リボルテック ジェノブレイカー レビュー
リボルテック ジェノブレイカーのレビューです。
P1600555_exposure
全身。色は真っ赤で派手なんですがメタリック塗装が多かったブレードライガーに比べるとちょっと地味になってる気も。
P1600559_exposure
普通のリボの2,5倍くらいの値段がするだけあってボリュームは凄いです。
P1600566_exposure
横から。2足歩行ですが足が大きいので安定感あります。複雑なポーズにする時は尻尾で支えることも。
P1600570_exposure
上から。見えない部分のディティールも結構凝ってたり。
P1600575_exposure
下から。
P1600588_exposure
顔。凶悪な恐竜面。角(レーザーチャージングブレード)は可動はしないですが、造形などシャープに仕上がってます。
P1600582_exposureP1600580_exposure
口は開閉可能。口の横がちょっと汚れたのが残念…
P1600614_exposure
口の中にはリボジョイントで可動する荷電粒子砲が。
P1600590_exposure
前足の爪の部分も可動して開くようになってます。
P1600610_exposure
ワイヤーアンカーパーツも付属。今回のオプションはこれとリボチップ、コンテナ、プライヤーのみでした(スタンドは無し)。
P1600600_exposure
足。膝横にはウエポンバインダー。
P1600594_exposure
フリーラウンドシールド。
P1600599_exposure
内側にはエクスブレイカーが収納されてて敵を挟んだり突き刺したり出来るとか。
P1600662_exposure
ウイングスラスター。こちらも左右個別に可動。
P1600616_exposure
尻尾は根元含め4ヶ所が可動。
P1600692_exposure
冷却ユニットの開閉ギミックもあり。
P1600623_exposure
ブレードライガーよりかなり大きいです(そのぶん値段も上がってますが…)
P1600656_exposure
以下適当にポーズなど。
P1600710_exposure
口の開閉加減で微妙に表情が変わる気がします。
P1600674_exposure
アンカークローは短めなのでちょっとしょぼいかも。
P1600669_exposure
首周辺はかなり自由に動き流石リボルテックという感じでした。
P1600664_exposure
あちこち武器だらけですがやはり一番目立つのはエクスブレイカー。
P1600698_exposure
踏み潰し。
P1600702_exposure

P1600626_exposure

P1600638_exposure
対決。
P1600651_exposure
口が開くだけでも互いにかなり感情が出てる感じになるのが面白いです。
P1600640_exposure
終わり。以上、リボルテック ジェノブレイカーのレビューでした。

ブレードライガーはちょっとボリューム不足な気がしたんですが、こちらは元が恐竜だけあって全体的に大きくかなりの迫力でした。
可動もブレードライガーと同じく各関節の他、武器や口の中の荷電粒子砲にいたるまでかなり動く場所が多くて、生物っぽい動きも出来たりして面白かったです。
ブレードライガーと同じく普段のリボと比較するとやはりまだちょっと値段が高い気もするんですが、遊びがいはかなりの物でブレードライガーと並べると色的にもバランスいいのでそちらが気に入ってた人ならオススメだと思います。




リボルテックヤマグチ No.096 ZOIDS(ゾイド) ジェノブレイカー

リボルテックヤマグチ No.093 ZOIDS(ゾイド) BLADE LIGER(ブレードライガー)

TVアニメ ゾイド シールドライガー ダイキャストアクションモデル(あみあみ)