特撮リボルテック ジャック・スケリントン レビュー
特撮リボルテック ジャック・スケリントンのレビューです。
P1300670_exposureP1300682_exposure
全身。骨なのでどこを見ても細長くて重量もほとんどないです。
P1300709_exposure
顔。素の表情だと普通に髑髏な感じ。
P1300716_exposure
びっくり顔。
P1300720_exposure
おどかし顔。
P1300725_exposure
考え中顔。
P1300730_exposure
企み顔の4つのオプションヘッドが付属。
P1300703_exposure
各部位など。蝶ネクタイはコウモリのようなデザイン。
P1300705_exposure
どこを見てもとにかく細いです。
P1300693_exposureP1300697_exposure
腕や足。4mmや6mmのジョイントがほとんどでカチカチしないのであまりリボルテックという感じがしないです。
P1300665_exposure
オプション。頭部だけ並べてもあまり違和感ない感じです。
P1300735_exposure
ヴィネット風の台座も付属。
P1300736_exposure
グラデ塗装などかなり気合の入ったつくりで、本体並にコストかかってそうです。
P1300754_exposure
馬?のような形をした門の飾り。
P1300758_exposure
あちこちにかぼちゃが。
P1300761_exposure
それぞれ表情が違ってます。
P1300770_exposure

P1300765_exposure
門はかぼちゃの意匠が。
P1300773_exposureP1300779_exposure
枝には首を吊った骸骨。ティム・バートンぽい世界観です。
P1300750_exposure
枝の一部をジャックの背部にさして固定出来るようになってます。
P1300743_exposureP1300747_exposure
台座と組み合わせた状態。ボリュームも増して素敵な雰囲気に。
P1300691_exposure
適当なものとサイズ比較。リボの中ではかなり大きいです。
P1300794_exposure
以下適当にポーズなど。
P1300813_exposure
そのままだと自立しにくいので台座と組み合わせて動かしてます。
P1300839_exposure
4mmや6mmのジョイントは破損しやすそうなので動かすときは慎重にやった方がよさそうです。
P1300867_exposure
ジャックのアクションフィギュアは初めてだったので動かしてて新鮮でした。
P1300860_exposure

P1300864_exposure

P1300801_exposure
表情も豊富なので遊び甲斐も抜群。
P1300804_exposure

P1300809_exposure

P1300826_exposure

P1300822_exposure

P1300818_exposure

P1300834_exposure

P1300845_exposure

P1300852_exposure

P1300857_exposure

P1300854_exposure
終わり。以上、特撮リボルテック ジャック・スケリントンのレビューでした。

ナイトメア・ビフォア・クリスマスはキングダムハーツから入ってかなりはまった作品なので、リボルテックという完成度の高いメジャーなシリーズから出てくれて有り難かったです。
出来の方もこれまでのリボルテックにはなかったような凝った作りになってて、5つもの表情が付いてたり、台座の雰囲気も抜群で非常に完成度の高い仕上がりになってました。
また、細長い体なので通常のリボルバージョイントは一切使われてなくて、全部6mmや4mmのジョイントが使われてるのも新鮮で面白かったです。
欠点をあげるなら台座を使わないと自立が難しいことと、愛犬のゼロがついてないことくらい。
台座と組み合わせて飾れば普通のヴィネット風フィギュアと変わらない感じになるので、アクションフィギュアにあまり興味ないという人にもオススメだと思います。




特撮リボルテック No.005 ジャック・スケリントン(あみあみ)

特撮リボルテック No.006 ガメラ(あみあみ)

特撮リボルテック No.007 ギャオス(あみあみ)