ヴァリアブルアクション ダークナイト・シュテル レビュー
ヴァリアブルアクション ダークナイト・シュテルのレビューです。
P1390456_exposure
全身。いつも通り部位によって素材や艶が違ってて非常に見栄えのいい仕上がりになってます。
P1390462_exposure
ただ今回腰と肩の関節が物凄く緩くてちゃんと素立ちさせるのすら大変な状態に。
P1390466_exposure
顔。複雑なデザインですがメタリック塗装がいいアクセントになっててかっこいいです。
P1390474_exposureP1390472_exposure
ゼファーと同じく兜がかなり縦に長め。
P1390484_exposure
各部位など。襟や胸の鎧は光沢仕上げ。
P1390489_exposure
腰はゆるゆるなんですが股関節はそこそこ固かったです。
P1390491_exposureP1390494_exposure
腕や足。紫の部分は全てプラ素材でつやも押さえられてて落ち着いた質感。
P1390500_exposure
背中にはいつも通りのクリアパーツ。
P1390504_exposure
踵の部分にも。
P1390431_exposure
オプション。
P1390509_exposure
マジックソード。
P1390511_exposure
盾。
P1390514_exposure
ゼファーと同じく剣は盾に収納できるようになってます。
P1390519_exposure
胸パーツを差し替え尻尾を取り付け邪竜形態に。
P1390522_exposure
尻尾で支えることができるので安定感もアップ。
P1390531_exposure
邪竜形態用胸部パーツ。目が開いたような不気味な形に。
P1390527_exposure
邪竜形態用尻尾。それぞれボールジョイントになっててかなり自由に動きます。
P1390434_exposure
いつもの台座も付属。
P1390439_exposureP1390440_exposure
ミストロットもいつも通り。
P1390540_exposure
ゼファーと一緒に。似た部分も多いですが色のせいでかなり印象の異なる感じに。
P1390556_exposure
以下適当にポーズなど。
P1390564_exposure
正直腰と肩がぷらんぷらんなのでポーズを付けて遊んだりはかなり厳しいことになってます。
P1390559_exposure
ゼファーと爆裂丸も若干緩めでしたがそれより更に悪くなってしまうとは…
P1390567_exposure
見た目の出来が完璧なだけに惜しかったです。
P1390581_exposure
可動範囲自体は広くて両手持ちや立膝も簡単にできたり。
P1390595_exposure

P1390588_exposure
尻尾で攻撃みたいな。
P1390607_exposure
終わり。以上、ヴァリアブルアクション ダークナイト・シュテルのレビューでした。

爆烈丸はちょっと待てば安くなりそうだったりしたので遅めに買ったんですが、シュテルの方はかなり売れてたみたいで減りが早かったので早めに購入しました。
これまでの2体同様、部位ごとに素材やつやが変えられてるなど見た目に関しては非常に良いのですが、今回関節の硬さにかなり難があって固定感がほとんどない仕様だったのが残念。
可動範囲自体はかなり広く、パーツのポロりなども全くなくて、この関節の硬さだけ良かったら完璧な出来だったので惜しかったです。
次は大本命かつボリュームもダントツで一番になりそうなリューパラディンなので何とか改善されていて欲しいです。




ヴァリアブルアクション 覇王大系リューナイト ダークナイト・シュテル(あみあみ)

ヴァリアブルアクション 覇王大系リューナイト リューパラディン・ロードゼファー(あみあみ)