リボルテック アーバレスト レビュー
リボルテック アーバレストのレビューです。
P1040649P1040650
全身。複雑なデザインだからか塗装のはみ出しなどが若干多めな印象。
P1040657
顔はわりと綺麗に塗られてるようです。
P1040655

P1040646
オプション。かなり多いので気を付けないとなくしてしまいそう。
P1040735
それぞれの武器や弾倉に対応した持ち手が付いてます。
P1040672
ROBOT魂と同じくダガーマウント型フェイスと交換可能。
P1040674
ナイフは差し込んであるだけなので角度を変えたり出来ます。
P1040667
散弾砲とショットシェル。散弾砲はポンプアクションが出来るようになってます。
P1040669
徹甲弾型とマガジン。
P1040676
背部。
P1040678
ラムダ・ドライバ起動時用フィン。
P1040679
武器類は背中にマウント可能。
P1040680

P1040741
腰や、
P1040742
脚部にも。この辺もROBOT魂と同じ感じでした。
P1040684
そしてリボルテックだけのオリジナルギミック、ワイヤーガン。腕をガバっと開けるようになってます。
P1040685
ワイヤーガン装備前腕部。
P1040687
ワイヤーは取り外した腕に結びつけるという原始的な接続方法でした(なので汎用性があります。応用例は最後に)。
P1040689
釘などの出っ張りにひっかけて飾ることが出来ます(この写真では背景紙を吊り下げてるクリップに挟んでます)。
P1040664
ROBOT魂と比較。ガシガシ動かすのが好きな人ならリボの方がオススメかも。
P1040716
以下適当にポーズなど。
P1040715
股関節の可動範囲が広いので膝立ちがやりやすいです。
P1040701
左右の持ち手が付いてるので両手持ちが出来ます。
P1040699

P1040702

P1040708
戦国BASARAと同じタイプの動きのある台座も付いてました。
P1040718

P1040695

P1040690

P1040694
終わり。
P1040731
最後にワイヤーガンの応用例。腕に紐を結んで持ち手に手を通せばどんな物でも応用出来ると思います。
以上、リボルテック アーバレストのレビューでした。

ROBOT魂のがあるから別にいいかなとも思ったんですが、前のレーバテインが瞬殺でしたし値段もわりと安めだったので購入。
複雑なデザインなので塗装のはみ出しなどは多少ありましたが、そんなには気にならないレベルだと思います。
ワイヤーなどのオプションも面白く、壁にかけても飾れるという画期的な仕様になってて面白いので既にROBOT魂持ってるという人にもなかなかオススメです。





リボルテックヤマグチ No.081 フルメタル・パニック! ARX-7 アーバレスト(あみあみ)