figma 黒雪姫 レビュー
figma 黒雪姫 学内アバターver.のレビューです。
P00_3394
全身。先にねんどろで出てましたが黒雪姫の一番象徴的な姿ということで今回も学内アバターver.での立体化。
P00_3397
本体は小柄な女の子キャラですが羽とスカートが大きめなのでfigmaにしては結構ボリュームあります。
P00_3409
顔。figmaなので輪郭の造形やアイプリなど完璧といっていい仕上がり。
P00_3407P00_3403
サイズは小さめですが前髪などもシャープで特徴的なアホ毛もばっちり再現。
P00_3413
別表情の照れ顔。
P00_3414
たまに出てくる普段とはギャップのある女の子らしい表情。出来はこちらも文句なし。
P00_3419
別表情の目閉じ顔。
P00_3420
すました感じで衣装にあった表情。今回は学内アバターなのでアクション的な表情はなし。
P00_3429
各部位など。黒雪姫なので体型はかなり平坦ですが衣装はクリアパーツなども使われ華やかな見た目に。
P00_3428
蝶の部分もちゃんとメタリックになってるので見栄え良いです。
P00_3171
オプション。
P00_3244
ねんどろいどと同じく傘が付属。
P00_3239
内部の骨組みなどまでしっかり作られてました。
P00_3231
畳んだ状態のものも。
P00_3259P00_3264
パンツを取り替えることで下着姿にすることも。
P00_3267
上半身は特に変わりなし。
P00_3270
下半身は普通の下着姿に。アクションフィギュアなのでどうしても関節が目立ってしまうのが惜しいですが。
P00_3274
後ろはパンツの面積も広めなのでわりと自然な感じに。
P00_3279
スカート履いてると見えにくかったですが靴はヒールでこちらにも蝶の飾りが。
P00_3246P00_3250
ねんどろいど同様ハルユキ君も付属。首だけボールジョイントで動くようになってました。
P00_3444
学内アバターとデュエルアバターで。
P00_3368
適当に何枚か。
P00_3315
下半身はスカートでほとんど動かないので動きをつけられるのは基本的に上半身に限定。
P00_3335
ただ表情が3種あることもあって結構色々なシチュエーションを再現できると思います。
P00_3377
スカートが支えになるので自立は出来ますが、長時間飾る時は羽で腰が反らないようスタンド使った方がいいと思います。
P00_3280
黒雪姫といえばイラストなどでもやたら肌を露出しまくってるのでスカートを外してもほとんど違和感なし。
P00_3292
スカートを外すと羽が多少窮屈な所はあるもののおすわりポーズなどもいけます。
P00_3312
特定の層の性癖をくすぐりそうな構図。
P00_3348
アクセルワールドは後半能美の話が長すぎてちょっと終わりがすっきりしない感があったのでいつか2期もやって欲しい所です。
figma 黒雪姫 レビュー
終わり。以上、figma 黒雪姫 学内アバターver.のレビューでした。

大きい羽や下半身をがっぽり覆うスカートなどアクションフィギュアとしては動かしづらいデザインのキャラですが、元々学内アバターの姿では派手な動きをするようなことはないですし、figmaだけあって顔の再現度なども安定しており良い出来でした。
スカートも仕様上外せるとかじゃなくちゃんと元々そういう風に作られてて替えのパンツまできっちり付いてるあたりもこだわりを感じられて良かったです。
黒雪姫のfigmaはまだAccel Assault Ver.というゲームオリジナルの姿が出るのが決まってますが、他のシリーズなどでも制服姿の立体物が少ないので、本編でも印象的な姿ですしそちらも是非出して欲しいところです。




figma アクセル・ワールド 黒雪姫 学内アバターver.

figma ソードアート・オンライン キリト

figma ソードアート・オンライン アスナ(あみあみ)