MG  トールギス1 レビュー
MG トールギス EWのレビューです。
P00_4066P00_4071
全身。プロポーションは肩幅や太腿などアニメの印象より少しごつめ。色分けは一部シールですが概ね良好でした。
P00_4054
顔。バイザーはクリアパーツですが無色透明。せめて内側に貼るシールでも付いてたら良かったんですが。
P00_4087P00_4081
ちなみにバイザーは少し奥の位置にも取り付けられ、よりガンダムに近い顔立ちにすることも出来るそうです。
P00_4057
内部には設定通りリーオーの顔もちゃんと再現。
P00_4089
各部位など。小さな赤い丸だけシールですが他の黄色やグレー部分の色分けはほぼ完璧。
P00_4094
コックピットはいつも通り開閉可能
P00_4095
腰回り。サイドアーマーは太腿横とも繋がってるのでぴたっと閉じた形に。外すことも出来ます。
P00_4076P00_4042
腕や足。肩や前腕に黄色いラインが入ってたり腕はTV版と結構違いがありますが脚部は脛が少し違うくらいでほぼ変化なし。
P00_4100
バックパックは脇あたりから出てるアームに接続されており背中から少し離れてるので干渉も少なめ。
P00_4103
ブースターや羽はそれぞれ連動して可動。
P00_4107
リアアーマーも展開します。
P00_4109
今回は股関節がスライドするギミックはなく接地性もそれなり。トールギスは基本浮いてるのでそんなに気にならないですが。
P00_4025
オプション。
P00_4343
シールとデカール。
P00_4112P00_4120
フル装備状態。
P00_4145
右肩にはドーバーガン。保持はいつもと同じで指パーツを専用の物に取り替える方式。
P00_4255
アームは何重にも可動するので動きの幅は広いですが伸縮まではしないので多少の制限はあり。
P00_4148
スコープはクリアパーツ。フォアグリップは可動。
P00_4153
内部にスプリングが内蔵されてて砲身を押し込むと後ろが突き出るブローバック機構が再現されているという凝った作りに。
P00_4143
左肩にはシールド。こちらも縁が黄色くなっててTV版より派手な見た目になってました。
P00_4138
裏側にはサーベルを収納。こちらもアームはフレキシブルに動き、グリップも可動します。
P00_4133
TV版ウイングと。正確な設定は知りませんが特に違和感は感じないサイズ差。
P00_4275
適当に何枚か。
P00_4279
バックパックとリアアーマーのブースターが大きく展開しアニメでもそういうカットが多かったので後ろからでも絵になります。
P00_4240
どこも概ね良い出来なんですが腰にロックがないので時間経つと反ってくるのとスタンドが外れやすい点だけ惜しかったです。
P00_4180
可動自体は最近のMGと同じく肩など引き出し式で首も腰も回り特に不満を感じる部分はなし。
P00_4202
最初に乗ったオットーが死んだり、ゼクスも血を吐いたり乗るのが如何に大変かという演出が凝っててカッコ良かった思い出が。
P00_4294
抜刀。
P00_4314
サーベル刃はTV版ウイング同様反った形で躍動感あります。
MG  トールギス レビュー
ヘビーアームズとの一騎打ちで終わり。以上、MG トールギス EW レビューでした。

個人的には出来ればEW仕様でない普通のトールギスの方が先に欲しかったですが、他シリーズ含めて色々なガンダムを経て出ただけあって出来に関してはなかなか良かったです。
プロポーションは肩幅や太腿など結構マッシブで賛否ありそうなもののトールギスのイメージには合ってますし、黄色の部分も大体は色分けされてるので素組みでもかなりのかっこよさでした。
腰が反りやすいのとスタンドが外れやすい点だけ惜しかったものの、武器の保持などは他のW系のMGより格段に良くなってて遊びの面でも完成度の高い仕上がりになってるのでオススメです。

MG トールギスII、RG Zガンダム3号機、ハイパーファンクション AX-00(リミテッドクリアVer.)など(プレミアムバンダイ)



MG 1/100 トールギスI EW

MG 1/100 MSN-06N シナンジュ・スタインVer.Ka

MG 1/100 RGZ-95C リゼルC型(ディフェンサーa+bユニット/ゼネラル・レビル配備機)(あみあみ)