超像可動 東方仗助 レビュー
超像可動 東方仗助のレビューです。
P1290826_exposureP1290833_exposure
全身。紺一色の単調な制服なんですが、いつも通りグラデ塗装がめちゃ綺麗で深みのある色に仕上がってます。
P1290846_exposure
顔も眉やまつ毛などよく特徴を捉えてると思います。
P1290849_exposure
多少目がずれてたり、目の縁取りが濃いなどの個体差があったみたいです。
P1290854_exposure
別表情の叫び顔。こちらも迫力があって良い出来です。
P1290856_exposure
仗助は表情豊かなキャラなのでもっと色んな表情も欲しくなります。
P1290859_exposure
横顔。リーゼントの出来が物凄く細かいです。
P1290876_exposure
変わった形の襟足もきちんと再現。この辺がアトムみたいと思われたのかも…
P1290880_exposure
プリントとかじゃなくちゃんと造形されてるのが凄いです。
P1290867_exposure
各部位など。かなりの変形学生服。チャックが付いてるTシャツなどあり得ない感じのデザインです。
P1290870_exposure
制服の下半分は軟質素材で可動の妨げにならないようになってます。
P1290837_exposureP1290840_exposure
腕や足。足元などを見るにかなりゆったりめのサイズのようです。
P1290874_exposure
2万5千円もするバリーの靴、なのかも。
P1290820_exposure
オプション。ハンドパーツは全部左右非対称。
P1290887_exposure
Jのバッジは襟元に挟み込む形式。小さくてなくしやすそうなので遊ぶ時は外してた方が良さそうです。
P1290892_exposure
腕にもアクセサリー。
P1290893_exposure
学校の鞄。結構古い感じのデザインです。
P1290898_exposure
ハンティングに行こうに出てきた双眼鏡が付属。
P1290918_exposure
足を大きく開く時用の制服パーツが付属。こちらも軟質素材。
P1290922_exposure
通常の方でもかなり足を開くことが出来るので、オプションの方は主に動きを付けたい時に使う物なのかも。
P1300007_exposure
下半身の可動範囲はこれまでのジョジョの超像可動では最高だと思います。
P1290932_exposure
クレイジーダイヤモンドと。並べるとスタンドの方がかなり大きいです。
P1290995_exposure
以下適当にポーズなど。
P1300001_exposureP1300003_exposure
4部の立体物は珍しいので有り難い限りです。
P1290930_exposure
「無敵の『スタープラチナ』でなんとかしてくださいよォ―――ッ!!」
P1290982_exposure
足の可動範囲が広いのでバイクにも乗せることが出来ました。
P1290981_exposure
「いぜん問題は無し」
P1290986_exposure
「このまま突っ切るしかねえ!」
P1290942_exposure
クレイジー・ダイヤモンドと一緒に。
P1290973_exposure
「今度は的が大きい…確実に狙えるぜ」
P1290966_exposure
クレイジー・ダイヤモンド!
P1290951_exposure

P1290955_exposure
終わり。以上、超像可動 東方仗助のレビューでした。

仗助は承太郎やジョルノのようなクールなカッコよさはないですが、ゲームが趣味など普通の人っぽい部分が多くて、とっつきやすく感情移入しやすいお気に入りのキャラなので超像可動というめちゃ出来の良いシリーズで出てくれて有り難かったです。
出来の方もいつも通りの安定した塗装に可動範囲も大幅にアップしてて文句なしのクオリティでした。
億泰や康一くんと並べて飾れる日がくるのが楽しみです。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 15.東方仗助(あみあみ)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 16.キラークイーン(あみあみ)