特撮リボルテック エイリアン・ウォーリアー レビュー
特撮リボルテック エイリアン・ウォーリアーのレビューです。
P1740743_exposureP1740748_exposure
全身。前のエイリアンとは違って各部の形状が異なり青っぽいカラーリングになってます。
P1740758_exposure
顔。中の骸骨が透けてた透明のフードがなくなり頭部が剥き出しの形状に。
P1740766_exposure
個人的に気持ち悪さでは通常版、カッコよさではウォーリアーという感じがします。
P1740762_exposure
内部が光ってるように見える塗装表現が凄い…
P1740782_exposure>
口の中にはインナーマウス。前は口を開くと勝手に出てきましたが今回はちゃんと固定されてました。
P1740769_exposure
各部位など。
P1740772_exposure
体は通常の物と特に変化ないみたいです。
P1740751_exposureP1740755_exposure
腕や足。腕と指が長くなり肘の可動範囲もアップしてました。
P1740778_exposure
背中の突起部も一見変わりないように見えるんですが、
P1740774_exposure
一番上の突起が可動式になり頭部が動かしやすいように。
P1740794_exposure
尻尾は前と同じく針金みたく動かせるペンタブル構造で長さも少しだけ伸びてるみたいです。
P1740730_exposure
オプション。
P1740789_exposure
差し替え用の前腕とハンドパーツが付属。
P1740797_exposure
今回のエッグは閉じた形状で台座と組み合わせられるようになってました。
P1740800_exposure
台座は宇宙基地の床を模した金属的な質感で雰囲気出てます。
P1740803_exposure
閉じてても相変わらずグロイ…
P1740809_exposureP1740813_exposure
組み合わせた状態。やはり台座が付いてると安定して飾れるので有り難いです。
P1740786_exposure
通常エイリアンと。今回のウォーリアーは色的にAVP2の雨の夜の中とかが似合いそうな気が。
P1740881_exposure
ちなみに今回は全身ほとんどクリアパーツなので光の当て方で結構イメージ変わります。
P1740819_exposure
適当に何枚か。
P1740865_exposure
各部の可動範囲がアップしてるので獣っぽい四肢を付いたようなポーズが可能に。
P1740825_exposure
腕も伸びて迫力も増してる気がします。
P1740852_exposure
あともうちょい頭を上げられたら更に良かったかも。
P1740815_exposure

P1740858_exposure
エイリアンと言えばやはり物音を立てて発見されるシーンが印象深いです。
P1740875_exposure

P1740872_exposure
2体だけでもかなり恐怖感が倍増する気が。
P1740869_exposure
地球の文化に触れる侵略者。
P1740861_exposure
みんな~で終わり。以上、特撮リボルテック エイリアン・ウォーリアーのレビューでした。

通常のエイリアンより可動範囲が広くなって、よりエイリアンらしい獣っぽい動きが出来るようになりかなり迫力が増してました。
また全身ほとんどがクリアパーツなので光の加減で色味が変わり不気味さが引き立ってる感じも良かったです。
次はクイーンみたいですが、宿敵のプレデターも早く出て欲しいです。

あと現在特撮リボルテックキャラバンというのをやってて、新作見本の展示、試遊、来場者プレゼントの他、クリア版のエイリアンが買えたり、特撮リボルテックを何か1つ買うと色々な物が当たる抽選などをやってたりするそうです。




特撮リボルテック No.016 エイリアン・ウォーリアー

特撮リボルテック No.020 骸骨剣士 『アルゴ探検隊の大冒険』より

特撮リボルテック No.021 アンギラス 『怪獣総進撃』より(あみあみ)