HGUC デルタカイ レビュー
HGUC ガンダムデルタカイのレビューです。
P1000116P1000120
全身。デルタプラスの系列機ですが大きい背負い物があるのでシルエットが変わり色も大きく異なるので全く違うイメージに。
P1000084
顔。頭部は完全新規でマスクのへの字こそないもののアンテナなどほとんどガンダムに近い形に。
P1000073P1000072
顔自体はシャープな顔つきでカッコいいんですが、頬の黄色までは流石に色分けされずシールで再現。バルカンも白のまま。
P1000085
各部位など。胴体も新規なので色分けは上々。胸部左右の丸い黄色だけシールでした。
P1000091
腰回り。サイドアーマーは新規ですが他はデルタプラスと共通。
P1000123
サイドアーマー。デルタプラス、ガンダムに比べてかなり大型化。ただ薄いパーツが多いせいか色分けはほとんどシール。
P1000066P1000067
腕や足。肩や膝など一部が新規で他はプラスと共通。肩のダクトなどはシールで再現。
P1000081P1000077
背中にはプロト・フィンファンネル。バインダーなどの形は特に変化なし。
P1000051
オプション。
P1000054
変形用差し替えパーツ。
P1000110
フル装備状態。
P1000094
ロングメガバスター。大層な名前が付いてるだけあってかなり大型の武装で持たせると見栄え良いです。
P1000097
スコープ部分はシール。
P1000100
シールド。こちらもデルタプラスの時よりかなり大きく。取り付けははめ込みですが重くて外れやすいのが難点。
P1000102
ハイ・メガキャノンも装備可能で取り付ければ更にゴテゴテした形状に。
P1000106
裏側にはサーベル2本を収納。
P1000210
プロトフィンファンネルは付属の台座で単体で展示することも。ただかなり低めの位置ですが。
P1000222
続いて変形。ウェイブライダーに。
P1000226
変形手順は一部差し替え方式のデルタプラス、デルタガンダムと同じでした。
P1000229
横から。武装が大型でファンネルもあるので変形後もかなりゴテゴテしてます。
P1000233
裏側。差し替えなので頭部が覗いたりすることもなくすっきり。
P1000112
同じMSVのデルタカイと。上半身など完全新規なのでサイズも微妙に違ってました。
P1000253
適当に何枚か。
P1000237
ウェイブライダーは特に目立つ機首が新規で色も全く違うのでこれまでの2機とは全く別物に。
P1000156
変形。関節などは共通なので可動に関してはデルタプラスなどとほぼ変わりなかったです。
P1000125
なので接地性などはいまいちで、またサイドアーマーも干渉したりして最近の物に比べるとあまりグリグリとは遊べない印象。
P1000174
シールドのハイメガキャノンも大きくて迫力はあるものの重くて肩が負けたり外れやすいのも気になったり。
P1000215
持ち手は右しか無いですがサーベル刃もちゃんと付属。
P1000190
プロトフィンファンネル射出。ファンネルの穴は3mmなので各種スタンドが使用可。
P1000205
数は少ないですがこちらもサイズ大きめなので飛ばしてもなかなかの迫力。また変形時でも普通に飛ばせます。
HGUC デルタカイ レビュー
終わり。以上、HGUC ガンダムデルタカイのレビューでした。

デルタガンダム同様デルタプラスのバリエーション違いですが特に目立つ頭部や上半身、武装の全てが新規でカラーリングも全く異なるので見た目に関してはほとんど別物と言った機体に仕上がってました。
元が少し古いデルタプラスなので可動は最近の物と比べると少し劣ってる面があり、またシールドのポロリも気になりましたがファンネルなど武装の豊富さや変形などプレイバリュー自体はかなり高いキットになってると思います。
目立つ頭部の黄色部分はじめ全体的にシール頼りだったのは惜しかったものの、新規の上半身の色分けなんかは結構頑張っており、ウェイブライダー時のシルエットなんかもかなりカッコよかったのでこれまでのデルタ系のMSが気に入ってた人なら今回のもなかなかオススです。

MG νガンダムVer.Ka用 ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット、RG ストライクルージ+HG I.W.S.P.など(プレミアムバンダイ)



HGUC 1/144 ガンダムデルタカイ

HGUC 1/144 ローゼン・ズール

MG 1/100 ν(ニュー)ガンダム Ver.Ka(あみあみ)