたりに因よるものなりとて、
斜ななめならず王鬼の勘気を蒙こうぶり、官を剥はがれ世に疎うとまれ、
今は漁人となって余命を送るといえども、何日いつかは身の罪を償あがのうて
再び世に出でんことを念懸こころがけ、
子鬼の角の束つかの間も忘るる間ひまぞなかりける、






さるほどに此触このふれを聞く嬉うれしさ、茨木童子いばらきどうじが
断落きりおとされし我片腕をも見たらん心地して、
此時なりと心ばかりは逸れども、
嚮さきに城門の敗戦やぶれに桃太郎と亘合わたりあわせ、
五十貫目の鉄棒てつのぼうもて、
右の角を根元より
摧折ひしおれたる創きずの今に疼いたむこと頻しきりにして、
不治の疾やまいを得たりければ、
合戦なんど思いも寄らず、
かかる時子だにあらばと
頻りに妻なる鬼を罵ののしりぬ、
されば妻の言いけるは、
伝聞つたえきく日本の桃太郎は、河に流れし桃より
生れて武勇抜群の小児こせがれなり、
尋常なみなみなる鬼胎おにのはらより出でなん鬼児おにのこにては、
彼奴かれめが敵手あいてとならんこと覚束おぼつかなし、
妾わらわ夜叉神やしゃじんに一命を
奉ささげて、桃太郎二倍ふたつがけなる武勇の子を祷いのるべしと、
阿修羅河の岸なる夜叉神社に参籠さんろうし、三七日さんしちにちの
夜にして始めて霊夢を蒙り、その払暁あかつき水際みぎわに立出たちいでて
見れば、いと大きなる
苦桃にがもも一顆ひとつ浮波々々ふわふわと浮来うききたりぬ、






扨さてはと嬉しく抱還いだきかえれば、
待構まちかまえたる夫の喜悦よろこびたとうる方なし、
割さきて見れば果せるかな、核さねおのずから飛とんで
坐上ざじょうに躍ると見えしが、忽焉たちまち其長そのたけ一丈五尺の
青鬼と変じ、紅皿べにさらのごとき口を開き、
爛々らんらんたる火焔かえんを吐はきて矗すっくと立たったる
其風情、鬼の眼めにさえ恐ろしくも、
また物凄ものすごくぞ見えたりける、
苦桃の裏うちより生まれたればとて
苦桃太郎にがももたろうと名乗らせぬ、











