甘えの対価セパレイト・ウェイズ

2009年10月09日

やっぱりマジカ!が好き

最近マジカ!を色々とやっています。これまではマジカ!にかけられる時間の比率は全体に対してすごく小さかったので、リハビリ状態で色々とやり直しています。

実はまだ前の社名のときの仕事を引き摺っていたりするので、マジカ!に100%時間を割けるというわけではないのですが、それでも自分自身で色々とマジカ!を使って様々な業務について書いてみたりしながら、マジカ!の使い勝手の良いところや不便なところを再確認しているところです。

そういうことをやっていく中で、「あー、そうそう、だからここはこういう仕様にしたんだった」とか思い出したりして、改めてマジカ!の絶妙なバランスを実感しています。頭だけで考えると「こういう機能も必要なんじゃないか」とか思っちゃうのですけど、実際に手を動かすと「それがあるとこんなに気軽には書けないんだよな〜」とかというのがあるのです。結構細かいノウハウの集積なんだなぁと再実感しています。

一方で不便に感じるところも色々とあります。量をこなそうとすると「あー、ここ面倒くさい!」とか思ったりするときもあります。少ない量だったり不慣れなうちは親切なところも量をこなすときにはうざく感じたりするわけです。このあたりの不便さを実感することで改善すべきポイントを洗い出しています。

こういうことをやってると、手前味噌で恐縮ですがマジカ!って良くできてるなぁと感じますし、単純に書いてて楽しいし「あー、マジカ!好きだわ」と思えるのが、また何とも嬉しく思います。作り手として愛着があるのはもちろんなんですけど、いちユーザとして使っていてやっぱりすごく便利なのです。それだけに細かい不便を今後は丁寧に少しずつ消し込んでいきたいと考えています。

11月にマジカ!のイベントをやります。実際にマジカ!を書いて色んな取り組みをされている方による事例の発表もして頂けることになりました。他にも幾つかお伝えできることがある予定です。まぁ予定は未定にして決定に非ずではあるんですが(笑)。イベントの告知は近日中に行う予定です。日取りだけは決まってます。11月9日(月)です。占い的にその日がマジカ!には良いらしいので。ほんとかなぁ?(w ともあれ11/9は決定です。

業務フローというのはプログラムのソースコードではありません。では何かというと、コミュニケーションのための道具なのだと思うのです。ではコミュニケーションって何なのかというと、相互理解ということだと私は考えています。一方的に書きたいことだけ書く、自分に都合の良いように読み取る、そういうものではなく、お互いが理解しあうことを進めていくための潤滑油、それが業務フローだと思うのです。

正しく書くよりも、楽しく書けること。そしてお互いに書いたものを読みたいと思えること。読んだものを通じてより相手を理解したいと感じてもらえること。ロジックは大切ですがロジックだけでは足りない。ロジックからマジックへ。良い驚きと喜びを。そしてマジックには種と仕掛けが必要で、その種と仕掛けを支えるロジックへの一里塚としてのマジカ!でありたい。

まぁ、そんな大仰なことを振りかざさなくても、マジカ!を書くと何となく良いことがあるのだろうと、実際に自分で色々と書いてて思えることを嬉しく感じますし、それを少しでも多くの方のお役に立てるようにお届けしたい。そんなことを考えつつ、なかなかマジカ!に時間を割けないもどかしさの中で色々とやっております。

種も仕掛けも仕込みには時間がかかります。徐々に色々とお届けできるようになっていけるかと思いますので、何卒マジカ!を今後ともよしなにm(__)m

habuakihiro at 10:57│TrackBack(0) マジカ このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバックURL