HG ブレイヴ レビュー
HG ブレイヴ 指揮官用試験機のレビューです。
P1770104_exposureP1770109_exposure
全身。マスラオの発展型ということで胴体や肩、バインダーなど非常によく似た形になってます。
P1770122_exposure
顔はほぼフラッグ。ちょっとわかりにくいですがクリアパーツの内部はちゃんと左右非対称になってます。
P1770127_exposure
銀のシールとオレンジのクリアパーツの組み合わせが非常に綺麗。
P1770140_exposure
後頭部にはリード線のエネルギーケーブル。ちなみに一般機は背中の部分に擬似太陽炉を搭載してるそうです。
P1770133_exposure
各部位など。胸の形はマスラオ、スサノオによく似てますが腹が開くギミックなどは無かったです。
P1770139_exposure
腰はフラッグとマスラオの特徴が混じってちょっとごちゃごちゃしてますが可動には特に問題なし。
P1770114_exposureP1770118_exposure
腕や足。スサノオには左腕に篭手が付いてたりしましたが今回は特にそういうものはなくきっちり左右対称でした。
P1770145_exposure
腰にはサイドバインダー。指揮官機はこちらに擬似太陽炉を左右2対搭載してて一般機より大きくなってるそうです。
P1770322_exposure
サイドバインダーの黒い部分はスライドして中にはビームサーベルが。
P1770097_exposure
オプション。他にHGによく付くいつものスタンドが付属。今回は股間に穴がないのでスタンド接続パーツが付属してました。
P1770149_exposure
GNビームライフル「ドレイクハウリング」。
P1770157_exposure
先端の砲身部分はパーツを付け替えて展開。
P1770318_exposure
先端部を外してショートバレルとして使うことも。
P1770165_exposure
GNビームサーベル。刃部分も真っ白なのが残念。
P1770220_exposure
フラッグみたく飛行形態に変形可能。
P1770224_exposure
背中部分にGNコンデンサを取り付ける以外はほとんど差し替えもなかったです。
P1770183_exposure
差し替えはほとんどないですが薄くスタイリッシュな形でなかなかのカッコよさ。
P1770191_exposure
大気圏内を飛行する時はサイドバインダーの黒い翼を展開させるとか。
P1770196_exposure

P1770234_exposureP1770231_exposure
表裏どちらから見ても自然な形。
P1770160_exposure
クアンタと並べるとこんな感じに。足が長いのでかなりの身長差が。
P1770244_exposure
適当に何枚か。
P1770276_exposure
青というのがグラハムのイメージになくてちょっと違和感ありますがデザイン自体は非常にかっこいいです。
P1770292_exposure
ちょっとくらい高くなってもいいのでサーベル刃は付けて欲しかったかも…
P1770281_exposure
登場時間は少ないものの本編でも結構見せ場があって目立ってた気がします。
P1770179_exposure
トライパニッシャーは今回は変形後に使用。
P1770312_exposure
終わり。以上、HG ブレイヴ 指揮官用試験機のレビューでした。

カラーリングは青主体の爽やかなイメージになってますが、マスラオの発展型ということで色々似た部分も多く面白かったです。
出来の方も差し替えが少ないわりに変形前、変形後ともにプロポーションも良くてガンダムに負けず劣らずのかなりのかっこよさでした。
本編での見せ場もそこそこある機体で、フラッグやマスラオの系統が好きな人ならなかなかおすすめだと思います。

ホビージャパン11年2月号(HGダブルオークアンタ対応 GNソードIVフルセイバー付録)



HG 1/144 劇場版 機動戦士ガンダム00 ブレイヴ指揮官用試験機

HG 1/144 劇場版 機動戦士ガンダム00 ブレイヴ一般用試験機

MG 1/100 劇場版 機動戦士ガンダム00 ダブルオークアンタ(あみあみ)