昨日のお昼に用意されたのは『牛たん炭焼 利久』と言うお店の

『牛たん幕の内弁当』であった。


DSC04993

牛たん幕の内弁当


DSC04994


DSC04995

牛タンはうっすいうっすい厚さであった。

と言うか、最近厚切りのタンにすっかりと慣れてしまったから。

実はこれぐらいの薄いタンが極々普通の当たり前の厚さなのかもしれない。

柔らかくてむっちゃ食べやすかった。

流石は『利久』の弁当だと感心した。











ほんでもって、ある日のおうち御飯。

この日は鍋をする事にした。


DSC04901


DSC04902


DSC04903


DSC04905

納豆御飯を食べながらの鍋が最高に美味しいのであった。











そんな感じの土曜日です。

この週末も皆様にとって素晴らしいものでありますよう心からお祈り致します。

それではまた来週お会いしましょう。

お相手はあなたの『T-SIRLOIN』でした。












パスタに粉チーズを掛けて食べる事を発見した人。

日本ではお馴染みのクラフトの粉チーズのこと。

推測でしかないが、アメリカであろう。

アメリカ人の合理主義が、イタリアの伝統を粉チーズという形態の省略文化に

してしまったのであろう。

マカロニウエスタンが流行った頃なのかどうか分からないが、イタリアの様々な

ハードタイプのチーズをひっくるめてパルメザンという名の粉チーズにして

しまった気がする。

それが日本に輸入されて、イタリアの本物のパルミジャーノなどの前に広がった

と考えた方が良いと思う。

今や、日本は空前のパスタブームで、イタリアの美味しいチーズもたくさん輸入

されている。

有名なパルミジャーノレジャーノはすりおろして使えるチーズの代表選手。

スライスしても美味しいし、バルサミコ酢をつけて食べても美味。

他にもグラナチーズやペコリーノといったハードタイプの「粉」に出来るチーズ

がある。

ミートソースをはじめトマト系のパスタには相性がぴったり。

グラナチーズはクセもないので、魚介系のトマトソースパスタにマッチするし、

バジルを使ったジェノベーゼソースにはたっぷりすりおろしてチーズを入れ、

そのジェノベーゼソースで魚介類のソテーやパスタに味付けると格別。

アメリカ料理では有名なマカロニアンドチーズというものがある。

第三代大統領ジェファーソンがマカロニをフランスから持ち帰り、以降定番と

なったアメリカ料理の代表格。

それから150年後の1937年、アメリカの食品企業でお馴染みのクラフトフーズは

マカロニアンドチーズを販売した。

これには、粉チーズがついていたそうだ。

アメリカでは確実に粉チーズが以降普及し、ミートソースやグラタンで粉チーズ

は市民権を得ていった。

もちろん、日本へはこの後にそういった料理(特にミートソースやグラタン、

ピザも粉ではないが)がアメリカから入って流行して行った。

今や、パスタはイタリア料理であることはみんな知っているが、当時は何でも

洋物はアメリカみたいな風潮があり、1965年から流行ったマカロニウエスタン

(正式にはスパゲティウエスタン)も、アメリカ映画だと思っていた人も多く

いた。

ということで、確かな確証はないが、アメリカで今の粉チーズが生まれて、

メニューと共に日本へ入って来たと考える。

モンロー宣言

1823年12月にモンロー大統領が議会で一般教書演説を行い、いわゆる新世界と

旧世界との間の不干渉がアメリカの外交政策である旨を述べたのだが、政策を

表明したという行為に重点を置いたものが「モンロー宣言」だと思う。

「モンロー主義」とは1850年にアメリカの不干渉政策を示す言葉として

つくられた”Monroe Doctorine"を翻訳したもので、アメリカ外交の方針を示す

言葉になっている。

「宣言」とは英語では"proclamation"だが、モンロー自身は教書演説であり、

宣言のようなトーンの高いものとは認識していたとも思われないが、第1次世界

大戦に参戦するまでのほぼ100年間のアメリカ外交を規定した政策の理念を表明し

たことの重大さに鑑み、「モンロー宣言」と名づけたのであろう。

モンロー宣言に対するヨーロッパの反応。

モンロー宣言によりアメリカがヨーロッパ諸国に対して相互不干渉を宣言した。

しかし、これはアメリカの一方的な宣言のように見える。

モンロー宣言を認めることでアメリカのラテンアメリカでの勢力拡大を認める

ことになると思うのだが、ヨーロッパ諸国に反発は起こらなかった。

運が良かった。

イギリスの外務大臣がカースルレイからカニングに変わった。

モンロー宣言の背景にはスペインの南米植民地独立がある。

カースルレイはヨーロッパ協調の立場からスペインを支持した。

言い換えると民族主義的運動反対派。

(民族主義、民主主義の結末がナポレオン戦争なので、君主国みんなでそうした

動きを封じよう、ってのが当時の欧州の流れ)

そのカースルレイが死んだのでカニングになった。

カニングとしても南米が独立し、スペインの市場独占が崩れるのはイギリスの

国益になると判断した。

イギリスの狙いは南米との自由貿易と投資でした。

つまりイギリスとアメリカの利害が一致したわけである。





←ここを押してください!!

h_t_tomoto at 06:29 
プロフィール

T-SIRLOIN

Hi. I'm "T-SIRLOIN", webmaster of "MEAT & SEA T-Chama Club". From Osaka, I'm broadcasting my weekend foodie tour, mainly with YAKINIKU. "We love Osaka. We love Buffaloes," is our motto, and we are Osaka's No.1 GENKI Club. Hope you like it.
  • ライブドアブログ