昨日の続き。

タブレットは使えるようになったけれど、GIMPで筆圧感知してもらうにはさらに設定をしなければならない。
GIMPを立ち上げ、[ファイル]->[環境設定]をクリックし、環境設定ダイアログを開く。
左のペインにある[入力機器]をクリックし、[追加された入力機器の設定]をクリック。
デバイスのところから、cursor、eraser、stylusをそれぞれ選択して、モードを[無効]から[画面]に切り替える。
06/12/13 gimp1
切り替えたら[保存]、[今すぐ入力デバイスの設定を保存する]をクリックして完了。
これで筆圧感知機能が有効になるはず。
06/12/13 gimp2